Academic Box Logo

【少年院】少年院に"入る理由"とは!!種類や入所基準、期間について解説



こんにちは、YUKINOと申します。今回は少年院についてお話ししたいと思います。少年院に入る理由や種類、入所基準、そして期間について解説していきます。少年院とは、未成年者が犯罪を犯した場合に収容される施設です。なぜ少年院に入ることになるのか、どのような基準で入所が決まるのか、そしてどのくらいの期間滞在するのか、詳しくご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。



収容される少年の特徴

少年院ではどのような少年が収容されているのか?

少年院では非行少年が収容されています。

日本全国に52ヵ所ある「少年院」。

ここでどんな少年がどんな毎日を過ごしているか、ご存じだろうか。

今回は大阪府茨木市にある「浪速少年院」を見学したレポートをお届けする。

少年院は、「適切な矯正教育と健全な育成に資する処遇」を行う施設刑罰で入る刑務所とは異なるよくある誤解は「どうしようもないような荒くれ少年たち」が「犯した罪の刑罰のために入る場所」、というものだ。

浪速少年院ではおおむね16歳から20歳(※)までの少年を収容している。

家庭裁判所で「保護処分」が適当と審判された「非行少年」のうち、処遇上必要のある少年が少年院に送致されるという流れだ。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院は刑罰の場所ではない!少年たちはどういう経緯で少年院に...

少年院への収容の理由

少年院への収容はどのような理由で行われるのか?

少年院への収容は、少年審判における保護処分として行われます。

少年院への収容は、家庭裁判所の少年審判における保護処分として行われます。

少年審判の対象となる少年は「非行のある少年」と呼ばれ、犯罪少年、触法少年、ぐ犯少年の3種類があります。

ぐ犯少年については、将来的な危険性だけを根拠として少年院に送致することは許されないという意見もありますが、実務ではぐ犯少年も少年院送致の対象となります。

少年院に入ることで前科はつかず、少年事件でも補導や逮捕されれば「前歴」として記録が残ります。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院はどんなところ?|種類、入る理由・年齢・期間、生活を解...

少年院の概要

少年院とはどんな場所ですか?

少年院は少年を収容し矯正教育を行う施設です。

少年院は、家庭裁判所の少年審判による保護処分として、少年を収容し「矯正教育」を施す法務省所管の施設です。

少年院の矯正教育は、生活指導、職業指導、教科指導、体育指導、特別活動指導に分けられ、少年の特性に応じて組み合わされます。

生活指導は、善良な社会の一員として自立した生活を営むための基礎となる知識及び生活態度を習得させるもので、職業指導は勤労意欲の喚起、職業生活に必要な知識・技能の習得を目指すものです。

教科指導は、社会生活の基礎となる学力を欠くことで更生・社会復帰に支障がある者に対し、中学校学習指導要領に準拠した教科教育を実施し、体育指導は健康管理と体力向上のための運動を指導します。

特別活動指導は、情操を豊かにし、自主、自律及び協同の精神を養う目的で、社会貢献活動、野外活動、運動競技、音楽、演劇などを実施するものです。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院はどんなところ?|種類、入る理由・年齢・期間、生活を解...


少年院送致の基準

少年院送致の基準については何ですか?

少年院送致とは、要するに少年院に入所させ、非行を犯した少年の更生を図ることです。

少年審判において問題となるのは、非行を犯した少年の「非行事実」と「要保護性」です。

これにより少年の不処分、保護観察、少年院送致等の処分の判断が行われます。

少年審判における終局処分の種類や少年院送致が選択される可能性が高いケースなどについてまとめました。

少年審判では、少年に対する処遇について、不処分、保護観察、少年院送致等の判断が行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院送致の基準について【横浜市港南区】上大岡法律事務所

少年院での教育の主な内容

少年院での教育の主な内容は何ですか?

