Academic Box Logo

【シンガポール】シンガポールの"定番料理"を楽しもう!!特徴や伝統料理を紹介



シンガポールの’定番料理’を楽しもう。特徴や伝統料理を紹介します。



シンガポールの3大名物料理

シンガポールで食べるべき3大名物料理は何ですか?

チキンライス、肉骨茶、ローカルな朝食

シンガポールに行ったら絶対に食べたい3大名物料理は、チキンライス、肉骨茶、ローカルな朝食です。

チキンライスは、チキンを茹でた後、そのスープでごはんを炊き上げたもので、ショウガやニンニク入りのチリソースや甘い黒醤油で食べるのが特徴です。

肉骨茶は、漢方ハーブが効いたスープで煮込んだ料理で、シンガポールのソウルフードとして人気です。

また、シンガポールならではの朝食もおすすめで、地元のお店でローカルな朝食を楽しむことができます。

詳しくみる ⇒参照元: プロが教えるシンガポールの絶品料理

シンガポール旅行での imperdible グルメ

シンガポール旅行で一度は食べたい名物グルメは何ですか?

チリクラブ

シンガポール旅行中に一度は食べたい名物グルメは、チリクラブです。

高級カニを甘辛チリソースにワイルドにぶっこんだこの料理は、シンガポールの代表的なご当地グルメです。

見た目だけでもかなりのインパクトを楽しめます。

チリクラブはボリュームたっぷりのカニを一杯丸ごと、数人で食べるのが一般的です。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール旅行中に一度は食べたい!名物グルメ&ローカルフー...

シンガポールのホーカーとは何ですか

シンガポールのホーカーとは何ですか?

ホーカーは東南アジアの屋台を一か所にまとめた屋台街で、低価格で食事ができる施設です。

シンガポールにはホーカーと呼ばれる屋台街があり、経済発展国で物価の高いシンガポールのなかでも低価格で食事がとれることから、国民の方が日常的に利用する施設になります。

ホーカーは英語で行商人を意味し、政府が主導となって作られた食堂のような場所で、デザートやコーヒーなどを売るお店もあり種類が豊富、時間も朝早くから夜遅くまで営業していることが特徴です。

日常的にホーカーで食事を済ますことが出来ることから、シンガポールでの女性の就業率が高くなっている一因であるともいわれ、シンガポールの食文化を語る上では外せない、重要な無形文化のひとつです。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール料理とは 特徴や伝統料理を合わせて解説


シンガポール料理の代表的な料理

シンガポール料理の代表的な料理は何ですか?

海南鶏飯と肉骨茶が代表的な料理です。

シンガポール料理の代表的な料理は、海南鶏飯と肉骨茶です。

海南鶏飯は鶏の油で炒めた米を鶏の出汁で炊き、茹で鳥のトッピングに甘辛いソースと鶏のスープと共に食べる料理で、シンガポールを代表する料理のひとつです。

肉骨茶は豚バラ肉の塊をぶつ切りにし、内臓肉や骨、ショウガやニンニク、たくさんの香辛料と共に煮込んだ料理で、シンプルながら豊かな風味と奥深い旨味を兼ね備える薬膳スープです。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール料理とは 特徴や伝統料理を合わせて解説

シンガポールの魅力

シンガポールの魅力は何ですか?

シンガポールの魅力は、多民族国家であることと、さまざまな食文化が楽しめることです。

シンガポールは多民族国家であり、さまざまな食文化が楽しめる魅力があります。

ライブバンドの生演奏やDJによる音楽がかかる賑やかな雰囲気も特徴的です。

また、シンガポールの代表的な料理であるミールスは、数種類のカレーを一度に味わうことができるワンプレート定食です。

さらに、南インド料理や中華料理とマレー料理を融合させた伝統的な家庭料理も楽しむことができます。

シンガポールにいながらにして、アジア各国へプチトリップができる魅力的な場所です。

詳しくみる ⇒参照元: プロが教えるシンガポールの絶品料理

ホーカー・センターの定義とは?

ホーカー・センターとは何ですか?

ホーカー・センターは街中の屋台を収容する施設です。

ホーカー・センターは街中の屋台を収容する施設で、通常のレストランに比べて価格が抑えられています。

シンガポール初心者におすすめで、日本語表記のお店も多く、清潔度も高いです。

また、シーフードのお店が多いことでも有名です。

有名な店舗としては、行列が絶えない中華系粥の人気店「真真粥品」や、ミシュランにも選ばれたチキンライスの有名店「天天海南鶏飯」があります。

安いだけでなく、クオリティの高さも魅力です。

詳しくみる ⇒参照元: プロが教えるシンガポールの絶品料理


ラクサの特徴とは

ラクサはどのような料理ですか?

ラクサは香辛料を効かせたヌードル料理で、地域によって違いがあります。

ラクサは香辛料を効かせたヌードル料理で、地域によって違いがあります。

シンガポールではカトンラクサがポピュラーで、ココナッツスープと海鮮のスープをベースにしています。

カレーラクサはカトンラクサに似ていますが、よりエスニックな風味があります。

アサムラクサはマレーシアのペナン発祥で、タマリンドや未熟パイナップルなどの組み合わせが特徴です。

ココナッツはラクサによく使われる食材の一つです。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール料理とは 特徴や伝統料理を合わせて解説

フード・リパブリックの場所

フード・リパブリックはどのような場所ですか?

