Academic Box Logo

【離乳食】離乳食の"進め方"早見表!...?初期・中期・後期・完了期のステップ別ガイド

ライターのSatukiです。今回は、離乳食の進め方について、ステップごとに解説します。初期、中期、後期、完了期に分けて、何をいつから食べさせるか、目安を解説します。

離乳食の始め方と注意点

離乳食を始めるのに適した赤ちゃんの月齢は?

6ヶ月頃

離乳食は6ヶ月頃から始めるとよい。

肉や魚、卵をペースト状にして与えるのがよい。

肉は赤い部分に鉄分やたんぱく質が豊富なので、赤い部分を使用する。

また、脂質の消化酵素ができていないので、最初から大量に与えることは避け、徐々に量を増やしていく。

硬さはハンバーグ程度が望ましい。

魚は白身魚から始めるとよく、アレルギーが出やすい食品は少量から様子を見て与える。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食の進め方とは?離乳食期別ポイント(管理栄養士解説)

離乳食の進め方について

離乳食の進め方について教えてください。

母乳や育児用ミルクは好きなだけ飲ませ、離乳食は月齢に合わせた食材を幅広く揃えることがポイントです。

この記事では、離乳食の進め方について解説しています。

生後5~6か月頃の離乳初期では、母乳や育児用ミルクは好きなだけ飲ませ、舌と上あごでつぶせる硬さの食材を与えます。

7~8ヶ月ごろの離乳中期では、1日2回の離乳食を導入し、穀類、野菜・くだもの、たんぱく質と食品を幅広く揃えます。

9~11ヶ月ごろの離乳後期では、1日3回の離乳食を導入し、「手づかみ食べ」の練習として野菜スティックを与えます。

1歳~1歳6ヶ月ごろの離乳完了期では、1日3回の離乳食に加えて補食も導入し、歯ぐきや歯で噛みつぶせる硬さの食材を与えます。

離乳食の進め方は、市販のベビーフードを利用しながら、赤ちゃんのペースに合わせてゆったりと進めることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 【保存版】離乳食はいつから?初期・中期・後期・完了期の進め方

赤ちゃんの離乳食開始時期

赤ちゃんはいつ頃から離乳食を始められますか?

5~6ヶ月頃から

離乳食の開始時期は5~6ヶ月頃が目安。

首がしっかりとすわっているなど、赤ちゃんの発達状況を確認してから始めましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食の進め方完全ガイド!月齢・食材別の量や種類は?【初期か...

離乳食開始の遅延と食物アレルギー予防効果

離乳食の開始を遅らせても、食物アレルギーの予防効果はあるのか?

最近では、離乳食の開始を遅らせても、食物アレルギーの予防効果はないことがわかっています。

最近の研究によれば、離乳食の開始を遅らせても、食物アレルギーの予防効果はないことがわかっています。

遅らせるのではなく、少量から食べさせて様子を見ていくのがよいでしょう。

また、母乳栄養のママはとくに食物アレルギーについて気にしているかもしれませんが、子どもの食物アレルギーとママの食事内容には関係がないことがわかっています。

子育てに体力を使うママには、十分な栄養素が必要です。

アレルギーを気にして特定の食物を避ける必要はありません。

栄養の偏りがないよう、いろいろな食品をバランスよく食べましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食の進め方~気をつけたいアレルギーの知識もつけよう

離乳食後期の目安と進め方

離乳食後期の目安は?

もぐもぐして3秒で食べられるようになる

離乳食後期は食べ応えを感じさせることを目的として、手づかみ食べをさせることが推奨されます。

3回食のリズムを整え、食事を楽しむ雰囲気作りが大切です。

完了期では大人と同じ固さのものが食べられるようになります。

手づかみ食べをする時は持ちやすい形に工夫しましょう。

補食を1~2回取り入れましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 【早見表】離乳食はいつから始める?月齢別の進め方&スケジュー...

離乳食完了期の進め方

完了期の離乳食を始めた際の固さとは?

歯ぐきや歯でつぶせる肉団子くらい

離乳食完了期には、食事のリズムが1日3回に整えられ、大人の食事を楽しむ時期となります。

歯ぐきや歯で上手に噛める固さになり、手づかみ、スプーン、フォークの使用も始まります。

食材としては、軟飯、ごはん、パン、麺類などがあり、味付けにはカレー粉、ソース、非加熱のマヨネーズが使用できます。

野菜、果物、白身魚、肉、豆腐、卵、乳製品などの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

おやつには、果物や芋類、乳幼児用ビスケットなどとフォローアップミルクや麦茶を組み合わせると栄養を補えます。

1歳になると牛乳も飲めるようになりますが、鉄分やビタミンDが多く含まれるフォローアップミルクがおすすめです。

離乳食を食べてくれない時期は一時的な場合が多く、無理強いせずに様子を見ることがポイントです。

詳しくみる ⇒参照元: 【栄養士監修】離乳食の進め方|初期〜完了期の流れや食材、Q&...

離乳食中期の進め方

離乳食中期に与える食材にはどんな種類がある?

乳製品、野菜、魚、豆腐

離乳食中期には、乳製品などのバリュエーションが増え、野菜、魚、豆腐などを与える。

栄養バランスを考え、炭水化物、ビタミン・ミネラル、タンパク質を組み合わせた献立にする。

手づかみ食べを始める子には、つかみやすい形状の食事も取り入れる。

詳しくみる ⇒参照元: 【早見表あり】離乳食の進め方|月齢別の回数の目安・食材の固さ...

