Academic Box Logo

奥田民生ってどんな人?音楽活動の軌跡を追ってみよう!ユニコーンの結成から解散、そして再結成とは!?

奥田民生ってどんな人?音楽活動の軌跡を追ってみよう!ユニコーンの結成から解散、そして再結成とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 奥田民生の高校時代と音楽活動の始まりについて詳しく解説します。

💡 ユニコーンの結成、解散、再結成の経緯をたどり、その魅力に迫ります。

💡 ユニコーンのメンバーと代表曲、そして最新アルバムについて紹介します。

それでは、最初の章に移りましょう。

奥田民生の高校時代と音楽活動の始まり

高校時代から音楽への情熱を感じますね。

🔖 関連記事の要約!奥田民生の学歴と経歴
奥田民生の学歴と経歴

✅ 奥田民生さんは広島県立広島皆実高校出身で、同校は偏差値58の伝統校です。高校時代はアーチェリー部に所属し、県の新人戦で1位を獲得するなど、部活動に打ち込んでいました。また、バンド活動もしており、文化祭で演奏することを目標に練習に励んでいました。

✅ 高校卒業後は広島電子専門学校に進学し、音楽活動に専念するため中退しました。21歳でロックバンド「ユニコーン」に加入し、翌年にはメジャーデビューを果たしました。ユニコーン解散後はソロアーティストとして活動し、プロデュースした「PUFFY」もブレイクしました。

✅ 奥田民生さんは幼少期から音楽に親しみ、小学校時代からギターを弾いていました。中学時代には友人とバンドを結成し、学校の近くの公民館や安いスタジオで練習を重ねていました。高校時代にはアイドルを目指し、おニャン子クラブの男子版「息っ子クラブ」のオーディションを受けたこともありました。

さらに読む ⇒芸能人の学歴や有名人の高校・大学情報は芸能人有名人学歴偏差値.com芸能人の学歴や有名人の高校・大学情報は芸能人有名人学歴偏差値.com出典/画像元: https://yumeijinhensachi.com/archives/10089

奥田民生さんの音楽活動の原点を感じることができました。

奥田民生は1962年1月28日生まれ、広島県広島市出身のミュージシャンです。高校は広島県立広島皆実高校に通い、偏差値58の伝統校でサッカー部が強豪として知られています。奥田さんは高校時代はアーチェリー部に所属し、県の新人戦で1位を獲得するなど活躍していました。また、バンド活動も行っており、文化祭での演奏を目指して練習に励んでいました。高校時代には「息っ子クラブ」のオーディションを受けましたが、二次審査で落選しました。高校卒業後は広島電子専門学校に進学しましたが、音楽活動に専念するため中退しました。中学時代はテニス部に所属し、2年生の頃からバンド活動を始めていました。当時からエレキギターを弾いており、友人と公民館や安いスタジオで練習を重ねていました。

へぇー、アーチェリー部やったんや!意外やわ!

そうか、奥田民生さんは広島出身だったのか。

若い頃から音楽に夢中だったんやね。素晴らしいわ!

ユニコーンの結成から解散、そして再結成

ユニコーンの音楽、大好きです!

🔖 関連記事の要約!UNICORN.JP
UNICORN.JP

✅ 1986年に広島で結成されたロックバンド「UNICORN」は、1987年にアルバム「BOOM」でデビューしました。

✅ 1990年には日本レコード大賞のアルバム賞を受賞するなど、人気バンドとして活躍していましたが、1993年9月に解散を発表しました。

✅ 解散後、メンバーはそれぞれソロ活動やユニット活動を続けています。

さらに読む ⇒ BIOGRAPHY BIOGRAPHY出典/画像元: https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/unicorn/sp/bio/

解散と再結成、波乱万丈な道のりですね。

1986年にロックバンド「ユニコーン」に加入し、翌年にはメジャーデビューを果たしました。ユニコーンは、奥田民生(ギター/ボーカル)、手島いさむ(ギター)、川西幸一(ドラム)、阿部義晴(キーボード/ギター/ボーカル)、EBI(ベース)の5人からなる個性的なバンドで、全員が楽曲制作に携わり、ボーカルも担当するなど、高い音楽性と演奏力を持ち合わせています。1987年にデビューし、1993年に解散。2009年に再結成し、現在も精力的に活動しています。ユニコーンの魅力は、メンバー全員が個性的で、ユーモア溢れる楽曲と、ライブパフォーマンスにあります。ユニコーンは1986年に広島県で結成されました。1987年10月に「BOOM」でCBS/SONYからデビューし、1988年にはアルバム「PANICATTACK」をリリースしました。1989年にはシングル「大迷惑」がヒットし、その後も「デーゲーム」「働く男」など数々のヒット曲をリリースしました。1990年にはアルバム「ケダモノの嵐」が日本レコード大賞を受賞するなど、人気を博しました。1993年に解散しましたが、2009年に再始動を発表し、現在も活動しています。

ユニコーンって、解散と再結成を繰り返してたの?

