Academic Box Logo

【湾岸アラブ諸国】湾岸アラブ諸国の未来を探る:君主制、移民、湾岸経済の展望



遠藤と申します。湾岸アラブ諸国の移民労働市場について、チャンスと課題について考えてみたいと思います。



ザリフ外相の提案内容

イランのザリフ外相は何を提案したか?

イランのザリフ外相は、サウジアラビアなどの湾岸アラブ諸国に対し、互いの不可侵を宣言する条約の締結を提案している。

イランのザリフ外相は、訪問先のイラクの首都バグダッドで、サウジアラビアなどの湾岸アラブ諸国に対し、互いの不可侵を宣言する条約の締結を提案していることを表明した。

アメリカとイランの対立が高まる中で、サウジを除くアラブ湾岸諸国とイランとの間での安全保障対話が活発化している。

詳しくみる ⇒参照元: イランと湾岸アラブ諸国の対立―歴史的亀裂から考える緊張緩和の...

サウジのムハンマド皇太子の存在への懸念

サウジのムハンマド皇太子の存在は、なぜサウジ周辺のアラブの首長家の人々にとって懸念となっているのか?

サウジのムハンマド皇太子の存在は、サウジ周辺のアラブの首長家の人々にとって大きな懸念となっている。

グローバル化が進む中、ペルシャ湾岸地域の部族集団の指導者たちは難しい意思決定を迫られている。

聖地エルサレム問題とパレスチナの大義に関わる問題では、従来の反イスラエル姿勢が貫かれている一方で、サウジのムハンマド皇太子はこれらの問題を黙認し、国益を優先させてアメリカとイスラエルとの関係を積極的に推進しようとしている。

しかし、サウジの勢力拡大を知るサウジ周辺のアラブの首長家の人々にとっては、これが大きな懸念となっている。

なぜなら、サウジとアメリカやイスラエルとの関係強化により、拡張主義的なサウジの勢力が強まることが地域の安全保障への懸念事項となるからである。

詳しくみる ⇒参照元: イランと湾岸アラブ諸国の対立―歴史的亀裂から考える緊張緩和の...

湾岸アラブ諸国のエスノクラシーとは?

湾岸アラブ諸国のエスノクラシーとは何ですか?

湾岸アラブ諸国のエスノクラシーは、国民と移民という国籍の違いに基づいて格差を生成・維持する統治制度です。

湾岸アラブ諸国では移民人口が国民人口を上回っており、労働力ではその傾向はさらに顕著になっている。

移民は政治的・経済的に欠かすことができないにも関わらず、国民に対して低い地位にある。

これが湾岸アラブ型エスノクラシーである。

詳しくみる ⇒参照元: 激動する湾岸アラブ諸国を読み解く:君主制、移民、湾岸経済の展...

湾岸アラブ諸国の消費主義化の理由

なぜ湾岸アラブ諸国が消費主義社会と化してきたのか?

湾岸アラブ諸国は国家資本主義の潮流によって消費を喚起されたため、消費主義社会と化してきた。

本研究は、湾岸アラブ諸国の統治と消費の関連を明らかにすることを目的としている。

研究によれば、湾岸アラブ諸国が消費主義社会と化してきたのは、国家資本主義の潮流によって国民の消費が喚起されたためである。

この研究は、レンティア国家論に関連づけて行われ、生権力を掌握する為政者が女性の購買力に着目し、消費を喚起してきた過程を詳しく検討している。

詳しくみる ⇒参照元: 湾岸アラブ諸国における統治と消費に関するジェンダー研究

サウジのムハンマド皇太子の存在とアラブの首長家の懸念

サウジのムハンマド皇太子の存在は、なぜサウジ周辺のアラブの首長家の人々にとって懸念となっているのか?

サウジのムハンマド皇太子の存在は、サウジ周辺のアラブの首長家の人々にとって大きな懸念となっている。

グローバル化が進み、国益や地域益が複雑に絡み合う多様な問題が生じている中、ペルシャ湾岸地域の部族集団の指導者たちは難しい意思決定を迫られている。

そのなかで、聖地エルサレム問題とパレスチナの大義に関わる問題では、従来の反イスラエル姿勢が貫かれている。

一方で、これらの問題を黙認し、国益を優先させてアメリカとイスラエルとの関係を積極的に推進しようとするサウジのムハンマド皇太子の存在は、歴史的なサウド家の勢力拡大を知るサウジ周辺のアラブの首長家の人々にとって大きな懸念となっている。

