Academic Box Logo

【両家顔合わせ】両家顔合わせの"支払い"は誰がする...?マナーや費用の相場を解説



こんにちは、JURIKOです。今回は両家顔合わせについてお話しします。両家顔合わせの’支払い’は誰がするのか、そしてマナーや費用の相場について解説していきます。



支払い責任は誰にあるのか?

両家顔合わせの支払いは誰がするのか?

両家顔合わせの支払いは3つのパターンがあります。

結婚を決めたおふたりが、お互いにご両親や家族を紹介するのが、「両家顔合わせ」です。

結婚につながる第一歩なので、絶対に成功させたいですよね。

そのために、当日の支払いに関する内容はしっかり打ち合わせておきましょう!

両家顔合わせの支払いは3つのパターンがあります。

1つ目は、新郎新婦2人が支払いをすることが多いです。

2つ目は、新郎新婦の両親が支払いをすることもあります。

3つ目は、両家で折半することもあります。

どのパターンでも、事前に決めておくことが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの支払いは3パターン!食事会の費用相場やマナーも...

両家顔合わせの支払いの一般的な負担者

両家顔合わせの支払いは誰がするのが一般的ですか?

支払いは新郎新婦の2人で行うことが一般的です。

結婚後初の両家顔合わせは緊張するものですが、今後円滑な関係を築いていくためにも絶対に失敗したくないものです。

両家の顔合わせで失敗しないためのポイントや相場を紹介します。

両家顔合わせの支払いについて明確な決まりはありませんが、一般的には新郎新婦の2人で支払いをすることが多いです。

顔合わせは二人が両親を招く催し物のため、事前に家族には飲食代を気にせずに参加して欲しい旨を伝えておくと良いでしょう。

しかし、両親が飲食代を支払う気持ちを示した場合、招待する側として一度はお断りする方が良いものの、両家納得の上で支払いの気持ちが強い場合には相手を尊重しましょう。

両親が支払う場合には、両家で飲食代を折半する場合と、どちらかの両親が全額支払う場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの時に支払いは誰がする?常識とポイントをご紹介し...

結納費用の負担は一般的にどちらがするのか

結納の費用はどちらが負担するのが一般的ですか?

結納の費用は両家で折半することが一般的です。

結納の費用は両家で折半することが一般的です。

ただし、最近では結納を行わないカップルも増えており、地域や家庭の考え方によっても異なる場合があります。

結納を行う場合は、事前に両家で話し合い、費用の負担方法を決めることが重要です。

結納の費用には、食事会やお車代、お土産などが含まれることが一般的です。

詳しくみる ⇒参照元: 結納や両家顔合わせ食事会の費用負担は男性?女性?どう分担する...


両家顔合わせの食事会の費用相場

両家顔合わせの食事会の費用相場はどのくらいですか?

両家顔合わせの食事会の費用相場は、首都圏で平均69,000円、全国平均64,000円です。

両家顔合わせの食事会の費用相場は、首都圏で平均69,000円、全国平均64,000円です。

食事代は、1人あたり7,000~10,000円が相場と考えましょう。

両家の顔合わせに出席するのは、ふたりとそれぞれのご両親が基本です。

参加人数に食事代をかけたものに会場費、飲み物代を加えて、予算を検討してください。

一般的に、レストランや料亭を使うより、ホテルのほうが費用は高くなる傾向があります。

食事代にプラスして個室料がかかる場合もあるので、いくつかの候補から選ぶ場合は、総額で比較しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの支払いは3パターン!食事会の費用相場やマナーも...

両家顔合わせの費用の負担は?

両家顔合わせの費用はどちらが払う?

両家顔合わせの費用は新郎新婦が払うのが一般的です。

この記事では両家顔合わせにかかる費用の払い方のマナーと、顔合わせの食事代の他にかかる費用をまとめています。

両家顔合わせの費用は新郎新婦が支払うことが一般的であり、昼食1人当たり10,000円前後+個室料がかかり、新郎新婦+両家の親で6名分、60,000円前後が相場とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...

