Academic Box Logo

日本のホームレス問題、その現状と課題は?深刻化するホームレス問題とは!?

日本のホームレス問題、その現状と課題は?深刻化するホームレス問題とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 日本のホームレス問題の現状と原因について解説します。

💡 経済状況とホームレス問題の関係性を探ります。

💡 ホームレス問題の解決に向けた取り組みについて考察します。

それでは、最初の章に移りましょう。

日本のホームレス問題:現状と原因

それでは、日本のホームレス問題についての現状と原因について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ホームレス問題とは?数字と事実・原因・解決策

公開日:2022/12/14

ホームレス問題とは?数字と事実・原因・解決策

✅ この記事は、日本のホームレス問題について、現状や原因、そしてその問題点がなぜ深刻なのかを解説しています。

✅ 具体的には、日本のホームレス状態の人数の推移、ホームレス状態に至る要因として社会構造の影響と適切なサポートの不足、そしてホームレス問題が人々の基本的人権侵害であることを指摘しています。

✅ さらに、海外におけるホームレス問題への取り組み、特に住宅政策や若年雇用政策の重要性を紹介することで、日本のホームレス問題解決に向けた展望を示唆しています。

さらに読む ⇒IDEAS FOR GOODIDEAS FOR GOOD出典/画像元: https://ideasforgood.jp/issue/homeless/

日本のホームレス問題の現状と原因は深刻ですね。

日本のホームレス問題は、主に路上生活者を指し、2022年1月時点で約3,448人が確認されています。ホームレス状態の平均年齢は63.6歳で、10年以上路上生活をしている人は40%に達します。主な原因は、非正規雇用や社会構造の影響による失業、生活課題への適切なサポート不足による悪循環です。ホームレス問題は、個人の意思にかかわらず社会構造によって生じ、健康で文化的な生活を送るための基本的人権が保障されていない状態を示しています。

まじ!?そんなん知らんかったわ!

うーん、でもさ、みんながホームレスになるわけじゃないじゃん?

あんたね、若い頃は私も苦労したのよ。戦争中はね、食うものも無くて…

経済状況とホームレス問題

続いて、経済状況とホームレス問題の関係について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!リーマンショック後の米国゛と゛バブル崩壊後の日本゛…明暗を分けた「決定的な差」【エコノミストが解説】
リーマンショック後の米国゛と゛バブル崩壊後の日本゛…明暗を分けた「決定的な差」【エコノミストが解説】

✅ リーマンショック後の米国とバブル崩壊後の日本の経済回復における決定的な差は、金融政策と財政政策の組み合わせにある。

✅ 米国は量的緩和と財政支出による大胆な政策を採用し、景気回復を促進した一方、日本は財政赤字への懸念から、積極的な財政政策を採らなかった。

✅ この結果、米国はリーマンショックから比較的早期に回復したのに対し、日本は長期にわたるデフレ経済に苦しむことになった。

さらに読む ⇒富裕層向け資産防衛メディア | ゴールドオンライン富裕層向け資産防衛メディア | ゴールドオンライン出典/画像元: https://gentosha-go.com/articles/-/55847

経済状況が悪化すると、ホームレス問題が増加するんですね。

90年代のバブル崩壊や2008年のリーマンショックなど、経済状況の悪化がホームレス問題の増加に繋がっています。米国やEUの一部の国では、若年失業や住宅政策の失敗がホームレス問題の一因とされ、解決のための住宅政策や雇用政策が実施されています。

えー、経済状況も関係してんの?知らんかったわ!

まあ、経済状況が良ければみんなハッピーに過ごせるやろ。

あんたね、昔はもっと貧しかったのよ。今はマシな方よ。

ホームレス数の減少と地域別分布

続いて、ホームレス数の減少と地域別分布について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ホームレス最多は大阪市 : 全国では調査開始以来最少の3992人

公開日:2020/08/13

ホームレス最多は大阪市 : 全国では調査開始以来最少の3992人

✅ 厚生労働省が実施した全国調査によると、2020年1月の時点でホームレスの人数は3992人と、過去最少を記録しました。

✅ 調査対象は、都市公園、河川、道路、駅舎などを生活の場としている人であり、近年は「ネットカフェ難民」など、路上にはいないながらも安定した住居を持たない人々が含まれていないことが課題として指摘されています。

✅ 全国で見ると、大阪市が982人と最も多く、東京都23区はそれを上回りました。都道府県別では大阪府が1038人と最も多く、東京都、神奈川県が続きました。一方、青森県など7県ではホームレスの人は確認されませんでした。

さらに読む ⇒nippon.com | 日本情報多言語発信サイトnippon.com | 日本情報多言語発信サイト出典/画像元: https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00794/

ホームレス数は減少しているんですね。

令和3年1月に実施された全国調査(概数調査)の結果、ホームレスが確認された市区町村は250箇所で前年度比▲2.0%の減少、確認されたホームレス数は3,824人で前年度比▲4.2%の減少となりました。ホームレス数は大阪府が最多の990人、次いで東京都862人、神奈川県687人と続き、東京都23区及び指定都市で全国のホームレス数の約8割を占めています。

えー、減ってるの?意外やわ!

