Academic Box Logo

木山裕策の家族愛と音楽への情熱!歌手としての歩みとは!?

木山裕策の家族愛と音楽への情熱!歌手としての歩みとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 木山裕策は、元会社員のシンガーソングライターである

💡 「home」などのヒット曲で知られている

💡 家族への愛をテーマにした楽曲が多い

それでは、第一章、歌手としての歩みと家族への愛についてお話します。

歌手としての歩みと家族への愛

木山裕策さんの音楽は本当に心に響きますね。

🔖 関連記事の要約!home』木山裕策。幸せ絶頂のなかで見つかった゛甲状腺がん゛
home』木山裕策。幸せ絶頂のなかで見つかった゛甲状腺がん゛

✅ 歌手デビューを果たした木山裕策は、かつてはシナリオライターを目指していたが、結婚や子供の誕生を機に、安定した収入を得るために会社員に転身した。

✅ しかし、働き盛りの36歳で甲状腺がんが見つかり、手術によって声を失う可能性に直面。歌えなくなることへの絶望と、シナリオライターを諦めた後悔から、人生の転換期を迎える。

✅ 手術は成功したが、声が出ない日々の中で、音楽への情熱を再燃させ、歌手デビューを決意。その後、親目線の愛情が詰まった楽曲「home」が大ヒットし、紅白歌合戦出場を果たすまでになった。

さらに読む ⇒ニフティニュースニフティニュース出典/画像元: https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12301-2398021/

がんを乗り越えて歌手になったというお話は、感動的ですね。

木山裕策は、2008年に『home』でデビューしたシンガーソングライターです。会社員としての活動と、歌手活動を両立させています。彼の音楽は、日常の幸せや困難を乗り越える希望のメッセージが込められており、リスナーに勇気と感動を与えています。木山裕策は、甲状腺がんを克服した過去を持ち、歌手になる夢を諦めずに、家族の支えもあり、オーディション番組でブレイクを果たしました。現在も会社員として働きながら、週末に歌手を続けており、家族との時間を大切にするために転職も経験しています。彼の家庭は、4人の息子たちの成長を見守り、温かい家族愛で満たされているようです。ネット上で広がった離婚危機や浮気の噂は、彼の番組での発言から生まれた誤解であることが分かりました。木山裕策は、家族を愛し、音楽を愛する、誠実な人物であることがうかがえます。

え、まじ!?会社員やってたんや!知らんかったわー!

おー、すごいっすねー!会社員しながら歌手って、一石二鳥やん!

なかなか、人生ってわからんもんね。若いもんにはわからない苦労があるのよ。

代表曲に込められたメッセージ

木山裕策さんの楽曲は、家族への愛が本当に伝わってきます。

🔖 関連記事の要約!歌手であり4人の子を持つサラリーマン、「home」続編が話題の木山裕策に聞く子育ての秘密(ふくりゅう)
歌手であり4人の子を持つサラリーマン、「home」続編が話題の木山裕策に聞く子育ての秘密(ふくりゅう)

✅ 木山裕策さんの新曲「旅立ち〜home2016〜」は、20歳になった息子が巣立っていく様子を描いた「home」の続編。楽曲には、親として息子へのメッセージが込められている。

✅ 木山裕策さんは、人生はコントロールできないことを受け入れ、ハプニングを楽しみながら生きてきた。歌手になったのも、36歳で甲状腺がんになったことがきっかけで、自分の声を残しておきたいと思ったから。

✅ 木山裕策さんは、子育てにおいて、子どもにあれこれ言わず、自分で考えさせるようにしている。親の指示を待つような子どもにならないよう、大人になることの楽しさを言葉だけでなく、行動で示したいと考えている。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/dbe66f4f62f53947e1ea14529d4e83cf7664485a

息子さんの成長を見守る親心、素敵ですね。

木山裕策の代表曲には、『3年目の浮気』、『ともしび』、『家族になろうよ』などがあります。『3年目の浮気』は、夫婦の日常を描いた楽曲で、結婚生活における小さな摩擦や喜びを共有できる人々に共感を得ています。『ともしび』は、愛と勇気、そして人々が互いに深い絆で結ばれていることの美しさを象徴する楽曲です。木山裕策の楽曲は、彼の経験や家族への深い愛情が感じられ、多くの人の心に響く作品ばかりです。

息子さん、もう20歳なんや!早いなぁ〜。

自分もいつか、こんな素敵な曲作ってみたいなぁ。

若い頃は、親の言うことなんて聞かんかったけど、歳をとると親心ってわかるようになるのよ。

多岐にわたるディスコグラフィー

木山裕策さんの音楽は、幅広い世代に愛されています。

🔖 関連記事の要約!木山裕策が語る名曲゛home゛から12年後の心機一転作『ラヴ&メモリーズ』
木山裕策が語る名曲゛home゛から12年後の心機一転作『ラヴ&メモリーズ』

✅ 木山裕策さんは、50代になり、歌を中心とした生活を再び始めることを決意し、キングレコードに移籍しました。

✅ 移籍第一弾アルバム「ラヴ&メモリーズ」は、80〜90年代ヒット曲のカヴァーを主軸とし、懐かしい思い出を呼び起こすような作品となっています。さらに、森昌子の「越冬つばめ」をロック調にアレンジしたり、自身で作詞作曲した「STAR ROAD~星へ続く道」を収録するなど、新たな試みもみられます。

