Academic Box Logo

【ピーター】ピーター・"カール"・ファベルジェの卵から蘇るロシアの至宝



ライターのYUKINOです。今回は、ピーター・’カール’・ファベルジェの卵についてお話しします。これはロシアの至宝とも言われる、貴重な宝石で飾られた卵です。



ファベルジェとは何ですか

ファベルジェとは何ですか?

ファベルジェは帝政ロシアが生んだジュエリーの魔術師です。

ファベルジェは帝政ロシアが生んだジュエリーの魔術師です。

彼の作品はまん丸卵のジュエリーや魅惑のエナメルワークなど、目の保養になるものばかりです。

ファベルジェはイースターエッグとも関連があり、ロシアの至宝として知られています。

彼の作品はロマノフ王朝とも深い関わりがあります。

詳しくみる ⇒参照元: ロシアの至宝!ファベルジェの卵とモダンジュエリー

ファベルジェの有名な作品と業績

ピーター・カール・ファベルジェは何で有名ですか?

ファベルジェは宝飾品や装飾品、特に伝説的なファベルジェの卵で知られています。

ピーター・カール・ファベルジェは、驚異的な芸術性と見事な細工を施した宝飾品や装飾品、特に伝説的なファベルジェの卵で知られている。

マイスタードルチェでは、ファベルジェの名は細部への精緻な配慮と完璧な美しさの代名詞であり、彼の芸術作品を最高水準で再現することに努めています。

詳しくみる ⇒参照元: Carl Fabergé

ファベルジェ一家のスイス亡命の経緯

ファベルジェ一家はどのような経緯でスイスに亡命したのか?

ロシア革命によりファベルジェ一家はスイスに亡命した。

1914年、ロシア革命により高級品の注文が激減し、1918年にはファベルジェの工房が国有化され、作品は没収されました。

ピーター・カール・ファベルジェはドイツに亡命し、息子のエウジェンヌはフィンランドに亡命しました。

しかし、1920年にエウジェンヌが父をスイスに連れ出し、最終的にファベルジェ一家はスイスに亡命しました。

ピーター・カール・ファベルジェはスイスのピュリで死去しました。

詳しくみる ⇒参照元: 卵から蘇った「ファベルジェ」


ファベルジェのビジネスの変化

ファベルジェのビジネスは何が起こったのか?

ファベルジェのビジネスは没収され、国有化された。

ピーター・カール・ファベルジェは、1917年の10月革命によってビジネスが没収され、国有化された。

彼のライフワークは破壊され、彼はフィンランドに逃れ、後にヴィースバーデンに移住した。

しかし、彼は芸術と宝飾の歴史において印象的な人物であり続けている。

詳しくみる ⇒参照元: Carl Fabergé

ファベルジェのジュエリーの特徴

ファベルジェのジュエリーはどのような特徴がありますか?

ファベルジェのジュエリーは高級で美しいデザインが特徴です。

ファベルジェのジュエリーは高級で美しいデザインが特徴です。

特にイースターエッグが有名で、そのデザインはクリスチャンディオールのハイジュエリーを思わせるものです。

また、ファベルジェのジュエリーは100年以上前のロンドン、サンクトペテルブルグ、モスクワなどで作られ、シガレットケースや傘の柄、ピン、カフス、置時計、オブジェ、デスクシールなど様々なアイテムが存在します。

しかし、これらのジュエリーは一般庶民が手に入れることはできず、美術館やアンティークショップに展示されています。

ファベルジェのジュエリーはロシア革命の影響で一時衰退しましたが、2007年に復活し、現在は世界中で販売されています。

詳しくみる ⇒参照元: ロシアの至宝!ファベルジェの卵とモダンジュエリー

ファベルジェ工房の卵の特徴

ファベルジェ工房の卵はどのような特徴がありますか?

ファベルジェ工房の卵は精巧なデザインや機械仕掛けが施されており、開くとおんどりが飛び出し歌を歌うものもあります。

1885年からファベルジェ工房は毎年1個ずつ、イースター・エッグを世に送り出しました。

信頼に値するため、最高の品をつくりさえすればよかったのだ。

1894年にアレクサンドル3世が死去すると、その長男のニコライ2世がツァーリに即位。

彼もファベルジェに卵を、それも父の2倍の数を注文した。

卵はますます精巧になり、ついには機械仕掛けまで施された。

毎正時に卵が開いておんどりが飛び出し、歌を歌うという卵もあった。

ファベルジェ工房の卵は精巧なデザインや機械仕掛けが施されており、開くとおんどりが飛び出し歌を歌うものもあります。

ファベルジェの卵は1885年から1894年まで10個作られた。

1895年から1916年までその数は年2個に増えたが、日露戦争があった1904年と1905年には製作されなかった。

未完成品を除くとファベルジェの卵は50個あるとされる。

このうち10点はサンクトペテルブルクのファベルジェ博物館が所蔵している。

3点は英国女王の手に渡った。

米名門経済誌フォーブスのオーナー一族は9個を競り落としたが、経営悪化に際してその一部またはすべてをロシアの石油財閥に譲り渡したとうわさされる。

詳しくみる ⇒参照元: 卵の華やかさの極致、ファベルジェの卵


ファベルジェ再生のきっかけ

ファベルジェ再生のきっかけは何だったのか?