そうかー、減ってるんかー。なんか安心したわ。

あんたね、昔はもっとホームレスが多かったのよ。今は少なくなったわ。

ホームレスの生活場所と新たな課題

続いて、ホームレスの生活場所と新たな課題について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ホームレス過去最少のなぜ?「若者の貧困」の実態 寝られる場所の激減、ネットカフェを転々……

公開日:2023/06/24

ホームレス過去最少のなぜ?「若者の貧困」の実態 寝られる場所の激減、ネットカフェを転々……

✅ 厚生労働省の調査では、日本のホームレス数が過去最少を記録しましたが、調査方法の限界や、ネットカフェ難民など、路上生活者としてカウントされない人々がいることから、実態はもっと多いと考えられています。

✅ ホームレスの数は減少している一方で、若者の貧困や生活困窮は深刻化しており、多くの人が生活費を稼ぐために、清潔感を保つなど、一見しただけでは困窮しているように見えない工夫をしています。

✅ 路上生活者の減少は、自治体や民間団体の支援活動による成果の一方で、路上で寝られる場所が減っているなど、ネガティブな側面も存在します。

さらに読む ⇒ 東洋経済オンライン 東洋経済オンライン出典/画像元: https://toyokeizai.net/articles/-/681272?display=b

ホームレス問題の複雑化が深刻ですね。

ホームレスが確認された場所は、都市公園25.5%、河川23.9%、道路20.3%、駅舎5.6%、その他施設24.7%と、前年度から大きな変化は見られませんでした。日本のホームレス数は過去最少を記録していますが、これは路上での生活が減っただけでなく、ネットカフェ難民など、従来の定義ではホームレスとみなされない人たちが増加していることが要因の一つと考えられます。

えー、そんなんあるの?マジ!?

まあ、世の中色々あるけんね。

あんたね、昔はもっと大変だったのよ。今はマシな方よ。

変化する生活様式と課題の複雑化

最後に、変化する生活様式と課題の複雑化について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!東京や大阪、「ネットカフェ難民」の居場所確保が急務

公開日:2020/04/13

東京や大阪、「ネットカフェ難民」の居場所確保が急務

✅ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本の多くの都市がインターネットカフェの閉鎖を要請したため、多くの人が寝泊まりしていたホームレスの人々が行き場を失ってしまっている。

✅ 特に東京では4,000人以上の「ネットカフェ難民」がおり、東京都当局はホテルなどの一時的な宿泊施設を提供し、埼玉県ではスポーツ施設を200人収容の避難所として開放している。

✅ 日本のホームレス支援団体は、ネットカフェの閉鎖によって多くのホームレスの人々が生活の基盤を失う可能性を懸念しており、当局はさらなる対策を講じる必要性があると訴えている。

さらに読む ⇒BBC Home - Breaking News, World News, US News, Sports, Business, Innovation, Climate, Culture, Travel, Video & AudioBBC Home - Breaking News, World News, US News, Sports, Business, Innovation, Climate, Culture, Travel, Video & Audio出典/画像元: https://www.bbc.com/japanese/52266214

コロナ禍の影響は深刻ですね。

路上での生活は、自治体の支援や民間団体の活動により減少傾向にある一方、ネットカフェなどでの生活は、経済状況の悪化や住居の確保の難しさなど、さまざまな要因によって増加傾向にあります。特に、若者を中心に、仕事や生活の安定が難しく、ネットカフェで寝泊まりせざるを得ない状況にある人たちが多く、彼らの状況は深刻です。ホームレスの数は減少しているものの、生活困窮者の数は依然として多く、その実態は複雑化しており、多角的な視点からの理解が必要となります。

えー、コロナの影響もあるの?

コロナの影響は大きいよね。

あんたね、昔はもっと大変だったのよ。今はマシな方よ。

本日は、日本のホームレス問題について解説しました。

🚩 結論!

💡 日本のホームレス問題は、経済状況や社会構造の影響を受けています。

💡 ホームレス問題は、人々の基本的人権が侵害されている状態です。

💡 ホームレス問題の解決には、社会全体で取り組む必要があります。