Academic Box Logo

松丸亮吾の東大への道?天才はどのように育まれたのか天才の軌跡とは!?

松丸亮吾の東大への道?天才はどのように育まれたのか天才の軌跡とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 松丸亮吾さんは、中学受験で麻布中学校に進学しました。

💡 東大受験では、母親の死をきっかけに奮起し、見事合格を果たしました。

💡 松丸亮吾さんは、謎解きクリエイターとして活躍しています。

それでは、松丸亮吾さんの東大への道のりを、3つの章に分けて詳しくご紹介していきます。

東大への道:松丸亮吾の中学受験

松丸亮吾さんは、中学受験に挑む上で、兄を超えたいという強い気持ちを持っていたんですね。

🔖 関連記事の要約!松丸亮吾さんの中学受験体験記】麻布の学園祭で「絶対にここに通いたい」と強い第一志望に。4校の慣らし受験ののち迎えた2月1日

公開日:2024/04/12

松丸亮吾さんの中学受験体験記】麻布の学園祭で「絶対にここに通いたい」と強い第一志望に。4校の慣らし受験ののち迎えた2月1日

✅ 松丸さんは、小学4年生のときにテレビ番組でひらめき問題を解いたことがきっかけで、中学受験に興味を持ち始めました。特に、兄を超えたいという気持ちから、偏差値の高い麻布中学を受験することを決意しました。

✅ 麻布の学園祭に参加した松丸さんは、生徒たちの楽しそうな姿に強い憧れを抱き、開成や筑駒ではなく、麻布への進学を強く決意しました。受験勉強は大変でしたが、得意な算数と理科で高得点を取り、模試では麻布中学のA判定かB判定が出ていました。

✅ 松丸さんは、緊張しやすい性格のため、12月と1月校を「慣らし受験」として受験し、自信をつけました。結果、4校全てに合格し、麻布中学の試験も落ち着いて受験することができました。算数が終わった時点ですでに合格を確信していたそうです。

さらに読む ⇒HugKum(はぐくむ) | 小学館が運営する乳幼児~小学生ママ・パパのための育児情報メディアHugKum(はぐくむ) | 小学館が運営する乳幼児~小学生ママ・パパのための育児情報メディア出典/画像元: https://hugkum.sho.jp/589467

麻布中学校の学園祭に強い憧れを抱き、受験勉強にも力を入れてきた松丸さんの努力が実を結んだんですね。

松丸亮吾さんは、子どもの頃から東大を目標とし、中学受験に挑みました。番組『脳内エステIQサプリ』でひらめきで問題を解く楽しさを知り、兄たちに勝つために東大をめざすことを決意しました。中学受験では、偏差値の高い学校に興味を持ち、麻布中学校の自由な校風と生徒主導の文化祭に魅力を感じ、志望校に決めました。松丸さんは、テストで×になることに価値を見出し、両親から「×が○になる瞬間こそが勉強」と教えられました。点数に一喜一憂するのではなく、わからないことがわかるようになる過程を大切にすることで、勉強へのモチベーションを維持できたと語っています。また、松丸さんは負けず嫌いな性格で、算数が得意でしたが、計算ドリルをすべて解くのは嫌でした。そこで、両親は松丸さんの性格に合った勉強法を探し、効率的に学習できるようにサポートしました。松丸さんは、中学受験を通して、自分の性格に合った勉強法を見つけること、そして両親のサポートによって、勉強を苦痛に感じることなく、目標に向かって努力できたことを強調しています。

え、まじ!?麻布って、めっちゃ頭いいとこやん!松丸さん、スゴイわ!

いや、まじで。うちの中学時代は、勉強なんかより、遊びばっかやったけん、ちょっと反省したわ。

あんたね、若い頃は、勉強なんかより、遊びの方が大事よ!人生は、遊びの中から学ぶこともたくさんあるのよ!

