Academic Box Logo

【ボーダー】映画『ボーダー "二つの世界"』のキャストと魅力を解説!...?



こんにちは、ライターのMAIKOです。今回は、映画『ボーダー ‘二つの世界’』についてお話しします。この映画は、ボーダーと呼ばれる特殊な存在が登場するファンタジー作品です。キャストの魅力やストーリーの魅力について解説していきますので、ぜひ最後までお楽しみください。



映画「ボーダー二つの世界」とは何ですか

映画「ボーダー二つの世界」とは何ですか?

北欧ミステリーで、特殊メイクと演技が特徴の映画です。

映画「ボーダー二つの世界」は、2018年にスウェーデンで製作された北欧ミステリー映画です。

この映画は、カンヌ映画祭で「ある視点部門」グランプリを受賞しました。

映画の特徴は、主演2人に施された特殊メイクと彼女たちの演技で、独特の世界観を構築しています。

物語はミステリー要素とファンタジー要素がうまく融合しており、結末には考えさせられる要素もあります。

映画はU-NEXTやAmazonプライムビデオで見ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 映画「ボーダー二つの世界」ボーダーの意味とは?あらすじ・感想...

ティーナの驚きの内容

ティーナは何を知って驚いたのか?

ティーナは自分の体と同じ位置に手術痕があることを知って驚いた。

ティーナは男に謝罪した後、自分の体と同じ位置に手術痕があることを知り驚いた。

彼女は男の居場所を知りたくなり、彼の宿泊先を訪れた。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『ボーダー 二つの世界』のネタバレあらすじ結末と感想

監督は誰ですか?

この映画の監督は誰ですか?

アリ・アッバシ監督です。

アリ・アッバシ監督が描く世界を観られる幸せこの映画では性の多様性どころか、自分の容姿と性も違うし、さらに本人が望めば新しい性が出てきます。

それがとても素晴らしいと思いました。

男でも女でもないし、自分が望めばどちらの性も選べるのです。

この映画のアリ・アッバシ監督の世界観たるや、まったく新しい世界を開けてくれたのです。

ですから先述した映画館を出る時に空が開けたような感覚にさせてくれたのです。

本当に心優しい映画です。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『ボーダー 二つの世界』あらすじ・ネタバレ・作品情報・感...


ティーナの父の言葉

ティーナの父は何をティーナに語ったか?

施設に大勢のトロルが収容されていたとティーナへ語った。

フェリーの甲板でヴォーレと落ち合ったティーナは、彼に種を存続させようと誘われたが断った。

そして次の瞬間、ティーナの背後から大勢の警察官が現れヴォーレを捕らえた。

しかし、ヴォーレは警察を振り切り夜の海へと消えてしまった。

ティーナの父は、守衛として働いていた時分、施設に大勢のトロルが収容されていたとティーナへ語った。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『ボーダー 二つの世界』のネタバレあらすじ結末と感想

映画「ボーダー二つの世界」のストーリー

映画「ボーダー二つの世界」はどのようなストーリーですか?

ティーナが犯罪に巻き込まれていくストーリーです。

映画「ボーダー二つの世界」はスウェーデンの映画で、小児性愛者がはびこる人間社会の醜さに切り込んだ作品です。

匂いで犯罪者を嗅ぎ分ける能力を持つティーナが犯罪に巻き込まれていくストーリーは、北欧らしい独特な世界観が張り巡らされていて観る者を惹きつけます。

主役2人の特殊メイクは圧巻もので、その異常なまでの演技力にも称賛を送りたいと評価されています。

詳しくみる ⇒参照元: 映画「ボーダー二つの世界」ネタバレ感想・解説 他国と違う北欧...

受賞歴

映画『ボーダー 二つの世界』は何の賞を受賞した?

第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを受賞した。

映画『ボーダー 二つの世界』は、北欧ミステリーであり、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作『Border』を基に映画化した作品である。

劇中のショッキングなシーンは各国で大きな話題を呼び、2018年カンヌ映画祭では、ある視点部門の最優秀作品賞を受賞した。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『ボーダー(2019) 』あらすじネタバレ感想と考察解説...


映画『ボーダー 二つの世界』のストーリー

映画『ボーダー 二つの世界』のストーリーはどのような内容ですか?

ケロイドにまみれた容姿に悩むティーナが特殊な能力を持ち、怪しい旅行者ヴォーレと出会い、真実を知る物語です。

映画『ボーダー 二つの世界』は、ケロイドにまみれた容姿に悩むティーナが特殊な能力を持ち、税関で働く彼女の前に現れた怪しい旅行者ヴォーレとの出会いを通じて、自分の存在や世界の真実を問い直す物語です。

ティーナは不審人物を嗅ぎ分ける能力を持っており、ヴォーレに何かを感じ取ります。

二人は徐々にお互いの秘密を明かし、ティーナは自分が何者かを問い始めます。

物語はミステリアスでファンタジックな要素を含みながら、ティーナの成長と真実の探求を描いています。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『ボーダー 二つの世界』のネタバレあらすじ結末と感想

個性を持つことの意味

人と違う事は罪なのか?

人と違うことは罪ではない。

映画「ボーダー二つの世界」では、人と違うことが罪であるかのような描写がありますが、実際には人と違うことは罪ではありません。

物語の中でティーナとヴォーレが獣のような行為をする場面がありますが、それは種の繁栄のためであり、差別的な意図はありません。

ラストシーンでティーナがトロールの赤ちゃんを抱く笑顔を見ることで、この映画のタイトル「ボーダー二つの世界」の意味を理解することができます。

詳しくみる ⇒参照元: 映画「ボーダー二つの世界」ボーダーの意味とは?あらすじ・感想...