Academic Box Logo

伝説のドラマー、村上“ポンタ”秀一が逝去!?その功績とは!?

伝説のドラマー、村上“ポンタ”秀一が逝去!?その功績とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 故村上“ポンタ”秀一の生涯と功績について解説します。

💡 ポンタの代表曲や卓越したドラミングについて紹介します。

💡 ポンタのデビュー曲「翼をください」の演奏映像公開について詳しくご紹介します。

それでは、最初の章に入ります。

日本の音楽界を代表するドラマー、村上゛ポンタ゛秀一の功績

第一章では、日本の音楽界に大きな足跡を残した村上゛ポンタ゛秀一氏の功績についてお話していきます。

🔖 関連記事の要約!村上゛ポンタ゛秀一さん死去、70歳 日本を代表するドラムス、「イカ天」審査員としても活躍― スポニチ Sponichi Annex 芸能
村上゛ポンタ゛秀一さん死去、70歳 日本を代表するドラムス、「イカ天」審査員としても活躍― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 神木隆之介、佐藤健、ワンオクがアミューズから独立し、それぞれ新会社を設立。今後の活動に注目が集まります。

✅ 明石家さんまの30周年特番では、芸人30人がさんまのエピソードを大公開。お笑い怪獣の素顔が丸裸に。

✅ 水樹奈々が第1子出産を報告。初めての抱っこに涙し、母になった喜びを語りました。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/16/kiji/20210315s00041000641000c.html

ポンタさんのドラムは、本当に力強くて、聴いていて元気がもらえますね。

伝説のドラマー、村上゛ポンタ゛秀一が、2023年3月9日に逝去しました。彼は1970年代からスタジオミュージシャンとして活躍し、ピンク・レディーやキャンディーズなどの歌謡曲から、井上陽水や山下達郎などのJポップの大物まで、数え切れないほどのアーティストのレコーディングに参加しました。彼の卓越したドラミングは、数多くの楽曲に深みと魅力をもたらしました。

え、ポンタさんってもうおらんの?マジ?

ポンタさん、知らんけど、すごい人みたいやね!

ポンタさん、昔はよくテレビで見てたわよ。あの頃は若かったわね。

ポンタの代表曲と卓越したドラミング

続いて、ポンタさんの代表曲や卓越したドラミングについて詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!吉田美奈子
吉田美奈子

✅ この記事は、故村上゛ポンタ゛秀一氏のプレイを、山下達郎氏がベスト・ドラムと称した吉田美奈子の「恋は流星」を例に、解説しています。

✅ 記事では、特に「恋は流星 Part II」の冒頭部分におけるドラムの16分音符のスウィング、シンバルの音色、ベースとのグルーヴの相乗効果などが詳細に分析されています。

✅ また、サックスソロ前のフィルイン部分のシンプルながらも効果的なドラムパターンについて、ポンタ氏の抑制されたプレイスタイルと、楽曲全体への深い理解を示すものとして評価されています。

さらに読む ⇒HBのとってもくわしいドラムレビューHBのとってもくわしいドラムレビュー出典/画像元: https://yujihb.hatenablog.com/entry/2021/03/31/222547

ポンタさんのドラムって、本当に楽曲に深みを与えてくれますよね。

ポンタの代表曲として、ピンク・レディーの「ペッパー警部」、吉田美奈子の「恋は流星」、山下達郎の「DANCER」、大貫妙子の「SummerConnection」、阿川泰子の「SKINDO-LE-LE」などがあります。「ペッパー警部」では、タイトでキレのあるドラムが楽曲の勢いを生み出し、「恋は流星」では、歌と一体となった繊細なリズムが印象的です。「DANCER」では、山下達郎との息の合った16ビートが楽曲の華やかさを際立たせ、「SummerConnection」では、ポンタらしい個性的なフィルインが聴きどころです。「SKINDO-LE-LE」では、ブラジルの打楽器やシェイカーなどのパーカッションと融合した、ポンタならではのグルーヴィーなリズムが楽しめます。

ポンタさんのドラム、めっちゃカッコいいよね!

うっわ、ポンタさんってスゴイ人なんだね。

ポンタさん、昔はよく孫とレコード聴いてたわよ。懐かしいわね。

ポンタのデビュー曲「翼をください」の演奏映像公開

第三章では、ポンタさんのデビュー曲「翼をください」の演奏映像公開についてお話します。

🔖 関連記事の要約!追悼・村上゛ポンタ゛秀一】2015年「アルファミュージックライブ」より、赤い鳥「翼をください」の演奏映像公開
追悼・村上゛ポンタ゛秀一】2015年「アルファミュージックライブ」より、赤い鳥「翼をください」の演奏映像公開

✅ ソニーミュージックの公式YouTubeチャンネルは、故村上゛ポンタ゛秀一氏の功績を称え、2015年の「アルファミュージックライブ」での赤い鳥の「翼をください」演奏映像を期間限定公開している。

✅ この映像は、村井邦彦氏の古希を記念し、松任谷正隆氏の演出で行われたライブで、赤い鳥の代表曲であり、ポンタ氏がドラマーとしてデビューした記念すべき曲でもある「翼をください」の演奏。

✅ ライブには、村井邦彦氏、後藤悦治郎氏、平山泰代氏、大村真司氏、林一樹氏、Asiah氏など、アルファミュージックの遺伝子を継ぐミュージシャンが集結し、ポンタ氏にとって最後の「翼をください」となった伝説的な演奏である。

さらに読む ⇒amassamass出典/画像元: https://amass.jp/146239/

ポンタさんのデビュー曲の演奏映像が見られるなんて、ファンにはたまらないですね。

ポンタがドラマーとしてデビューしたバンド、赤い鳥の「翼をください」の演奏映像が、ソニー・ミュージックオフィシャルYouTubeにて、4月17日より1か月間期間限定無償公開されています。この映像は、2015年9月28日に行われたアルファミュージック創設者村井邦彦の古希を記念したライブ「アルファミュージックライブ」でのパフォーマンスで、赤い鳥メンバーとしての演奏となります。「翼をください」は、赤い鳥の代表曲であり、ポンタはメンバーオーディションの際にこの曲を演奏し、プロ活動をスタートさせました。ライブには、村井邦彦のピアノ、赤い鳥の後藤悦治郎と平山泰代の歌、そして次世代のミュージシャンたちが参加しています。

え、ポンタさんがデビューした曲って「翼をください」なん?知らんかったわ!