離乳食中期への進め方とポイント

離乳食初期から中期へ進む目安は?

2回食のリズムがついた頃

離乳食開始から1か月後には2回食に進み、1回食との間隔を4時間以上空けて空腹状態にすることがポイント。

離乳食中期は生後7か月頃で、口を動かして食べ物を潰す「もぐもぐ期」に入る。

すりつぶしたり、みじん切りにするなど、もぐもぐする練習をさせるのが目的。

口から出す場合は、ヨーグルト状に戻したり、慣れた形状から徐々に進めることが大切。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食の進め方|月齢別の回数や量の目安。レシピや早見表も紹介...

離乳食の適切な開始時期

離乳食はいつから始めたらよいのでしょうか?

離乳食を始める目安は5~6ヶ月頃とされています。

赤ちゃんが成長すると、母乳や育児用ミルクなどの乳汁だけではエネルギーや栄養素が不足するようになります。

離乳食は、赤ちゃんが食べ物に慣れるために始めるものであり、なめらかにすりつぶした食べ物を与えて離乳を開始します。

離乳食の目的は、まず食べることに慣れ、食べる意欲を育むことです。

離乳食を始める目安は5~6ヶ月頃であり、赤ちゃんが以下のサインを示すときに始めるとよいでしょう:首の座りがしっかりしてきて5秒ぐらい座ることができる、大人が食べるものに興味を示す、スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる。

もし5ヶ月過ぎてもサインが出ない場合は、赤ちゃんは離乳食を受け入れる準備ができていない可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【保存版】離乳食はいつから?初期・中期・後期・完了期の進め方

離乳食初期の適切な形状と進め方

離乳食初期の赤ちゃんに適切な離乳食の形状は?

ヨーグルトくらいの固さで、すり潰したもの

離乳食初期の赤ちゃんは噛むことができないため、飲み込む動作を覚える必要があります。

そのため、離乳食の形状はヨーグルトくらいの固さで、すり潰したものを使用します。

野菜の場合は、皮をむいて茹でてからすり潰す必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食の進め方|早見表で月齢ごとに目安や量を徹底解説

離乳食スタート時の注意点

離乳食を始める時に注意すべきことは何ですか?

アレルギー反応

離乳食を始める際には、新しい食材を与える時は2日連続で1種類ずつにし、アレルギーが出た場合に判別できるようにします。

また、病院がやっている午前中に離乳食の時間にすることで、もしアレルギー反応が出た場合にすぐに対応できるようにします。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食1ヶ月目の進め方スケジュール│量や食材の早見表

離乳食作りに必要なグッズ

離乳食作りのために準備した方がいいグッズは?

裏ごし器、すり鉢、おろし器、ハンドブレンダーなどが便利です。

赤ちゃんの離乳食作りには、裏ごし器、すり鉢、おろし器、ハンドブレンダーなどのグッズが便利です。

これらのグッズを使うことで、食材をすりつぶしたり、裏ごししたりすることができます。

また、離乳食調理セットを使えば、これらのグッズが一つにまとまっており、コンパクトに収納することもできます。

アカチャンホンポでは、さまざまな離乳食調理セットを販売していますので、ぜひチェックしてみてください。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食はいつから?進め方は?初期・中期・後期・完了期 段階別

離乳食の最初の段階での食材選び

離乳食の最初の段階では、どのような食材を与えるべきですか?

おかゆやすりつぶした野菜など、かまずに飲み込めるペースト状のものを食べさせましょう。

離乳食は、子供の成長に合わせて段階的に進めることが大切です。

最初の段階では、栄養摂取よりも食べることに慣れることが目的です。

おかゆやすりつぶした野菜など、かまずに飲み込めるペースト状のものを食べさせましょう。

調味料は使わずに、素材とだしの味を生かして調理しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 離乳食の進め方~気をつけたいアレルギーの知識もつけよう

離乳食後期の進め方

離乳食後期の適切な食材の形状は?

口を動かしてつぶしやすいサイズ

離乳食後期の野菜は、口を動かしてつぶしやすいサイズに切ってあげることで、子供が練習しやすくなります。

また、家族と一緒に食事をしたり、食事の楽しさを教えることも大切です。

栄養バランスを考え、主食、主菜、副菜を3~4品用意し、薄味で少量の調味料を使用することで、味覚を経験させることができます。

鉄分不足を防ぐため、赤身の肉類、卵、豆類、青魚などを積極的に摂取しましょう。

離乳食が思うように進まない場合は、小児科に相談することが推奨されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【早見表あり】離乳食の進め方|月齢別の回数の目安・食材の固さ...

離乳食の調味料

離乳食で使用できる調味料は?

昆布だし、醤油、味噌

離乳食に使用できる調味料は時期によって異なります。

離乳食初期はだしのみで、中期からは昆布だし、かつおだし、醤油、味噌、砂糖、塩、バター、酒、みりん、ケチャップが使用できます。

後期になると加熱済のマヨネーズ、オリーブオイル、油が加わり、完了期では基本的な調味料はすべて使用できます。

ただし、赤ちゃんの腎臓に負担がかからないように少量を使用することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 【早見表】離乳食はいつから始める?月齢別の進め方&スケジュー...