Academic Box Logo

浅倉大介の現在!音楽活動から結婚観、オネエ疑惑まで?!天才シンセサイザープログラマーの素顔とは!?

浅倉大介の現在!音楽活動から結婚観、オネエ疑惑まで?!天才シンセサイザープログラマーの素顔とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 浅倉大介さんは音楽ユニット『access』のメンバーとして活躍

💡 小室哲哉さんとユニット『PANDORA』を結成し、仮面ライダービルドのテーマソングを発表

💡 現在も精力的に音楽活動を行っている

それでは、浅倉大介さんの音楽活動の軌跡から紐解いていきましょう。

音楽活動の軌跡

浅倉大介さんは、まさに音楽界の匠ですね。

🔖 関連記事の要約!小室哲哉&浅倉大介、30年を経て新ユニット「PANDORA」結成(コメントあり)
小室哲哉&浅倉大介、30年を経て新ユニット「PANDORA」結成(コメントあり)

✅ 小室哲哉と浅倉大介が、約30年ぶりにユニット「PANDORA」を結成。

✅ 浅倉は小室を「尊敬する先生」と呼び、小室は浅倉を「最高のシンセサイザープログラマーであり、キーボーディスト」と称賛。

✅ PANDORAは、小室の文科系的イメージを浅倉が理科系の視点で音楽化するユニットとして、デジタルミュージックの新たな可能性を探求していく。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/242969

30年の時を経て、再びユニットを組むとは、感慨深いですね。

浅倉大介さんは、1967年生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、キーボーディストです。音楽ユニット『access』のメンバーとして1992年にデビューし、その後もソロ活動、楽曲提供、音楽プロデューサーとして活躍しています。音楽ユニット『access』は、1992年にデビューし、現在も精力的に活動しています。2018年には小室哲哉さんとユニット『PANDORA』を結成し、仮面ライダービルドのテーマソング『Be The One』を発表しました。浅倉大介さんは、現在もaccessのライブやアーティストへの楽曲提供、音楽関連の専門番組への出演など精力的に活動しています。

え、まじ!?小室哲哉とユニット組んでたん!?知らんかったわー!

いやー、懐かしい!accessの曲、めっちゃ好きやったけん!

あら、若い頃の小室哲哉って、イケメンやったんやね。

小室哲哉との出会い

小室哲哉さんと浅倉大介さんの出会いは、音楽界にとって大きな転換期だったんですね。

🔖 関連記事の要約!小室哲哉と浅倉大介の師弟ユニット「PANDORA」がアイドル音楽市場をひっくり返す?
小室哲哉と浅倉大介の師弟ユニット「PANDORA」がアイドル音楽市場をひっくり返す?

✅ 小室哲哉と浅倉大介が新ユニット「PANDORA」を結成し、デビュー曲「Be The One」を9月3日放送の『仮面ライダービルド』のテーマソングとして発表した。

✅ PANDORAは、小室哲哉と浅倉大介がそれぞれ得意とする90年代風ダンスビートに乗せたハイトーンボイスを特徴とするユニットであり、小室哲哉が過去に手がけてきた楽曲同様、高いキー設定が特徴である。

✅ PANDORAの結成は、女性アイドルグループが独占してきた音楽市場に、小室哲哉と浅倉大介が再び音楽プロデューサーとして存在感を示すための反撃であるとも言える。

さらに読む ⇒ ダ・ヴィンチWeb ダ・ヴィンチWeb出典/画像元: https://ddnavi.com/interview/395398/a/

小室哲哉サウンドの新章、楽しみですね。

浅倉大介さんは、ヤマハでシステム開発に従事する傍ら、ゲームミュージック制作も行っていました。小室哲哉さんから、ライブで打ち込みサウンドを再現したいという依頼を受け、その分野に精通していた浅倉大介さんが担当することになりました。これがきっかけで、師弟関係が始まったそうです。浅倉大介さんは、小室哲哉さんの影響を受け、音楽プロデューサー、作曲家、編曲家として活動を続け、数々のアーティストのプロデュースを手掛けてきました。現在も、音楽活動とプライベートを充実させています。

うっそーん!小室哲哉と師弟関係って、マジ!?

