Academic Box Logo

【実写版】実写版『"ピノキオ"』の魅力と妖精の役割について



実写版『’ピノキオ’』の魅力と妖精の役割について紹介します。



ピノキオの初版の結末は?

初版のピノキオの結末はどうだったのか?

初版ではピノキオは木に吊るし上げられナイフで刺され亡くなる結末だった。

初版のピノキオは、キツネとネコに誘われたピノキオが「人形芝居小屋」で木に吊るし上げられナイフで刺され亡くなるという結末の物語でした。

しかし、この結末は残酷で悲しいとして批判が殺到し、後の版ではピノキオを生き返らせ、物語が変更されました。

詳しくみる ⇒参照元: 実写版『ピノキオ』キャスト一覧と意外に残酷な原作あらすじ

『ピノキオ』の最大の特徴

『ピノキオ』の最大の特徴は何ですか?

「自分」が悪いことをする側面よりも「社会がどれほど恐ろしい場所か」と「騙されて悪いことをさせられることもある」ということを教訓として教えてくれる

『ピノキオ』は「世の中の甘い話には裏がある」というメッセージを伝える映画であり、自分が悪いことをする側面よりも社会の恐ろしさや騙されることの教訓を教えてくれる。

また、映画は教育的な側面も強く押し出されており、実写版でもその側面をブラッシュアップする必要がある。

実写版ではオリジナルキャラクターのファビアナとサビーナとの出会いにより、ピノキオは自身のアイデンティティと生きた人間との区別を明確にするようになる。

詳しくみる ⇒参照元: 実写版『ピノキオ』「優等生」を目指しすぎた、非常に欲張りな映...

正直さの重要性の受け継がれたメッセージ

誰かに対しても自分自身に対しても正直であることの大切さは、物語において一貫したメッセージとして描かれているが、本作にも受け継がれているのは何か?

自分自身に正直であることの大切さ

本作では、誰かに対しても自分自身に対しても正直であることの大切さが描かれている。

物語において一貫したメッセージとして、このテーマが探求されている。

また、主演のハンクスは、実写版『ピノキオ』においても自分自身に正直であることの重要性を強調している。

物語の冒頭では、純真無垢なピノキオが何が大切なことなのかを理解していないが、自分自身に問いかけることで成長していく様子が描かれている。

詳しくみる ⇒参照元: トム・ハンクス、実写版『ピノキオ』を語る アニメ版から受け継...


アニメ版と実写版の違い

アニメ版と実写版のピノキオの違いは何ですか?

アニメ版ではピノキオが一旦死んで人間として復活しますが、実写版ではピノキオはピンピンしており、木のままか本物の人間になったかは曖昧な状態で終わります。

アニメ版と実写版のピノキオの違いは、アニメ版ではピノキオが一旦死んで人間として復活するが、実写版ではピノキオは木のままか本物の人間になったかは曖昧な状態で終わるという点である。

また、実写版の『ピノキオ』は面白みに欠け、メッセージ性も中途半端でストーリーのつなぎ方も微妙であると評されている。

キャラクターのビジュアルもイマイチであり、1940年の名作アニメに近づいてすらいないと言われている。

詳しくみる ⇒参照元: 実写映画『ピノキオ』ネタバレ感想・ひどい…黒人ポリコレ?アニ...

実写版『ピノキオ』のキャスト一覧

実写版『ピノキオ』のキャスト一覧を教えてください。

ゼペット:トム・ハンクス、ピノキオ:ベンジャミン・エバン・エインズワース、ジミニー・クリケット:ジョセフ・ゴードン=レビット

1940年のディズニーアニメ『ピノキオ』が実写化されることになり、ゼペット役にトム・ハンクス、ピノキオ役にベンジャミン・エバン・エインズワース、ジミニー・クリケット役にジョセフ・ゴードン=レビットがキャストされました。

トム・ハンクスはコメディアンとして活躍し、『トイ・ストーリー』のウッディの声でも知られています。

ベンジャミン・エバン・エインズワースは現在12歳のアメリカの子役で、ジョセフ・ゴードン=レビットは『(500)日のサマー』や『ダークナイト ライジング』などで活躍しています。

詳しくみる ⇒参照元: 実写版『ピノキオ』キャスト一覧と意外に残酷な原作あらすじ

ピノキオの教育性と現代性のバランス

ピノキオの教育性と現代性のバランスはどうなっているのか?

ピノキオの教育性と現代性はバランスが欠けている。

ディズニーの実写版映画『ピノキオ』は、教育性と現代性のバランスに課題があると言える。

作品は現代の価値観を取り入れつつも、古き良きピノキオの雰囲気を残すことを目指しているが、そのバランスが欠けている。

また、作品の前半は退屈だったが、後半は見る価値があったと感じられた。

プレジャーアイランドのシーンは特に生き生きとしており、ティム・バートンがこの作品を手掛けたらどうなるのか興味が湧く。

さらに、作品は同調圧力というテーマを取り上げており、これは差別問題よりも意外なテーマであり、リアリティがあり怖さを感じた。

しかし、同調圧力が「誰かに合わせて変化する必要はない」「今のままで十分素敵」というメッセージに繋がる可能性もある。

結果的に、実写版『ピノキオ』は賛否両論がある映画となったが、監督のロバート・ゼメキスには『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ』などの名作があるため、期待は控えめにするべきだと感じた。

詳しくみる ⇒参照元: 実写版『ピノキオ』「優等生」を目指しすぎた、非常に欲張りな映...


主要人物のヴィジュアルについての感想

主要人物のヴィジュアルについてどう思いますか?

微妙だった

実写版『ピノキオ』の主要人物のヴィジュアルが微妙だったという意見があります。

また、怪物クジラ・モンストロのデザインにも疑問があり、タコの足のようなものが生えていたことが指摘されています。

これは余計な要素であり、蛇足と感じられました。

さらに、アニメ版と実写版のストーリーの違いも注目されており、アニメ版では数日にわたる冒険が描かれていたのに対し、実写版では1日の間にすべての出来事が起こるため、詰め込み過ぎで違和感があると指摘されています。

このような要素が重みのないストーリーにつながっていると感じられました。

詳しくみる ⇒参照元: 実写映画『ピノキオ』ネタバレ感想・ひどい…黒人ポリコレ?アニ...