Academic Box Logo

クレラップCM『僕は手伝わない』篇が話題!夫婦の家事分担、どう考えてる?男性の家事への意識、進化してる!?

クレラップCM『僕は手伝わない』篇が話題!夫婦の家事分担、どう考えてる?男性の家事への意識、進化してる!?
📘 この記事で分かる事!

💡 共働き家庭における家事分担の現状と課題

💡 クレラップのメッセージムービー「僕は手伝わない」篇の解説

💡 新しい家族の形と、円満な家事分担のヒント

それでは、第一章、家事分担の現状と課題について詳しく見ていきましょう。

家事分担の現状と課題

家事分担の現状について、改めて考える機会となりました。

🔖 関連記事の要約!夫婦の家事分担、最多は「妻が9割」共働きでも「妻が7割」 不公平感とすれ違いを「パラレル家事」で防ごう
夫婦の家事分担、最多は「妻が9割」共働きでも「妻が7割」 不公平感とすれ違いを「パラレル家事」で防ごう

✅ 共働き家庭において、家事の負担が妻側に集中している現状が深刻である。リンナイの調査では、夫婦の家事分担割合で「妻9割、夫1割」が最も多く、共働き夫婦でも「妻7割、夫3割」が最多という結果が出ている。

✅ 家事分担の認識には夫婦間でずれがあり、特に「妻10割」と答えた女性は23%だが、男性はわずか8%という結果が出ている。このずれを解消するために、家事分担の一覧表「家事シェアシート」を作り、誰がどの家事を担っているのかを「見える化」することが有効である。

✅ 家事シェアを進めるには、夫婦が協力して「パラレル家事」を行うことが重要である。例えば、夫がご飯を作る間、妻が子どもの相手をする、といったように、2つの並行する作業を分担することで、お互いの負担を減らし、不公平感を解消できる。また、家事の苦手なパートナーに自分の質を望むのは難しいので、作業を頼む際は無理のない範囲でお願いすることが重要である。

さらに読む ⇒東京すくすく | 子育て世代がつながる ― 東京新聞東京すくすく | 子育て世代がつながる ― 東京新聞出典/画像元: https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/life/71168/

家事分担の現状、深刻ですね。

現代社会では、共働き世帯が増加し、夫婦で家事分担をすることが当たり前になってきました。しかし、実際には妻が家事の負担を多く抱えているという現状があり、その背景には、家事への参加意識を持ちながらも、女性から「まだまだ」と感じられる現状があります。夫婦間では、夫が家事負担を過小評価し、妻は過大評価している傾向があり、認識のずれが生じていることも分かりました。妻側の不満としては「言わないとやらない」「女性がやるものだと思っている」「希望通りにできていない」などが挙げられます。一方、夫側の不満としては「何をすれば良いのか分からない」といった意見があります。

マジ!?うち、母ちゃんばっかり家事やってて、父ちゃんはゲームばっかりやで。

うちは、嫁ちゃんが家事全部やってくれるけん、楽勝ばい!

昔は、女は家事、男は仕事が当たり前やったのよ。今は、時代が変わったわね。

クレラップのメッセージムービー「僕は手伝わない」篇

では、クレラップのメッセージムービー「僕は手伝わない」篇について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!NEWクレラップ初のメッセージムービー「僕は手伝わない」篇、公開!

公開日:2020/06/30

NEWクレラップ初のメッセージムービー「僕は手伝わない」篇、公開!

✅ クレハは、家庭用品として長年暮らしに寄り添ってきた「NEWクレラップ」の想いを伝えるため、初めてのメッセージムービー「NEWクレラップ「僕は手伝わない」篇」を制作しました。

✅ 動画では、共働き世帯が増える中で、「手伝う」ではなく「自分もやる」という男性の意識の変化を、完璧ではないながらも家事に真摯に向き合う男性の姿を通して描いています。

✅ 動画は、「手伝う」という概念を超えて、家事・育児を自分事として捉え、互いを尊重し支え合う新しい家族像を表現しており、多くの共感を呼び起こす内容となっています。

さらに読む ⇒クレライフ | クレハの家庭用品サイトクレライフ | クレハの家庭用品サイト出典/画像元: https://kurelife.jp/news/2020/06/16/315088/

男性の意識が変わってきているのがよく分かります。

株式会社クレハは、60年続く家庭用ラップ「クレラップ」の初のメッセージムービー「僕は手伝わない」篇を公開しました。動画は、共働き夫婦の日常を描いており、父親が家事を「手伝う」のではなく「やるのが当たり前」という考えを示しています。しかし、完璧にこなすことは難しく、時にはミスもする父親の姿を通して、夫婦共働きが増える中で、家事を「一緒にやる」という新しい家族の形を表現しています。動画制作の背景には、家事への参加意識を持ちながらも、女性から「まだまだ」と感じられる現状があり、そのギャップに何らかの答えを提示したいという想いがありました。ヒアリングでは、男性が家事を完璧にこなしてしまうと「家事なんて簡単でしょ」と受け止められてしまうという意見も出ており、動画では、父親が完璧ではなく、時にはミスをする姿を通して、より自然な共感を生み出せるよう工夫されています。

え、めっちゃいいやん!うちのお父さんも、ちょっとは家事手伝ってくれへんかな~?

完璧じゃないとこが、逆にリアルでええやん!

