Academic Box Logo

松竹新喜劇と吉本新喜劇:競争と共存の舞台裏

松竹新喜劇と吉本新喜劇は、関西演劇界の二大巨頭として、競い合いながらも切磋琢磨し、日本の笑いを支えてきました。そんな両者の舞台裏には、どんなドラマが秘められているのでしょうか?

苦境

松竹新喜劇の苦境

苦境

松竹新喜劇はどのような状況に立たされたのか?

1990年に藤山寛美が死去し、松竹新喜劇は窮地に立った。

松竹新喜劇は、1990年に藤山寛美が死去し、窮地に立たされた。

その後、テレビ中継はほとんどなくなり、吉本新喜劇との初コラボも行われた。

現在は渋谷天外を代表兼座長とし、藤山寛美の娘である藤山直美も参加して公演が行われている。

吉本と松竹は競争しながらも共存していく道を歩んでいる。

➡️ 続きを読む吉本新喜劇×松竹新喜劇!大阪におけるお笑い界のライバルMenzine(メンジン)| 仕事や遊びに全力な男のためのWEBメディアMenzine(メンジン)| 仕事や遊びに全力な男のためのWEBメディア出典/画像元: https://menzine.jp/lifestyle/yosimotosyoutiku4037/

松竹新喜劇と言えば、情に訴える人情喜劇が持ち味。藤山寛美さんの存在感が大きく、たくさんの名作を残していますね。一方、吉本新喜劇はナンセンスなギャグが満載で、テンポの速さが特徴的。どちらもそれぞれに魅力があって、どちらも関西の笑いの宝だなぁと感じます!

事業内容

松竹芸能株式会社の主要な事業内容

松竹芸能株式会社は、大阪府大阪市中央区北久宝寺町に本社を置く芸能事務所であり、松竹の連結子会社です。

主要な事業内容はタレント・俳優の養成ならびにマネージメント、演劇・テレビドラマ・イベントの企画・制作などです。

松竹芸能株式会社は、上方演芸界の2大プロダクションのひとつであり、吉本興業と並ぶ存在です。

1958年に設立され、以来、道頓堀角座を中心に芸人を配給し、隆盛を極めてきました。

1962年には松竹芸能株式会社に商号変更し、現在に至っています。

➡️ 続きを読む松竹芸能WikipediaWikipedia出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%AB%B9%E8%8A%B8%E8%83%BD

松竹芸能は、上方演芸界を支える大きな存在なんですね。道頓堀角座での公演は、大阪の風物詩ともなっていますし、タレント・俳優のマネジメントでも実績を残しています。舞台とテレビの両軸で活躍しているのがすごいですね!

違い

吉本新喜劇と松竹新喜劇の違い

花菱アチャコを中心に結成された吉本新喜劇は、松竹新喜劇とは全く異なる劇です。

松竹新喜劇は泣き笑い劇場であり、人情話が中心です。

一方、吉本新喜劇はナンセンスなギャグを徹底しており、ストーリー性を度外視しています。

吉本新喜劇はテレビ時代を意識し、速いテンポでギャグを連発する手法を採用しています。

松竹新喜劇が1時間半の上演に対し、吉本新喜劇は1時間であり、ストーリー性がないため途中から見ると意味がわからず、面白さが伝わらないこともあります。

➡️ 続きを読む吉本新喜劇×松竹新喜劇!大阪におけるお笑い界のライバルMenzine(メンジン)| 仕事や遊びに全力な男のためのWEBメディアMenzine(メンジン)| 仕事や遊びに全力な男のためのWEBメディア出典: https://menzine.jp/lifestyle/yosimotosyoutiku4037/

吉本新喜劇のナンセンスなギャグは、大阪人の気質そのものなのかもしれませんね。とにかく勢いとテンポで笑わせてくれるのが楽しいです。ストーリー性よりも、その場のノリを重視するスタイルは、他の演劇ではなかなか見られない独特の魅力がありますよね。

違い

松竹と吉本の違い

違い

松竹と吉本の違いは何ですか?

松竹は戦後にお笑い文化が花開き、松竹新喜劇が旗揚げされた。一方、吉本は戦後はお笑いから手を引いていた。

松竹と吉本は、二つの新喜劇映画会社であり、松竹は戦後にお笑い文化が花開き、松竹新喜劇が旗揚げされた。

一方、吉本は戦争のために壊滅的な打撃を受け、戦後はお笑いから手を引いていた。

➡️ 続きを読む吉本新喜劇×松竹新喜劇!大阪におけるお笑い界のライバルMenzine(メンジン)| 仕事や遊びに全力な男のためのWEBメディアMenzine(メンジン)| 仕事や遊びに全力な男のためのWEBメディア出典/画像元: https://menzine.jp/lifestyle/yosimotosyoutiku4037/

松竹と吉本は、戦後の復興期に日本の芸能界を牽引する存在になりました。松竹が笑いを文化として確立したのに対し、吉本は戦後の高度経済成長期にテレビという新しいメディアをうまく活用したんですね。両者の歴史は、日本の笑いの歴史そのものと言っていいでしょう。

吉本興業

吉本興業の前身と初期の寄席

吉本興業

吉本興業の前身となる寄席の最初の名前は?

