Academic Box Logo

アップリンク代表・浅井隆氏のパワハラ問題?和解に至ったけど、まだ終わりじゃない!?

アップリンク代表・浅井隆氏のパワハラ問題?和解に至ったけど、まだ終わりじゃない!?
📘 この記事で分かる事!

💡 アップリンク元従業員5人が浅井隆氏からパワハラを受けたと訴訟を起こしました。

💡 浅井隆氏はパワハラを認め、謝罪と再発防止策を発表しました。

💡 元従業員側も和解に合意しましたが、完全に解決したとは考えていません。

それでは、アップリンク代表・浅井隆氏の過去の言動について詳しく見ていきましょう。

パワハラ訴訟の発端

パワハラ問題の詳細についてお話しします。

🔖 関連記事の要約!映画配給アップリンク、代表がパワハラか 元社員ら提訴:朝日新聞デジタル

公開日:2020/06/16

映画配給アップリンク、代表がパワハラか 元社員ら提訴:朝日新聞デジタル

✅ 映画配給会社「アップリンク」の元従業員5人が、代表の浅井隆氏からパワハラを受けたとして、計760万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。

✅ 訴状によると、浅井氏は従業員に日常的に怒鳴ったり暴言を吐いたりし、映画館の利用客や他社の従業員の前で叱責することもあったとされています。

✅ 浅井氏は朝日新聞の取材に対し、訴状が届いてから真摯に対応していくと述べ、同社サイトに不適切な言動があったことを謝罪するコメントを掲載しました。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASN6J6CY1N6JULFA01V.html

これは非常に深刻な問題ですね。映画業界で働く人々の安全を守るために、このような問題が起きないようにする必要があります。

2023年6月19日、アップリンクの元従業員5人は、同社の浅井隆代表からパワーハラスメントを受けたとして、損害賠償を求める訴訟を起こしました。元従業員たちは「UPLINKWorkers’VoicesAgainstHarassment」というウェブサイトを立ち上げ、浅井代表によるハラスメント被害の例を公開しました。声明文では、浅井氏のハラスメント行為がアップリンクが掲げるポリシーと著しく乖離しており、従業員の尊厳を深く傷つけてきたと指摘しています。一方、アップリンクはオフィシャルサイトにて謝罪文を公開し、再発防止に努めていくと表明しました。今回の訴訟は、アップリンクという文化的な影響力を持つ組織におけるパワーハラスメント問題を浮き彫りにし、社会におけるハラスメント撲滅の重要性を改めて訴えています。浅井代表は今後、詳細なコメントを発表する予定であり、今後の動向が注目されます。

え、まじ?ひどすぎやん!

うっわ、マジかよ!映画業界って、イメージと全然違うな!

昔はもっと厳しかったのよ。だから、若い者はもっと頑張らないとダメなのよ!

浅井隆氏の謝罪と今後の対応策

浅井隆氏の謝罪と対応策についてお話します。

🔖 関連記事の要約!アップリンクと浅井隆氏の元従業員へのパワハラ問題、゛和解協議の合意゛を双方が報告 原告側は「全ての問題が解決したとも考えておりません」
アップリンクと浅井隆氏の元従業員へのパワハラ問題、゛和解協議の合意゛を双方が報告 原告側は「全ての問題が解決したとも考えておりません」

✅ 元アップリンク従業員らが浅井隆氏とアップリンクを相手どり、パワーハラスメントを理由に提訴していた問題において、双方で和解協議が合意に至った。

✅ 浅井氏は、パワハラ行為を認め、謝罪と再発防止のための取り組みを約束。具体的には、外部専門家による相談体制、通報制度、第三者委員会の設置などを実施することを表明した。

✅ 原告側は、今回の和解が、アップリンクにおけるハラスメントのない職場環境の実現に向けた第一歩となることを期待している。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/277959

浅井隆氏は責任をとって辞任するべきですね。

6月19日、浅井隆氏は公式声明でパワハラを認め、謝罪と今後の対応策を発表しました。謝罪文では、従業員への人格否定や恫喝などが長期にわたり日常的に行われていたことを認め、その行為がパワーハラスメントであったという認識不足を反省したと述べています。また、自身の問題点を「人としての尊厳を傷つけていることに自覚がなかったこと」と説明し、経営者としての力不足を認めました。浅井氏は進退については会社を刷新させる可能性に触れつつも、現時点では退任する意思はないことを明らかにしました。今後の対策としては、外部委員会の設置、通報制度・窓口の設置、社内体制の改革、取締役会の設置など、専門家を交えて検討し、適切な対応を行うことを明言しました。UPLINKは、会社運営体制と職場環境を根本的に変えていくことで、再び応援していただける会社になることを約束しています。

謝罪だけじゃ許されへんわ!

これで、みんな納得できるのかな?