費用の支払いタイミングはいつが良い?

両家顔合わせの費用を支払うタイミングはいつが良いですか?

支払いは食事が終わった後が良いでしょう。

新郎新婦のお互いの出身地が異なる場合は特に注意して、親御さんに結納や費用のことを相談しておく方が良いでしょう。

両家顔合わせの費用には、実は食事代だけではなく様々な費用がかかります。

両家顔合わせの食事代を支払う時は事前に確認しておくと当日も安心です。

支払をする人をあらかじめ決めておきましょう。

支払いをするタイミングは食事が終わった後が良いでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...


両家顔合わせの費用はどれくらいかかる?

両家顔合わせに必要な費用とは?

両家顔合わせ食事会の食事代の相場は1人あたり7000〜10000円であり、出席者は新郎新婦の二人とそれぞれの両親の合計6人が一般的なことから、総額は4〜6万円ほどが相場です。

当日の流れや手土産の有無、ドレスコードなどの共有だけでなく、両親にも当日話題になるような情報を伝えておくと良い。

両家顔合わせ食事会の食事代の相場は1人あたり7000〜10000円であり、出席者は新郎新婦の二人とそれぞれの両親の合計6人が一般的なことから、総額は4〜6万円ほどが相場。

しかし、顔合わせには食事代以外にも手土産代、交通費、宿泊費、衣装代・着付け代、婚約記念品代などの費用が掛かることがあります。

手土産の相場は3000〜5000円程度が相場ですが、事前にどの程度の価格帯のものを持参するのか両家で調整しておくとよいでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの時に支払いは誰がする?常識とポイントをご紹介し...

両家顔合わせの費用の払い方

両家顔合わせの費用の払い方はどうすればいいですか?

両家の親が払うなら折半するのが一般的です。

両家の親が両家顔合わせの費用を払う場合には折半するのが一般的です。

親同士で事前に話し合っておくことが重要です。

片方の家族の参加人数が多い場合は、自分の家族分を負担する方法もあります。

両家の親が払う場合は、新郎が代表して支払いをするか、新郎の父がまとめて支払って精算することが多いです。

また、片方の家族が遠方から来る場合には、交通費や宿泊費の払い方にも気を配る必要があります。

地域によっても両家顔合わせの費用負担の考え方が異なることもあります。

結納や結納金についても地域によって特色があります。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...

費用の負担方法は?

両家顔合わせ食事会の費用の負担方法は?

両家で折半するか、新郎新婦が負担する方法が一般的です。

両家顔合わせ食事会の費用の負担方法は、両家で折半するか、新郎新婦が負担する方法が一般的です。

食事代の相場は1人7,000円~1万円程度で、参加者は本人たちと男性側女性側それぞれの両親の計6人が一般的です。

また、会場によっては個室料がかかる場合もあります。

地域ごとに独特の慣習があるため、お互いの実家の考え方を確認しておくことが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせ食事会の支払いは誰?決め方&支払いのタイミング




飲食代の差額の対処方法

両家で飲食代を折半することが多い傾向にある場合、金額に差がでる場合はどうすればいいですか?

事前に両家で話し合い、額を決めておくと安心ですね♪

結婚式の飲食代は、両家で折半することが多いですが、金額に差がでる場合は、事前に両家で話し合い、額を決めておくと安心です。

特に、ご兄弟や祖父母をお招きする場合は、両家の人数差を考慮して支払う金額を決めると合理的です。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの支払いは3パターン!食事会の費用相場やマナーも...

両家顔合わせの注意点

両家顔合わせでの注意点は何ですか?

誰がどのような割合で支払うのかを事前に決めておくことです。

両家顔合わせで初めて相手の両親に会う人はもちろんですが、いつもと異なる雰囲気に緊張したり、双方の両親も緊張している可能性もあったりするため、より円滑に食事会を進めるにあたっての注意点を3つ紹介します。

1つ目は、誰がどのような割合で支払うのかを事前に決めておくことです。

その場の全員が財布を持って謙遜し合うような気まずい空気にならないためにも、誰が支払うのかを決めておくことが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの時に支払いは誰がする?常識とポイントをご紹介し...

