Academic Box Logo

都はるみさんの歌手人生は一体どんなものだったのか?伝説の歌姫の軌跡とは!!?

都はるみさんの歌手人生は一体どんなものだったのか?伝説の歌姫の軌跡とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 都はるみさんは、日本レコード大賞で新人賞、最優秀歌唱賞、大賞の三冠を達成しました。

💡 都はるみさんの母親は、浪曲師で、幼い頃から都はるみさんに歌や芸能を教え込みました。

💡 都はるみさんは、1984年に36歳で歌手活動を休止しました。

それでは、最初の章へ進んでいきましょう。

都はるみさんの歌手人生

都はるみさんの歌手人生は、まさに波乱万丈ですね。

🔖 関連記事の要約!BS
BS

✅ 都はるみさんが日本レコード大賞で新人賞、最優秀歌唱賞、大賞の三冠を達成したという内容です。

✅ 記事では都はるみさんのレコード大賞三冠達成までの軌跡と歌人生が紹介されています。

✅ TBSの貴重な映像を用いて、都はるみさんの輝かしい功績が詳しく語られています。

さらに読む ⇒栄光の歌声!都はるみレコード大賞三冠物語栄光の歌声!都はるみレコード大賞三冠物語出典/画像元: https://bs.tbs.co.jp/music/miyakoharumi/

貴重な映像で、都はるみさんの輝かしい功績を改めて感じることができました。

都はるみさんは、1948年に在日韓国人の父と日本人の母との間に生まれました。本名は北村春美で、幼い頃から音楽に親しみ、歌手になることを決意し、高校を中退しました。1964年に歌手デビューし、翌年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。1976年の『北の宿から』の大ヒットにより、第18回日本レコード大賞やFNS歌謡祭最優秀グランプリなど数々の音楽大賞を受賞しました。しかし、在日韓国人であることを公表していたことから、差別的な扱いを受けることもありました。1980年には『大阪しぐれ』で日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞しました。その後も歌手活動を続けましたが、1984年に突如引退を発表しました。

え、ほんまに?すげー!

そうやね、やっぱりすごいよね。

あら、懐かしいわね。あの頃は、私もよく都はるみさんの歌を聴いてたわ。

母親の影響

都はるみさんの母親の影響は、大きかったんですね。

🔖 関連記事の要約!PART1 五木ひろし・都はるみ
PART1 五木ひろし・都はるみ

✅ 五木ひろしと都はるみの2人は、美空ひばりを深く尊敬しており、数々の貴重な思い出を共有している。

✅ 五木ひろしはひばりと数々の交流を重ね、ひばりの歌声に影響を受け、歌謡界の帝王を目指して歌い続けてきた。一方、都はるみは、幼い頃からひばりの歌に親しみ、デビュー後もひばりのステージを観たり、食事に誘われたり、親交を深めた。

✅ 2人は共にひばりの楽曲への愛情を語り、五木は「リンゴ追分」「ひばりの佐渡情話」、都は「花笠道中」「江戸の闇太郎」など、それぞれのお気に入りのひばりソングを紹介し、ひばりとの思い出を語っている。

さらに読む ⇒BS朝日BS朝日出典/画像元: https://www.bs-asahi.co.jp/hibari/lineup/prg_001/

五木ひろしさんと都はるみさんの美空ひばりへの尊敬の念、伝わってきますね。

都はるみさんの母親は、浪曲師であり、幼い頃から都はるみに歌や芸能を教え込みました。都はるみさんは、3歳で美空ひばりの曲を歌いこなすなど、音楽の才能に恵まれていました。母親の指導のもと、都はるみさんは歌のレッスンに励み、歌手としての道を歩み始めました。母親は、都はるみさんが差別を受けることを恐れて、学校での勉強よりも歌の練習を優先させました。都はるみさんは、母親の愛情と厳しさの中で、歌手としての道を歩み、日本を代表する演歌歌手としての地位を確立しました。

えー、美空ひばり知ってるん?

うん、わかるわかる。ひばりさんの歌は、やっぱり心に響くよね。

あら、美空ひばりちゃんね。懐かしいわ。あの頃は、よくレコードを聴いていたのよ。

公表とその後

都はるみさんが在日韓国人であることを公表したのは、大変勇気のいることだったと思います。

🔖 関連記事の要約!都はるみの本名と年齢・実家の家族・韓国や生い立ちと若い頃を総まとめ
都はるみの本名と年齢・実家の家族・韓国や生い立ちと若い頃を総まとめ

✅ 都はるみさんは、在日韓国人の父と日本人の母との間に生まれ、本名は「李 春美」で、1966年に帰化して「北村春美」となりました。

✅ 都はるみさんの母親は、元浪曲師で、都はるみさんが歌手になることを強く望んでいました。

✅ 都はるみさんは、1964年に歌手デビューし、1965年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。しかし、在日韓国人であったことが公表され、差別的な扱いを受けることもありました。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001818

