Academic Box Logo

ビートルズとエルヴィス・プレスリーの関係は?二人の音楽的影響とは!?

ビートルズとエルヴィス・プレスリーの関係は?二人の音楽的影響とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ビートルズはエルヴィスの影響を強く受け、音楽性に大きな変化をもたらした。

💡 エルヴィスは、ビートルズに対抗意識を持ちながらも、彼らを高く評価していた。

💡 二人の関係は、音楽史における重要な出来事であり、互いに影響を与え合った。

それでは、ビートルズとエルヴィス・プレスリーの関係について詳しく見ていきましょう。

ビートルズとアメリカ音楽

Chapter-1では、ビートルズとエルヴィスの伝説的な出会いについて詳しく解説していきます。

🔖 関連記事の要約!その128)ビートルズに影響を与えたアーティストたちーエルヴィス・プレスリー(その4)ー2大スーパースターのセッション!
その128)ビートルズに影響を与えたアーティストたちーエルヴィス・プレスリー(その4)ー2大スーパースターのセッション!

✅ ビートルズとエルヴィスの伝説的な出会いについて、対談の様子やセッションの様子が語られています。

✅ 特に、ジョン・レノンはエルヴィスの音楽の方向性について辛辣な発言をし、場を凍りつかせたものの、セッションを通して2人は音楽で理解し合った様子が伺えます。

✅ 当時の状況や関係者の証言から、2大スーパースターの交流の裏側にある緊張感や友情、音楽への情熱が伝わってきます。

さらに読む ⇒★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★出典/画像元: https://abbeyroad0310.hatenadiary.jp/entry/2017/07/28/220000

二人のセッションの様子はまさに音楽史に残る瞬間ですね。

1950年代のイギリスでは、アメリカ音楽が流行し、ビートルズはカントリーミュージック、そしてロックンロールに大きな影響を受けました。特に、エルヴィス・プレスリーはビートルズに大きな影響を与えたアーティストの1人です。ジョン・レノンは、1956年にプレスリーの「ハートブレイク・ホテル」をラジオで聴いて衝撃を受けました。プレスリーのブルージーな歌い方や、深いエコーのかかったボーカルは、当時のイギリスの音楽シーンに大きなインパクトを与え、ビートルズもその影響を強く受けたとされています。ビートルズは、他にもチャック・ベリー、バディ・ホリー、エディ・コクランなど、多くのアーティストから影響を受け、彼らが創造したロックンロールサウンドは、後の世代のミュージシャンに大きな影響を与え続けています。

マジ!?めっちゃ気になるわ!

そうやね、音楽を通して理解し合ったってのは感動的やな。

若い衆の音楽って、時代を感じるわね。

リトル・リチャードの影響

Chapter-2では、リトル・リチャードの影響について掘り下げていきます。

🔖 関連記事の要約!特集:のっぽのサリー(Long Tall Sally)が起こした奇跡
特集:のっぽのサリー(Long Tall Sally)が起こした奇跡

✅ NHKのドキュメンタリー番組「映像の世紀バタフライエフェクト」が、ビートルズの革命を2週連続で特集。

✅ 6月12日放送の「赤の時代」では、ビートルズの結成から世界に衝撃を与えるまでの軌跡を、「のっぽのサリー」という楽曲に焦点を当てて描く。

✅ 6月19日放送の「青の時代」では、ビートルズの音楽が社会に与えた影響や、メンバーそれぞれの変化を追う。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/feature_item/2023/06/13/0104

ビートルズがリトル・リチャードの音楽から受けた影響は、彼らの音楽に色濃く反映されていると感じます。

ビートルズに影響を与えたもう一人のアーティストはリトル・リチャードです。彼は黒人のロックンローラーで、「ロング・トール・サリー」は、ビートルズ4人に強烈な印象を与えました。ジョン・レノンは、リチャードが黒人であることに新鮮な驚きを感じたそうです。

リトル・リチャードって誰?

