Academic Box Logo

泉谷しげるの音楽人生はどんなものだった?伝説のフォークシンガーとは!!!

泉谷しげるの音楽人生はどんなものだった?伝説のフォークシンガーとは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 泉谷しげるさんの音楽人生の始まりと、その個性的な生き様について解説します。

💡 アーティスト主導型のレコード会社「フォーライフ」設立秘話を紹介します。

💡 泉谷しげるさんの音楽と個性、そして現在の活動について深掘りしていきます。

それでは、最初の章に入ります。

泉谷しげるの音楽人生の始まりと個性的な生き様

泉谷しげるさんの音楽人生の始まりは、漫画家を目指していたことから始まったんですね。

🔖 関連記事の要約!泉谷しげる、身体の弱い少年がフォークシンガーに。゛バケモノ゛を目指した若き日々と、忌野清志郎さんとの思い出
泉谷しげる、身体の弱い少年がフォークシンガーに。゛バケモノ゛を目指した若き日々と、忌野清志郎さんとの思い出

✅ 泉谷しげるさんは、当初は漫画家を目指していたが、フォーク集会でフォークソングに衝撃を受け、人生が変わった。

✅ ギターを始めたきっかけは、フォークソングへの強い憧れと、アコースティックギターの演奏レベルの高さへの魅力。

✅ 泉谷しげるさんのパフォーマンスが過激であった背景には、団塊世代の多さの中で埋もれないように、そして、身体が弱かったことからくる、バケモノになるという強い意志があった。

さらに読む ⇒出典/画像元: https://fumufumunews.jp/articles/-/24115

フォークソングへの強い憧れと、ギター演奏の腕前を磨きたいという気持ち、すごく伝わってきます。

泉谷しげるは、青森県出身のフォーク歌手で、1971年に「泉谷しげる登場」でデビューしました。翌年、加藤和彦のアレンジによって「春夏秋冬」がヒットし、その後数枚のアルバムを発表しました。当初は漫画家を目指していたものの、フォーク集会でフォークソングに衝撃を受け、音楽の世界へと進みました。アコースティックギターに強い情熱を持ち、演奏レベルを上げるため、恋愛よりもギターを選び、独自のスタイルを確立しました。70年代のフォークブームの中でデビューを果たし、80年代にはバラエティー番組で過激なパフォーマンスで注目を集めました。身体が弱く、周囲の人々に埋もれないようにするため、卑怯な手を使うことも厭わなかったと語っています。自身の強さをバケモノにたとえ、第一線で活躍する人たちは異常体質だと持論を展開しています。

えー、漫画家さんだったん?意外やわ〜。

うん、わかる。自分もギター好きやし。

若い頃はみんな、何かしら夢を持っとるもんだわ。

フォーライフ設立 - アーティスト主導型のレコード会社の誕生

アーティスト主導型のレコード会社設立、当時としては画期的な試みだったんですね。

🔖 関連記事の要約!フォーライフレコード設立 〜大編集後記。

公開日:2023/01/09

フォーライフレコード設立 〜大編集後記。

✅ 記事は、1975年に設立されたフォーライフレコードの創設秘話を、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげるといった当時の音楽シーンを牽引したアーティストたちの視点から語っています。

✅ 特に、初代社長を務めた小室等さんの言葉が、創業当時の熱気と困難さを伝えており、当時の音楽シーンの活況が伝わってきます。

✅ また、記事では、吉田拓郎の「ひまわり」、井上陽水の「氷の世界」、泉谷しげるの「春夏秋冬」など、今もなお色褪せない名曲が紹介され、読者に当時の音楽シーンへの理解を深めてくれます。

さらに読む ⇒昭和40年男 - 明日への元気と夢を満載!昭和40年男 - 明日への元気と夢を満載!出典/画像元: https://www.s40otoko.com/archives/59587

アーティストたちの強い意志が伝わってくる話ですね。

1975年、泉谷しげるは吉田拓郎、小室等、井上陽水と共に、アーティスト主導型のレコード会社「フォーライフ」を設立しました。この画期的な試みは、当時の大手レコード業界からの強い圧力にさらされながらも、かぐや姫とのつま恋コンサートなど、新しい試みに満ち溢れていました。設立のきっかけは、吉田拓郎と後藤由多加がボブ・ディランのコンサートを観に渡米した際に、アメリカの音楽業界事情を知ったことでした。小室等がレコード会社を作るという計画を持ちかけ、拓郎が泉谷に電話し、井上陽水に連絡を取ったことで、4人のアーティストによる会社設立が実現しました。当時の吉田拓郎は「襟裳岬」がヒットし、井上陽水はアルバム『氷の世界』が年間アルバムチャート1位を獲得するなど、絶頂期を迎えていました。小室等は、二人とも「ただ追い風に乗っている」状態ではなく、「何かしなければならない」という強い意志を持っていたと振り返っています。

え、自分でレコード会社作るってすごい!

そうやねー。音楽に情熱持ってないとできないことやね。

若いもんは、勢いがあるんよ!

