Academic Box Logo

【ハンターハンター】ハンターハンターの"連載再開"はいつ!!?何話から再開するのか気になる...



遠藤と申します。ハンターハンターの連載再開について、多くのファンが興味を持っているようです。再開の時期や再開する話数についての情報が待ち遠しいですね。



ハンターハンターの連載再開時期

ハンターハンターの連載再開はいつですか?

ハンターハンターの連載再開は2022年10月頃です。

『ハンターハンター』の連載再開は2022年10月頃になる予定です。

連載再開時には10話分(約3ヶ月分)のボリュームが一度に掲載され、新刊コミックの発売と同時に連載が始まると考えられています。

ただし、冨樫義博が原稿をまとまって完成させない限り、連載再開はありません。

ハンターハンターの連載再開は話題になり、新刊コミックの宣伝材料としても使われることが予想されます。

漫画の考察をしているファンたちは、早く連載再開して欲しいと願っています。

詳しくみる ⇒参照元: 【冨樫義博】ハンターハンターの休載期間まとめ最新版!休載理由...

ハンターハンターの連載再開予定

ハンターハンターの連載再開はいつですか?

2022年10月頃になります。

『ハンターハンター』の連載再開は2022年10月頃になる予定です。

連載再開時には10話分(約3ヶ月分)のボリュームが一度に掲載され、新刊コミックの発売と連動しています。

冨樫義博が原稿をまとまって完成させない限り、連載再開はありませんが、一度再開すれば少年ジャンプでハンタが掲載され続けます。

ハンターハンターの連載再開は話題になり、新刊コミックの宣伝材料としても利用されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【冨樫義博】ハンターハンターの休載期間まとめ最新版!休載理由...

HUNTER×HUNTERの連載再開の噂は本当か?

HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)の連載再開の噂は本当ですか?

連載再開の噂は立っていますが、具体的な情報はまだありません。

2022年12月26日に発売された少年ジャンプ本誌の新年4・5合併号において、冨樫義博先生の体調を顧みた結果、HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)の連載が終了することが発表されました。

しかし、今後は何らかの形での作品の発表を行う予定であり、冨樫先生は現在も執筆に励んでいることが伝えられました。

2023年現在もHUNTER×HUNTER(ハンターハンター)の読者が作品を購読できる方法は明らかにされていません。

連載再開の噂が立ったのは、冨樫先生が2023年3月9日に約3ヶ月ぶりの進捗ツイートを行ったことや、電子書籍でクラピカ追憶編が復刻されたことがきっかけです。

しかし、具体的な連載再開の情報はまだありません。

冨樫先生の進捗ツイートでは、No.401が完成したことが報告されました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハンターハンター】の連載再開はいつ?再開しない理由は?いつ...

ヒンリギの能力について

ヒンリギはどのような能力を持っているのか?

ヒンリギは物体を変化させる能力を持っています。

ヒンリギは物体を変化させる能力を持っており、銃を蛇に、ビデオカメラを猫に、手錠を鳩に変えることができます。

彼の能力は「てのひらを太陽に(バイオハザード)」という曲の歌詞やジョジョ5部の主人公ジョルノ・ジョバァーナの「ゴールド・エクスペリエンス」から影響を受けています。

ヒンリギの能力はハンターハンターファンにとって楽しみな要素であり、彼の今後の活躍に期待が高まります。

詳しくみる ⇒参照元: ハンターハンター391話「衝突②」ネタバレ感想解説考察。ヒン...

ハンターハンター391「衝突②」の見所

ハンターハンター391「衝突②」の見所は何ですか?

パドイユ・クオロール・デヴェラレスの登場と彼らの職業が注目ポイントです。

同時並行でヒンリギの部下であるザクロ・リンチが、血の能力(バイオハザード)を使って、ヒソカの行方を追っています。

アルパカハンターハンター391「衝突②」では、パドイユ・クオロール・デヴェラレスという3人のキャラクターが登場します。

彼らは能力者ではありますが、まだまともに勝つことはできないと思われるため、一般人を大量に殺しているようです。

彼らの職業は解体工、整備士、土建業という肉体労働に従事しており、不遇な扱いを受けたブルーカラーのキャラクターとして描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: ハンターハンター391話「衝突②」ネタバレ感想解説考察。ヒン...

『ハンターハンター』の巻数と話数

『ハンターハンター』は現在何巻・何話まで?

現在の巻数は36巻で、最新話は390話です。

『ハンターハンター』は2022年10月上旬現在、36巻まで発売されており、最新話は390話です。

最新の話は37巻に収録される予定で、冨樫義博先生がTwitterで公開している原稿は37巻には含まれないようです。

35巻には361話〜370話まで、36巻には361話〜370話まで収録されています。

詳しくみる ⇒参照元: ハンターハンターは現在何巻・何話まで?今から最新刊に間に合う...

未回収の伏線について

ハンターハンターの未回収の伏線については何があるのか?

ハンターハンターの未回収の伏線には様々な要素がある。

ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)の「未回収の伏線」をフルカラー画像付きで徹底考察した記事がある。

ハンターハンターにはまだ回収されていない伏線がいくつか存在しており、ファンたちはそれらの伏線の回収を待ち望んでいる。

一部の伏線は作者の冨樫義博の休載によって回収が遅れている可能性もある。

冨樫義博の休載は彼の腰痛によるものであり、そのためハンターハンターの連載再開が繰り返される可能性が高いとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 【冨樫義博】ハンターハンターの休載期間まとめ最新版!休載理由...