フード・リパブリックはショッピングモールの中にあるフードコートで、明るく清潔な空間で名物料理がお手軽に味わえます。

シンガポール旅行初心者にオススメのフードコート「フード・リパブリック」は、ショッピングモールの中にあり、明るく清潔な空間で名物料理がお手軽に味わえます。

マレー系、インド系、中華系などローカルフードの名店が勢揃いしたストールの上に、大きなメニュー表が張り出されています。

支払いにクレジットカードは使えないので、あらかじめ少額の紙幣やコインを用意しておくとスムーズです。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール旅行中に一度は食べたい!名物グルメ&ローカルフー...

ラクサ鍋の特徴

ラクサ鍋の特徴は何ですか?

ラクサ鍋は自分好みにカスタマイズできる不思議な料理です。

シンガポールの人気店、サン ラクサでは、ラクサ鍋が絶品として評判です。

ラクサ鍋の特徴は、自分好みにカスタマイズできることです。

通常のラクサとは異なり、ラクサ鍋では海鮮やお肉などの具材を追加することで、新鮮な素材の旨味がスープに溶け込み、極上のラクサスープに進化します。

そのため、最後まで飽きずに楽しむことができます。

また、具材にもこだわりがあり、ジューシーなプレミアムビーフボールや新鮮な生ダコ、溶けるようなプレミアムショートリブスライス、プリップリのエビの切り身入りのペーストなど、おいしさが詰まったオプションが豊富に用意されています。

さらに、麺のご用意もあり、スープの辛さもお子様にも安心なレベルです。

追加ソースも用意されており、よりスパイシーな味を楽しむこともできます。

店内は清潔で広々としており、日本人の対応にも慣れた優しいスタッフが迎えてくれます。

シンガポール観光では、ぜひサン ラクサの絶品「ラクサ鍋」を味わってみてください。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール観光の定番グルメ4つを厳選!必ず食べたい絶品料理...




チリソースの特徴

チリソースにはどんな特徴があるの?

チリソースには卵やオレンジジュースをブレンドしたり、店ごとに味わいの特徴があります。

チリソースは卵やオレンジジュースをブレンドしたり、店ごとに味わいの特徴があるソースです。

また、地元ではチリソースを揚げパンにつけて食べるのが一般的です。

詳しくみる ⇒参照元: 絶対に外せない! 本場のシンガポール料理

カヤジャムの特徴

カヤジャムの特徴は何ですか?

カヤジャムは卵とココナッツミルクをベースとしたクリーミーなジャムです。

カヤジャムは、卵とココナッツミルクをベースとしたクリーミーなジャムであり、食べ過ぎた日の翌日や胃腸を休めたい時に食べることがおすすめです。

シンガポールでは広東、潮州、台湾の3つの地域の伝統を受け継ぐお粥が人気で、具の種類も豊富です。

また、観光や街あるきの休憩で立ち寄りたいカフェも多くあります。

さらに、シンガポールでは英国の統治下にあった時代に広まった紅茶だけでなく、ローカル珈琲「コピ」も人気です。

詳しくみる ⇒参照元: プロが教えるシンガポールの絶品料理

カニの種類とシーズンによる価格の変動

カニの種類やシーズンによって時価も変わるので、注文前には念のためお店のスタッフにグラム単位の値段を確認しておきましょう。

カニの種類やシーズンによって価格が変動するので、注文前には値段を確認しましょう。

カニの種類やシーズンによって価格が変動するため、注文前には値段を確認することが重要です。

また、カニを食べる際には紙ナプキンやエプロンを着用し、ハサミで甲羅を割りながら食べるのが一般的です。

さらに、手洗いの水が入った「フィンガーボール」も提供されるので、手が汚れても安心です。

カニを食べ終わった後には、別途揚げパンを注文してソースをひたすのもおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール旅行中に一度は食べたい!名物グルメ&ローカルフー...


プラナカン料理の定義とは?

プラナカン料理とは何ですか?

プラナカン料理は、中国系とマレー系の食材を組み合わせたシンガポールの料理です。

プラナカン料理(ニョニャ料理)は、中国系のチリやスパイス、ハーブなどと、マレー系のココナッツミルクやナッツを使い、シンガポールの食材を合わせて作られた料理のことです。

辛みが強いものや、濃厚な煮込み料理などバラエティ豊かで、アヤム・ブラ・クルアック(チキンのスパイス煮込み)、ウダン・ニョニャ(プラナカン風エビチリ)などが定番です。

プラナカン料理は、中国系とマレー系の食材を組み合わせたシンガポールの料理です。

詳しくみる ⇒参照元: 絶対に外せない! 本場のシンガポール料理

シンガポール料理の特徴

シンガポール料理の特徴は何ですか?

シンガポール料理の特徴は、様々な民族の文化が混ざり合って形成された特殊な食文化であり、地方やお店、作る人によって種類が多岐にわたることです。

シンガポールは、中国系やマレー系、インド系を中心とした多民族国家であり、料理の面においても様々な民族の文化が混ざり合って形成されていった特殊な食文化のひとつです。

代表的なものとして、中国系の文化とマレー系の文化が融合したプラナカン料理(ニョニャ料理)は、中国の食材をインドネシアやマレーシアのスパイス技術で調理したものを指し、シンガポールのババニョニャ民族(中華系の男性とマレー系の女性の混血)に代々受け継がれている、独自の家庭料理になります。

シンガポール料理として有名な”海南鶏飯”(ハイナンジーファン)は、タイのカオマンガイと非常によく似たものですが、中国南部の海南島からの移住者が伝えたものとされていますし、同じくシンガポールやマレーシアで有名な”ラクサ”はスパイシーな麺料理ですが、地方によって見た目や味、使われる食材も大きく異なるなど、同じ料理ひとつをとっても、地方、お店、作る人によって、種類は多岐にわたる点が大きな特徴といえます。

詳しくみる ⇒参照元: シンガポール料理とは 特徴や伝統料理を合わせて解説