Academic Box Logo

【両家顔合わせの支払いルール】新郎新婦負担が一般的

今回のテーマは、『両家顔合わせの支払いルール』についてです。

負担者

両家顔合わせの支払いの一般的な負担者は誰か?

負担者

両家顔合わせの支払いは誰がするのが一般的ですか?

新郎新婦が負担することが一般的です。

両家顔合わせの支払いは、現代では新郎新婦が負担することが一般的です

費用は予め一つに纏めておき、代表してどちらか片方が支払うのが良いでしょう。

ただし、参加人数や交通費・宿泊費の負担などに差がある場合は、配慮が必要です。

➡️ 続きを読む両家顔合わせの支払いは誰が行う?費用・相場をご紹介-花ごよみ...ホテル龍名館東京|東京駅徒歩3分の好立地【公式】ホテル龍名館東京|東京駅徒歩3分の好立地【公式】出典/画像元: https://www.ryumeikan-tokyo.jp/restaurant/meet/content-04/

新郎新婦さんが負担するのが一般的なんですね。配慮が必要なのは、参加人数や交通費、宿泊費の差がある場合だとか。

費用

両家顔合わせの費用の払い方について

両家の親が両家顔合わせの費用を払う場合には折半するのが一般的ですが、親同士で事前に話し合っておいてもらいましょう。

片方の家族の方が参加人数が多い場合は、自分の家族分を負担するという方法も良いでしょう。

両家の親が払う場合は新郎が代表して支払いをするか、新郎の父がまとめて支払って精算することが多いです。

両家顔合わせに交通費宿泊費がかかる場合の払い方片方の家族が遠方から来て交通費や宿泊費がかかる場合には、どちらかに費用負担が大きくなりすぎないように気配りを。

以下のような費用の払い方があります。

両家顔合わせ遠方の交通費の払い方パターン交通費+宿泊費+当日の食事代を含めて考えて、費用の負担割合を考えましょう。

交通費や宿泊代を負担する時には、予約した際に払ってくのがスムーズです。

現金で渡したい場合には、結び切が印刷されたのし袋や白い封筒に入れて渡します。

両家顔合わせの交通費・宿泊費の払い方のマナーについては以下の記事にまとめていますので、読んでみてくださいね。

→両家顔合わせ遠方の交通費は誰が払う?

【マナーと払い方】地域によっても両家顔合わせの費用負担の考えが違う両家顔合わせや結納についての考え方は地域によって差があります。

例えば、結納品と結納金どちらもありか、結納金のみか、新婦側の実家で顔合わせをして料亭に移動する、など地域によって特色があります。

代表的なのが、結納の「関東式」「関西式」です。

➡️ 続きを読む両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...出典: https://ginza-cruise.co.jp/wedding/knowhow/article-5/

両家の親が負担する場合、折半が一般的、という意見も。でも、話し合っておくことが大切ですね。

費用負担

両家顔合わせの費用の負担者は誰?

費用負担

両家顔合わせの費用は誰が払うのか?

両家顔合わせの費用は新郎新婦が一般的に払います。

この記事では両家顔合わせにかかる費用の払い方のマナーと、顔合わせの食事代の他にかかる費用をまとめています。

両家顔合わせの費用は新郎新婦が支払うことが一般的であり、費用の負担割合はカップルによって異なります。

両家顔合わせの相場としては、昼食1人当たり10,000円前後+個室料がかかり、新郎新婦+両家の親で6名分、60,000円前後です。

➡️ 続きを読む両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...出典/画像元: https://ginza-cruise.co.jp/wedding/knowhow/article-5/

大体の相場は、6名分で6万円ほど。気になるマナーとしては、食事が終わった頃、お手洗いに行くと言って支払うのがスマートらしいです。

ギフト

両家顔合わせ後のお礼のギフトの必要性

両家顔合わせ後にお礼のギフトを贈る必要はありませんが、特別なおもてなしを受けた場合や手土産を用意していなかった場合には、お礼のギフトを贈ると良いでしょう。

また、両家顔合わせの費用の払い方やマナーについては、事前に話し合っておくことが重要です。

➡️ 続きを読む両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...出典: https://ginza-cruise.co.jp/wedding/knowhow/article-5/

お礼のギフトは必ずしも必要じゃないんだとか。それに、費用の払い方やマナーについては、事前に話し合っておくのが大事ですよね。

両家の顔合わせ 支払い

両家の顔合わせの支払いは男性側か女性側?

両家の顔合わせの費用負担は、地域や家庭によって異なります。

男性側が支払う場合もあれば、女性側が支払う場合や、双方で折半する場合もあります。

この噂は誤った情報に基づいて広まった可能性があり、支払いに関する決断は各家庭で行われるべきものです。

➡️ 続きを読む検索結果 「両家の顔合わせ 支払い」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=両家の顔合わせ 支払い

支払いに関する決断は、各家庭で行われるべきものなんですね。ちなみに、両家顔合わせの日取りを決める時期は、婚約してから1~3か月後が一般的だとか。

責任

支払い責任は誰にあるのか?

結婚を決めたおふたりが、お互いにご両親や家族を紹介するのが、「両家顔合わせ」です。

結婚につながる第一歩なので、絶対に成功させたいですよね。

そのために、当日の支払いに関する内容はしっかり打ち合わせておきましょう!

両家顔合わせの支払いは3つのパターンがあります。

1つ目は、新郎新婦2人が支払いをすることが多いです。

2つ目は、新郎新婦の両親が支払いをすることもあります。

3つ目は、新郎新婦と両親が半分ずつ支払うこともあります。

どのパターンを選ぶかは、ふたりや両家の事情や希望によります

ただし、事前に決めておくことが大切です。

➡️ 続きを読む両家顔合わせの支払いは3パターン!食事会の費用相場やマナーも...Wedding Fes Magagine|Value Management IncWedding Fes Magagine|Value Management Inc出典: https://www.vmgfes.com/kaoawase-pay-3pattern/

3つの支払いパターンがあるんですね。事前に決めておくことで、当日のトラブルを避けられますよね。ちなみに、結納をするかどうかは、地域や家庭の習慣によって異なるそうです。

費用

両家顔合わせの費用の支払い方法

新郎新婦のお互いの出身地が異なる場合は特に注意して、親御さんに結納や費用のことを相談しておく方が良いでしょう。

両家顔合わせの費用を払うときのマナーは、支払いをする人をあらかじめ決めておくことです。

新郎新婦が払う場合は新郎が代表して、両家の親が払う場合は新郎の父が代表して支払いをし、後日に精算するのがスムーズです。

支払いのタイミングは食事が終わるころで、お料理やデザートが出た後が良いでしょう。

支払いに立つときはお手洗いに行くと伝えて、精算するとスムーズです。

両家顔合わせの費用には、食事代だけでなく他の費用もかかるので、事前に知っておいて予算に含めておくことが大切です。

➡️ 続きを読む両家顔合わせの費用はどちらが払う?【払い方のマナーとかかる費...出典: https://ginza-cruise.co.jp/wedding/knowhow/article-5/

お互いの出身地が異なる場合は、親御さんに相談しておくのが良さそう。新郎新婦が払う場合は新郎が代表して、両家の親が払う場合は新郎の父が代表して支払うのが一般的とのこと。

今回は両家顔合わせの支払いルールについてお届けしました。参考にしていただければ幸いです。