Academic Box Logo

【激闘プロ野球】激闘プロ野球の魅力とは!!水島新司の名作を振り返る



ライターのMIHOです。今回は、激闘プロ野球の魅力についてお伝えします。さらに、水島新司の名作についても振り返っていきます。



水島新司先生の代表作

水島新司先生の代表作は何ですか?

「ドカベン」や「野球狂の詩」など多くの代表作があります。

漫画家の水島新司先生が、2022年1月10日に肺炎のため亡くなりました。

享年82歳でした。

水島先生は「ドカベン」をはじめ、さまざまな野球漫画を中心に長年活躍してきました。

また、ゲームやアニメ化などのメディアミックスも行われています。

水島先生は1939年に新潟県で生まれ、苦労の経験を作品に活かしてきました。

彼の代表作は「ドカベン」や「野球狂の詩」などです。

詳しくみる ⇒参照元: 嗚呼、水島作品よ永遠に!オールスターゲーム『激闘プロ野球』な...

エディット選手の特徴

エディット選手はどのような特徴があるのか?

エディット選手は限界能力値を割り振れるが、能力上昇は割り振りを無視することがある。

『激闘プロ野球』は、明訓高校のショートである石毛や高代が参戦しているかもしれないという違和感を持たせることなく、エディットモードを通じて未参戦のキャラを自作することができる。

リアル選手だけでなく、水島作品風のトゥーンシェイド選手も作成可能であり、体格ごとに数通りの中から選ぶことができる。

また、このゲームでは珍しく女性のキャラも作成できる。

しかし、エディット選手は限界能力値を割り振ることができるものの、能力上昇は割り振りを無視してしまうことがある。

ゲームの快適性に関しては、GC版はアーケード版と同時開発されており、快適性に差がほとんどないが、PS2版はロードが長く、画質もぼやけているため、快適性が低いと言える。

ストーリーモードや隠しキャラ、やりこみ要素はほとんどなく、単に試合をするかペナントを回すことが目的となっている。

また、『激闘プロ野球』というタイトルは地味であり、メインタイトルだけ見るとただのプロ野球ゲームに見えるが、水島キャラのクオリティは高く、原作再現度も高い。

詳しくみる ⇒参照元: 激闘プロ野球 水島新司オールスターズ VS プロ野球

水島新司先生のキャラクターを使用したゲームについて

水島新司先生が生み出したキャラクターを使用したゲームについて教えてください。

35人のキャラクターが登場するゲーム『激闘プロ野球 水島新司オールスターズVSプロ野球』があります。

水島新司先生が生み出した多くのキャラクターから厳選された35人が登場するゲーム『激闘プロ野球 水島新司オールスターズVSプロ野球』が注目を集めていました。

ゲームは高い再現度の必殺技や細かいこだわりがあり、野球マンガファンにとっては imperdible な作品です。

詳しくみる ⇒参照元: 水島新司先生のキャラが大集結した野球ゲーム、覚えてる? セガ...