Academic Box Logo

宮川愛李、名探偵コナンのEDテーマを歌う?コナンとのコラボは!?

宮川愛李、名探偵コナンのEDテーマを歌う?コナンとのコラボは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 宮川愛李は、シンガーソングライターとして活躍している。

💡 「名探偵コナン」のエンディングテーマを担当している。

💡 自身の音楽活動は、兄であるみやかわくんの影響が大きい。

それでは、宮川愛李さんの魅力について、詳しく見ていきましょう。

音楽への情熱とデビュー

宮川愛李さんの音楽活動は、まさに勢いに乗っていますね。

🔖 関連記事の要約!宮川愛李、大人気アニメ『名探偵コナン』EDテーマ曲「Sissy Sky」11月6日発売!ジャケット写真公開&全国リリースイベント決定! – リスアニ! – アニソン・アニメ音楽のポータルサイト
宮川愛李、大人気アニメ『名探偵コナン』EDテーマ曲「Sissy Sky」11月6日発売!ジャケット写真公開&全国リリースイベント決定! – リスアニ!  – アニソン・アニメ音楽のポータルサイト

✅ 宮川愛李の1stシングル「Sissy Sky」が11月6日にリリースされる。

✅ シングルには、アニメ「名探偵コナン」のEDテーマにもなっている表題曲「Sissy Sky」の他に、新曲「アマイロ」と「夕立ち」が収録されている。

✅ 発売を記念して、全国リリースイベントが9月28日から開催され、12月には自身初となる東名阪ワンマンツアー「あったまっていきなよ〜!!!」が開催される。

さらに読む ⇒リスアニ! – アニソン・アニメ音楽のポータルサイトリスアニ! – アニソン・アニメ音楽のポータルサイト出典/画像元: https://www.lisani.jp/0000135605/

デビューから半年で、すでに多くのファンを獲得されているんですね。

宮川愛李は、東京の伊豆諸島にある式根島出身のシンガーソングライター。賑やかなビアガーデンを経営する両親の影響で、幼い頃から音楽に親しんでいた。高校時代は国語教師を志望していたが、SNSでの活動や将来への進路に悩んでいたところ、兄であるシンガーソングライターの宮川大聖さんの影響もあり、2019年にソロアーティストとしてデビュー。2019年1月、本名でアーティスト活動を開始し、6月にデビューミニアルバム「スマホ映えの向こうの世界」をリリース。ダンスポップからロックナンバーまで、さまざまな音楽に挑戦し、SNS世代らしい軽やかさで既存の枠にとらわれないアーティスト像を提示しました。そして、11月には1stシングル「SissySky」がリリースされます。楽曲は、TVアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマに抜擢され、疾走感溢れるポップソングを宮川愛李はまっさらな感性で歌い上げています。さらに、表題曲を含む3曲すべての作詞を自ら手掛け、さらなる進化を遂げました。インタビューでは、デビューから半年を振り返り、最初のライブでは緊張と全力感だけで歌っていたが、ミニアルバム制作を通して自分の声で歌えている自信を得たことを語っています。また、イベントなどでファンと直接触れ合うようになったことで、歌に心がこもるようになったとも話しています。

え、ほんまに?めっちゃ気になるわ!

そうたいね、今後の活躍が楽しみじゃね!

あら、若いってすごいわね。私も若い頃、歌手を夢見てたんだけどね。

名探偵コナンとの出会い

宮川愛李さんの楽曲は、コナンの世界観ともぴったり合いますよね。

🔖 関連記事の要約!出ていないあの人が話題の『名探偵コナン』!灰原哀最新エンディング公開!
出ていないあの人が話題の『名探偵コナン』!灰原哀最新エンディング公開!

✅ 「名探偵コナン」の最新話では、安室透がバーボンとして探りを入れにきたことが明らかになり、今後の展開が期待される。

✅ 本編には登場していない灰原哀がエンディング映像にフィーチャーされ、彼女の表情や動きに注目が集まり、Twitterでトレンド入りを果たした。

✅ 次回放送される「迷宮カクテル(中編)」では、事件の裏側や安室透の幼少期が明らかになる可能性があり、注目すべき回となる。

さらに読む ⇒TVerプラス テレビ番組&エンタメニュースの最新情報をまとめてチェック!TVerプラス テレビ番組&エンタメニュースの最新情報をまとめてチェック!出典/画像元: https://plus.tver.jp/news/yomitv_67089/detail/

灰原哀のイメージに合う爽やかなメロディーは、聴き手の心を掴みますね。

宮川愛李は、今年1月に本名でデビューし、ライブやイベント、ラジオなど様々な活動を行ってきました。そして、1stシングルが「名探偵コナン」のエンディングテーマに抜擢されました。楽曲は、コナンの制作サイドが複数候補の中から選んだもので、宮川愛李自身もデモの段階からこの曲がしっくりきていたそうです。特に爽やかなメロディが、灰原哀のイメージに合うと感じたとのことです。歌詞は、灰原哀の心の内側、特に黒の組織から抜け出した過去や、今はコナンくんや少年探偵団との出会いを経て開かれ始めた心、そして隠された恋心などを表現しているそうです。また、宮川愛李自身もコナンのエンディング映像に感動し、特に灰原哀がワンフレーズ発するシーンや、美しい空をバックに落下するシーンに興奮したと語っています。宮川愛李は、実家が式根島という田舎であるため、広く澄み切った空を眺めることが好きで、自然の壮大さを感じると話しています。

コナンって、めっちゃ好きやねん!