解散しても、みんなソロで活躍してたんだね。すごい!

若い頃、ユニコーンのライブよく見に行ったわよ!

ユニコーンのメンバーと代表曲

メンバーそれぞれ個性があって魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!手島いさむ『ユニコーン』結成秘話「他のバンドのボーカルに、すごくいい詞と曲を書くヤツがいた。しかも歌もすごかった。それが奥田民生です」
手島いさむ『ユニコーン』結成秘話「他のバンドのボーカルに、すごくいい詞と曲を書くヤツがいた。しかも歌もすごかった。それが奥田民生です」

✅ 手島いさむは、ユニコーン結成のきっかけについて、他のバンドのボーカルに才能を感じたこと、それが奥田民生だったと明かしています。

✅ 手島いさむは、高校時代に教務課の先生に退学届を提出したことを鮮明に覚えていると語っています。

✅ 手島いさむは、1987年のデビューから現在まで、プロとして音楽を奏でてきた経験について語っています。

さらに読む ⇒双葉社 THE CHANGE|人生が変わる一日がある。双葉社 THE CHANGE|人生が変わる一日がある。出典/画像元: https://futabasha-change.com/articles/-/235

ユニコーンの代表曲、どれも名曲ばかりですね。

ユニコーン解散後はソロアーティストとして活動を開始し、1996年には「PUFFY」のプロデュースを手掛けました。奥田民生は、ユニコーンのメインボーカルであり、ソロとしても活躍するソングライターです。手島いさむは、ユニコーン結成の中心人物であり、パワフルなギタープレイと歌声が魅力です。川西幸一は、ユニコーンの初代リーダーであり、軽快なドラムプレイが特徴です。阿部義晴は、キーボード/ギター/ボーカルを担当し、プロデューサーとしても活躍しています。EBIは、ベースを担当し、バンドの安定感を支えています。ユニコーンは、数々の名曲を世に送り出してきました。代表的な楽曲には、『大迷惑』『すばらしい日々』『WAO!』『Feel So Moon』『ミレー』などがあります。

ユニコーンの曲は、どれもノリが良くて好き!

ユニコーンって、メンバー全員で曲作るんだ。すごいな。

ユニコーンって、若い子にも人気なの?

AIヴォーカルを用いたユニコーンの新しい試み

AIヴォーカル、新しい試みですね。

🔖 関連記事の要約!ユニコーン奥田民生さん&ABEDONさんインタビュー前編。AIヴォーカルのEP『ええ愛のメモリ』について。 – J
ユニコーン奥田民生さん&ABEDONさんインタビュー前編。AIヴォーカルのEP『ええ愛のメモリ』について。 – J

✅ ユニコーンの奥田民生さんと ABEDON さんは、AI ヴォーカルの EP 『ええ愛のメモリ』をリリースした背景について語りました。

✅ AI ヴォーカルを採用した理由は、ユニコーンのメンバーが新しい音楽に挑戦するため、そして AI という新しい技術を試すためでした。

✅ AI ヴォーカルは、奥田民生さん自身の声だと認識できず、他のメンバーの声だと認識してしまうなど、ユニークな反応を生み出しました。

さらに読む ⇒J-WAVE 81.3 FM RADIOJ-WAVE 81.3 FM RADIO出典/画像元: https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/the-hidden-story/2023/12/08-100909.html