東大への道:努力と克服

松丸亮吾さんは、母親の死をきっかけに東大を目指すようになったんですね。

🔖 関連記事の要約!東大合格は亡き母の願い。それを知り、遊ぶのをやめて猛勉強しました」松丸亮吾さんが語る幼少期のこと、家族のこと
東大合格は亡き母の願い。それを知り、遊ぶのをやめて猛勉強しました」松丸亮吾さんが語る幼少期のこと、家族のこと

✅ 松丸亮吾さんは、幼少期は兄たちへのライバル心から「東大に行く!」と宣言し、中学時代はゲームに熱中するなど、勉強よりも遊びに夢中でした。しかし、高校時代に亡くなった母親の日記に「亮吾が東大に受かるところが見てみたい」と書かれていたことがきっかけで奮起し、東大に合格しました。

✅ 松丸さんの母親は料理上手で、手作りピザや餃子、こだわりのシチューなど、家庭料理に愛情を注いでいました。特に、松丸さんが忘れられないのは、スペアリブの煮込みや揚げたてのから揚げなど、家族みんなで楽しめる、あたたかい手料理でした。

✅ 松丸さんの家は、常に食卓が賑わっており、みんなで同じテーブルを囲んで食事をしていました。母親が料理をしている間、兄弟はリビングで勉強や宿題をするなど、家族全員がそれぞれの時間を共有していました。松丸さんは、母親が料理を作ってくれたおかげで、いつも温かい家庭料理を味わうことができ、それが今の仕事にも繋がっていると感じています。

さらに読む ⇒Baby-mo(ベビモ)Baby-mo(ベビモ)出典/画像元: https://babymo.jp/articles/detail/1761

母親の言葉が、松丸亮吾さんを奮い立たせたんでしょうね。

松丸亮吾さんは、東大に合格した現役東大生の謎解きクリエイターです。元々は勉強嫌いでゲーム好きな少年でしたが、母親の死をきっかけに東大を目指し、勉強を始めることになりました。母親は松丸亮吾さんの性格に合わせた勉強方法で、ゲーム時間を勉強時間に置き換えるなどの工夫をしていました。松丸亮吾さんは、高校2年生から本格的に勉強を始め、数ヶ月後には学力テストで校内7位まで成績がアップしました。東大合格に向けては、勉強嫌いを克服するために、10時間集中して勉強する時間設定と、弱点克服のためのノート作成を行いました。彼の努力と母親のサポートによって、松丸亮吾さんは見事東大に合格を果たしました。松丸亮吾さんは、中学受験において社会科は国語力で克服し、東大受験では苦手な科目を細かく分解して克服していく独自の勉強法を用いたことを明かしました。麻布中学校では、周りの生徒のパワーに刺激され、各自が個性を開花させ、好きなことに打ち込むことで成績向上にも繋がるという経験を語っています。また、中学受験に挑戦することの重要性を強調し、挑戦し続けることの大切さを説いています。保護者には、子どもが失敗を恐れて挑戦しないことを避けるべきだと訴え、中学受験を通して子どもが自信を培い、将来の人生に役立つ経験を積むことを勧めています。

うわぁ、お母さんの言葉、めっちゃ泣けるやん!松丸さん、お母さんのためにも頑張ったんやな。

うん、わかる。お母さんの言葉って、ホンマに力になるよね。

若いもんは、親の言葉に耳を傾けなさい!人生の大切な道しるべよ!