両親への負担方法の伝え方で気をつけるべきこと

両親に負担方法を伝える際に気をつけるべきことは何ですか?

伝え方には気を使いたいところ。

最終的に負担の方法が決まったら、それぞれの両親に決定内容を伝えましょう。

費用負担方法の“根拠”も説明することが重要です。

伝え方には気を使いたいところです。

両親に話すときには、どうしてそう分担するのかの根拠をきちんと伝えましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせ食事会の支払いは誰?決め方&支払いのタイミング


支払い分担の決定時期

両家顔合わせの支払い分担は、いつ決めるべきですか?

両家顔合わせの支払い分担は、必ず顔合わせの前日までに決めておくべきです。

両家顔合わせの支払い分担は、必ず顔合わせの前日までには決めておきましょう。

当日にどうするか決まっていないと、支払いにもたつくだけでなく、両家がもめてしまう原因にもなりかねません。

決定するまでの両家のやり取りは、二人がお互いに、実家の仲介役になるとスムーズです。

たとえば新婦家の実家が北海道で、新郎の実家は都内、顔合わせを都内で行う場合。

このように、項目別にわけます。

もちろん両親には、費用負担について事前に話しておきましょう。

3.当日お車代として、現金を封筒に入れて渡すどうしても遠方から来てくれた相手の両親にお車代を渡したい、という場合は現金で交通費(お車代)を渡します。

交通費を入れる封筒は、無地の白い封筒でOK。

(茶封筒や郵便用は避けましょう)熨斗と水引きが印刷された、略式ののし袋でも構いません。

(水引は、蝶結びではなく、結び切り)ご祝儀袋のような豪華な封筒は、金額に見合わないのと、相手を恐縮させてしまうので、交通費用としては向いていません。

交通費(お車代)を渡すタイミングは、食事会が滞りなく終わって、お店を出るときなど、さりげなく渡せるときに。

あまりみんなが注目しているなかで渡してしまうと、もらう方も恐縮してしまいます。

「本日は遠いところお越しいただき、ありがとうございます。

こちらお気持ちです。

交通費に宛ててください。

」など、お礼の言葉と共にささっと渡しましょう。

なお現金をもらうことに抵抗を感じたり、かえって失礼だと捉えたりする人もいます。

あらかじめパートナーに相談したうえで、交通費を用意したい、と伝えましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせ食事会の支払いは誰?決め方&支払いのタイミング

両家顔合わせ後のお礼のギフトの必要性

両家顔合わせ後にお礼のギフトを贈る必要はあるの?

両家顔合わせ後にギフトを贈るのが望ましいケース

相場は3,000円~5,000円ほどで、日持ちのするお菓子などがおすすめです。

片方だけ手土産を持ってきていなかった、となるとお互いに気まずい思いをしてしまうので手土産のあり・なしは事前に話し合っておくと安心。

両家顔合わせ後のお礼基本的には、両家顔合わせ後にお礼のギフトを贈る必要はありません。

ただし、以下のような場合には両家顔合わせ後にギフトを贈ることでお礼の気持ちを示すと良いです。

詳しくみる ⇒参照元: 両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...

結納や顔合わせ食事会の費用負担

結納や顔合わせ食事会の費用負担は誰がするものなのでしょうか?

結納や両家顔合わせの際の費用も、親が負担するケースだけでなく、新郎新婦側が負担するケースも多くなっているようです。

「両家顔合わせの基本特集」第2回の本記事では、結納や顔合わせ食事会の費用負担についてをご紹介しています。

最近の結納は、略式結納や両家顔合わせが主流となっており、結納や顔合わせ食事会の費用分担にはいろいろなパターンがあるようです。

親が負担するケースだけでなく、新郎新婦側が負担するケースも多くなっているとのことです。

詳しくみる ⇒参照元: 結納や両家顔合わせ食事会の費用負担は男性?女性?どう分担する...