ポンタさんの「翼をください」の演奏、見てみたいなぁ。

ポンタさん、若い頃はカッコよかったわね。

村井邦彦によるポンタの評価

第四章は、村井邦彦氏によるポンタさんの評価についてお話します。

🔖 関連記事の要約!3月に逝去した村上゛ポンタ゛秀一、赤い鳥として演奏した「翼をください」ライブ映像公開(コメントあり / 動画あり)
3月に逝去した村上゛ポンタ゛秀一、赤い鳥として演奏した「翼をください」ライブ映像公開(コメントあり / 動画あり)

✅ 3月9日に亡くなったドラマー村上゛ポンタ゛秀一のライブ映像が、ソニーミュージックの公式YouTubeチャンネルにて公開されました。

✅ 公開された映像は、村上がデビューしたバンド・赤い鳥によるもので、2015年9月のライブイベント「ALFA MUSIC LIVE」での「翼をください」演奏をフルで収録しています。

✅ 動画は5月16日までの1か月限定公開となっており、アルファミュージック創設者である村井邦彦氏は、村上のビートの重さを称賛し、他のミュージシャンが自由に演奏できる空間を生み出す力があったとコメントしています。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/424857

村井邦彦氏の言葉からも、ポンタさんの偉大さが伝わってきますね。

村井邦彦はポンタについて、「とにかくビートが重くて、それが彼の特徴。ビートの幅が広いから他のミュージシャンが自由に動けて力を発揮できる」と評しています。この映像は、ポンタの最後の「翼をください」演奏であり、伝説の名演奏と言えるでしょう。

ポンタさんのビート、ほんまに重かったんやろな。

ポンタさんのドラムって、やっぱりすごいんだね。

ポンタさん、天国でもドラム叩いてるんやろか。

未唯mieの「新春゛PinkLadyNight゛2022」コンサート情報と八木のぶおのコンサート情報

第五章では、未唯mieさんの「新春゛PinkLadyNight゛2022」コンサート情報と八木のぶおさんのコンサート情報についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!未唯mieが新春にビルボードライブ開催、仙波清彦プロデュースでピンク・レディー歌唱

公開日:2021/11/02

未唯mieが新春にビルボードライブ開催、仙波清彦プロデュースでピンク・レディー歌唱

✅ 未唯mieが2022年1月7日に神奈川・Billboard Live YOKOHAMA、10日に大阪・Billboard Live OSAKAでワンマンライブ「仙波清彦 Produce 未唯 mie Sings 新春 ゛Pink Lady Night゛ 2022」を開催する。

✅ ライブでは各日2公演ずつ、全4公演が行われ、仙波清彦のプロデュースのもとピンク・レディーの楽曲が披露される。

✅ チケットの先行予約は11月19日12:00からBillboard Liveの会員制サイト「Club BBL」にて開始され、一般予約は11月26日12:00から受け付けられる。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/article/news/206384/index.html

未唯mieさんのコンサート、懐かしいピンク・レディーの楽曲も聴けるんですね。

未唯mieによる「新春゛PinkLadyNight゛2022」は、仙波清彦プロデュースのもと、2022年1月7日(金)にBillboard Live横浜、1月10日(月・祝)にBillboard Live OSAKA、1月15日(土)にBLUESALLEYJAPANにて開催されるコンサートです。未唯mieの歌声と仙波清彦の演奏、豪華なゲストミュージシャンとの共演が実現します。各会場とも、サービスエリアとカジュアルエリアの2種類の席種があり、チケット価格は9,000円です。Billboard Live横浜とBillboard Live OSAKAでは、Club BBL会員先行が11月19日(金)12:00より、一般発売が11月26日(金)12:00より開始されます。BLUESALLEYJAPANでは、BAJCLUB先行が11月18日(木)12:00より、一般発売が11月26日(金)14:00より開始されます。また、1月29日(土)には、「MIMIAFRICA」WNobuo~ニッポンタタタ~と題し、八木のぶお率いるバンドによるコンサートが開催されます。このコンサートは、1979年夏に録音された八木のぶおの1stリーダーアルバム「MIMIAFRICA」を記念したもので、村上゛ポンタ゛秀一、安川ひろし、倉田信雄、高橋ゲタ夫、ペッカーといった豪華メンバーが集結します。

え、未唯mieさんってまだコンサートやってんの?

未唯mieさんのコンサート、行ってみたいなぁ。

未唯mieさん、昔はよくテレビで見てたわよ。あの頃は若かったわね。

今回は、日本の音楽界に多大な貢献をした村上゛ポンタ゛秀一氏の功績についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 故村上゛ポンタ゛秀一氏は、数多くのアーティストと共演し、日本の音楽シーンを牽引してきた伝説的なドラマーでした。

💡 ポンタの代表曲には、ピンク・レディーの「ペッパー警部」や吉田美奈子の「恋は流星」などがあります。

💡 ポンタのデビュー曲である赤い鳥の「翼をください」の演奏映像が、ソニーミュージックの公式YouTubeチャンネルで公開されています。