Academic Box Logo

【女性】女性の"一人暮らし"で譲れない条件とは!!?お部屋探しのポイントを解説...



ライターのYUKINOです。今回は、女性の’一人暮らし’で譲れない条件についてお話しします。お部屋探しは大変な作業ですが、女性の場合は特に注意が必要です。そこで、今回は女性の一人暮らしにおけるお部屋探しのポイントを解説します。



女性の一人暮らしでの譲れない条件

女性の一人暮らしで譲れない条件は何ですか?

2階以上のお部屋

女性の一人暮らしで譲れない条件は、2階以上のお部屋です。

女性がお部屋を探す際には、1階よりも空き巣や下着泥棒に合う可能性が低いため、2階以上のお部屋を選ぶ傾向があります。

また、2階以上であれば日当たりや風通しも良く、洗濯物もよく乾きます。

ただし、建物の近くに大きな木や自販機がある場合は、2階でも侵入されやすいので注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が一人暮らしするときの条件は?お部屋探しのポイントを徹底...

女性の一人暮らしにおける重要な部屋の条件

一人暮らしの女性にとって重要な部屋の条件は何ですか?

バストイレ別の部屋や、独立洗面台付きの部屋が人気です。

女性の一人暮らしの場合、セキュリティ面や宅配員との接触を減らすために、バストイレ別の部屋や、独立洗面台付きの部屋が重宝します。

また、インターネット接続が無料の物件や広いキッチンなど、快適な生活を送るための条件も重視されます。

詳しくみる ⇒参照元: 女性の一人暮らしで譲れない条件は?快適に暮らすための部屋の選...

女性に人気の部屋探し条件

部屋探しをする女性に人気の条件は何ですか?

駅近であること

理想の部屋を早く見つけるためには、希望する条件や妥協できるポイントを明確にすることが大切です。

女性の一人暮らしで人気の部屋探しの条件は、駅近であることです。

駅から近い部屋であれば、夜遅くに帰宅しても安心感があります。

また、疲れていても長距離を歩く必要がなく、タクシー代も安くなります。

家賃が多少高くついても、バス代や駐輪代などがかからないことを考えると、メリットは大きいです。

ただし、駅近である分、部屋全体の狭さやバス・トイレがいっしょといった点は、妥協すべきポイントになるかもしれません。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が部屋探しをする際に押さえておきたい条件とポイント


女性の一人暮らしにおける譲れない条件

女性が一人暮らしするために絶対に譲れない条件は何ですか?

セキュリティの高さ

女性が一人暮らしするために絶対に譲れない条件はセキュリティの高さです。

女性の場合、セキュリティを第一に考えておかないと不審者に狙われやすく犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。

防犯性が低くても問題ないケースのほうが多いですが、犯罪に巻き込まれてから後悔しても遅いのでセキュリティは最も妥協しないほうが良い点です。

具体的には、モニター付きインターホンやオートロック物件などの防犯設備が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 女性の一人暮らしで絶対に譲れない条件は?妥協しないほうがいい...

バストイレ別のメリット

バストイレ別のメリットは何ですか?

バストイレ別なら、お風呂に入るとき周辺を気にせずシャワーが浴びられます。

バストイレ別のメリットは、お風呂に入るとき周辺を気にせずシャワーが浴びられることです。

バスタブ自体が広いので、湯船にもゆっくり浸かることができます。

一方、お風呂・トイレ・洗面台が一緒の「ユニットバス」は全体的に狭く感じ、湿気がこもってカビが生えやすいため、掃除が手間がかかります。

バストイレ別の物件は平均して家賃が約9千円高くなります。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が一人暮らしするときの条件は?お部屋探しのポイントを徹底...

浴室とトイレの分離によるメリット

浴室とトイレが分かれていれば、それぞれのスペースが広くなり、掃除も楽になります。

浴室とトイレが分かれていれば、それぞれのスペースが広くなり、掃除も楽になります。

浴室とトイレが分かれていれば、それぞれのスペースが広くなり、掃除も楽になります。

独立洗面台は、メイクや歯磨きなどの際にあると便利ですね。

独立洗面台を妥協する場合は、自分で浴室に収納家具や足場を設置すれば、洗面台周りを使いやすく整えることができます。

また、バス・トイレ別を妥協しても独立洗面台がほしい方は、ユニットバスで廊下に独立洗面台がある物件を探してみてもいいでしょう。

人気の部屋探しの条件③「収納スペースが多い・広い」 衣類や雑貨など、一人暮らしでも物が多くなってしまう女性は少なくないと思います。

持ち物が多い場合は、クローゼットのような収納スペースの数や広さも重視したいところですね。

収納スペースに空間を割く分、生活スペースは多少狭くなってしまうかもしれません。

また、収納スペースを妥協する場合は、入居後に自分で収納棚や家具を追加して、部屋がスッキリ見えるように工夫するという手段もあります。

人気の部屋探しの条件④「2階以上の部屋である」 防犯面や日当たり、虫の入りやすさなどを考慮して、2階以上の部屋を希望する女性も多いのではないでしょうか。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が部屋探しをする際に押さえておきたい条件とポイント


女性の一人暮らしの物件選びのポイント

女性の一人暮らしの物件選びで重要なポイントは何ですか?