ゾルディック家のメンバー一覧

ゾルディック家のメンバー一覧を教えてください。

キルア以外にもゾルディック家には他のメンバーもいます。

『ハンターハンター』の連載は1998年に始まり、休載期間が長くなっている。

ゾルディック家のメンバー一覧をフルカラー画像付きで考察し、家族構成や関係図についても解説している。

また、作者の冨樫義博の休載期間の推移もまとめている。

詳しくみる ⇒参照元: 【冨樫義博】ハンターハンターの休載期間まとめ最新版!休載理由...

ハンターハンターの連載再開予定はいつ?

ハンターハンターの連載再開予定はいつ?

現時点で連載再開予定は不明

「HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)」は1998年から週刊少年ジャンプで連載されている人気作品ですが、長期の休載が多いことで知られています。

読者は連載再開を待ち望んでおり、連載再開時には大きな話題になることが予想されます。

現時点では連載再開の予定は明かされておらず、作者と出版社の間で協議が行われているとされています。

他の作品の例を挙げると、同じ週刊少年ジャンプで連載されていた「ワールドトリガー」は作者の体調不良により長期休載を経て月刊誌に移籍し、連載を続けています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハンターハンター】の連載再開はいつ?再開しない理由は?いつ...

冨樫義博が休載を続ける理由

ハンターハンターの作者・冨樫義博が休載を続ける理由はなんですか?

ハンターハンターの作者・冨樫義博が休載を続ける理由は「腰痛」です。

ハンターハンターの作者・冨樫義博が休載を続ける理由は「腰痛」です。

冨樫義博は自身の腰痛について何度か言及しており、アシスタントの味野くにおも腰痛がヤバかったと述べています。

腰痛は一朝一夕で改善される病気ではないため、今後もハンターハンターの休載と連載再開が繰り返される可能性が高いと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【冨樫義博】ハンターハンターの休載期間まとめ最新版!休載理由...

ハンターハンター 連載再開予定と復帰に関する最新情報

ハンターハンターの連載再開予定はいつですか?

2023年10〜11月ごろに再開予定。

冨樫先生が腰痛の影響で作業に支障があり、制作体制が固まっていないことから、2023年10〜11月ごろにハンターハンターの連載が再開される見通しです。

冨樫先生の体調が最優先で、無理せず更新されることが期待されています。

連載再開は401話からとなり、前回の復帰時には20話分が連載されました。

詳しくみる ⇒参照元: 【驚愕】ハンターハンターが再開しない理由!401(最新話)は...

ハンターハンターの連載終了の可能性について

ハンターハンターの連載終了の可能性は?

連載終了の可能性も考えられますが、具体的な情報はありません。

ハンターハンターの連載終了の可能性があると言われていますが、具体的な情報はまだありません。

冨樫先生の体調や編集部の対応など、様々な要素が関与しているため、現時点では確定的なことは言えません。

詳しくみる ⇒参照元: ハンターハンターが再開しない理由はなぜ?401話がいつ公開さ...

ハンターハンターの連載再開:冨樫先生の腰痛以外に潜む理由

ハンターハンターの連載再開について、作者の冨樫先生の腰痛以外にも考えられる理由は?

腰痛が最大の要因でありつつも、他にも色々な事情が連載再開を妨げている可能性があります。

ハンターハンターの連載再開が遅れている背景には、作者冨樫先生の腰痛が最大の障害として挙げられます。

冨樫先生は公式Xで腰痛の症状を公表し、10分同じ姿勢が難しい状況であることを明かしています。

この腰痛が執筆活動や集中力に大きな影響を与えていることは明白です。

しかし、ファンとして気になるのは、腰痛以外にも連載再開を妨げている可能性があることです。

記事では、冨樫先生のツイートやフォロワー数、他の事情に関する事実や発言をもとに、連載再開がなかなか実現しない理由について推理しています。

ファンとしては望ましくないが、連載終了の可能性まで徹底的に調査・考察しています。

詳しくみる ⇒参照元: ハンターハンターが再開しない理由はなぜ?401話がいつ公開さ...

「ハンターハンター」休載の歴史と最長記録に迫る

ハンターハンターの休載が顕著ですが、最長記録はいつからでしょうか?

2018年から、3年半にわたり続いています。

「ハンターハンター」は1998年に連載が始まり、作者の冨樫義博によって描かれた人気漫画です。

しかし、2006年以降休載が増え、2018年から現在にかけての休載は歴代最長の3年半となっています。

記事では、「ハンターハンター」の休載の歴史やその期間を詳細に紹介しています。

同時期に連載が始まった「ワンピース」と比較しても、「ハンターハンター」の発売巻数は36巻に過ぎず、未だに続く休載にファンの注目が集まっています。

詳しくみる ⇒参照元: 「ハンターハンター」が連載再開!?休載の歴史と理由につい ....

マンガ家の連載再開:体調不良の影響と未確定の噂

マンガ家が連載再開しない最大の理由は何ですか?

体調不良が最大の理由です。

マンガ家が連載を再開しない背景には、体調不良が大きな要因となっています。

記事では、腰痛による苦しみがマンガ家にとって死活問題であり、治療法や特効薬の開発が望まれていることが述べられています。

一方で、動機や誘惑についても噂があり、精神的な要因も考慮されていますが、確定的な証拠はなく、体調不良が最も重要な要因とされています。

詳しくみる ⇒参照元: ハンターハンターが再開しない理由はなぜ?401話がいつ公開さ...