Academic Box Logo

中川親方の暴力問題? 相撲界に衝撃走る暴力行為とは!?

中川親方の暴力問題? 相撲界に衝撃走る暴力行為とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 中川親方の弟子に対する暴力行為が明らかになりました

💡 中川部屋は閉鎖となりました

💡 協会は処分を検討しています

それでは、最初の話題に移りましょう。

中川親方の暴力行為と部屋閉鎖

大変な事件ですね。

🔖 関連記事の要約!中川親方を降格、部屋閉鎖に 相撲協会、暴力や暴言認定:朝日新聞デジタル

公開日:2020/07/13

中川親方を降格、部屋閉鎖に 相撲協会、暴力や暴言認定:朝日新聞デジタル

✅ 中川親方は弟子に対する暴力と暴言の行為により、相撲協会から「委員」から「年寄」へ2階級降格という懲戒処分を受けました。

✅ この処分に伴い、中川部屋は閉鎖となり、所属する力士は他の部屋に受け入れられることになりました。

✅ 中川親方は暴力行為の責任を認め、反省しているものの、弟子に対する行き過ぎた指導が問題視され、部屋閉鎖という厳しい処分に至りました。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASN7F5TGSN7FUTQP00Y.html

弟子の方々がどれほど辛い思いをされたかと思うと、胸が痛みます。

元幕内旭里の中川親方は、弟子への暴力や暴言を理由に日本相撲協会から2階級降格処分を受け、中川部屋は閉鎖となりました。処分に至る経緯としては、弟子が親方の暴言や暴力行為を協会に告発したことが発端となっています。告発内容には、ちゃんこをこぼした弟子への顔面殴打、タクシーで居眠りした弟子への腹や胸への殴打、浴衣の帯の結び方を注意した際の拳による殴打などが含まれており、協会の調査で4回の暴力行為が認定されました。さらに、親方は日常的に弟子に対し、「ぼんくら」「殺すぞ」「うざいんだよ」「クビにするぞ」といった暴言を浴びせていたことも明らかになり、その様子が録音された音声も協会に提出されたとのことです。中川親方は現役時代から手を早く、口が悪く、後輩を小突いたり、「馬鹿野郎!」と暴言を吐いたりするなど、周囲からは問題児として認識されていたようです。今回の処分を受けて、中川部屋の後援者は親方の暴力行為を嘆き、女将も親方に弟子への優しく接するよう何度もお願いしていたものの聞き入れられなかったことを明かしています。また、中川部屋の前身である春日山部屋は、先代の親方との年寄株をめぐる裁判沙汰で混乱し、部屋の継承を巡る問題も抱えていたことが判明しました。今回の事件は、相撲界における師弟関係における暴力問題の深刻さを改めて浮き彫りにし、協会の対応にも注目が集まっています。

マジありえん!親方って、ほんまに怖いわー。

うっわ、マジやばいっすね。なんか、怖いっす。

昔は、師匠は鬼の形相で弟子を鍛えるのが当たり前やったんやけどな。今は時代が違うんやで。

協会による処分検討

協会は、この問題にどのように対応していくのでしょうか。

🔖 関連記事の要約!中川部屋が閉鎖…弟子3人へ暴言や暴力 親方は2階級降格処分、力士は移籍へ/スポーツ/デイリースポーツ online
中川部屋が閉鎖…弟子3人へ暴言や暴力 親方は2階級降格処分、力士は移籍へ/スポーツ/デイリースポーツ online

✅ 中川親方は弟子への暴力、暴言により2階級降格処分となり、中川部屋は閉鎖されました。

✅ 弟子3名への暴行は、顔面への殴打、背中への蹴り、腹への蹴りなど、日常的な暴言も含まれていました。

✅ 協会は暴力根絶に向けて、指導セミナー開催や弟子育成マニュアル作成を検討しています。

さらに読む ⇒中川部屋が閉鎖…弟子3人へ暴言や暴力 親方は2階級降格処分、力士は移籍へ/スポーツ/デイリースポーツ online中川部屋が閉鎖…弟子3人へ暴言や暴力 親方は2階級降格処分、力士は移籍へ/スポーツ/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/general/2020/07/14/0013507115.shtml

