Academic Box Logo

【石田徹也】石田徹也の魅力に迫る..."なんj"でも話題の天才画家を紹介します



ライターのYUKINOです。今回は、’なんj’でも話題の天才画家、石田徹也の魅力に迫ります。



石田徹也の作品の特徴

石田徹也の作品の特徴は何ですか?

石田徹也の作品の特徴は、ほとんどすべての作品の中に本人が登場していることです。

石田徹也は2005年に踏み切り事故で亡くなりましたが、亡くなるまでに200点以上の作品を残しました。

彼の作品は、深い考えを引き起こす力を持っており、2019年にはマドリードの国立美術館で個展が開かれ、31万人以上の入場者を集めました。

彼の作品の特徴の一つは、ほとんどすべての作品の中に本人が登場していることです。

石田自身が一枚の画面の中に複数登場している場合もあり、人物が子供の姿で表現されることもあります。

作品の人物は通常笑顔ではなく、虚ろな眼差しをしており、目の焦点がないため、人が物として扱われているような現実を表現しています。

また、彼の作品は現代社会の歪みを表現しており、若者たちが取り替えのきく存在と見なされ、人間の使い潰しが行われている様子を描いています。

詳しくみる ⇒参照元: 〈石田徹也〉を知っていますか?・・・夭折の天才画家をご紹介し...

石田作品の特徴

石田作品の特徴は何ですか?

石田作品は人間の本質的な悲しみや苦しみ、そして不安や疎外感、アイデンティティーの危機などを表現している。

石田作品は人間の本質的な悲しみや苦しみ、そして不安や疎外感、アイデンティティーの危機などが表現されている。

作品を見ていると、登場人物(石田本人)の、その虚ろな眼差しには、人の心の奥をみすこすような力が感じられる。

石田の作品は観る人の心の奥底を動かすような力があり、じっと深く考えさせられるために、とても落ち着いてはいられない。

詳しくみる ⇒参照元: 〈石田徹也〉を知っていますか?・・・夭折の天才画家をご紹介し...

石田徹也の経歴

石田徹也の経歴はどうなっていますか?

石田徹也は静岡県焼津市で生まれ、武蔵野美術大学に入学し、絵画制作に没頭していました。

石田徹也は静岡県焼津市で生まれ、武蔵野美術大学に入学し、絵画制作に没頭していました。

彼は子供の頃から絵が得意で、県内の絵画コンクールで最優秀賞を受賞していました。

大学生の頃から様々な賞を受賞し、イラストレーターとしても活動していました。

彼の作品は大きいサイズのものが多く、高い画材を使うために切り詰めた生活を送っていました。

彼は夜間のバイトをしながら絵画制作に取り組んでおり、人とあまり話さなくても良い仕事を選んでいました。

彼は工事現場の警備の仕事で同僚の事故死を経験し、その経験を作品に表現しました。

彼は母の援助を断り、自分の力で生活を支えていました。

彼は一時、重度の肝臓病も患っていました。

詳しくみる ⇒参照元: 〈石田徹也〉を知っていますか?・・・夭折の天才画家をご紹介し...


石田徹也の絵画への魅了の理由

石田徹也の絵画に魅了された理由は何ですか?

絵の不思議さに引かれました。

石田徹也は画家であり、彼の絵画は不思議さに満ちています。

NHK教育の【新日曜美術館】で彼の特集を見て以来、彼の絵に魅了され、画集を購入して時々見入っています。

詳しくみる ⇒参照元: 「石田徹也遺作集」 : やれんのか!

石田徹也の死亡年齢

石田徹也は何歳で亡くなったのか?

31歳

石田徹也は31歳の若さで亡くなった。

彼は絵を描くことに青春時代の全てを捧げ、独特の世界観を持つ作品を描き続けていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「石田徹也遺作集」 : やれんのか!