Academic Box Logo

西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」って、どんな曲?40年以上愛される名曲の秘密とは!?

西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」って、どんな曲?40年以上愛される名曲の秘密とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」は、1979年の球団創設と同時に制作された名曲です。

💡 作詞は阿久悠、作曲は小林亜星、歌は松崎しげるが担当しています。

💡 歌詞には野球に関する言葉は一切登場せず、代わりに「ミラクル元年」というフレーズが3回繰り返されています。

それでは、最初の章に移ります。

誕生と願い:西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」

それでは、西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!今日のMV】松崎しげる「地平を駈ける獅子を見た」
今日のMV】松崎しげる「地平を駈ける獅子を見た」

✅ 埼玉西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」は、作詞・阿久悠、作曲・小林亜星による1979年リリースの名曲。

✅ 2018年には球団40周年を記念した40thバージョンがリリースされ、松崎しげるがメットライフドームで歌うMVが公開された。

✅ 小林亜星先生の追悼と感謝を込めて、埼玉西武ライオンズは交流戦最終試合となる広島戦に挑む。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/news/102059

この球団歌は、世代を超えて愛され続けている、まさに西武ライオンズの象徴的な曲ですね。

1979年、西武ライオンズは球団創設とともに、阿久悠作詞、小林亜星作曲、松崎しげる歌唱による球団歌「地平を駈ける獅子を見た」を誕生させました。歌詞には野球に関する言葉は一切登場せず、代わりに「ミラクル元年」というフレーズが3回繰り返され、作詞者の阿久悠氏は、このフレーズに「奇跡」への期待と願いを込めたと語っています。作曲者の小林亜星氏は、従来の球団歌とは異なる、ポップス調でフレッシュなイメージの曲を目指し、松崎しげる氏の歌唱力を最大限に引き出すことを目指したと語っています。この球団歌は、歌詞とメロディーの融合によって、聴く人の心を掴む力強い曲として、長く愛され続けています。

え、まじ!?知らんかったわ!

うん、懐かしいね。俺もよく聴いとったよ!

あら、懐かしいわね。昔はよくこの歌を聴きながら、お茶を飲んでいたわよ。

球団の栄光、そして日常に溶け込む旋律

続いて、球団歌がどのようにファンに親しまれてきたのかを見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!優勝セールでお馴染み 西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た」が長く愛されている理由(室井昌也)
優勝セールでお馴染み 西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た」が長く愛されている理由(室井昌也)

✅ 西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た」は、1979年の球団創設以来40年以上愛され続けている。歌詞に野球に関する言葉がないにもかかわらず、聴く人の心を掴む力強いメロディーと、ファンそれぞれが「ミラクル元年」を感じられる歌詞が魅力である。

✅ 作曲の小林亜星氏は、従来の球団歌とは異なる、ポップス調でフレッシュなイメージの曲を目指した。また、歌手松崎しげる氏の広い音域を生かし、ファンの歌いやすさよりも曲の個性とインパクトを重視した。

✅ 「地平を駈ける獅子を見た」は、作詞の阿久悠と作曲の小林亜星という、数々の名曲を世に送り出した強力なタッグによって生まれた。彼らのソングライティング能力と、松崎しげるの歌唱力が合わさったことで、長く愛される球団歌が誕生した。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/a141c3addd02b983b63658d71cef567e83235841

確かに、歌詞に野球に関する言葉がないのに、ここまで愛される球団歌って珍しいですよね。

西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」は、1979年3月にリリースされました。歌詞の内容は、野球という枠を超え、誰もが自身の「ミラクル元年」を感じられるような、普遍的なメッセージを持っています。この曲は、西武ライオンズが優勝するたびに、西武百貨店や西友などグループ各社で優勝記念セールが開催され、店内で繰り返し流されました。特に1982年から1994年の黄金期には、一般客も頻繁に耳にする機会がありました。

へぇ~、西武百貨店とかでも流れてたんや!

うん、確かに。あの頃は、よく耳にしたもんだね。

あら、そうだったのかしら。当時はまだ、若い者がたくさんいたのよ。

球団カラーの象徴:歌詞に込められた西武グループのアイデンティティ

では、球団歌に込められた西武グループのアイデンティティについてお話します。

🔖 関連記事の要約!埼玉西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た(40thバージョン)」配信開始! ライオンズを応援する著名人として登場

公開日:2018/10/23

埼玉西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た(40thバージョン)」配信開始! ライオンズを応援する著名人として登場