なぜなら、湾岸アラブ諸国のなかでアメリカやイスラエルとの関係強化を進めているのはサウジだけではないが、サウジと両国との関係強化により、拡張主義的なサウジの勢力が強まることが地域の安全保障への懸念事項となるからだ。

また、イギリスとアメリカの政策の失敗の教訓から、大国の影響力の拡大への警戒感も地域諸国にある。

こういった懸念の表れとして、域内での安全保障に向けての対話を開始している。

国際社会は、この機を逃すことなく、安全保障会議や2国間の不可侵条約の締結を促すための環境整備を促進させるべきであろう。

中長期的にみれば、そうした外交努力がペルシャ湾の緊張緩和と安全保障にとって必要なことである。

詳しくみる ⇒参照元: イランと湾岸アラブ諸国の対立―歴史的亀裂から考える緊張緩和の...

湾岸アラブ諸国の特徴

湾岸アラブ諸国の特徴は何ですか?

湾岸アラブ諸国は多様性があり、ナショナリズムと支配一族・部族の正統性を維持しています。

本報告では湾岸アラブ諸国の特徴について説明されています。

湾岸アラブ諸国は、豊富な天然資源を持ち、オスマン帝国や大英帝国の植民地支配を受けた歴史を持っています。

湾岸各国の国民は多様であり、遊牧民族や商人、奴隷の子孫、移民などが存在します。

また、アラブ民族を自称する者もいます。

湾岸アラブ諸国は、ナショナリズムと支配一族・部族の正統性を同時に維持しようとしており、華やかな国際都市の建設や伝統文化産業の活況などを通じて、ナショナリズムを活気づけています。

詳しくみる ⇒参照元: 激動する湾岸アラブ諸国を読み解く:君主制、移民、湾岸経済の展...

エスノクラシー体制導入の理由

湾岸アラブ諸国がエスノクラシー体制を導入せざるを得なかった理由は何ですか?

湾岸諸国は税制度を用いた富の再配分機能を持っておらず、貧しい国民に配分できないため、エスノクラシー体制を導入したからです。

湾岸アラブ諸国がエスノクラシー体制を導入せざるを得なかった理由は、税制度を用いた富の再配分機能を持っていないためです。

湾岸諸国は税金をとらないため、移民を導入することで得られる利益を課税を通じて再配分することができず、貧しい国民に富を配分することができません。

そのため、エスノクラシー体制を導入することで、国民と移民の格差を生み出し、国民の不満を抑えることが可能となっています。

この体制は湾岸諸国の石油依存経済がもたらす経済成長による移民依存、オランダ病、レンティア国家化といった要因によってもたらされており、今後も継続していくと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 激動する湾岸アラブ諸国を読み解く:君主制、移民、湾岸経済の展...

湾岸諸国の開発における最重要要素

湾岸諸国の開発において最も重要な要素は何ですか?

都市開発

湾岸諸国の開発において最も重要な要素は都市開発です。

公的部門で働く人々が多く、公共事業は富の分配に関わっています。

湾岸アラブ諸国では国家主導の開発により文化資本を作り出し、インフラ開発への支出は国民への富の移転となっています。

また、湾岸アラブ諸国の法制度では土地と不動産の所有権は「国民」に限定されており、外国人労働者のスポンサー制度もビジネス・シーンに組み込まれています。

湾岸諸国の開発は国家の富を市民に割り振る結節点となり、指導者の正統性の基盤ともなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 激動する湾岸アラブ諸国を読み解く:君主制、移民、湾岸経済の展...

申請者の着目点

申請者は何に着目してきたのか?

女性の消費が女性による起業を促進している現象に着目してきた。

申請者は、女性が主体的に関与する再生産領域のなかでも消費にあえて着目し、女性の消費が女性による起業を促進している現象に着目してきた。

本研究では、これをさらに発展させて、生権力を掌握する為政者が、女性の購買力に着目し、消費を喚起してきた過程を詳しく検討する。

研究実績の概要本研究は、サウジアラビアを中心とする湾岸アラブ諸国における統治と消費の関連について、ジェンダーの視点から研究することを目的としている。

詳しくみる ⇒参照元: 湾岸アラブ諸国における統治と消費に関するジェンダー研究

湾岸アラブ諸国の移民について

湾岸アラブ諸国の移民について教えてください。

湾岸アラブ諸国では、移民が社会を支えています。ドバイを含むこれらの国では、石油や天然ガスの輸出収入によって経済が急速に成長し、労働力不足を解決するために海外から労働力を受け入れています。移民はさまざまな国からやって来ており、ドバイの人口の約8割を占めています。彼らは自分の夢を叶えるために働き、家族に送金したり、教育を受けさせたり、キャリアアップしたりするなど、さまざまな目的を持っています。