リトル・リチャードって、結構有名やで。

あの頃は、黒人音楽も流行っていたのよ。

映画『エルヴィス』が描くエルヴィスの音楽的ルーツ

Chapter-3では、映画『エルヴィス』が描くエルヴィスの音楽的ルーツについて解説していきます。

🔖 関連記事の要約!映画「エルヴィス」キング・オブ・ロックンロールの音楽ルーツに斬り込んだスリル満点の音楽映画
映画「エルヴィス」キング・オブ・ロックンロールの音楽ルーツに斬り込んだスリル満点の音楽映画

✅ 映画「エルヴィス」は、エルヴィス・プレスリーの音楽ルーツに焦点を当て、彼が黒人音楽から受けた影響と、その音楽との関係性を深く掘り下げた音楽映画です。

✅ リズム&ブルースやゴスペルといった黒人音楽との出会い、そしてその音楽から受けた刺激がエルヴィスの音楽的原動力であり、彼の革新的なパフォーマンスや歌唱スタイルを生み出したことが明らかになります。

✅ 映画は、エルヴィスの音楽的背景だけでなく、彼のマネージャーであるトム・パーカーとの複雑な関係、そしてエルヴィスの個人的な葛藤や幸せについても深く描いています。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/31950

エルヴィスの音楽のルーツは、彼の音楽性だけでなく、彼の人生そのものに深く関わっていることが分かります。

映画『エルヴィス』は、エルヴィスの音楽性、特にブラック・ミュージックとの関係に焦点を当てています。映画は、エルヴィスのマネージャーであるトム・パーカー大佐の視点で語られ、エルヴィスの音楽的ルーツを探る旅を描いています。特に、エルヴィスが少年時代に目にしたアーサー゛ビッグ・ボーイ゛クルーダップやビッグ・ママ・ソーントンの演奏シーンは、彼の音楽への影響を鮮やかに示しています。また、映画はエルヴィスがメンフィスのサン・レコードからデビューしたインディ出身のシンガーであったことにも触れており、白人でありながら黒人のブルースを取り上げて歌った彼の革新的なスタンスを強調しています。エルヴィスの音楽は、白人と黒人が交流していたメンフィスの特性と、サン・レコードの経営者であるサム・フィリップスが黒人音楽を積極的に取り入れていたことから生まれたことを映画は示唆しています。

映画『エルヴィス』って、めっちゃ面白そう!

映画で、エルヴィスの音楽ルーツが分かるんか!

映画って、いろんなことを教えてくれるのよ。

ビートルズとエルヴィスの関係

Chapter-4では、ビートルズとエルヴィスの関係についてさらに深掘りしていきます。

🔖 関連記事の要約!ベスト・オヴ・ザ・68 カムバック・スペシャル/エルヴィス・プレスリー

公開日:2020/09/23

ベスト・オヴ・ザ・68 カムバック・スペシャル/エルヴィス・プレスリー

✅ ブライアン・セッツァーのバンド名が「ブライアン・セッツァー゛68カムバック・スペシャル」である理由、エルヴィス・プレスリーが伝説のテレビ番組「68年カムバック・スペシャル」を通して社会に対する真摯なメッセージを伝えたこと、そして、エルヴィスのオリジナル・パフォーマンスから厳選された音源が収録されたアルバム「ベスト・オブ・ザ・゛68 カムバック・スペシャル」が発売されたこと。

✅ 「68年カムバック・スペシャル」は1968年12月3日にアメリカのNBCネットワークで放送されたエルヴィスの伝説的なテレビ番組で、視聴率42%を記録した。ブライアン・セッツァーは、この番組へのオマージュとしてバンド名を「ブライアン・セッツァー゛68カムバック・スペシャル」にした。

