【港】港を舞台にした「浪曲」的記録 『ハマのドン』”のせがれ”

【港】港を舞台にした「浪曲」的記録 『ハマのドン』"のせがれ"


ライターのMAIKOです。今回は、港を舞台にした「浪曲」的記録 『ハマのドン』’のせがれ’について紹介します。



1

横浜の風景を象徴するもの

横浜の風景を象徴するもの https://a.cdn-hotels.com 横浜の風景を象徴していたものは何ですか?

水面に並ぶ艀船とマリンタワー

1960年代の横浜の風景を象徴していたのは、水面に並ぶ艀船とマリンタワーでした。この風景は、新旧入り混じった高度成長期からバブル期までの横浜を描いた多くのテレビドラマや映画にも登場していました。時代が流れ、風景は更新されていきましたが、昭和の色が濃く残っている政治の意思決定プロセスも赤裸々に映し出されています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 【Review】港を舞台にした「浪曲」的記録 『ハマのドン』...

2

父親の職業

父親の職業 https://prtimes.jp 彼の父親はどのような仕事をしていましたか?

彼の父親は横浜港湾荷役・倉庫事業の鈴江組で働いていました。

この記事は、筆者が横浜市港北区で過ごした経験について語っています。筆者の友人の父親は横浜港湾荷役・倉庫事業の鈴江組で働いており、沖仲仕や沖仲人足を集めたり手配したり、港湾労働者を仕切っていました。彼の父親は背中に立派な墨を入れており、荒い気性の人足を使いこなすために必要な存在でした。 詳しくみる ⇒ 参照元: 「ミナトのせがれ」藤木企業・藤木幸夫著者を読み終えて

3

藤木の立場

藤木の立場 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp 藤木はどのような立場にあるのか?

藤木は横浜港ハーバーリゾート協会の会長であり、開発事業への参画に意欲を示している。しかし、市の判断には疑念の声が上がっている。

藤木は横浜港ハーバーリゾート協会の会長であり、開発事業への参画に意欲を示している。しかし、市の判断には疑念の声が上がっている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 藤木幸夫の概要



4

本作の世界観

本作の世界観 https://gotrip.jp 本作で描かれていたのはどのような世界ですか?

本作は浅草の木馬亭で演じられる浪曲のような世界を描いています。

本作は、浅草の木馬亭で演じられる浪曲のような世界を描いています。作中では、横浜港を舞台に、リリー・フランキーのナレーションが「台詞」であり、藤木のインタビューは「節」として、この浪曲を織り上げています。反対運動に邁進する原動力は、港湾の先人たちへの畏敬の念、義理と人情であり、重厚な声で、90を超えた齢を感じさせない迫力あるフレーズが次々と登場して流れを牽引します。 詳しくみる ⇒ 参照元: 【Review】港を舞台にした「浪曲」的記録 『ハマのドン』...

5

横浜港の発展における功労者

横浜港の発展における功労者 https://www.umeshunkyo.or.jp 戦前・戦後の横浜港の発展について、誰が功労者とされているか?

酒井信太郎と藤木幸太郎

戦前・戦後の横浜港の発展には、酒井信太郎と藤木幸太郎の二人が大きな功績を残しました。彼らは港湾荷役・倉庫関係においてヤクザとの関わりを持たず、相談せず、近寄らないことを徹底し、横浜港の発展に貢献しました。また、彼らに共通した点として、神戸の甲陽運輸代表取締役社長である田岡一雄との関係があり、藤木幸一郎・幸夫氏は彼を尊敬しているとされています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 「ミナトのせがれ」藤木企業・藤木幸夫著者を読み終えて

6

藤木氏の市長選と横浜港に関する発言

藤木氏の市長選と横浜港に関する発言 https://www.townnews.co.jp 山中を全面支援する考えを示した政治団体の代表に就任した藤木氏は、市長選と横浜港の関わりについてどのように語ったか?

藤木氏は市長選で元衆議院議員の小此木八郎が当選するとの見通しを示し、山中を支援する理由や江田氏の役割について語った。

藤木氏は山中を全面支援する考えを示し、市長選と横浜港の関わりについて語った。彼は元衆議院議員の小此木八郎が当選するとの見通しを示し、山中を支援する理由や江田氏の役割について語った。彼はまた、山中の人柄や八郎の母親からの手紙についても触れた。 詳しくみる ⇒ 参照元: 藤木幸夫の概要



7

藤木の保守主義と国政批判に対する憂慮

藤木の保守主義と国政批判に対する憂慮 http://webneo.org 藤木は何を明言してから保守主義の現状に対する憂慮の思いと国政批判を語ったのか?

IR誘致反対を明言してから

藤木はIR誘致反対を明言してから、保守主義の現状に対する憂慮の思いと国政批判を語り、誘致を推進する政府側、また同調していた当時の市政と対立する。長く付き合いがあり後に首相となる菅義偉との関係が重要な鍵となっていた。横浜在住であった評論家・平岡正明が著書『横浜的』(1993)に書いた「開港期横浜のエネルギーは強大なものであった。これが、横浜こそ江戸を着磁させる力だったのだ。(中略)あたかも日本の中のもう一つの別の国家である東京の中央集権に烈しく反撥して反東京を檄することは、磁石の、同極は反撥、異極は吸引という作用によるものだ」という宿命を想起させる。IR誘致問題を主要な争点として繰り広げられた横浜市長選挙については、市民たちの地道な活動を基調にしつつも、この中央政界との代理戦争の構図で描いている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 【Review】港を舞台にした「浪曲」的記録 『ハマのドン』...

8

藤木幸夫氏の「カジノ反対」とは?

藤木幸夫氏の「カジノ反対」とは? https://www.townnews.co.jp 藤木幸夫氏の「カジノ反対」とは何を意味しているのか?

藤木氏はカジノ経営には自信がないと述べている。

横浜港運協会会長の藤木幸夫氏は、横浜市のカジノ構想に強く反対している。彼の「カジノ反対」は、自分たちにはカジノ経営のノウハウがないという意思表明であり、カジノ抜きのリゾート構想やMICE構想ならすぐにでも実現できると主張している。 詳しくみる ⇒ 参照元: 横浜のドン・藤木幸夫氏の「カジノ反対」とその真意

今回は水面に並ぶ艀船とマリンタワーについてご紹介しました。船とタワーが織りなす美しい景色は、まさに都会のオアシスです。ぜひ一度足を運んでみてください。それでは、次回の記事もお楽しみに。