そうたいね、コナンのエンディングテーマって、毎回いい曲ばっかりじゃん!

あら、コナンって言うたら、あの赤くて丸い子がね?

再起動と進化

宮川愛李さんの音楽は、常に進化し続けているんですね。

🔖 関連記事の要約!宮川愛李、再始動の想いを込めた1stフルアルバム『Reboot』を語る(2021/03/03)邦楽インタビュー・特集
宮川愛李、再始動の想いを込めた1stフルアルバム『Reboot』を語る(2021/03/03)邦楽インタビュー・特集

✅ 宮川愛李の1stフルアルバム「Reboot」は、コロナ禍での活動制限や自身の成長を反映した再始動をテーマに、洗練されたJ-POP楽曲と、andropの内澤崇仁とのコラボレーションによるギターロックやラブバラードに挑戦した作品である。

✅ アルバムタイトル「Reboot」は、コロナ禍で思うように活動ができなかったもどかしさと、20歳の節目を迎えた宮川愛李自身の再始動を象徴している。

✅ 内澤崇仁とのコラボレーションを通して、宮川愛李は作詞や歌唱に新たな刺激を受け、自身の表現の幅を広げ、自信と成長を実感した。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/interview/detail/197848?rtw

内澤崇仁さんとのコラボレーションは、新しい音楽を生み出す刺激になったでしょうね。

宮川愛李は、2021年3月3日にリリースされた1stフルアルバム「Reboot」は、20歳の節目を迎え、再起動という意味が込められている。アルバムタイトルにもなっている「Reboot」は、コロナ禍で思うように活動できないもどかしさや、ファンとの交流が制限された状況の中で、新たなスタートを切る決意を歌っている。宮川愛李は、自身の影響力は大きくないと謙遜しながらも、クリエイティブな創作活動をする同世代の人々を尊敬しているという。宮川愛李は、1月9日に新曲『Reboot』を配信リリースした。同曲は、テレビアニメ『名探偵コナン』の新エンディングテーマに起用され、本日放送回からオンエアがスタートする。楽曲はandropの内澤崇仁が制作し、宮川愛李初のギターロック調となっている。ミュージックビデオは本日19時にオフィシャルYouTubeチャンネルでプレミア公開され、過去・現在・未来などさまざまな時間軸と喜怒哀楽が都会の街中を舞台に交差する。また、宮川愛李は3月3日に1stフルアルバム『Reboot』をリリースすることも発表した。アルバムには、配信シングル3曲に加え、新曲4曲を含む全10曲が収録され、初回限定盤、通常盤、名探偵コナン盤の3仕様で発売される。新曲および1stフルアルバムのタイトル『Reboot』は、2020年の活動休止を経て、2021年に気持ち新たに動き出そうという宮川愛李の意欲を表している。宮川愛李はアルバムについて、「一曲一曲に真剣に向き合い完成させた私の大切な作品になりました。私自身の殻を破り捨て、前進していこうという思いで作り上げた1stフルアルバムです。より多くの人に私の音楽が届くと嬉しいです。是非、聴いてください。」とコメントしている。

え、マジ!?かっこよすぎやん!

そうたいね、内澤崇仁さんとのコラボ、めっちゃ気になる!

あら、若い子が頑張ってるのはいいわね。私も若い頃は、音楽に夢中だったのよ。

アーティストとしての決意

宮川愛李さんのライブは、彼女の熱い気持ちが伝わってくるんでしょうね。

🔖 関連記事の要約!宮川愛李初ワンマンでみやかわくんと兄妹共演、6月に「スマホ映えの世界」発売(ライブレポート)
宮川愛李初ワンマンでみやかわくんと兄妹共演、6月に「スマホ映えの世界」発売(ライブレポート)

✅ 宮川愛李が初のワンマンライブ「宮川愛李 First Live~はじめてのわんまん~」を開催し、オリジナル曲の初披露や兄のみやかわくんとのコラボパフォーマンスで観客を沸かせた。

✅ ライブでは「妹子」発言を連発するなど、等身大の姿を見せつつも、変幻自在なボーカルで観客を魅了。

✅ アンコールではみやかわくんが登場し、2人でデュエットを披露。宮川は今後活動を続け、6月26日にデビューアルバム「スマホ映えの世界」をリリースすることを発表した。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/327617