第二文芸館

1912年4月1日に大阪市で吉本吉兵衛(通称・泰三)と妻のせいによって設立された寄席経営会社が、吉本興業の前身にあたる。

最初の寄席は「第二文芸館」という名称で、天満天神近くに位置していた。

その後、吉本は次々と寄席を買収し、チェーン化に乗り出す。

1915年には南地法善寺の「蓬莱館(旧・金沢亭)」を買収し、「南地花月」と改称した。

これが「花月」の誕生である。

また、「第二文芸館」は「天満花月」に改称された。

➡️ 続きを読む吉本興業ヒストリー|吉本興業株式会社出典/画像元: https://www.yoshimoto.co.jp/history/

吉本興業は、寄席から出発して、大阪の笑いの代名詞的存在になり、今では日本全国に影響力を持つ巨大企業に成長しました。その歴史の長さには驚かされます。花月の誕生は、まさに大阪笑文化の転換点だったんでしょうね。

天海一平

天海一平のモデル

天海一平

成田凌演じる天海一平のモデルは誰ですか?

天外の父親

天外は『おちょやん』に出演し、杉咲花を絶賛した。

また、天外は『おちょやん』で松竹新喜劇が生まれる過程も描かれることに感謝し、吉本新喜劇の立ち上げは松竹新喜劇の影響であると語った。

天外は現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』に出演し、成田凌演じる天海一平のモデルは、天外の父親である。

天外の父親は、現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』にも登場し、成田凌演じる天海一平のモデルとなった。

➡️ 続きを読む渋谷天外、藤山扇治郎が南座で幕を開ける松竹新喜劇への意気込み...SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/280363

天外さんの『おちょやん』への出演は、松竹新喜劇と吉本新喜劇の垣根を越えたコラボレーションですね。お互いの歴史や影響関係を改めて知ることができて、感慨深いものがあります。舞台の上を超えて、笑いの継承が繋がっているんだなぁと感じます。

吉本 松竹 違い

吉本と松竹の違いに関する噂は根拠なし

吉本と松竹の違いに関する噂は、公式な情報源に記載されていません。

そのため、根拠のない噂である可能性が高いです。

また、企業機密や個人的な情報のため、意図的に公開されていない可能性もあります。

噂が拡散されてから時間が経過しているため、情報が失われたか廃棄された可能性もあります。

➡️ 続きを読む検索結果 「吉本 松竹 違い」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=吉本 松竹 違い

吉本と松竹の違いに関する噂は、真偽のほどは定かではありませんが、両者のライバル関係を物語っているのかもしれませんね。噂には噂でしかありませんが、それだけ注目を集める存在であることの表れなのかもしれません。

移籍

吉本興業の変遷と所属タレントの移籍

移籍

旧吉本興業の設立に伴い、タレントはどの会社に移籍したか?

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

2007年10月1日、旧吉本興業の設立に伴い、在籍タレント約800人が株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーに移籍した。

同社の設立後も、テレビ番組の制作クレジットやタレントの所属事務所名義は「吉本興業」のままだったが、一部例外もあった。

また、よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、スポーツ選手、俳優、文化人、音楽家などのマネジメント事業も手掛け、2019年6月1日に社名を「吉本興業株式会社」に変更した。

なお、2019年12月13日には、過労死ラインを超える残業をさせていたとして労基署から是正勧告を受けている。

➡️ 続きを読む吉本興業WikipediaWikipedia出典/画像元: https://ja.wikipedia.org/wiki/吉本興業

吉本興業は、タレントマネジメントだけでなく、スポーツ選手や文化人などのマネジメント事業も手掛けています。まさにエンターテインメント界の総合商社ですね。過労死ラインを超える残業問題が起きていたのは残念ですが、今後も社員の働き方が改善されて、健全な運営が続けられることを期待したいです。

後継者争い

吉本興業の後継者争い

昭和7年、吉本興業は合名会社に改組し、吉本せいが主宰者、弟の林正之助が総支配人、弟の林弘高が東京支社長に就任した。

昭和13年に株式会社に改組し、吉本せいが社長、林正之助が副社長に就任。

昭和21年に林弘高が吉本株式会社として独立。

吉本せいの後継者は次男の吉本頴右とみられていたが、笠置シヅ子との恋愛の末、結核により死去。

吉本せいは三女の吉本恵津子に株を相続させたが、実権は林正之助が握り、吉本家と林家の対立が起きた。

➡️ 続きを読むブギウギの史実!笠置シヅ子と吉本頴右の家系図出典: https://nobunaga-oda.com/kakeizu-kasagi-sizuko/

吉本興業内の家族経営と対立の歴史も興味深いですね。吉本家と林家の確執があったとは知りませんでした。それでも、芸能界のトップ企業として存続し続けているのは、それだけ魅力的なコンテンツやタレントを輩出してきた証なのかもしれません。

歴史

吉本興業の歴史と変遷

吉本興業は、1912年4月1日に創業した日本で最も長い歴史を持つ芸能プロダクションでした。

2007年10月1日に持株会社制に移行し、「吉本(よしもと)」を名乗る芸能プロの歴史は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに引き継がれました。

吉本興業はかつて東証1部に上場していましたが、2010年に上場廃止され、その後TOBが行われ、在京・在阪の主要民放局などが主要株主となっています。

現在は、吉本興業ホールディングス株式会社がグループの持株会社となっています。

➡️ 続きを読む吉本興業ホールディングスWikipediaWikipedia出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/吉本興業ホールディングス

吉本興業が上場廃止され、その後TOBが行われた背景には、経営の透明性やガバナンス強化への取り組みがあったようです。現在では、吉本興業ホールディングスがグループの持株会社として機能しています。かつて東証1部に上場していた企業が、こうした変遷を遂げたのは時代の流れを感じますね。

松竹新喜劇と吉本新喜劇は、どちらも関西演劇界の宝です。これからも、笑いと感動を届けて、私たちの生活を豊かにしていってくれることを期待しています!本日はありがとうございました。