オートロックや大通り沿いの物件がおすすめです。

女性の一人暮らしの物件選びでは、オートロックや大通り沿いの物件が重要なポイントです。

これらの物件は不審者に狙われにくく、治安が良いと言えます。

また、路地裏の物件は空き巣が好む場所であり、女性の視点からはデメリットも多いです。

ベランダなし物件も防犯性が高く、安価な選択肢となります。

詳しくみる ⇒参照元: 女性の一人暮らしで絶対に譲れない条件は?妥協しないほうがいい...

安心して住むための周辺環境の確認方法

一人暮らしする女性が安心して住むためには、どのような周辺環境を確認すべきですか?

街灯が整備されている道を選び、宅配ボックス付きの物件を選ぶことがおすすめです。

一人暮らしする女性なら、家まで街灯が整備されている道を選ぶようにしましょう。

適度に人通りがあるエリアなら、なお安心できます。

宅配ボックス付きの物件を選ぶこともおすすめです。

宅配ボックスはネットで注文した商品を、時間を気にせず受け取れるのがおすすめです。

宅配員との接触を減らせるメリットもあります。

直接顔を合わせる必要がないので、防犯面でも安心できます。

最近はスーパーなどに併設されている宅配ボックス「PUDOステーション」が利用できます。

物件に宅配ボックスがなくても街中のもので代用できます。

一人暮らし女性なら内見して周辺環境を確認すべき安心できる周辺環境とは?

住んだ後に後悔しないためにも、内見時に必ず周辺環境を確認すべきです。

女性の一人暮らしなら、学校帰りや仕事帰りといった遅い時間帯に身の危険を感じないエリアが良いです。

建物周辺と駅までのルートは、内見時に確かめておきましょう。

「平日と休日」「昼と夜」では印象が違うので、曜日や時間帯を変えて内見しておくと良いです。

入居後に後悔するリスクを減らせます。

藤本お部屋の中では、内見時に壁をノックして軽い音が聞こえないか、窓を開けてみて近くに音が出そうな施設や場所がないかを調べてください。

治安はインターネットでも確認できる内容警視庁犯罪情報マップ警視庁作成の情報マップ。

子どもや女性に対する声掛け事案などを検索できる。

防犯情報マップ東京都作成の情報マップ。

空き巣や自転車泥棒などの情報が知れる。

治安情報はインターネットで確かめられます。

女性への声掛け事案や、空き巣被害が起きているエリアを調べられます。

気になる街の治安情報は、契約前にしっかり確認しておくと良いです。

最新の治安状況は不動産屋が詳しい最新の治安情報が知りたいなら、不動産屋に直接問い合わせたほうが良いです。

治安の良いエリアの中から、希望条件に合うお部屋を探してくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから相談できます。

「一人暮らしの女性でも安心して住めるお部屋を探してほしい」と送るだけで、スタッフが理想のお部屋を紹介してくれます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくてお部屋探しをする時間が取れない、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人にもおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が一人暮らしするときの条件は?お部屋探しのポイントを徹底...

洗濯機置場の有無による物件の違い

室内に洗濯機置場がある物件と洗濯機を屋外に設置する物件の違いは何ですか?

室内に洗濯機置場がある物件は、洗濯機を屋外に設置する物件よりも安全で劣化のリスクが少ないです。

室内に洗濯機置場があるベランダや玄関先に洗濯機置場がある賃貸物件は、家賃が安くなる傾向がある。

しかし、洗濯機を屋外に設置することで、目を離した隙に洋服や下着を取られてしまうことが考えられる。

さらに、外に洗濯機を設置することで洗濯機自体の劣化が早まるリスクも考えると、室内に洗濯機置場のある物件がいいだろう。

そのほかの注目すべきセキュリティ設備ほかにも、賃貸のセキュリティ設備として、テレビモニター付きインターホンやオートロック、防犯カメラなどが考えられる。

こうしたセキュリティ設備のある賃貸物件なら、より安心した生活を送れるため、部屋選びの条件に加えてもいいだろう。

女性の一人暮らしで譲れない条件【生活面】女性の一人暮らしの物件探しで注目したいのはセキュリティ設備だけではない。

続いて、快適な生活を送るためにチェックしておきたい条件を見ていこう。

最寄り駅から徒歩10分以内最寄り駅から近い物件なら、仕事や学校帰りの一人歩きで、不審者に遭遇したりストーカー被害に遭ったりするリスクを抑えられる。

また、通勤や通学自体も楽になるため、駅から徒歩10分以内という立地条件を重視する女性は多い。

詳しくみる ⇒参照元: 女性の一人暮らしで譲れない条件は?快適に暮らすための部屋の選...