協会が暴力根絶に向けて、どのような対策を講じるのか、注目しています。

元前頭旭里の中川親方は、弟子に対する日常的な暴力行為や暴言により処分を検討されていることが明らかになりました。中川親方は弟子を殴ったり蹴ったりするだけでなく、人格を否定する暴言を吐くなど、一部の弟子が録音していたとのことです。協会のコンプライアンス委員会はすでに聴取を行い、13日の臨時理事会で処分が協議されます。中川親方は師匠の資格なしと判断され、中川部屋は閉鎖となる見通しです。部屋に所属する9人の力士は他の部屋への転属を検討しており、協会は7月場所開催に向けて慎重に準備を進めています。

うそやん!ほんまに閉鎖になっちゃうの?

なんか、かわいそうやけど、しょうがないっすよね。

こんな事件が起きるなんて、相撲界も大変やね。

パワハラ行為とコロナ禍での問題行動

コロナ禍での問題行動も、深刻ですね。

🔖 関連記事の要約!まだある「中川親方」パワハラ 弟子に差別発言、コロナ禍゛ちゃんこ会゛問題も(全文)
まだある「中川親方」パワハラ 弟子に差別発言、コロナ禍゛ちゃんこ会゛問題も(全文)

✅ 元幕内旭里の中川親方は、弟子への暴言・暴力行為により、日本相撲協会から2階級降格処分を受けました。処分に至った主な要因は、弟子への顔面殴打や胸部への殴打、暴言、さらにはコロナ禍の時期におけるちゃんこ会での弟子への叱責などです。

✅ 中川親方の暴力行為や暴言は、弟子からの告発によって明らかになりました。協会の調査では、日常的に弟子に対して「ぼんくら」「殺すぞ」「うざいんだよ」「クビにするぞ」などの暴言を吐いていたことが判明し、録音された音源も証拠として提出されました。

✅ 今回の事件は、相撲部屋における厳格な指導と暴力の境界線、そして弟子たちの置かれている状況について改めて問いかけるものであり、相撲協会は、暴力行為に対する認識を改め、再発防止に向けた対策を強化していく必要性を示しています。

さらに読む ⇒デイリー新潮デイリー新潮出典/画像元: https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07310557/?all=1

相撲界の伝統的な指導方法を見直す必要があるのではないでしょうか。

中川親方は弟子への暴力だけでなく、差別的な暴言や゛アホ1号゛゛アホ2号゛といった呼称など、日常的にパワハラ行為を行っていたことが明らかになりました。さらに、コロナ禍での場所中に、タニマチらを呼んで゛3密゛と思われるちゃんこ会を開いていたことも問題視されています。週刊新潮は、中川親方によるパワハラの詳しい内容や、相撲協会の内実について報じます。

えー、まじ?コロナ禍でちゃんこ会とか、ありえないわ!

親方って、やっぱちょっとおかしいっすよね。

昔は、親方の言うことは絶対やったんやけどな。今は、親方も人間やから、間違えることもあるんやで。

協会による処分発表

協会はこの事件に対して、厳しい処分を下しました。

🔖 関連記事の要約!中川親方は2階級降格 部屋閉鎖、暴力や暴言で― スポニチ Sponichi Annex スポーツ
中川親方は2階級降格 部屋閉鎖、暴力や暴言で― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

✅ 中川親方は、弟子への不適切な指導により部屋が閉鎖され、2階級降格となりました。

✅ 大相撲7月場所は観客を入れて開催されますが、1日に2500人に制限されます。

✅ テコンドー五輪代表4選手が合宿を開始し、感染防止対策としてスパーリングは禁止され、接近戦は行われない予定です。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/07/13/kiji/20200713s00005000315000c.html