泉谷しげるの音楽と個性

泉谷しげるさんは、フォークシンガーだけでなく、俳優としても活躍されているんですね。

🔖 関連記事の要約!♪ 泉谷しげる / 黒いカバン
♪ 泉谷しげる / 黒いカバン

✅ 泉谷しげるは、フォークソング、俳優、タレントとして活躍する日本のシンガーソングライターです。1971年にデビューし、エレックレコード、フォーライフレコードを経て、ポリドールに移籍しました。

✅ 彼は、70年代にはフォークシンガーとして人気を集め、代表曲「春夏秋冬」など数々のヒット曲を世に送り出しました。また、俳優としても活動し、テレビドラマや映画で活躍しています。

✅ 80年代には、ロックバンド「LOSER」を結成し、自主制作アルバムを発表するなど、音楽活動に精力的に取り組みました。さらに、美術を担当するなど、多岐にわたる活動を展開しています。

さらに読む ⇒♪♪ Folk Song Life ♪♪ フォークシンガー列伝♪♪ Folk Song Life ♪♪ フォークシンガー列伝出典/画像元: https://folksong.i-ra.jp/e795632.html

多岐にわたる活動をされているんですね。

泉谷しげるは、シャイでおとなしい性格ですが、カメラの前では暴言を吐くなど、本来の自分を隠すような行動をとることがあります。この行動は、テレビ局側の要求に応えるために行われている可能性も指摘されています。彼はフォークシンガーでありながら、俳優としても活躍する、独特な存在感を放つシンガーソングライターです。初期のフォークからロックへと音楽性を変化させながら、数々の名曲を世に送り出してきました。代表曲には、「春夏秋冬」、「黒いカバン」、「春のからっ風」、「眠れない夜」、「翼なき野郎ども」などがあります。彼の曲は、社会への鋭い批判や、人生の苦悩、そして力強いメッセージが込められており、世代を超えて聴き継がれています。また、ギター演奏は、力強くかき鳴らすスタイルが特徴で、ステージではモーリス、スタジオではギルドを使用しているようです。

え、俳優さんもやってたん?知らんかった!

音楽だけじゃなく、色々やってはるんやね。

若いもんは、色々なことに挑戦せなあかんのよ!

泉谷しげるの現在

泉谷しげるさんの現在の活動について、詳しく教えてください。

🔖 関連記事の要約!泉谷しげるの新世界/アートオブライブ! CD全10巻
泉谷しげるの新世界/アートオブライブ! CD全10巻

✅ 記事は、2017年5月11日に発売された「J-POP界の帝王」こと「氷室京介」のソロデビュー30周年記念のBlu-ray&DVDボックス「30th Anniversary TOUR 2016 ゛LAST GIGS゛」の内容を紹介しています。

✅ ボックスには、全8公演の中から厳選された東京ドーム公演が収録されており、Disc1からDisc9まで、ライブ映像が収録されています。

✅ Disc10には、氷室京介の30年の軌跡を振り返る貴重な映像や、インタビューなどが収録されており、ファン必見の内容となっています。

さらに読む ⇒����L�����ʔ̃V���b�v | DVD�ECD�E�{�̒ʐM�̔�����L�����ʔ̃V���b�v | DVD�ECD�E�{�̒ʐM�̔�出典/画像元: https://www.u-canshop.jp/izumiyashigeru/

今も精力的に活動されているんですね。

泉谷しげるは、音楽を通して、時代や社会に対して独自の意見を発信し続けており、その存在感は、現代においても色褪せることはありません。彼は現在も歌手として活動しており、2016年にはデビュー45周年を記念して、ユーキャンから「泉谷しげるの新世界アートライブ」をリリースしました。近年は歌手活動に加えて、コメンテーターとしても活躍しており、その発言はしばしば話題となっています。

え、今も活動してはるん?すごい!

音楽も、コメンテーターも、色々やっててすごいね!

歳を重ねても、まだまだ元気やね!

忌野清志郎との思い出 - 永遠の友への鎮魂歌

忌野清志郎さんとの思い出について、聞かせてください。

🔖 関連記事の要約!悔しげに忌野清志郎との話を語る泉谷しげる― スポニチ Sponichi Annex 芸能
悔しげに忌野清志郎との話を語る泉谷しげる― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ U字工事の福田が、控え室に用意されていた水について、最初は水道水だと思ったが、よく見ると原材料に「ミネラルウォーター」と書いてあり驚いたというエピソードを紹介。

✅ 中川家が、今くるよさんの訃報を受け、さみしさを表明。親交が深く、モノマネをするなど多くの思い出があったことを明かした。

✅ ハライチ澤部が、西田敏行らと食事中に、人気俳優&女優が合流したことを明かし、バーでは名曲披露があったことを語った。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/05/04/gazo/G20090504Z00001230.html

泉谷しげるさんの強い思いが伝わってきますね。

泉谷しげるさんが、忌野清志郎さんとの思い出を綴る連載コラム「緊急特別連載忌野清志郎・伝」を自身の公式サイトで開始しました。連載は、忌野さんとの衝撃的な出会いから始まり、泉谷さんの強い思いが込められています。忌野さんの死を受け入れられない泉谷さんは、彼の存在を生き続けるために、忌野さんと過ごした日々を詳細に語り、関係者の協力を求めています。連載は、忌野さんの魅力と彼の音楽への影響を深く掘り下げていく予定です。

えー、忌野清志郎さんとの話?気になるわ〜。

うん、わかる。清志郎さんのことは、みんな好きやけんね。

若いもんは、昔のことは知らんやろ。

本日は、泉谷しげるさんの音楽人生について詳しくご紹介しました。

🚩 結論!

💡 泉谷しげるさんの音楽人生は、フォークソングから始まり、俳優、タレントなど多岐にわたる活動で彩られています。

💡 アーティスト主導型のレコード会社「フォーライフ」の設立には、当時の音楽シーンを牽引したアーティストたちの強い意志が込められています。

💡 泉谷しげるさんは、現在も精力的に活動しており、その独特な存在感は、多くの人の心を魅了し続けています。