✅ 50周年を記念して制作された「エルヴィス・オールスター・トリビュート」は、2019年2月17日にアメリカのNBCで放送された、エルヴィスへのトリビュート番組。ジョン・フォガティ、マック・デイヴィス、エド・シーランなど、様々なジャンルのアーティストが出演し、エルヴィスの楽曲をパフォーマンスした。この番組に合わせて、エルヴィスのオリジナル・パフォーマンスから厳選された音源が収録されたアルバム「ベスト・オブ・ザ・゛68 カムバック・スペシャル」が発売された。

さらに読む ⇒Kenta゛s...Nothing But Pop!Kenta゛s...Nothing But Pop!出典/画像元: https://kenta45rpm.com/2019/02/28/the-best-of-the-68-comeback-special-elvis-presley-rca-legacy/

エルヴィスは、自身の音楽を進化させながらも、常にロックンロールのルーツを意識していたことが分かります。

1965年、ビートルズはエルヴィス・プレスリーに会いに行ったが、二人の間には溝があり、会合は盛り上がらなかった。エルヴィスはビートルズの影響を受けながらも、自分の音楽性を追求し、1968年、テレビ番組『エルヴィス‘68カムバック・スペシャル』で復活を果たした。番組では、エルヴィスはロックンロールのルーツをリズム&ブルースとゴスペルに求めると同時に、ビートルズに対する牽制球も投げかけた。

なんか、複雑な関係みたいやな。

エルヴィスって、すごい人やな。

あの頃の音楽は、エネルギーが溢れてたわ。

エルヴィスの音楽的ルーツ

Chapter-5では、エルヴィスの音楽的ルーツについて詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!バーチャル・ロックンロールツアー・エルヴィスゆかりの地・トゥペロ、ミシシッピー編
バーチャル・ロックンロールツアー・エルヴィスゆかりの地・トゥペロ、ミシシッピー編

✅ 1940年代後半、トゥペロのラジオ局WELOで放送されていたカントリーミュージック番組「Singing And Pickin゛Hillbilly」のDJ、ミシシッピー・スリムは、エルヴィス・プレスリーにとって初めてのアイドルとなり、エルヴィスはスリムの番組に夢中になった。

✅ エルヴィスは、スリムが開催する野外音楽イベントに頻繁に足を運び、スリムの演奏やステージングを熱心に見ていた。また、スリムはエルヴィスの才能を見抜き、ギターを弾くことを勧めたという。

✅ ミシシッピー・スリムは、エルヴィスにギターを教えただけでなく、エルヴィスのステージパフォーマンスの基礎を築く上で重要な影響を与えたと考えられている。

さらに読む ⇒50゛s & Rockabilly fashion /ロカビリーファッション /ロックファッションブランドTHE-KING50゛s & Rockabilly fashion /ロカビリーファッション /ロックファッションブランドTHE-KING出典/画像元: https://the-king.jp/nana_375.html

エルヴィスの音楽は、彼が育った環境や出会った人々によって形成されていったことが分かります。

エルヴィスの音楽のルーツは、人種差別が厳しいアメリカ南部のミシシッピ州テュペロにあった。少年時代、彼は黒人地区のゴスペルとブルースに触れ、音楽の洗礼を受けた。エルヴィスは、人種偏見を超えた人物であり、彼の音楽は黒人音楽の影響を大きく受けていた。

エルヴィスの音楽って、めっちゃ影響受けた人多かったんやな。

ミシシッピー・スリムって、名前がカッコいいな!

音楽って、人の心を繋ぐものよね。

ビートルズとエルヴィス・プレスリーの音楽は、時代を超えて愛され続けています。

🚩 結論!

💡 ビートルズは、エルヴィス・プレスリーの影響を大きく受け、音楽シーンに革命を起こした。

💡 エルヴィス・プレスリーは、ビートルズに対して複雑な感情を抱きながらも、彼らを認め、新たな音楽に挑戦した。

💡 二人の関係は、音楽史における重要な出来事であり、互いに影響を与え合い、発展を遂げた。