若い者は、こんなにも簡単に謝ってくれる時代に生まれたのね。

和解の発表と元従業員側の複雑な心境

和解の発表と元従業員側の複雑な心境についてお話します。

🔖 関連記事の要約!アップリンクのパワハラ問題、訴訟外で和解 「すべての問題は解決していない」と原告は声明
アップリンクのパワハラ問題、訴訟外で和解 「すべての問題は解決していない」と原告は声明

✅ 映画配給会社・アップリンクの元従業員によるパワハラ訴訟が、訴訟外での和解協議で合意に至りました。

✅ アップリンクは社長・浅井隆氏によるパワハラ行為を認め、謝罪とともに外部弁護士による窓口設置、第三者委員会設置、社外取締役による取締役会設置などの具体的な防止策を発表しました。

✅ 原告側は、和解はあくまでも裁判での判決を求める代わりに選択したものであり、パワハラ問題が完全に解決したとは考えていないと表明し、映画業界におけるハラスメント問題の根深さや沈黙の体質を批判しています。

さらに読む ⇒KAI-YOU.net | POP is Here .KAI-YOU.net | POP is Here .出典/画像元: https://kai-you.net/article/78663

元従業員側が抱えている複雑な心境は理解できます。

アップリンクの元従業員5人は、浅井隆社長のパワーハラスメントを告発し、損害賠償を求めて提訴していました。10月30日、訴訟外での和解協議が合意に至ったことを発表しました。和解内容は、浅井氏がアップリンクの株式の一部を社外に譲渡、取締役会を設置し、社外取締役を置くこと、独立した第三者委員会を設置し、ハラスメントなどを調査すること、謝罪の場における原告らの発言をスタッフに閲覧可能にすることなどです。しかし、元従業員側は、浅井氏への不信感や、和解発表後の報道における「和解」という言葉のみに焦点が当てられたことへの不満を表明しています。和解は「苦渋」の選択であり、「円満」でも「全ての問題が解決した」とも考えていないと強調しています。告発後も映画業界全体の動きの鈍さに対する失望感を表明し、和解は環境改善への期待を込めての選択であったと語っています。

和解って、ホンマに解決したんかな?

これで一件落着って感じで、みんな納得してないと思うけどなぁ。

若い者は、簡単に諦めちゃダメよ!

アップリンクの対応と映画業界への訴え

アップリンクの対応と映画業界への訴えについてお話します。

🔖 関連記事の要約!「円満でも満足でもない」アップリンク浅井代表のパワハラ告発した元従業員「苦渋」の和解

公開日:2020/10/31

「円満でも満足でもない」アップリンク浅井代表のパワハラ告発した元従業員「苦渋」の和解

✅ アップリンクの元従業員5人は、浅井社長のパワハラ行為に対する訴訟を和解で終結させたが、和解は「苦渋」の選択であり、浅井氏への不信感は依然として残っている。

✅ 和解の内容には、浅井氏の株主権の制限、独立した第三者委員会の設置、謝罪内容の公開などがあり、会社体制の改革に向けて進んでいる。

✅ 元従業員たちは、浅井氏の謝罪の態度に疑問を感じており、メディアが「和解」という言葉だけに注目し、彼らの訴えや主張が十分に伝わっていないことに対しても不満を感じている。

さらに読む ⇒Business Insider Japan|ビジネス インサイダー ジャパンBusiness Insider Japan|ビジネス インサイダー ジャパン出典/画像元: https://www.businessinsider.jp/post-223307

映画業界全体の意識改革が必要ですね。

アップリンクは、社長・浅井隆氏の名前を明記し、ハラスメント防止策として外部弁護士による窓口や第三者委員会の設置などを表明しました。原告側は、和解は「円満」でも「全ての問題が解決した」とは考えておらず、映画業界におけるハラスメント問題の根深さを指摘し、今後広く情報を発信していくとしています。また、訴訟後も映画業界からの沈黙や二次的加害があったとして、業界全体の体質改善を求めています。

映画業界って、まだまだ古い考え方の会社が多いんかな?

映画業界も、もっと変わっていかなきゃダメだよ!

若い者は、昔の苦労を知らないのよ。

和解の意義と今後の課題

和解の意義と今後の課題についてお話します。

🔖 関連記事の要約!元従業員がパワハラ提訴 アップリンク代表の良からぬ評判
元従業員がパワハラ提訴 アップリンク代表の良からぬ評判

✅ アップリンク代表の浅井隆氏が、元従業員5人からパワハラで訴訟を起こされました。

✅ 訴状には、休日返上の業務中に猫カフェに連れ込まれたことや従業員への暴言、サービス残業を当然視した言動など、具体的な事例が挙げられています。

✅ 浅井氏は映画業界で名の知れたプロデューサーですが、ワンマン経営で周囲からは不満の声が上がっていたようです。今回の訴訟は、映画業界におけるパワハラ問題の深刻さを浮き彫りにしています。

さらに読む ⇒日刊ゲンダイDIGITAL日刊ゲンダイDIGITAL出典/画像元: https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/274700

今後の課題は大きく、映画業界全体の意識改革が必要です。

今回の和解は、映画業界の労働環境改善に向けた一歩となる可能性を秘めていますが、被害者側の指摘が示すように、今後の具体的な取り組みや組織文化の変革が求められます。アップリンク浅井代表のパワーハラスメント問題で、元従業員による訴訟が和解協議により合意に至りました。浅井代表はハラスメントのない職場を作ることを誓い、外部専門家による相談体制や第三者委員会の設置などを約束しました。一方で、被害者側は謝罪に満足できず、形式的なものと感じたことを表明。しかし、アップリンク存続と浅井代表の取締役社長続投を前提に、スタッフ負担軽減のための仕組み作りを目指し和解に至りました。被害者側は今後、映画業界のハラスメント問題や労働者の権利回復のための情報発信を続けていくことを表明しています。

これで、映画業界も変わっていくんかな?

これから、映画業界はもっと良くなっていくんかな?

若い者は、もっと努力しないとダメよ!

この事件は、映画業界におけるパワハラ問題の深刻さを改めて示すものでした。

🚩 結論!

💡 アップリンクは、社内体制の改革を進めることを表明しました。

💡 元従業員側は、映画業界のハラスメント問題の根深さを訴えました。

💡 今回の事件は、映画業界の労働環境改善に向けた課題を浮き彫りにしました。