Academic Box Logo

【神社本庁】神社本庁に"属さない神社"が増加中!!その背景とは!!?



ライターのYUKINOです。今回は、【神社本庁】神社本庁に’属さない神社’が増加中。その背景とは。についてお伝えします。



神社本庁に属さない神社とは

神社本庁に属さない神社とは何ですか?

神社本庁に属さない神社とは、神社本庁の傘下にない神社のことです。

神社本庁に属さない神社が急増しており、神社本庁の人事問題も表面化しています。

神社本庁は国家的な省庁ではなく、民間宗教団体です。

神社本庁に属さない神社は、神社本庁の傘下にないため、神社と名乗ることができません。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁に属さない神社が急増?その理由とは一体

神社本庁に属さない神社の増加要因

神社本庁に属さない神社が増えている理由は何ですか?

神社本庁の人事問題が原因です。

神社本庁に属さない神社も存在します。

有名な例としては、出雲大社、靖国神社、日光東照宮、明治神宮などがあります。

これらの神社は神社本庁に属さないだけでなく、宗派も異なる場合もあります。

神社本庁に属さない神社が増えている理由は、神社本庁が掌握する人事権に問題があるためです。

神社本庁は全国の神社や宗教的な人事に関する決裁権を持っており、これが権力の集中や不公平な人事の問題を引き起こしています。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁に属さない神社が急増?その理由とは一体

神社本庁の設立についての説明

神社本庁の設立について何が述べられているか?

神社本庁は大日本神祇会、皇典講究所、神宮奉斎会の3団体が中心となり設立された。

神社本庁は、大日本神祇会、皇典講究所、神宮奉斎会の3団体が中心となり設立された。

神社本庁は、神社非宗教の立場で現体制を維持することを想定していたが、「神道指令」の発布と同日に廃止された。

葦津珍彦は弾圧があると予想し、打開策を探っていた。

葦津案は、全国組織の構築と各神社の連合体である神社連盟の設立を提案していた。

民間三団体の合同懇親会で合同が可決されたが、大日本神祇会の「神社教(仮称)教規大綱案」に対して葦津は異議を唱えた。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁


単立神社の意味とは

単立神社とは何ですか?

単立神社は神社本庁に所属せず、独立して存在する神社のことです。

単立神社は神社本庁に所属せず、独立して存在する神社のことです。

神社本庁は伊勢神宮を本宗とし、全国の神社を統括している宗教法人です。

単立神社は神社本庁に加わらず、独自の信仰活動を行っています。

神社本庁は戦後に作られたもので、国家神道の中心機関であった神祇院を解体し、神道を国家から分離することを目的としています。

神社本庁は全国の神社を管理し、神道や神社の教えを広めるために活動しています。

しかし、現在の神社本庁は人事に関する問題を抱えているとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 単立神社とは?単立神社が増える理由・神社本庁との関係を解説

靖国神社の所有権と宗教法人化に関する言及

靖国神社は宗教法人となり、国家が所有するものではなくなったことについて、何が言及されていますか?

靖国神社は宗教法人となり、国家が所有するものではなくなりました。

戦後、靖国神社は宗教法人となり、国家が所有するものではなくなりました。

本庁は靖国神社について、いずれは国に返し、国が所有するべき神社だと考えています。

そのため、本庁も靖国神社が被包括下に入らず、単立神社という形で存在することを認めているのです。

詳しくみる ⇒参照元: 単立神社とは?単立神社が増える理由・神社本庁との関係を解説

有力神社の神社本庁離脱の理由

なぜ有力神社が神社本庁から離脱しているのか?

神社本庁への不信が増大しているため

神社本庁は民間団体でありながら、戦前の「国家神道」体制を統括した行政機関「神祇院」を形式的に継承している組織であり、全国に十数万ほどある神社の約8万が加盟している。

しかし、最近では神社本庁への不信が増大し、有力神社が次々に離脱している。

神社本庁への加盟は法的義務ではなく、神社だからといって加盟しなければならないわけではないため、離脱する神社も増えているのである。

詳しくみる ⇒参照元: Google


金刀比羅宮の神社本庁離脱の理由

金刀比羅宮が神社本庁からの離脱を決断した理由は何ですか?