協会の対応は、今後の相撲界に大きな影響を与えると予想されます。

日本相撲協会は、中川親方(元幕内旭里)が弟子3人に対して暴力や暴言を働いたとして、親方を「委員」から「年寄」へ2階級降格させ、中川部屋を閉鎖する処分を発表しました。中川親方は弟子に対して、荷物転送時の不手際や居眠りなどを理由に、蹴ったり殴ったり、日常的に暴言を吐くなどしていました。協会は、師匠の暴力の責任重大性から部屋の運営を認めるべきではないと判断し、降格処分と部屋閉鎖を決定しました。弟子への暴力は道具を使用せずに怪我はなかったこと、親方の深い反省と弟子からの厳罰を求めない意向などを考慮し、退職勧告や懲戒解雇ではなく、降格処分が妥当とされました。

厳罰って、ほんまに必要やと思うわ。

なんか、世の中、厳しいっすね。

昔は、こんな事件はなかったんやけどな。世の中、変わってしまったんやね。

処分内容の詳細と背景

協会は、今回の事件を教訓に、暴力根絶に向けて取り組む必要があります。

🔖 関連記事の要約!大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

公開日:2020/08/10

大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

✅ 中川部屋は、師匠である中川親方の暴力行為による行き過ぎた指導があったとして、閉鎖となる見通しです。

✅ 協会は中川親方に懲戒処分を検討しており、複数の部屋が所属力士を受け入れる準備を進めているほか、引退を選択する力士もいるとのことです。

✅ 今回の事件は、力士からの訴えを受けて協会が調査を開始した結果、明らかになったもので、相撲界の指導方法に対する問題点を浮き彫りにする出来事となっています。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20200711/k00/00m/050/001000c

協会は、指導方法の改善と再発防止に向けた対策を強化していく必要があります。

元幕内旭里の中川親方は、弟子への行きすぎた指導により日本相撲協会から引退勧告以上の懲戒処分を受ける見込みです。この処分により中川部屋は閉鎖され、所属力士は他の部屋に移籍することになります。協会は、2017年の日馬富士による暴力事件以降、暴力の再発防止に力を入れており、親方の暴力行為に対しては厳しい処分を検討すると表明していました。今回の処分は、協会の暴力決別宣言に基づくものであり、指導者としての責任を明確にするための措置と考えられます。中川親方は、弟子への暴力や暴言を常態化させており、日本相撲協会から年寄への2階級降格処分を受けました。部屋は閉鎖され、中川親方は時津風部屋の部屋付き親方となります。弟子13人は時津風一門の部屋を中心に転籍します。暴力行為は幕下以下の弟子3人に対して行われ、食事中のこぼし、タクシーでの居眠り、浴衣の帯の結び方などを注意した際に発生しました。また、昨年1月から3月にかけては、稽古中か否かにかかわらず、「殺すぞ」「首にするぞ」などの暴言を日常的に浴びせていたことが明らかになりました。協会のコンプライアンス委員会は、暴力行為の責任の重大性を指摘し、部屋の運営は不可能と判断しました。道具の使用や怪我はなかったものの、中川親方の深い反省と被害を受けた弟子の謝罪受け入れ、厳罰を望まないという状況を踏まえ、降格処分が妥当と判断されました。

うわー、ほんまに大変やなー。

なんか、かわいそうやっちゃけど、仕方ないっすよね。

相撲界も大変やけど、弟子も大変やね。

今回の事件は、相撲界にとって大きな痛手となりました。協会は、今回の事件を教訓に、暴力根絶に向けて、より一層力を入れていく必要があります。

🚩 結論!

💡 中川親方は弟子への暴言・暴力行為により、部屋閉鎖処分を受けました

💡 協会は指導者に対する処分を検討しています

💡 相撲界は暴力根絶に向け、再発防止策を強化していく必要があります