差別的な扱いを受けたことは、本当につらいことだったと思います。

都はるみさんの父親は、京都で西陣織りの機屋を営んでいましたが、家族に関する情報はほとんど公開されていません。都はるみさんが在日韓国人であることを公表したのは、母親の北村松代が1969年に週刊誌「週刊平凡」でカミングアウトしたことがきっかけでした。この告白は大きな反響を呼び、都はるみさんは差別と偏見に苦しむことになります。特に、1976年に「北の宿から」がレコード大賞を受賞した際には、出身を理由に批判が集中し、都はるみさんは受賞を辞退することも考えたそうです。

え、まじで?知らんかったわ。

うん、確かに大変だったろうね。

あら、そうだったの?私は知らなかったわ。

引退の決意と葛藤

都はるみさんの引退は、衝撃でしたね。

🔖 関連記事の要約!復刻ロングインタビュー【都はるみ】国民的歌手の青春・恋愛・仕事

公開日:2020/12/09

復刻ロングインタビュー【都はるみ】国民的歌手の青春・恋愛・仕事

✅ 都はるみさんは、1984年に36歳で歌手活動を休止した理由について、歌手以外にできる仕事を探し、自信の持てない歌手生活から脱却したいという思いがあったと語っています。当時、周りの人々の働く姿に憧れ、自分自身の仕事に疑問を抱いていたことを明かしています。

✅ 都はるみさんは、10代の頃は、大人の恋愛の歌詞にリアリティを感じられず、洋画のシーンを想像しながら歌っていたと振り返っています。歌詞の内容と自身の感情が一致し始めたのは、29歳頃からだったと語り、それまでは歌の内容を理解せずに歌っていたと語っています。

✅ 都はるみさんは、歌手として多忙な日々を送っていましたが、新宿2丁目のバーで解放感を味わっていたと語っています。仕事が終わると、新宿2丁目で降りて、お酒を飲み、ゲイボーイの人たちと交流していたそうです。朝まで飲んで、そのまま仕事場へ向かう日々を送っていたとのことです。

さらに読む ⇒読む映画館読む映画館出典/画像元: https://todorokiyukio.net/2020/12/09/8733/

歌手として葛藤があったんですね。

都はるみさんは、1996年のインタビュー記事で、1984年の36歳での引退について、歌手以外の仕事への憧れや、歌手活動への自信の無さ、そして「40歳になる前に断ち切りたい」という強い決意を語っています。また、10代でのデビューから20年間の歌手生活を振り返り、大人の恋の歌詞を歌いながら、自身の恋愛経験の乏しさや、洋画のシーンを思い浮かべて歌っていたことを明かしています。さらに、29歳頃になって初めて歌とプライベートの感情が近づき始めたことや、17歳の頃から新宿2丁目のバーに通っていたことなども語られています。記事からは、都はるみさんがスターとしての葛藤や、仕事に対する真摯な姿勢、そして人生における変化への強い意志を感じることができます。

え、なんでやめたん?

うん、わかる。仕事って、自分にとって本当に楽しいことじゃないと続けられないよね。

あら、そうだったの?若い頃は、みんなそうよ。

代表曲「北の宿から」

都はるみさんの代表曲「北の宿から」は、本当に名曲ですね。

🔖 関連記事の要約!Yahoo!オークション
Yahoo!オークション

✅ 都はるみのレコード「北の宿から」がオークションに出品されています。

✅ レコードの状態は、ジャケットにシワとシミが多少あり、盤は特に問題ないとのことです。

✅ 送料は出品者の自己紹介欄で確認できます。ゆうメール、ゆうパック、定形外郵便など、複数種類の発送方法が選択可能です。

さらに読む ⇒Yahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリYahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ出典/画像元: https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p1077407336

オークションに出品されているんですね。

「北の宿から」は、都はるみさんの代表曲であり、1975年に発売され、140万枚を売り上げたミリオンセラーです。歌詞は阿久悠が書き、作曲は小林亜星が担当しました。歌詞は、北国に取り残された女性が、遠くに行ってしまった恋人を想う切ない心情を描いています。女性の想いは、冬の寒さや、編んで渡せないセーターを通して表現されています。「あなた」は、恋人の男性であり、上京したと考えられています。女性は、会いたい気持ちと、もう二度と会えない現実の間で苦しんでいます。セーターは、女性の未練や、叶わぬ恋を表す象徴となっています。この曲は、昭和歌謡を代表するラブソングであり、時代を超えて多くの人に愛されています。

え、ちょ、まじ?ほしい!

うん、いい曲だよね。

あら、懐かしいわね。私もこのレコード持ってたわよ。

本日は、都はるみさんの歌手人生についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 都はるみさんは、日本レコード大賞で三冠を達成しました。

💡 都はるみさんは、母親の影響で歌手になりました。

💡 都はるみさんは、1984年に36歳で歌手活動を休止しました。