✅ アルバムには、長男がコーラス参加したチェッカーズの「I Love you, SAYONARA」や、息子全員が参加したラッツ&スターの「め組のひと」など、家族とのコラボレーションも収録されています。木山さんは、このアルバムを通して、歌唱の幅が広がったと感じており、今後の活動の分岐点になると考えています。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/25624

家族とのコラボレーション、素敵ですね。

木山裕策のディスコグラフィーは、アルバム「ホーム&ライヴズ」からシングル「手紙」まで、様々な楽曲を収録しています。「ホーム&ライヴズ」は、TSUKEMENとのコラボレーションによる「home」や、BeChoirとのコラボレーションによる「星影のエール」など、バラエティ豊かな楽曲が収録されています。「家族の愛に包まれて」は、由紀さおりと安田祥子とのコラボレーションによるアルバムで、ポップス歌謡曲と童謡唱歌の2枚組となっています。「花~麗しき日本の愛唱歌」と「月~美しき日本の抒情歌」は、日本の名曲を収録したアルバムです。カバーアルバム「ラヴ&メモリーズ」は、木山裕策が自身の好きな曲をカバーしたアルバムです。「F守りたい君へ」は、木山裕策が大切にしている楽曲を集めたアルバムです。「Lアイをこめて贈るうた」は、木山裕策が自身の楽曲や、他のアーティストの楽曲を収録したアルバムです。

え、カバーアルバムも出してたんや!聞いてみよっかな〜。

木山裕策さんの音楽は、世代を超えて愛されるんだね。

若い子も、昔の音楽を聴いて、昔の事を思い出したりするのよ。

人気ランキング20選

木山裕策さんの音楽は、多くの人に愛されています。

🔖 関連記事の要約!木山裕策の楽曲「home」をインスパイアしたオリジナル舞台を上演 RUI、秋沢健太朗、相馬圭祐ら出演
木山裕策の楽曲「home」をインスパイアしたオリジナル舞台を上演 RUI、秋沢健太朗、相馬圭祐ら出演

✅ 「home」をインスパイアしたオリジナルストーリーで、夢を持って生きる素晴らしさを伝える舞台「Home」が、2022年3月17日~21日に浅草花劇場にて上演される。

✅ 歌手・木山裕策の体験を基にした物語は、夢を追う3兄弟とその母親、恋人の関係を通して、家族の絆と人生の選択をテーマに描く。

✅ RUI、秋沢健太朗、相馬圭祐らが出演し、川上麻衣子、逢澤みちるが母親と恋人を演じる。木山裕策自身も、コロナ禍だからこそ夢に向かって歩むことの大切さを訴えている。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/298489

舞台「Home」の内容、気になります。

木山裕策は、「home」「Ibelieve」などのヒット曲で知られる歌手です。会社員との二足のわらじで話題になりました。この記事では、木山裕策の代表曲・人気ランキング20選を、動画付きで紹介しています。ランキングは、1位から20位まで、曲名とYouTube動画へのリンクが記載されています。

え、舞台もやってんの!?知らんかった!

舞台、見てみたいなぁ!

昔は、舞台なんていうものは、特別な人しかできないものだったのよ。

奇跡の復活と音楽への情熱

木山裕策さんの音楽は、人生の希望を与えてくれます。

🔖 関連記事の要約!木山裕策「゛がん゛のおかげで歌手になれた」 最悪声を失う…どん底からの再起

公開日:2023/07/31

木山裕策「゛がん゛のおかげで歌手になれた」 最悪声を失う…どん底からの再起

✅ 歌手・木山裕策が、NHK Eテレ「ハートネットTV」に出演し、自身の転機となった「がん」体験を語る。

✅ 36歳で甲状腺がんを患い、手術前には声帯神経を傷つけるリスクもあり、歌手への夢を諦めていた過去を振り返る。

✅ 手術後も歌への情熱を諦めず、猛練習を重ね、39歳で歌手デビューを果たした。がんを乗り越え、夢を叶えた木山のストーリーを紹介する。

さらに読む ⇒マイナビニュースマイナビニュース出典/画像元: https://news.mynavi.jp/article/20230731-2738839/

がんを乗り越えて歌手になった木山裕策さんの姿は、本当に感動的です。

木山裕策は、がん手術後に奇跡的に声を取り戻し、家族への愛を綴った楽曲で知られるシンガーソングライターです。彼の音楽には、日常の幸せや困難を乗り越える希望のメッセージが込められており、リスナーに勇気と感動を与えています。

え、がんって、まじ!?でも、歌を諦めずに頑張ってよかったね!

木山裕策さんの音楽には、人生に対する前向きなメッセージが込められているんだね。

若い頃は、病気なんて、他人事だったけど、歳をとると、健康って大切だと実感するのよ。

木山裕策さんの音楽は、多くの人の心に響く、素晴らしい音楽ですね。

🚩 結論!

💡 木山裕策は、家族への愛をテーマにした楽曲が多い

💡 がんを乗り越えて歌手になったという人生のストーリーは感動的

💡 家族とのコラボレーションなど、様々な活動をしている