Academic Box Logo

【韓国映画】韓国映画「"最後まで行く"」のキャストと魅力を徹底解説...



韓国映画「’最後まで行く’」のキャストと魅力を徹底解説します。



「最後まで行く」のストーリー

韓国映画「最後まで行く」はどんなストーリーですか?

韓国映画「最後まで行く」は、一つの事故を発端に、刑事と謎の男の96時間の逃走劇を描いたクライムサスペンス映画です。

韓国映画「最後まで行く」は、2014年に公開されたクライムサスペンス映画で、一つの事故を発端に、極限まで追い詰められていく刑事と、彼を追う謎の男の96時間の逃走劇を描いています。

主演はイ・ソンギュンとチョ・ジヌンで、監督・脚本はキム・ソンフンです。

この映画は、第67回カンヌ国際映画祭の監督週間に招待されたほか、韓国で5週連続No.1観客動員345万人の大ヒットを記録しました。

また、中国、フランス、フィリピンでリメイクされ、フランス版リメイクの「レストレス」はNetflixで一斉世界配信されました。

そして、2023年5月には日本でも藤井道人監督によるリメイク版が公開予定です。

詳しくみる ⇒参照元: Netflixの韓国映画「最後まで行く」は必見!96時間の逃...

『最後まで行く』の映画内容

『最後まで行く』はどのような映画ですか?

『最後まで行く』は刑事の絶体絶命の危機を描いたスリリングな映画です。

岡田准一と綾野剛が主演する映画『最後まで行く』は、刑事の絶体絶命の危機に追い詰められていく姿を描いたスリリングな作品です。

この映画は、韓国映画のリメイクであり、日本版では人物の背景がより掘り下げられています。

岡田准一と綾野剛のパワフルな演技による壮絶な攻防戦が展開され、観客を引き込むことでしょう。

また、韓国映画の魅力にも触れられています。

詳しくみる ⇒参照元: 岡田准一主演『最後まで行く』国境を越えてリメイクされる“韓国...

『最後まで行く』の見どころ

『最後まで行く』の見どころは何ですか?

展開とダイナミックなアクション

イ・ソンギュンと岡田准一が出演する韓国アクション映画『最後まで行く』は、オリジナル版のユーモアを抑え目にし、展開とダイナミックなアクションが見どころとなっている。

韓国映画の魅力の一つであるその力強さを生かしたリメイク作品も多い。

詳しくみる ⇒参照元: 岡田准一主演『最後まで行く』国境を越えてリメイクされる“韓国...


映画の見どころ

この映画の見どころは何ですか?

本作の見どころは、主人公の刑事コ・ゴンス(イ・ソンギュン)が死体を隠蔽するために母親の棺桶に入れるという衝撃的なシーンです。

Netflixで大ヒットの韓国映画「最後まで行く」のキャストやスタッフがすごすぎる!

彼らのプロフィールや作品をチェック!

「最後まで行く」はNetflixの韓国映画の中で一番メイキングが面白い!

その秘密とは?

本作のメイキングには、様々なエピソードや裏話があります。

まず、本作のタイトル「最後まで行く」は、監督のキム・ソンフンが自身の信念を表したものだと言われています。

キム・ソンフンは、「最後まで行く」という言葉を自分に言い聞かせながら撮影に臨んだと語っています。

また、本作の見どころの一つは、主人公の刑事コ・ゴンス(イ・ソンギュン)が死体を隠蔽するために母親の棺桶に入れるという衝撃的なシーンです。

このシーンは、実際に棺桶に死体を入れるという危険な撮影方法を採用しました。

イ・ソンギュンは、「棺桶に入っている間は息ができなかったし、火葬場では熱気で汗だくだった」と振り返っています。

このシーンは一発勝負で撮影されたため、イ・ソンギュンは「最後まで行く」という気持ちで演技したと言います。

さらに、本作ではチョ・ジヌンが見せる圧倒的な存在感も注目されました。

チョ・ジヌンは、主人公を追う謎の男、パク・チャンミン役を演じ、本作で助演男優賞を受賞したほどの好演を見せましたが、実は役作りに苦労したと言います。

チョ・ジヌンは、パク・チャンミンというキャラクターについて、「彼は何を考えているのか分からないし、何をしたいのかも分からない。

彼の感情や動機が不明確で、演じるのが難しかった」と語っています。

しかし、監督のキム・ソンフンは、「チョ・ジヌンはパク・チャンミンという役に完璧にはまっていた。

彼の演技は本作の魅力を引き出してくれた」と絶賛しています。

本作「最後まで行く」は、スリルと笑いと感動が詰まった傑作映画です。

メイキングにもその魅力が溢れていますのでぜひ、映画とメイキングを楽しんでください。

詳しくみる ⇒参照元: Netflixの韓国映画「最後まで行く」は必見!96時間の逃...

『最後まで行く』の評価は何点?

韓国映画『最後まで行く』の評価は何点ですか?

評価は92点です。

韓国映画『最後まで行く』は、脚本が緻密なサスペンスとして高く評価されています。

予想外の展開の連続で驚かされる作品であり、サスペンス好きにはおすすめです。

また、緊張感のないシーンも巧みに織り交ぜられており、緩急があり中だるみはありません。

シチュエーションがシュールでクスッとくる要素もあり、シリアスさと間抜け加減のバランスが絶妙です。

イ・ソンギュンが窮地に立たされ、頭を使って切り抜けていくシーンの演出も考え抜かれており、大小さまざまな伏線・ミスリードで視聴者を惹きつけます。

特に、イ・ソンギュンが同僚の刑事に死体を掘り起こしているところを見つかり、犯人によって車に鉄の塊が落とされる場面は、演出が巧みで意外性があります。

視聴者の目線を読んで誘導し、想定外の展開を見せつけることで、サスペンスの醍醐味を味わえる作品です。

詳しくみる ⇒参照元: 韓国映画『最後まで行く』ネタバレ感想・原作ラスト考察と評価,...

『最後まで行く』のラストの意味

韓国映画『最後まで行く』のラストの意味は何ですか?

イ・ソンギュンがチョ・ジヌンを殺し、大金を手にしてしまう

韓国映画『最後まで行く』は、ストーリーがわかっていても何度見ても新たな発見ができるおもしろい映画です。

イ・ソンギュンがチョ・ジヌンを殺し、上層部が一連の事件をすべてチョ・ジヌンのせいにして一件落着。

イ・ソンギュンは警察を辞めて移動ファストフード販売というまっとうな仕事につこうかと思ったら、チョ・ジヌンの金庫の鍵を娘が見つけ、大金を手にしてしまうのがラスト結末です。

解釈は視聴者に委ねられますが、個人的にはイ・ソンギュンは大金に手をつけチョ・ジヌンのような裏社会の仕事にずっぷり浸ってしまうのではないかと思います。

含みのある良いラストでした。

詳しくみる ⇒参照元: 韓国映画『最後まで行く』ネタバレ感想・原作ラスト考察と評価,...