Academic Box Logo

【イスラエル】イスラエル"情報機関"「モサド」とは!!謎のDからネタニヤフの右腕までの全てを解説



ライターのAMIです。今回は、イスラエルの情報機関である「モサド」について解説します。謎のDからネタニヤフの右腕まで、モサドの全てをお伝えします。



モサドの組織概要

モサドはどのような組織ですか?

モサドはイスラエルの諜報機関であり、世界で最も恐れられる組織の一つです。

モサドは1949年に設立されたイスラエルの諜報機関であり、7000人の職員を擁しています。

モサドはアメリカとの関係を通じて成長し、世界の情報コミュニティで最も恐れられる組織の一つとして知られています。

モサドは遠隔操作のマシンガンで科学者を暗殺するなど、その超法規的で躊躇しないやり口で名を馳せています。

また、モサドはナチスドイツのアドルフ・アイヒマンを逮捕し、イスラエルで裁判にかけて処刑したことでも知られています。

詳しくみる ⇒参照元: 新体制となるイスラエル諜報機関「モサド」長官は「ネタニヤフの...

モサドの役割とは

モサドはどのような役割を果たしているのか?

モサドはイスラエルの国家と国民の安全を守るために活動している。

イスラエルの情報機関であるモサドは、新型コロナウィルス感染症の対策にも積極的に取り組んでいる。

モサドはマスクや人工呼吸器などの医療関連品を国外で確保し、国内の病院に届けるだけでなく、世界各地で開発されていたワクチンを入手して調査するなどの活動も行っている。

次期長官の正体はまだ明らかにされていないが、モサドを去るコーヘンは政界入りの噂もある。

モサドはイスラエルと国民の安全を守るために命懸けで活動しており、次の長官も野心的なリーダーであることが期待されている。

詳しくみる ⇒参照元: 新体制となるイスラエル諜報機関「モサド」長官は「ネタニヤフの...

モサドの暗殺手口の特徴

モサドの暗殺手口はどのような特徴があるのか?

モサドの暗殺手口は神業過ぎると言われている。

イスラエルの対外諜報機関であるモサドは、世界最強と呼ばれるほどの諜報活動を展開している。

モサドの暗殺手口は神業過ぎると言われており、その特徴は非常に巧妙である。

例えば、あるエンジニアの暗殺では、彼が人目につかないようにしていたことを利用して、彼を殺害した。

モサドは常に警戒心を持ち、標的のつながりを悟られないようにするために様々な手法を駆使している。

詳しくみる ⇒参照元: スパイ大国イスラエル「モサド」の暗殺手口が神業過ぎる


モサド元長官の発言

イスラエルの対外情報機関モサドの元長官は何を述べたか?

ハマスによるイスラエルへの攻撃は全くの想定外だった。

イスラエルの対外情報機関モサドのエフライム・ハレビ元長官は、イスラム組織ハマスによるイスラエルへの攻撃が全くの想定外だったと述べた。

詳しくみる ⇒参照元: ハマスの攻撃は「全くの想定外」 イスラエル情報機関の元長官

イスラエルの諜報暗殺活動の起源

イスラエルの諜報暗殺活動はどのような経緯で始まったのか?

イギリス統治領時代のエルサレムで始まった。

イギリス統治領時代のエルサレムで始まったイスラエルの諜報暗殺活動は、国家樹立と民族生存のために行われてきた。

彼らは英国との闘争、隠れナチ狩り、中東戦争、PLOとの闘争を通じて世界的に名を馳せてきた。

旧約聖書詩篇の一節が彼らの民族的生存DNAの起源を思わせる一方で、悪夢的な殺害の繰り返しは問いかけを投げかけている。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史(上)

本の内容について

この本はどのような内容ですか?

この本はイスラエルの諜報機関の活動を追った通史です。

この本は、第二次世界大戦終結後から始まったイスラエルの諜報機関の活動を追った通史です。

ユダヤ迫害の歴史の末に誕生したこの諜報機関は、超暴力的な活動を行っていました。

本書では、その活動の数々が淡々と記されており、死が撒き散らされている様子が描かれています。

特に映画的な作戦には興味深く、有名なアイヒマン拉致作戦などの詳細も知ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史(上)


ハマスの発言内容

ハマスが何を語ったのか?

ハマスはミサイルの威力や発射数に驚き、作戦の成功を認めた。

ハマスが発射したミサイルの威力や発射数について驚き、作戦の成功を認めた。

ハマスはこれまでにない数のミサイルを発射し、イスラエル領に深く侵入して村落を掌握した。

ハマスの発言によると、彼らはミサイルの威力や発射数について予想していなかったという。

また、ハマスは作戦の調整が良かったとも述べている。

詳しくみる ⇒参照元: ハマスの攻撃は「全くの想定外」 イスラエル情報機関の元長官

モサドの暗殺工作の理由

モサドが暗殺工作を行う理由は何ですか?

国のためには使える能力は「想像力を働かせて」すべて駆使するため

北朝鮮やイランなどの核開発を阻止するため、モサドは暗殺工作を行っている。

モサドのタミル・パルド前長官は、「強くなる以外、私たちには選択肢がなかった。

それに尽きる」と語り、国のためには使える能力は「想像力を働かせて」すべて駆使する意志も述べていた。

また、アイザック・ベンイスラエルも、イスラエルは小さな国だからこそ、サイバーや諜報部門で他国を凌駕する「“ 質”で勝とうとしてきた」と話している。

最近のモサドは、諜報組織の枠を超えた動きを見せている。

詳しくみる ⇒参照元: 新体制となるイスラエル諜報機関「モサド」長官は「ネタニヤフの...