非公開株式投資会社が名前を買い戻したことがきっかけだった。

ロシア皇室のお抱え宝石・金細工職人であるピーター・カール・ファベルジェの名を受け継ぐ高級宝石店「ファベルジェ」がロシア革命以来初めてオープンした。

ファベルジェはロシア革命で工房を国有化され、亡命先のスイスで亡くなった後、ブランド名を失っていたが、非公開株式投資会社が名前を買い戻し、2007年にジュネーブにブティックをオープンさせた。

詳しくみる ⇒参照元: 卵から蘇った「ファベルジェ」

ファベルジェのコレクションの特徴

ファベルジェのコレクションはどのようなものですか?

ファベルジェのコレクションは祖先の残したものに見合うものだと認められています。

ロシアの宝石商ファベルジェのコレクションは、祖先の遺産に見合うものとして認められています。

ファベルジェは、美しいものを作り出すことが最も重要であり、将来的にはイースター・エッグの制作も計画しています。

ファベルジェの名前は、長い間見捨てられていましたが、今回のコレクションによって再び蘇りました。

詳しくみる ⇒参照元: 卵から蘇った「ファベルジェ」

ファベルジェ工房の有名になったきっかけ

ファベルジェ工房が有名になったきっかけは何ですか?

ファベルジェ工房が有名になったきっかけは、ロシアの皇帝アレクサンドル3世が初めてピーターにイースターエッグの制作を命じたことです。

本国ロシアのサンクトペテルブルグでは、ピーターが制作するジュエリーに注目が集まり、金細工職人としての地位を頑固たるものにしていきます。

彼と彼の工房が制作するジュエリーは、その彫金の細かさだけではなく、ロシア産の様々な輝石を巧みに使い、そして廃れたはずのエナメル技術をロシアンジュエリーに応用し始めたのです。

当時の皇帝アレクサンドル3世はファベルジェを大変気に入り、瞬く間に宮廷ご用達ゴールドスミスとして認定!

そしてアレクサンドル3世が初めてピーターにイースターエッグの制作を命じるのです。

勿論ここでいうイースターエッグはゆで卵に彩色を施したものではなく、ゴールド、シルバーに様々なエナメル彩色を施し、豪奢な宝石を散りばめた、皇帝の為のインペリアル・イースターエッグを指します。

詳しくみる ⇒参照元: ロシアの至宝!ファベルジェの卵とモダンジュエリー




ロシアの卵工芸の発展

ロシアの卵工芸はどのように発展していったのか?

ロシアの卵工芸は世界で最も華麗な宝石細工へと発展していった。

ロシアはキリスト教に改宗するまで、スラブ独自の卵工芸の文化を受け継いできた。

ウクライナのスラブ人は卵に蜜ろうで風や雨、太陽、動物の姿、幾何学模様などを描いてから彩色し、豊かさと厄除けを祈った。

ロシアの卵工芸は世界で最も華麗な宝石細工へと発展していった。

ツァーリのアレクサンドル3世が妻に贈った「めんどりの卵」は金でできており、中には黄金の黄身と帝冠のミニチュア、卵型のルビーのペンダントヘッドが仕込まれていた。

金細工師ピーター・カール・ファベルジェがロシア帝国の首都サンクトペテルブルクで宝石商を営み、ロシアの卵工芸の発展に貢献した。

詳しくみる ⇒参照元: 卵の華やかさの極致、ファベルジェの卵

ファベルジェの特徴

ファベルジェの特徴は何ですか?

ファベルジェは宝飾品、時計、美術的調度品を手掛けるブランドで、特にインペリアル・イースター・エッグは類い稀なる美しさと完成度を誇っています。

ファベルジェは19世紀から独自の美と技で宝飾界をリードしてきたブランドです。

特にインペリアル・イースター・エッグは、ロシア皇室の依頼により製作された一連の作品で、類い稀なる美しさと揺るぎ無い完成度で知られています。

ファベルジェの作品は、美しさと精緻さを兼ね備え、多くのお客さまからの特別注文を手掛けています。

ファベルジェは、宝飾品の新境地を切り拓くために、最上質のカラーストーンを使用し、色彩の妙を追求しています。

また、ファベルジェの歴史は、インスピレーションの源となっており、現代に至るまで輝き続ける宝飾品を展開しています。

詳しくみる ⇒参照元: ファベルジェ

HERITAGE COLLECTIONの意味と目的

HERITAGE COLLECTIONは何を記念するコレクションですか?

HERITAGE COLLECTIONは在りし日のファベルジェ工房により製作された傑作の数々を記念するコレクションです。

Rococoの語源になったRocailleを冠することからも明らかなように、ルイ16世様式を模しています。

壮麗な装飾的曲線は、ファベルジェの歴史に遺るジュエリーと、シガレット・ケースやフォト・フレームのような調度品の数々にを華やかに多用されました。

HERITAGE COLLECTION在りし日のファベルジェ工房により製作された傑作の数々を記念するコレクション。

その洗練、文化的な豊かさ、そして技術的完成度が、オリジナルに忠実に写し取られました。

伝統的な素材や、エナメル細工、エンジン・ターン或いはギヨーシェと呼ばれる金属装飾技法、職人の手になる彫刻と言ったブランドを象徴する技術への回帰が、色彩豊かに贅を尽くした当コレクションに特別の意味合いを添えています。

詳しくみる ⇒参照元: ファベルジェ