Academic Box Logo

七海ひろこ氏:政治家として何を語る?幸福実現党のエース候補とは!?

七海ひろこ氏:政治家として何を語る?幸福実現党のエース候補とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 七海ひろこ氏は、幸福実現党の政治家です。

💡 七海ひろこ氏は、国家存続の危機を訴え、国防強化や憲法改正などを主張しています。

💡 七海ひろこ氏は、社会貢献への情熱を持ち、民主主義と自由を守る活動を積極的に行っています。

では、七海ひろこ氏について詳しく見ていきましょう。

七海ひろこ氏:政治家としての歩み

七海ひろこ氏の経歴は、政治への強い意志を感じさせるものですね。

🔖 関連記事の要約!七海ひろこ(ななみひろこ)┃2022年 第26回参議院議員選挙 千葉県選挙区候補予定者 │ 幸福実現党 財務局長(兼)千葉県本部統括支部代表 幸福実現党
七海ひろこ(ななみひろこ)┃2022年 第26回参議院議員選挙 千葉県選挙区候補予定者 │ 幸福実現党 財務局長(兼)千葉県本部統括支部代表 幸福実現党

✅ 七海ひろこ氏は、日本が中国、ロシア、北朝鮮に滅ぼされる可能性があると危惧し、信仰心を基にした愛国心と武士道精神を育て、自助努力からの繁栄を実現したいと考えています。

✅ 七海ひろこ氏は、国防強化、憲法9条改正、防衛費倍増、核装備、台湾防衛などを主張し、経済政策では健全財政の実現、無駄な支出の削減、法人税減税、所得税のフラットタックス化などを掲げています。

✅ 七海ひろこ氏は、新型コロナウイルス発生源である中国の責任追及、感染症対策の名のもとでの国民の自由の保護、脱炭素政策の見直し、原発再稼働などを主張し、これらの政策は、人間の永遠の生命と魂修行という理念に基づいていると説明しています。

さらに読む ⇒七海ひろこ(ななみひろこ)┃2022年 第26回参議院議員選挙 千葉県選挙区候補予定者 │ 幸福実現党 財務局長(兼)千葉県本部統括支部代表 幸福実現党七海ひろこ(ななみひろこ)┃2022年 第26回参議院議員選挙 千葉県選挙区候補予定者 │ 幸福実現党 財務局長(兼)千葉県本部統括支部代表 幸福実現党出典/画像元: https://candidates.hr-party.jp/hiroko-nanami/

七海ひろこ氏の主張は、具体的な政策と理念に基づいたものですね。

七海ひろこ氏は、東京都中央区出身、千葉県松戸市育ちの政治家で、幸福実現党の財務局長を務めています。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、NTTデータに就職し、行政や金融の基幹システムの営業を担当しました。その後、幸福の科学グループに奉職し、2014年の衆院選では比例北陸信越ブロックから出馬、2016年の東京都知事選、2019年の参院選東京選挙区と国政選挙に複数回立候補しています。

えー、めっちゃ熱いねんけど。

なかなか深い話やね。

わっ、若い人がこんなこと考えてるんや!

政治家への道:学生時代から抱いた志

学生時代からの政治への関心、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!国家存続の危機である今、まだ未来は変えられる」 幸福実現党の七海ひろこ氏が参院選千葉選挙区から立候補を表明
国家存続の危機である今、まだ未来は変えられる」 幸福実現党の七海ひろこ氏が参院選千葉選挙区から立候補を表明

✅ 幸福実現党の七海ひろこ氏が参院選千葉県選挙区への立候補を表明し、国家存続の危機を訴え、日本の武士道精神を復興させ、精神的主柱を立てることで正義と繁栄を実現すると宣言しました。

✅ 七海氏は、国防強化、自虐史観教育の終焉、経済における「勤勉革命」、中国への責任追及によるコロナ対策、脱炭素政策の見直しといった4つの政策を訴えました。

✅ 具体的な政策としては、日本の防衛力強化、核装備の検討、税金による資本主義精神の阻害解消、中国を生物兵器の責任追及、再生エネルギー偏重政策の見直し、原発再稼働などが挙げられました。

さらに読む ⇒ザ・リバティWeb/The Liberty Webザ・リバティWeb/The Liberty Web出典/画像元: https://the-liberty.com/article/19510/

七海ひろこ氏の政策は、日本の現状を踏まえたものだと感じます。

七海氏は、学生時代から生徒会活動に積極的に参加し、リーダーシップを発揮してきました。慶應義塾大学では国際政治を専攻し、教授から「マスコミの言うことはあてにするな」と教えられ、自ら学び判断する姿勢を身につけています。NTTデータでの勤務経験を通じて、政治が作る規制への疑問を持つようになり、2009年に幸福実現党に入党しました。

わー、かっこいい!

なるほどねー、勉強になるわ。

若いもんは、もっと世の中のこと考えなアカンよ!