家族の絆:才能と努力

松丸亮吾さんのご家族は、皆さんそれぞれ才能をお持ちなんですね。

🔖 関連記事の要約!松丸亮吾の兄弟はDaiGo 家族での活躍に「すごすぎる…」 – grape グレイプ
松丸亮吾の兄弟はDaiGo 家族での活躍に「すごすぎる…」 – grape グレイプ

✅ 松丸亮吾さんは、東大生として注目を集め、現在は謎解き制作集団「AnotherVision」の代表を務めるタレントです。彼の兄は、メンタリストとして活躍するDaiGoさんで、他の兄弟もプログラマーや調香師など、それぞれ専門分野で活躍しています。

✅ 松丸亮吾さんの母親は、子供たちの個性に合わせた教育方法を採用し、決してスパルタ教育ではなく、子供たちの個性を伸ばすことを重視していました。松丸亮吾さんは、母親の教育方針の影響を受け、東大に進学し、子供時代からの夢であった「謎解き」の世界で活躍しています。

✅ 松丸亮吾さんの兄弟は、それぞれ専門分野で活躍しており、家族全体で高い能力を持つことがわかります。松丸亮吾さんは、兄弟や家族との良好な関係を築いており、家族の絆の強さが際立っています。

さらに読む ⇒grape グレイプgrape グレイプ出典/画像元: https://grapee.jp/901147

松丸亮吾さんの母親は、子供たちの個性に合わせた教育方法を採用していたんですね。

松丸亮吾さんは、メンタリストのDaiGoさんを兄に持つ、謎解きクリエイターとして活躍する東大卒のタレントです。彼は、母親の教育方針が自身を大きく成長させたことを明かし、常に兄弟たちの存在を意識して生きてきたことをインタビューで語っています。松丸亮吾さんの兄であるDaiGoさんはメンタリストとして活躍する一方、YouTuberとしても人気を集め、多くの人に人生のヒントを提供しています。また、松丸亮吾さんの次兄はプログラマー、三男は調香師としてそれぞれ活躍しており、一家揃って個性を発揮しています。松丸亮吾さんは、家族の絆の深さについて語ることも多く、特に亡くなった母親への想いは強く、テレビ番組を通してその想いを共有しています。松丸亮吾さんのように、兄弟全員がそれぞれの分野で成功を収めていることは、彼らの才能と努力、そして家族の支えが大きく影響していることを証明しています。

松丸さんのお兄ちゃん、メンタリストのDaiGoさんって人やんな!?めっちゃ有名やん!

そうやねー、松丸さんの家族、みんな才能溢れとるよね!

昔は、子供はみんな同じように育てなきゃダメって考えやったんだけど、今は、個性に合わせて育てなきゃダメよ!

謎解き日本一決定戦:頭脳バトル

松丸亮吾さんが監修を務めた「謎解き日本一決定戦X2023」は、非常に人気のある番組ですね。

🔖 関連記事の要約!謎解き日本一決定戦X 2023』がMBS/TBS系全国ネットで3月26日に放送決定! 謎解きドラマ&お笑い謎解き&『呪術廻戦』コラボ謎解きも

公開日:2023/03/24

謎解き日本一決定戦X 2023』がMBS/TBS系全国ネットで3月26日に放送決定! 謎解きドラマ&お笑い謎解き&『呪術廻戦』コラボ謎解きも

✅ 2023年3月26日放送の「謎解き日本一決定戦X 2023」決勝大会では、7万人以上の参加者から勝ち抜いた8人が優勝賞金100万円と日本一の称号をかけて競い合う。

✅ 番組には、松丸亮吾率いる謎解きクリエイター集団RIDDLERが監修したオリジナル謎解きドラマ、お笑い謎解き、アニメ「呪術廻戦」コラボ謎解きなど、バラエティ豊かな謎解きが盛り込まれている。