なるほど、だから浅倉大介の音楽、小室哲哉っぽいんやね!

あら、小室哲哉って、若い頃は苦労してたのね。

結婚観とプライベート

結婚やプライベートについても、詳しく教えてください。

🔖 関連記事の要約!浅倉大介(アクセス)の現在(2024)は結婚した?オネエ疑惑や激太り、倒れた理由は病気?

公開日:2024/04/16

浅倉大介(アクセス)の現在(2024)は結婚した?オネエ疑惑や激太り、倒れた理由は病気?

✅ この記事は、音楽プロデューサーである浅倉大介さんの2024年現在の活動状況、結婚や恋愛について、そしてオネエ疑惑について解説しています。

✅ 浅倉大介さんは、現在も音楽ユニット「access」のメンバーとして活動しており、ソロ活動や楽曲提供など、幅広く活躍しています。結婚はしておらず、彼女についても情報はありません。

✅ 記事では、浅倉大介さんのオネエ疑惑について触れられていますが、具体的な根拠や証拠は示されていません。

さらに読む ⇒芸能人の過去と現在!今は何してる?芸能人の過去と現在!今は何してる?出典/画像元: https://itzmysnow.com/asakura-daisuke-genzai-kekkon-202219/

愛犬中心の生活、素敵ですね。

浅倉大介さんは、2024年4月現在、結婚はしておらず、彼女もいないようです。過去にはバラエティ番組で、女性の行動にイライラすることがあると語っていたものの、現在は愛犬のベルカ姫と暮らしているようです。浅倉大介さんは、愛犬を溺愛しており、愛犬のために数千万円の高級車を購入したり、家の床を改修したりするなど、愛犬中心の生活を送っているようです。過去に女性について語った際に、長電話や想定外の行動をする女性は苦手だと発言しており、自立した女性を好むようです。結婚しない理由としては、①理想が高すぎる、②愛犬を溺愛しすぎている、③仕事が忙しすぎるなどが考えられる。

えー、結婚してないの!?意外!

愛犬のために高級車とか、金持ちやなー!

あら、結婚しなくても幸せならそれでいいんじゃないかしら。

オネエ疑惑

オネエ疑惑については、どう思われますか?

🔖 関連記事の要約!浅倉大介はオネェでホモ?ディズニー愛や貴水博之との関係が怪しすぎる!

公開日:2022/10/27

浅倉大介はオネェでホモ?ディズニー愛や貴水博之との関係が怪しすぎる!

✅ 浅倉大介さんは、オネエっぽい喋り方や仕草、ディズニーへの強い愛情から、長年オネエ疑惑が囁かれてきました。

✅ accessのボーカル貴水博之さんとの親密な関係も噂されており、二人の関係は「ホモ戦略」とも噂されています。

✅ 浅倉大介さんはディズニーへの熱烈な愛情を公言しており、その知識と情熱は並外れています。

さらに読む ⇒はっちちゃんねるはっちちゃんねる出典/画像元: https://hacchi-ch.com/archives/4491

ディズニーへの愛情、素晴らしいですね。

浅倉大介さんに対する『オネエ疑惑』は、accessのメンバーである貴水博之さんとの仲の良さ、女性も男性も動物も好きだという発言、オネエっぽい仕草などが理由として挙げられます。しかし、浅倉大介さんはオネエであることを公表しておらず、デマだと考えられます。浅倉大介さんは、メディア露出が少ないことから、近況に関する話題が時々出ます。その中でも、特に話題になるのは『オネエ疑惑』です。演奏中はクールな印象ですが、テレビ番組などに出演するときは優しい口調で、時にはフェミニンな仕草も見られることから、そのような噂が流れているようです。

え、まじ!?オネエ疑惑って、本当なの?

まあ、オネエでもええやん!音楽さえよければ!

