Academic Box Logo

【宮沢賢治】宮沢賢治『"注文の多い料理店"』あらすじと解説|童話の名作に隠されたメッセージとは!!?



宮沢賢治の『’注文の多い料理店’』は、童話の名作として知られています。この作品には、深いメッセージが込められており、その解説をご紹介します。



『注文の多い料理店』の童話集

『注文の多い料理店』は何の童話集ですか?

宮沢賢治が生前に出版した唯一の童話集です。

『注文の多い料理店』は、宮沢賢治が生前に出版した唯一の童話集「注文の多い料理店」の名を冠した、彼の初期の代表作です。

西洋紳士の格好をした二人組のハンターが、山奥で見つけた注文の多い料理店で怖ろしい目にあう物語が描かれます。

子どもから大人まで楽しめる、ミステリーとサスペンスの要素が強い作品です。

詳しくみる ⇒参照元: 『注文の多い料理店』あらすじと内容要約!解説&感想も!山猫は...

「注文の多い料理店」とは何の作品か?

「注文の多い料理店」とは何の作品か?

宮沢賢治の短編童話。

「注文の多い料理店」は、宮沢賢治の短編童話であり、彼の生前発表作の中では唯一の作品です。

この童話は、1924年に出版された短編集「注文の多い料理店」の3番目に収録されています。

賢治はこの作品を含む短編集を12巻刊行する予定でしたが、売れ行きが芳しくなかったため、計画は中止されました。

賢治の作品の多くは彼の死後に発見され、世に出されました。

詳しくみる ⇒参照元: 【5分で注文の多い料理店】あらすじ・内容・解説・感想・考察!...

宮沢賢治の代表作

宮沢賢治の代表作は何ですか?

『注文の多い料理店』

宮沢賢治の『注文の多い料理店』は教科書にも取り上げられている宮沢賢治の代表作です。

国語だけでなく、「The Restaurant with Many Orders」として、中学生の英語の教科書にも掲載されました。

紳士2人が扉を開けて進むとその先にあるのは…?

 怖さとブラックユーモア、少しミステリー要素のある童話です。

けれど、この物語には最後まで読んでもよくわからない謎があります。

犬…死んでしまいました、って書かれてなかったっけ?

途中で死んでしまったはずの犬が、紳士2人を助けます。

この記事は近代文学を専攻した著者が、作品を読み込み時代背景を調べることで、「注文の多い料理店」のテーマについて考えました。

その中で「なぜ犬が生き返ったのか」についても、考察します。

扉の言葉のほかにも、ダブルミーニング(1つの言葉が2つの意味にとれる文章のこと)が隠されていると思ってます。

詳しくみる ⇒参照元: 宮沢賢治『注文の多い料理店』あらすじ解説考察|どうして犬が生...


宮沢賢治の作品の特徴

宮沢賢治の作品はどのような特徴がありますか?

宮沢賢治の作品は物語の構成が上手で分かりやすいです。

風が異世界と現実世界を繋いでいることが分かる。

宮沢賢治は物語の構成が上手で、他の作品も参考になる。

宮沢賢治の作品は面白い短編が多いので、ぜひ読んでみてほしい。

山猫のもくろみでは、山猫が人間を逃した理由について考察されている。

また、『どんぐりと山猫』にも山猫が登場する。

詳しくみる ⇒参照元: 『注文の多い料理店』あらすじと内容要約!解説&感想も!山猫は...

『注文の多い料理店』の童話とは?

『注文の多い料理店』は何の童話ですか?

『注文の多い料理店』は狩猟のために山奥を訪れた2人の青年紳士が、客に様々な注文を求める不思議な西洋料理店を見つけ、最終的に山の化け物に襲われるというストーリーです。

『注文の多い料理店』(ちゅうもんのおおいりょうりてん)は、宮沢賢治の児童文学の短編集及び、表題作の童話。

短編集としては賢治の生前に出版された唯一のものである。

また、表題作の童話は、『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』などとともに著者の代表作として知られ、小学校の国語の教材として教科書にも掲載されている。

童話としての『注文の多い料理店』は、狩猟のために山奥を訪れた2人の青年紳士が、客に様々な注文を求める不思議な西洋料理店を見つけ、最終的に山の化け物に襲われるというストーリーである。

短編集『注文の多い料理店』は、1924年(大正13年)12月1日、盛岡市の杜陵出版部と東京光原社を発売元として1000部が自費出版同然に出版された。

詳しくみる ⇒参照元: 注文の多い料理店

紳士たちの関心事

紳士たちは何を気にしている?

紳士たちは金銭的損害を気にしている。

宮沢賢治の「注文の多い料理店」は、小学校の教科書に載っている作品であり、現在でも楽しめる作品である。

作品の中では、紳士たちは命を物として見なし、金銭的損害に頓着していることが描かれている。

彼らは山の凄さに泡を吹いて倒れた犬に対しても気にせず、獲物の横っ腹に銃弾を撃ち込むことを望んでいる。

しかし、山猫たちに誘われた紳士たちは、屋敷に入ることで顔がくしゃくしゃになり、もとに戻らなくなってしまう。

この作品は、命を大切にしない人への警告とも言えるだろう。

詳しくみる ⇒参照元: 「注文の多い料理店」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|宮...


紳士と山猫の共通点

紳士と山猫の共通点は何ですか?

紳士と山猫は、食の目的や狩りの要素などで共通点があります。

この記事では、紳士と山猫の共通点について言及されています。

紳士と山猫は、食の目的が「自分の生命を維持すること」であることや、狩りの際に遊びの要素があることなどで共通点があります。

また、宮沢賢治の作品においても、猫はあまり良い性格をしていないとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 宮沢賢治『注文の多い料理店』あらすじ解説考察|どうして犬が生...

主要登場人物は誰?

注文の多い料理店の主要登場人物は誰ですか?

主要登場人物は2人の紳士と2匹の犬です。

宮沢賢治の「注文の多い料理店」は、山奥で猟をする2人の紳士と彼らが飼っている2匹の犬を中心に展開する物語です。

紳士たちは命を軽視し、お金で解決しようとする傾向があります。

彼らは山猫たちに誘い出され、食べられる運命に翻弄されます。

物語は起承転結の流れを持ち、注文の多い料理店での出来事が中心となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 「注文の多い料理店」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|宮...