✅ 今田耕司と小芝風花が司会進行を務め、城田優、かたせ梨乃、藤本敏史(FUJIWARA)、INIの池﨑理人、尾崎匠海、佐野雄大、髙塚大夢が出演する。

さらに読む ⇒QUIZ JAPANQUIZ JAPAN出典/画像元: https://quizjapan.com/2023/03/16/post-23809/

参加者7万人の中から選ばれた8人の頭脳バトルは、見ごたえがありますね。

松丸亮吾監修の「謎解き日本一決定戦X2023」が3月26日(日)夜9時からTBS系で放送。参加者7万人以上の中から勝ち抜いた上位8人が、頭脳バトルを繰り広げる。マヂカルラブリー、秋山竜次、「呪術廻戦」とのコラボ謎解きなど、様々なエンタメと融合した謎解きが出題される。松丸は、謎解きクリエイター集団・RIDDLER(リドラ)と1年間かけて問題を作成。老若男女問わず解ける、しかし答えを瞬時にひらめく人は少ない問題を意識した。また、各ステージで異なる力(音処理、取捨選択、観察力など)を試せるように設計した。松丸自身は、出場者たちのレベルの高さを実感し、決勝大会には出場しないことを明かした。番組には、今田耕司、小芝風花が司会進行を務め、かたせ梨乃、城田優、藤本敏史(FUJIWARA)がゲスト出演する。

え、松丸さんが監修した謎解き番組って、めっちゃ面白そうやん!

うん、絶対見たい!松丸さんの作った謎解き、どんなんか気になるわ!

昔は、こんな番組なかったわよ!今の若いもんは、頭いいわね!

宮下公園謎解き:リアルとバーチャル融合

松丸亮吾さんの企画による「宮下公園謎解き バグ侵食」は、リアルとバーチャルが融合した新しいタイプの謎解きイベントですね。

🔖 関連記事の要約!渋谷ミヤシタパークで謎解きイベント開催! リアルとバーチャル連動、松丸亮吾が監修 (2022年7月15日)
渋谷ミヤシタパークで謎解きイベント開催! リアルとバーチャル連動、松丸亮吾が監修 (2022年7月15日)

✅ 大日本印刷(DNP)と三井不動産が、リアルとバーチャルの宮下公園を舞台にした謎解きイベント「松丸亮吾のMIYASHITA MYSTERY PARK 2022」を開催。

✅ 謎解きクリエイター・松丸亮吾氏が企画を担当し、リアルとバーチャルの空間を連動した謎解きを楽しむことができる。

✅ バーチャル空間は無料で参加可能、リアル空間は謎解きキットを購入する必要がある。VRゴーグルがなくてもスマートフォンやPCから参加可能で、京都館PLUS Xではバーチャル空間で京都を感じられる体験を提供している。

さらに読む ⇒ エキサイトニュース エキサイトニュース出典/画像元: https://www.excite.co.jp/news/article/Techable_182320/

宮下公園を舞台にした謎解きは、実際に訪れてみたいですね。

「宮下公園謎解き バグ侵食」は、松丸亮吾氏率いるRIDDLERが制作した、リアルとバーチャル両方の宮下公園で楽しめる謎解きイベントです。2022年7月15日から9月4日まで開催され、参加者はバーチャル空間と渋谷のRAYARDMIYASHITAPARKを巡りながら謎を解き明かします。ゲームは1人から最大4人までプレイ可能で、所要時間は約1時間です。バーチャル空間での謎解きは無料で、リアル空間での謎解きは施設内にある謎を解くことでバグを倒すという内容です。謎解きをクリアすると、バグ侵食の真相を解き明かす謎が待ち受けています。企画は三井不動産株式会社が主催し、RIDDLERの橘大揮氏と運天拓氏が謎解き制作を担当しました。

宮下公園って、謎解きできる場所あるんや!?行ってみよかな!

宮下公園って、おしゃれなとこやけん、謎解きも面白そう!

若いもんは、新しいもの好きやね!私らの頃は、こんなもん無かったわよ!

松丸亮吾さんの東大への道のり、そして謎解きクリエイターとしての活躍をご紹介しました。

🚩 結論!

💡 松丸亮吾さんは、中学受験で麻布中学校に進学しました。

💡 東大受験では、母親の死をきっかけに奮起し、見事合格を果たしました。

💡 現在は、謎解きクリエイターとして活躍しています。