✅ 埼玉西武ライオンズは、9月27日の本拠地最終カード勝利時から球場で放送している「地平を駈ける獅子を見た(40thバージョン)」応援動画を公開しました。

✅ この動画には、ファンだけでなく著名人もライオンズを応援する姿が映し出されています。

✅ 動画は、チームに大きな青炎を届けるメッセージと共に、ファンと一体となって最後までライオンズを応援するよう呼びかけています。

さらに読む ⇒SARINA.NAGOYA | 惣田紗莉渚さん応援サイト/夢のもとに集う場所を目指してSARINA.NAGOYA | 惣田紗莉渚さん応援サイト/夢のもとに集う場所を目指して出典/画像元: https://sarina.nagoya/?p=10334

チームカラーが歌詞に表現されているのは、とても印象的ですね。ファンにとっても、球団歌を通して西武グループのブランドイメージを感じられるのでしょう。

西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」の歌詞には、空の青、風の白、地の緑、炎の赤というチームカラーが表現されています。この「ライオンズカラー」は、レオのマークとともに西武グループ全体のシンボルカラーとなり、球団歌を通じて、西武グループのブランドイメージを形成する役割を担ってきました。

へぇ~、そうなんだ!知らんかったわ。

うん、確かに。ライオンズのカラーって、西武グループ全体のイメージにもなってるよね。

あら、そうだったのかしら。若い者は、なかなかそういうことに気がつかないのよ。

名曲誕生の背景:阿久悠と小林亜星によるタッグ

次は、名曲誕生の背景にある、阿久悠さんと小林亜星さんのタッグについてお話します。

🔖 関連記事の要約!埼玉西武ライオンズ球団歌 地平を駈ける獅子を見た 参考音源CD付 / ウィンズスコア
埼玉西武ライオンズ球団歌 地平を駈ける獅子を見た 参考音源CD付 / ウィンズスコア

✅ 埼玉西武ライオンズの公式球団歌「地平を駈ける獅子を見た」は、1979年の球団発足と同時に制作され、作詞は阿久悠、作曲は小林亜星、歌は松崎しげるが担当している。

✅ 試合中は、ライオンズの得点獲得時や9回裏の攻撃時、2017年からは勝利時にも演奏される。

✅ この楽譜は、吹奏楽で演奏できるようにアレンジされており、難易度B、演奏時間は3分となっている。

さらに読む ⇒島村楽器 楽譜便 | 全品送料込みの楽譜ネットショップ島村楽器 楽譜便 | 全品送料込みの楽譜ネットショップ出典/画像元: https://gakufubin.shimamura.co.jp/ec/pro/disp/2/g0225956

作詞の阿久悠さんと作曲の小林亜星さんのタッグ、まさに最強の組み合わせですよね。

「地平を駈ける獅子を見た」は、阿久悠氏と小林亜星氏のタッグによって生まれた名曲です。この球団歌は、野球ファンだけでなく、西武グループの顧客や従業員など、多くの人々に愛され、西武ライオンズの象徴的な存在として、40年以上も親しまれています。

へぇ~、すごい組み合わせやな!

うん、この二人なら、そりゃ名曲ができるわな!

あら、懐かしいわね。あの頃は、よくテレビでこの二人の名前を見かけたわよ。

球団歌を超えて:西武ライオンズとファンを繋ぐ存在

最後は、球団歌が西武ライオンズとファンをどのように繋いでいるのかについてお話します。

🔖 関連記事の要約!地平を駈ける獅子を見た」
地平を駈ける獅子を見た」

✅ 西武ライオンズは球団創設40周年を記念し、球団歌「地平を駈ける獅子を見た」を松崎しげるさんにより新たにレコーディングし、リニューアルしたCDを発売しました。

✅ CDには、松崎しげるさんによる40周年バージョン、ファンが歌いやすいアレンジのFan-MIXバージョン、1979年のオリジナルバージョン、さらに40周年バージョンとFan-MIXバージョンのオリジナルカラオケも収録されています。

✅ このCDは、西武ライオンズファンにとって貴重な記念アイテムとなるでしょう。

さらに読む ⇒埼玉西武ライオンズ公式オンラインショップ埼玉西武ライオンズ公式オンラインショップ出典/画像元: https://store.seibulions.jp/shop/g/gL000145/

球団歌が単なる曲ではなく、西武ライオンズの歴史やファン、そして西武グループ全体を繋ぐ存在というのは、素晴らしいですね。

「地平を駈ける獅子を見た」は、単なる球団歌を超え、西武ライオンズの歴史とファン、そして西武グループ全体のアイデンティティを繋ぐ、重要な存在となっています。

へぇ~、そうなんだ!知らんかったわ。

うん、確かに。この球団歌は、ライオンズファンにとって特別な曲だよね。

あら、そうだったのかしら。若い者は、なかなかそういうことに気がつかないのよ。

本日は、西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」は、1979年球団創設と同時に制作された名曲です。

💡 作詞は阿久悠、作曲は小林亜星、歌は松崎しげるが担当しています。

💡 歌詞には野球に関する言葉は一切登場せず、「ミラクル元年」というフレーズが3回繰り返されているのが特徴です。