兄であるみやかわくんとのコラボも、感動的だったでしょうね。

「ComingNextArtists」シーズン2の11回目は、ねごとの沙田瑞紀が、宮川愛李を対談相手に指名。6月にミニアルバム「スマホ映えの向こうの世界」でデビューしたばかりの宮川は、本名を名乗ってアーティスト活動を始めたきっかけ、実兄であるアーティスト・みやかわくんとのエピソード、歌に対するまっすぐな思いを語った。宮川は、兄のライブを観て感動し、スタッフからの誘いを受け、本格的なアーティスト活動をスタートさせた。幼い頃から歌うことが好きで、小学校の劇で妖精役を演じ、体育館のステージで歌い上げた経験を持つ。兄のライブに妹として出演した経験から、兄とスタッフが一体となって作り上げるライブに感銘を受け、自身も音楽活動に進むことを決意した。沙田も、5つ上の兄の影響で音楽を始め、高校時代にソニーから声をかけられ、大学2年でねごととしてデビューした。学生時代からの音楽活動は、授業や練習と両立する大変な日々だったと振り返る。宮川は、以前は「妹子」という名前でSNS上で活動していたが、アーティスト活動を本格的に始めるにあたり、本名を公表した。妹子として活動していた頃には「みやかわくんの妹」という立場に甘えていた部分もあったが、本名で活動することで、自分の表現力の限界に挑戦できていると実感している。宮川は、4月に初ワンマンライブを開催し、6月からリリースイベントで各地を回っている。初ワンマンライブでは緊張し、記憶がほとんどないほどだったという。兄がゲストとして登場した際に安心できたと振り返り、自身はまだまだ1人のアーティストとして成長途上だと感じている。

え、まじ!?行ってみたいわ!

そうたいね、ライブ行きたいけど、チケット取れないんやろーな。

あら、若いもんは元気ね。私も昔は、ライブによく行ってたわ。

新たな挑戦と心の葛藤

宮川愛李さんの音楽は、聴く人の心を揺さぶる力を持っていますね。

🔖 関連記事の要約!Sissy Sky

公開日:2022/10/24

Sissy Sky

✅ 「Sissy Sky」は、宮川愛李が歌う「名探偵コナン」のED60曲であり、灰原哀のキャラクターソングとしても人気があります。

✅ YouTubeでは、宮川愛李のオリジナルバージョン、灰原哀による翻唱バージョン、無種バージョンなど、様々なバージョンの「Sissy Sky」が公開されています。

✅ 「Sissy Sky」は、灰原哀の心情や過去を表現した曲として、多くのファンから支持されています。また、曲名やジャケットに込められた深層情報も、視聴者を惹きつける要素となっています。

さらに読む ⇒ 宮川愛李live_哔哩哔哩_bilibili 宮川愛李live_哔哩哔哩_bilibili出典/画像元: https://www.bilibili.com/video/BV1GG4y1h7Ei/

「Sissy Sky」は、灰原哀の心情を繊細に表現した名曲ですね。

宮川愛李の1stフルアルバム『Reboot』は、再始動をテーマに、洗練されたキャッチーなJ-POPをベースにした全10曲を収録。コロナ禍の影響で活動が制限された経験から生まれた、アーティストとしての進化と再始動の想いが込められている。特に、アニメ『名探偵コナン』のエンディングテーマ゛Reboot゛を含む3曲で、宮川が憧れるandropの内澤崇仁が作曲と編曲を担当し、ハードなギターロックやラブバラードなど、新たな挑戦をみせている。内澤とのコラボレーションを通して、作詞や歌唱において刺激を受け、自身の表現の幅を広げることができたという。アルバムタイトルの『Reboot』は、10代最後の作品であり、20歳になって初めてのアルバムであること、そしてコロナ禍での活動制限からの再出発を象徴している。内澤からのアドバイスや影響を受けながら、自身の想いをストレートに表現した楽曲たちは、宮川愛李の新たなスタートを告げる力強いメッセージとなっている。 宮川愛李の1stシングル「SissySky」は、友情と恋心の狭間で揺れる少女を描いた青春ソングです。歌詞は、親友と同じ人を好きになってしまった主人公の複雑な心情を、切なくも力強いメロディーに乗せて歌い上げています。主人公は、親友から恋の相談を受けますが、内心では「ヒロイン気取り」で、友達の恋心を「空っぽの心」と見下しています。しかし、自分も同じ人を好きだと気づいてしまい、罪悪感を感じながら「大丈夫だよ」と無責任な言葉を投げかけてしまいます。この歌詞は、友情と恋愛の両方を大切にしたいと願う一方で、どちらかを選ばなければいけないという苦しみを表現しています。「SissySky」は、恋愛に関わらず、何かに迷い、沈んでしまいそうになっている人に、共感と希望を与えてくれる曲です。

え、めっちゃいい曲やん!

そうたいね、この曲、めっちゃ好き!

あら、若い子は、歌が上手いね。私も若い頃は、よく歌ってたのよ。

宮川愛李さんの音楽は、これからも多くの人を魅了していくことでしょう。

🚩 結論!

💡 宮川愛李は、シンガーソングライターとして活躍している。

💡 「名探偵コナン」のエンディングテーマを担当している。

💡 自身の音楽活動は、兄であるみやかわくんの影響が大きい。