湾岸アラブ諸国では、移民が社会を支えています。

石油や天然ガスの輸出収入によって経済が成長し、労働力不足を解決するために海外から労働力を受け入れています。

移民はさまざまな国からやって来ており、ドバイの人口の約8割を占めています。

彼らは自分の夢を叶えるために働き、家族に送金したり、教育を受けさせたり、キャリアアップしたりするなど、さまざまな目的を持っています。

詳しくみる ⇒参照元: 巨大労働市場でチャンスを掴め――移民が支える湾岸アラブ諸国

湾岸アラブ諸国で働く利点

湾岸アラブ諸国で働くことの利点は何ですか?

高給与と清潔で安全な生活環境があります。

湾岸アラブ諸国で働くことには、高給与と清潔で安全な生活環境の利点があります。

移民は自国で同じ労働に従事する場合の2倍から3倍以上の給与を得ることができます。

また、湾岸アラブ諸国は社会インフラが整っており、清潔で安全な生活を送ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 巨大労働市場でチャンスを掴め――移民が支える湾岸アラブ諸国

湾岸アラブ諸国の食料需要の増加

湾岸アラブ諸国の食料需要はなぜ増加しているのか?

人口の増加と生活習慣病の蔓延により、食料需要が増加している。

湾岸アラブ諸国の人口は年平均2.3%で成長し、2023年には6340万人に達する見込みです。

この人口増加に伴い、食料需要も年平均3.3%増加すると予測されています。

また、近年、生活習慣病の蔓延が問題となり、国民の健康意識も高まっています。

これらの要因が食料需要の増加につながっています。

詳しくみる ⇒参照元: 中東情勢分析シリーズNo.2 湾岸アラブ諸国の食料問題と食料...

湾岸アラブ諸国の国籍別ソーシャル・ディスタンス

湾岸アラブ諸国の移民と国民の社会関係について、どのような特徴がありますか?

国民と移民は国籍別にソーシャル・ディスタンスを保ち、生活圏が交わりにくい傾向があります。

湾岸アラブ諸国では、移民総数が約3000万人であり、短期契約の労働者が主体です。

移民と国民は国籍別にソーシャル・ディスタンスをとり、職場での接点はあるものの生活圏は交わりにくい。

例えば、特定の地区では移民労働者の商店や飲食店が集中し、国民はその存在を怪しんで近寄らない傾向があるとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 第2回 サウジアラビア――コロナ禍が直撃する移民労働者の生存...

湾岸アラブ諸国の移民労働者の生存戦略と抗議の難しさ

なぜ湾岸アラブ諸国の移民は労働環境の悪化に対して主体的な行動を起こさないのか?

組織化が難しく、劣悪な状況にあるにもかかわらず、移民の労働運動はほとんど見られない。

湾岸アラブ諸国の移民は労働契約や労働組合の制約により組織化が難しく、劣悪な労働環境にも関わらず抗議行動が少ない。

記事では、移民の生存戦略やストライキの例外的な事例にも焦点を当てている。

詳しくみる ⇒参照元: 巨大労働市場でチャンスを掴め――移民が支える湾岸アラブ諸国

湾岸アラブ諸国で働く移民の未来

湾岸アラブ諸国で働く移民の未来はどうなるのか?

未来は不確かですが、湾岸アラブ諸国は途上国出身の移民にとってキャリア形成のチャンスがあります。

湾岸アラブ諸国は途上国出身の移民にとってキャリア形成のチャンスがあります。

湾岸アラブ諸国では移民受入に技能が考慮されず、学歴や専門技能がなくても受け入れてくれます。

移民は湾岸アラブ諸国で働きながらキャリアを育て、最終的には先進国に渡る道を描くこともあります。

湾岸アラブ諸国は出稼ぎ労働者にとって都合の良い職場であり、未来を切り開くチャンスに満ちた空間です。

詳しくみる ⇒参照元: 巨大労働市場でチャンスを掴め――移民が支える湾岸アラブ諸国