政治活動:数々の選挙への挑戦

七海ひろこ氏は、様々な選挙に挑戦してきたんですね。

🔖 関連記事の要約!参院選詳報】全当選者が確定 女性当選者は過去最多の35人 全国投票率は選挙区52.05%、東京選挙区は56.55%:東京新聞 TOKYO Web
参院選詳報】全当選者が確定 女性当選者は過去最多の35人 全国投票率は選挙区52.05%、東京選挙区は56.55%:東京新聞 TOKYO Web

✅ 第26回参院選は、自民党が改選過半数を獲得し、女性当選者は過去最多を記録しました。

✅ 野党では日本維新の会が躍進した一方、立民、国民は改選議席を維持できませんでした。

✅ 全国の投票率は過去4番目の低さとなり、改憲勢力は国会発議に必要な議席数を獲得しました。

さらに読む ⇒参院選詳報】全当選者が確定 女性当選者は過去最多の35人 全国投票率は選挙区52.05%、東京選挙区は56.55%:東京新聞 TOKYO Web参院選詳報】全当選者が確定 女性当選者は過去最多の35人 全国投票率は選挙区52.05%、東京選挙区は56.55%:東京新聞 TOKYO Web出典/画像元: https://www.tokyo-np.co.jp/article/188191

選挙結果から、日本の政治状況が見えてくるものですね。

政治家として、2014年の衆院選では比例北陸信越ブロックから出馬し、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県を精力的に回り、街頭演説を行いました。2016年の東京都知事選では、主要3候補に報道が集中する中、報道されない候補者有志6人とともに民放4局と放送倫理・番組向上機構に報道姿勢を改めるよう要求しました。2019年の参院選では東京選挙区から出馬し、渋谷のスクランブル交差点で共産党と立憲民主党の候補者と同じ場所で「共産主義」批判の演説を行い、大きな反響を呼びました。

えー、すごいなー。

まじで!?

選挙って大事やからねー。

社会貢献への情熱:民主主義と自由を守る活動

七海ひろこ氏は、社会貢献に強い関心をお持ちなんですね。

🔖 関連記事の要約!香港民主化デモ現地で見えた沖縄との共通点とは – QAB NEWS Headline
香港民主化デモ現地で見えた沖縄との共通点とは – QAB NEWS Headline

✅ 香港での民主化デモを県内から参加した人たちが報告会を開き、香港市民の生の姿やデモの現状を伝えました。

✅ 香港の人々の民主化を求めるデモは、中国本土への引き渡しを可能とする「逃亡犯条例の改正」が引き金となり、香港市民の「独立した司法権」に対する危機感から始まりました。

✅ 報告会では、香港で起きていることは沖縄の基地問題など、個人の権利対国家の権力の戦いという構造において、沖縄とも共通点があることが指摘されました。参加者は、若い世代に香港の状況を伝え、自分たちの未来のために声を上げ続けることの大切さを訴えました。

さらに読む ⇒QAB 琉球朝日放送QAB 琉球朝日放送出典/画像元: https://www.qab.co.jp/news/20191128121209.html

香港の民主化デモは、世界で注目されていますね。

七海氏は、香港の民主化デモを支援する街頭演説や日本政府への要望書提出、デモ行進など、中国の覇権主義に対抗する活動を積極的に行っています。社会のお役に立ちたいと考える七海氏は、学生時代から政治に関心を持ち、政治家として社会貢献を目指しています。特に、女性がリーダーとして活躍する社会の実現、自由と民主主義の擁護、中国の覇権主義への対抗に力を入れて活動しています。

ホンマにそうやんな。

うんうん、わかるわかる。

若いもんは、もっと世の中のこと考えなアカンよ!

七海ひろこ氏の政策と東京都知事選からの撤退

七海ひろこ氏の東京都知事選撤退は、驚きですね。

🔖 関連記事の要約!七海ひろこ氏が都知事選「撤退」表明 幸福実現党役員 2020東京都知事選挙 東京都:朝日新聞デジタル

公開日:2020/06/26

七海ひろこ氏が都知事選「撤退」表明 幸福実現党役員 2020東京都知事選挙 東京都:朝日新聞デジタル

✅ 幸福実現党役員の七海ひろこ氏が東京都知事選から撤退を表明した。

✅ 撤退理由は、「主要5候補という形で偏向報道がされている」ことによる。

✅ 七海氏への投票は有効票となる。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASN6V3R0SN6TUTIL046.html

マスコミ型民主主義の問題点、深刻ですね。

七海ひろこ氏は、東京を世界一豊かな街にすることを目指し、経済活性化、暮らしの向上、防災対策、産業振興、外交強化、交通革命、働き方改革への反対など、様々な政策を掲げています。具体的な政策の詳細については、資料を参照してください。幸福実現党は、七海ひろこ氏が東京都知事選から撤退することを決定しました。理由は、マスコミ型民主主義の問題点改善を求めるためです。2016年と同様に、主要候補のみが報道され、新規参入者や少数意見が反映される機会が失われている状況を憂慮しています。今回の撤退によって、報道関係者に対して、政治的に公平な報道姿勢の改善を求めます。

えー、なんでやねん。

そっかー、もったいないなー。

マスコミはアカンよ!

七海ひろこ氏は、自身の信念に基づいた政治活動を続けています。

🚩 結論!

💡 七海ひろこ氏は、幸福実現党の政治家であり、国家存続の危機を訴えています。

💡 七海ひろこ氏は、国防強化や憲法改正など、具体的な政策を提唱しています。

💡 七海ひろこ氏は、社会貢献への強い情熱を持ち、民主主義と自由を守る活動を積極的に行っています。