若いもんは、考え方が変わっとるなぁ。うちの頃は、男は仕事、女は家事やったんやで。

「僕は手伝わない」篇に見る、新しい家族の形

では、第三章では、このメッセージムービーに見る新しい家族の形について考えていきましょう。

🔖 関連記事の要約!新しい生活様式゛には゛新しい家族のカタチ゛ 家事・育児にひたむきな男性が、「僕は手伝わない」。その意図とは? NEWクレラップ初のメッセージムービー「僕 は手伝わない」篇 6月16日(火)より公開!
新しい生活様式゛には゛新しい家族のカタチ゛ 家事・育児にひたむきな男性が、「僕は手伝わない」。その意図とは? NEWクレラップ初のメッセージムービー「僕 は手伝わない」篇 6月16日(火)より公開!

✅ クレハは、家庭用品として長年親しまれてきた「NEWクレラップ」の想いを伝えるため、初のメッセージムービー「NEWクレラップ「僕は手伝わない」篇」を公開しました。

✅ 動画では、共働き世帯が増える中で、家事・育児を「手伝う」のではなく「自分もやる」という男性の決意を描いています。

✅ 「NEWクレラップ」は、家族の新しい形を応援し、互いを尊重し支え合う家族の姿をメッセージとして発信しています。

さらに読む ⇒不動産に関するニュースをいち早くお届け【いえらぶニュース】不動産に関するニュースをいち早くお届け【いえらぶニュース】出典/画像元: https://news.ielove.co.jp/18557/

互いを尊重し支え合う家族の姿、素敵ですね。

このメッセージムービーは、長い歴史を持つ家庭用品ブランドとして、「時代とともに変化する家庭に寄り添っていく」というクレハの想いを伝えるものであり、従来の製品紹介とは異なる、ブランドの理念を訴求する新しいコミュニケーション戦略となっています。動画は、マンションの一室を借り切って撮影され、親子3人の等身大の暮らしの様子が再現されています。また、男性の家事への前向きな姿勢を描きながらも、完璧ではない現実味のある表現にこだわったことがポイントです。この動画は、多くの人が共感できる家族の姿を描いており、ぜひご覧ください。

なんか、感動したわ~。

うちも、もっと協力し合わんとあかんね。

昔の家族は、もっと厳しかったのよ。今は、自由でいいわね。

円満な家事分担のためのヒント

では、第四章では、円満な家事分担のためのヒントについて見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!家事分担で家庭円満・上手な家事分担の秘訣をご紹介
家事分担で家庭円満・上手な家事分担の秘訣をご紹介

✅ 共働き世帯において、女性の家事負担が偏っている現状と、家事分担の重要性が指摘されています。

✅ 夫婦間のコミュニケーションが家事分担の成功に不可欠であり、お互いの得意不得手を理解し、簡単な仕組みを作ることで、家事への参加を促進できるとされています。

✅ 家事分担は夫婦間の平等な役割分担だけでなく、子どもの育児にも好影響を与え、安心安全な環境で育つことに繋がるとされています。

さらに読む ⇒ひろしまリード|広島を、もっと楽しもう!エンタメウェブマガジンひろしまリード|広島を、もっと楽しもう!エンタメウェブマガジン出典/画像元: https://hread.home-tv.co.jp/post-280061/

コミュニケーションを大切にすることが重要ですね。

家事分担がうまくいくことで、夫婦の満足度が高まるだけでなく、家庭円満にも繋がることが期待できます。具体的なポイントとしては、お互いの希望を明確に伝え、役割分担を話し合い、感謝の気持ちを伝えるなど、コミュニケーションを大切にすることが重要です。

うち、ケンカばっかりやねん。どうしたらええんやろ?

お互いに、感謝の気持ちを伝えるのが大事よね。

昔は、夫婦はケンカも多かったけど、今は仲良くやっていけるのがいいわね。

「NEWクレラップ」の歴史と進化

では、第五章では、「NEWクレラップ」の歴史と進化について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!NEWクレラップ ニッポン・ロングセラー考
NEWクレラップ ニッポン・ロングセラー考

✅ 記事は、1960年代に35歳以上の男性の喫煙率が、1944年から1952年の間に喫煙率が上昇した27歳以上の男性より大幅に低いことを指摘しています。

✅ これは、1950年代に25歳以上の男性が喫煙率を大幅に増加させたため、喫煙率が上昇したことが示唆されています。

✅ 喫煙率の上昇は、1950年代に若年男性が吸い始めたことが原因と考えられていますが、記事では、喫煙率の上昇の原因は明確には書かれていません。

さらに読む ⇒NTT�R���E�F�A | �S���‚Ȃ��A�������‚���NTT�R���E�F�A | �S���‚Ȃ��A�������‚���出典/画像元: https://www.nttcom.co.jp/comzine/no056/long_seller/index.html

長い歴史を持つブランドだからこそ、時代に合わせて進化しているんですね。

「NEWクレラップ」は1960年に発売された家庭用ラップで、その後、冷蔵庫や電子レンジの普及とともに家庭の必需品となりました。1989年にはパッケージを大幅にリニューアルし、「NEWクレラップ」として生まれ変わりました。現在でも、お客様の意見を参考に、商品改良を続けています。

クレラップって、ずっとあるイメージやけど、歴史長いんやね!

うち、クレラップしか使わんばい!

昔は、ラップなんてなかったのよ。便利になったわね。

本日は、家事分担の現状と、クレラップのメッセージムービー「僕は手伝わない」篇についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 共働き世帯における家事分担の現状と課題を解説

💡 クレラップのメッセージムービー「僕は手伝わない」篇の分析

💡 新しい家族の形と、円満な家事分担のためのヒントを紹介