あら、ディズニーが好きってことは、心がきれいな証拠よ。

accessの活動

accessの音楽活動について、詳しく教えてください。

🔖 関連記事の要約!access、30年変わらない常識を打ち崩す姿勢 予測不可能なステージ展開した『ELECTRIC NIGHT 2022』豊洲PIT公演レポ
access、30年変わらない常識を打ち崩す姿勢 予測不可能なステージ展開した『ELECTRIC NIGHT 2022』豊洲PIT公演レポ

✅ accessの30周年ツアー『ELECTRIC NIGHT 2022』は、新旧の楽曲を最新鋭の演奏技術とボーカルで披露する。

✅ 本ツアーは、浅倉大介によるリアルタイムリミックスを取り入れたライブ形式で、事前に決めた音のバランスを本番で変化させるという斬新な試みが行われている。

✅ 貴水博之は、リアルタイムリミックスによる予測不能な状況の中でも、安定したボーカルで楽曲を表現し、accessの音楽を現代的なサウンドで聴かせることに貢献している。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2022/05/post-1028364.html

アクセスって、今も活動してるんだ!知らんかった。

accessの30周年を記念したBlu-rayボックス『30thANNIVERSARY MUSIC CLIP COLLECTION BOX』のリリースを記念して、浅倉大介と貴水博之へのインタビューが行われました。インタビューでは、30年の活動やコロナ禍における音楽活動について語られました。accessは、30周年という節目を迎えながらも、常に未来を見据えた先進的な音楽活動を続けていることを証明しています。accessの30周年ツアー『ELECTRICNIGHT2022』は、新旧楽曲を最新鋭の演奏技術と巧みなボーカルで披露する、アニバーサリーツアーにふさわしい内容となっています。特に注目すべきは、浅倉大介によるリアルタイムリミックスであり、これは従来のライブにおける音響バランスの常識を覆す革新的な試みです。豊洲PIT公演では、オープニングナンバー『Awake』から『We’ll』への繋ぎにボディソニックなキックが使用され、最新トレンドを取り入れたサウンドが印象的でした。さらに、デビューシングル収録曲『BeNUDE』を演奏する際には、30年前の面影を残しつつも現代的なサウンドにアレンジされており、貴水のボーカルによって過去と現在が違和感なく融合しています。accessは、メンバー同士で顔を突き合わせて打ち合わせを行うなど、デジタル化が進む中でも対面でのコミュニケーションを大切にする姿勢を見せています。コロナ禍においては、予定していたツアーの中止を余儀なくされたが、オンラインライブなど新たな試みを通じて音楽を届けることを決意。音楽を通して人々の心を癒し、希望を与えることができた喜びを語りました。accessの30周年アニバーサリーツアー「primitiveheart」の東京公演が、デビュー30周年記念日である11月26日に東京・立川ステージガーデンで開催されました。ライブは、浅倉大介作曲の重厚な序曲から始まり、デビュー曲『VIRGIN EMOTION』で幕を開けました。オープニングから、ツアータイトルに込めた゛初心゛を表現したビジュアル演出が展開され、デビュー曲に続いて新曲『新曲M-1』を披露するなど、意表を突くセットリストでオーディエンスを魅了しました。中盤では、accessの代名詞ともいえる四つ打ちナンバーやレア楽曲が演奏され、後半では、配信も含めたすべてのシングル曲を網羅した約40分の壮大なメドレーが披露されました。アンコールでは、ライブでお馴染みのナンバーを2曲披露し、デビュー日=誕生日を祝うケーキを前に笑顔で記念撮影を行いました。

え、accessって、まだおるん!?知らんかったわー!

access、30周年ってスゴイなー!

あら、昔と変わらんな。若い頃は、もっと元気だったけど。

浅倉大介さん、音楽活動とプライベート、どちらも充実しているんですね。

🚩 結論!

💡 音楽ユニット『access』のメンバーとして活躍

💡 小室哲哉さんとユニット『PANDORA』を結成し、仮面ライダービルドのテーマソングを発表

💡 オネエ疑惑はデマとされ、結婚もしておらず、愛犬と穏やかな日々を送っている