AIヴォーカルの活用方法、興味深いです。

ユニコーンの奥田民生さんとABEDONさんは、AIヴォーカルによるEP『ええ愛のメモリ』と、それに収録された曲の本人ヴォーカルバージョンを含むアルバム『クロスロード』について語りました。AIヴォーカルを使用することになったきっかけは、ABEDONさんが提案したもので、新しい試みとしてメンバーに紹介されました。奥田さんは、AIヴォーカルが自分の声に聞こえないことに戸惑っていましたが、AIならではの特徴として受け止めています。『ええ愛のメモリ』は、宇宙兄弟の漫画家・小山宙哉さんとのコラボムービーがあり、遠い昔の誰かが残した音楽という設定になっています。奥田さんは、AIヴォーカルによって、若々しい声や、曲に合わせた声色を出す新しい表現に挑戦したいと考えています。EPの制作過程では、AIヴォーカルと人間の演奏のバランスに苦労したとのことです。ABEDONさんは、AIが自分勝手な歌い方をするため、歌として成立させるために工夫を重ねたそうです。奥田さんは、AIヴォーカルが『クロスロード』のアルバムリリースの宣伝効果になること、そしてAIバージョンよりも本人の歌の方が良いという事態を避けるために、クオリティにこだわったと語っています。『ええ愛のメモリ』に収録された【ネイビーオレンジ】は、奥田さんがAIヴォーカルのために書き下ろした曲です。AIヴォーカルの曲を作るにあたり、メンバーそれぞれがこれまで書いた印象的な曲から選曲し、奥田さんは【ネイビーオレンジ】を選びました。

AIヴォーカルって、なんか違和感あるけど、面白い!

AIヴォーカルで、新しい音楽を生み出せるのはすごい!

AIも音楽に使える時代になったんやね。びっくりしたわ!

奥田民生の外見と音楽の魅力、そしてユニコーンの最新アルバム

奥田民生さんの個性的な音楽、魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!ユニコーン 100分きっかり×50本の100周年ツアーを完走
ユニコーン 100分きっかり×50本の100周年ツアーを完走

✅ ユニコーンは2019年を「ユニコーン100周年」と定め、4月から12月まで続く50本のツアー「百が如く」を開催しました。

✅ ツアーでは2枚のニューアルバムをリリースし、セットリスト、ステージセット、効果映像、衣装などが前半と後半で大きく変更されました。

✅ ツアーファイナルでは、「100周年」を記念して、「服部」メドレーや川西幸一の還暦を祝う演出、復活10周年を象徴する楽曲演奏など、ユニコーンの歴史を感じさせる内容となりました。

さらに読む ⇒ エキサイトニュース エキサイトニュース出典/画像元: https://www.excite.co.jp/news/article/E1576911343919/

ユニコーンの100周年ツアー、盛り上がっていたようですね。

奥田民生さんは、身長は公表されていませんが、170cm前後と推測されています。髪型は、長髪に帽子を被るスタイル、短髪でサイドを刈り上げたスタイルなど、様々なスタイルに挑戦しています。ファッションは、シンプルなTシャツにジーンズ、革ジャンなど、カジュアルなスタイルが多いですが、時には個性的なアイテムを取り入れたり、帽子やアクセサリーでアクセントをつけることもあります。奥田民生の音楽は、ユニコーン時代からソロ時代まで、幅広い世代から支持されています。代表曲には、「すばらしい日々」「WAO!」「イージュー★ライダー」「さすらい」などがあります。奥田民生の音楽は、ユニークな歌詞とメロディー、そして奥田民生自身の個性的なキャラクターによって、多くの人を魅了しています。UNICORNのアルバム『UC100V』は、2019年に再結成20周年、メンバーの還暦を迎え、バンドとして100周年になることを記念して制作された。テーマは、手島がファンクラブ・ツアー中に口にした「UNICORNは来年100周年」という言葉から生まれた「100周年」と、新聞広告で掲げられた「働き方改楽」の二つ。アルバムのタイトルや楽曲は、数字をテーマに制作された。これは、奥田が曲作りに困っていた際に、数字をキーにして作ることを提案したことが発端だ。メンバーそれぞれが数字をテーマに楽曲制作を行い、ユニークな曲タイトルが生まれた。例えば、「うなぎ4のやきとり1」というタイトルは、数字がテーマでなければ生まれなかっただろう。UNICORNらしい遊び心と自由な発想が詰まったアルバム『UC100V』は、100周年という節目を記念するだけでなく、バンドの新たな一面を垣間見ることができる作品である。

ユニコーンって、100周年とか、すごいな!

奥田民生さんの音楽は、やっぱ最高!

ユニコーンって、昔はよくテレビに出てたよね。懐かしいわ!

奥田民生さんの音楽は、世代を超えて愛される魅力がありますね。

🚩 結論!

💡 奥田民生の高校時代から音楽活動の始まり、そしてユニコーン結成までの道のりを紹介しました。

💡 ユニコーンの解散と再結成、そしてメンバーそれぞれの活動について解説しました。

💡 ユニコーンの代表曲や最新アルバム、そしてAIヴォーカルを用いた新しい試みについて解説しました。