失敗しない部屋探しの2つの方法

一人暮らしの部屋探しで失敗しないために実践したい2つの方法は何ですか?

街の治安を必ず確認すること、内見時に周辺環境や物件内の雰囲気をチェックすること。

女性の一人暮らしの部屋探しでは、賃貸の条件だけでなく街の治安や周辺環境もしっかりと吟味する必要があります。

街の治安を確認するためには、インターネット上の情報や警視庁犯罪情報マップ、防犯情報マップなどを活用しましょう。

また、物件を内見する際には周辺施設の充実度や騒音、においなどをチェックすることも重要です。

これらの方法を実践することで、失敗せずに安心して一人暮らしを始めることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 女性の一人暮らしで譲れない条件は?快適に暮らすための部屋の選...

家探しの重要な条件

家を探す際に、どの条件が重要ですか?

賃料・管理費、エアコン付き、室内洗濯機置場、最寄り駅、2階以上が重要です。

自転車や徒歩で通勤・通学することで、満員電車を避けることができ、ストレスも軽減される。

家賃が安いことで生活費に余裕ができるため、賃料・管理費が重要。

エアコン付きは買うと高く、引越しの時にも面倒なので、付いている方が良い。

室内洗濯機置場は雨の日などに便利で、仕事などで外出する方にとっては重要。

最寄り駅が利便性が高いため、アクセスが良い駅を重視する人も多い。

2階以上は道路からの視線を気にせず、安全性を考慮している人が多い。

詳しくみる ⇒参照元: 【ホームズ】一人暮らしの設備・条件、こだわってよかったこと・...

独立洗面台の利点

独立洗面台の利点は何ですか?

鏡の中に収納ができる

独立洗面台は、鏡の中に収納ができるという利点があります。

これにより、空間に余裕が生まれ、準備もスムーズに進めることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ホームズ】一人暮らしの設備・条件、こだわってよかったこと・...


方角にこだわらない理由

物件選びの範囲が広がるために、方角にこだわらないことが多い理由は何ですか?

方角にこだわらないことで、物件選びの範囲が広がるからです。

物件選びの範囲を広げるために、方角にこだわらないことが多いという回答がありました。

また、宅配ボックスや建物の構造、独立洗面台などの設備についても、必要性や賃料の関係などを考慮しながら選ぶことが重要です。

自分の希望条件とランキングを照らし合わせて、理想の住まいを見つけることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 【ホームズ】一人暮らしの設備・条件、こだわってよかったこと・...

キッチン設備の優先度と妥協の関係

キッチン設備を優先する場合、何か妥協する必要があることはありますか?

生活スペースが狭くなったり、家賃が高くついてしまったりという点は、妥協する必要があるかもしれません。

女性の一人暮らしにおいて、キッチン設備の充実度は重要なポイントです。

しかし、キッチン設備を優先する場合、生活スペースが狭くなったり、家賃が高くついてしまったりという点は、妥協する必要があるかもしれません。

キッチンは入居後に自分でカスタマイズできる空間であり、収納棚の取り付けや自分で購入したコンロの設置などが可能です。

賃貸サイトで物件を探す際には、キッチン設備の充実度を確認するだけでなく、生活スペースや家賃とのバランスも考慮する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が部屋探しをする際に押さえておきたい条件とポイント

新耐震基準導入の理由

1981年に新耐震基準が導入された理由は何ですか?

マンションやアパートの耐震補強工事が必要だからです。

1981年に新耐震基準が導入されたため、1981年より前に建てられたマンションやアパートの耐震補強工事が必要です。

部屋探しの際には、自分の希望条件を優先順位付けし、予算と照らし合わせて慎重に検討することがおすすめです。

また、女性が安心して住める部屋を探す際には、賃貸サイトのチェックポイントを参考にすることも重要です。

引越しを考えている人には、「CHINTAIエージェント for Woman」がおすすめで、自分の希望に合った物件をプロが提案してくれます。

詳しくみる ⇒参照元: 女性が部屋探しをする際に押さえておきたい条件とポイント