神社本庁の求心力低下

09年には宇佐八幡宮でも離脱騒動があり、今回金刀比羅宮も神社本庁からの離脱を決断した。

これらの神社の離脱原因はケース・バイ・ケースの側面もあるが、共通した点は「神社本庁の求心力低下」ということである。

現代人の宗教離れが進む中、神社仏閣への寄付も急減している。

詳しくみる ⇒参照元: Google

神社本庁に属さない神社の所在地

神社本庁に属さない神社はどこ?

神社本庁に属さない神社は、神社本庁以外の組織や団体に属している神社です。

2017年12月7日に起きた富岡八幡宮の事件をきっかけに、神社本庁という組織について知りたくなりました。

神社本庁は、神社を統括する組織であり、日本全国の神社の中でも特に格式の高い神社が所属しています。

一方、神社本庁に属さない神社は、神社本庁以外の組織や団体に属している神社です。

神社本庁に属さない神社も多く存在し、それぞれ独自の信仰や宗教活動を行っています。

神社本庁に属さない神社は、神主になるための決まりや宮司との違いもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁に属さない神社はどこ?神主になる為の決まりと宮司との...

神社本庁から離脱した神社の場所

神社本庁から離脱した神社はどこですか?

日光東照宮、明治神宮、気多神社、梨木神社、富岡八幡宮

神社本庁から離脱した神社は、日光東照宮、明治神宮、気多神社、梨木神社、富岡八幡宮の5つです。

富岡八幡宮は2017年に離脱を申請し、ニュースで報道されています。

日光東照宮は「見ざる言わざる聞かざる」の神社として知られています。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁に属さない神社はどこ?神主になる為の決まりと宮司との...




神社本庁から離脱する神社の増加要因

神社本庁から離脱する神社が増えている理由は何ですか?

神社本庁が地方の神社の経営の実情を理解していないことや、地方の神社の方が待遇面で恵まれている場合があるためです。

神社本庁から離脱する神社が増えている理由は、神社本庁が地方の神社の経営の実情を理解していないことや、地方の神社の方が待遇面で恵まれている場合があるためです。

また、官僚の転職先とするために、地域の人々から宮司を任せたいという女性を排除する流れもあるとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁に属さない神社はどこ?神主になる為の決まりと宮司との...

まとめ神社本庁への批判

まとめ神社本庁は何について叩かれているのか?

評判の悪さ

まとめ神社本庁は散々マスコミやあらゆるメディアに叩かれています。

まずはこの評判をどうにかしないとと思っているはずです。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁に属さない神社が急増?その理由とは一体

神社本庁の設立に関する声明の発表時期

神社本庁の設立に関する声明が発せられたのはいつですか?

2月3日

神社本庁は宗教法人であり、神社も宗教団体として扱われることとなった。

神宮奉斎会からの寄付により、神社本庁が設立された。

神社本庁は全国約8万社の包括宗教法人であり、各神社にはそれぞれ由緒があり、信仰的にも八幡信仰、稲荷信仰などと様々である。

神社本庁は「神社本庁憲章」を施行し、精神的統合の基本的規範を確立した。

また、敬神生活の綱領を掲げ、神道の実践的精神を示している。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁


神社本庁の疑惑否定の理由

神社本庁はこの職員を処分したが、なぜ疑惑を全面否定したのか?

神社本庁は疑惑を全面否定した。

神社本庁は疑惑を全面否定したうえでこの職員を処分し、それを不服とした職員との裁判が継続中だ。

全国の神社界関係者たちの中には、公然と告発した職員を支持する動きがあり、神社本庁に対する不信感が増大しているとの声もある。

詳しくみる ⇒参照元: Google

神社本庁の議決機関と選出方法

神社本庁の議決機関は何であり、誰から選出されるのか?

評議員会であり、神職・総代から選出される。

神社本庁は約8万社の神社を包括する団体であり、広義の「神社本庁」とは被包括神社を含めた集合体を指し、狭義の「神社本庁」とは渋谷区代々木にある事務組織を指す。

神社本庁の議決機関は全国の神職・総代から選出された評議員会であり、総長以下役員もそこで選任される。

詳しくみる ⇒参照元: 神社本庁

神社本庁の評価と態度

神社本庁はどのような態度で見られているのか?

神社本庁は偉そうに「上納金だけ持ってこい」という態度で見られている。

神社本庁は多くの一般の神主たちから偉そうに「上納金だけ持ってこい」という態度で見られており、これによって神社本庁への不信感が高まっている。

特に17年に発覚した「土地ころがし問題」が不信感を高めた。

詳しくみる ⇒参照元: Google