生活指導、職業指導、教科指導、体育指導、特別指導

少年院では、生活指導、職業指導、教科指導、体育指導、特別指導が主な教育の内容となっています。

少年院では、入院から退院までの期間にオリエンテーションや健康診断などを行い、新人時教育(3級)→中間期教育(2級)→出院準備教育(1級)という流れで更生に取り組んでいます。

また、少年院では少年の必要性や施設の立地条件に応じた特色のある教育活動も行われています。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院~どのような所?種類、入所基準、入所期間等を解説します...

少年院の種類の分類

少年院の種類は何種類ありますか?

第一種から第四種まであります。

少年院は、少年の犯罪的傾向や心身の状況に応じて、第一種から第四種までの種類があります。

少年の収容先は、裁判所の意見と少年鑑別所の判断によって決まります。

第一種少年院は心身に著しい障害がなく、進んでいない少年に対して保護処分が行われます。

第二種少年院は進んでいる少年に対して保護処分が行われます。

第三種少年院は心身に著しい障害があり、おおむね12歳以上26歳未満の少年に対して保護処分が行われます。

第四種少年院は刑事裁判による刑事処分を受ける少年が収容されます。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院はどんなところ?|種類、入る理由・年齢・期間、生活を解...


収容可能な年齢制限はありますか?

何歳まで収容できるのか?

20歳に達するまでが原則です。

少年院では、短期間処遇や長期処遇など、異なる処遇期間があります。

短期間処遇は、施設収容歴のない者で、非行傾向が進んでおらず、問題性が単純かつ軽微な場合に適用されます。

長期処遇は、短期間処遇になじまない者や非行傾向が進んでいる者に適用されます。

収容年齢の上限は、原則として20歳までですが、例外的な場合もあります。

また、収容年齢の下限は法律で明確に定められていませんが、実務上の手続対象は10歳前後が下限とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院はどんなところ?|種類、入る理由・年齢・期間、生活を解...

職業指導の科目は何ですか?

少年院で行われる職業指導の科目は何ですか?

電気工事、自動車整備、給排水設備、情報処理、介護福祉、溶接、土木・建築、クリーニング等の科目があります。

少年院では、職業指導として電気工事、自動車整備、給排水設備、情報処理、介護福祉、溶接、土木・建築、クリーニングなどの科目があります。

また、各種資格取得も行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院~どのような所?種類、入所基準、入所期間等を解説します...

少年院での生活相談の受け方

少年院での生活相談はどのように受けることができますか?

少年院では、出院後も面談・手紙・電話などで生活相談を受け付けています。

少年院では、正式な退院ではなく「仮退院」の形で出所することが一般的です。

仮退院となった少年は、保護観察処分を受けた少年と同様に担当の保護観察官と保護司がつき、困ったことがあれば相談することができます。

また、出身の少年院では、出院後も面談・手紙・電話などで生活相談を受け付けているようです。

少年院での生活相談は、出所後もサポートを受けるための重要な手段となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院~どのような所?種類、入所基準、入所期間等を解説します...




手紙のやり取りの制限

手紙のやり取りには制限があるのか?

手紙のやり取りは基本的に自由であり、制限はあるものの毎月4通までは認められている。

手紙のやり取りは基本的に自由であり、制限もあるものの毎月4通までは認められている。

面会は家族や婚約者、学校関係者や勤務先の関係者などに限られており、職員立ち合いのもとで行われることが多い。

面会回数は1ヵ月で最低2回以上許可され、宿泊面会も一定の場合には可能とされている。

電話による通信も許可されているが、一般的な面会方法ではないため事前に確認が必要である。

入浴は1週間に2回程度行われることが多く、夏は3回入浴することもある。

在院者は自己に対する少年院長の措置や処遇について苦情がある場合、法務大臣や監査官、少年院長に申し出ることができるが、その際に不利益な取り扱いをしてはならない。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院~どのような所?種類、入所基準、入所期間等を解説します...

少年院での情操教育と季節のイベント

少年院での情操教育や季節のイベントはどのようなものがあるのか?

美術、書道、合唱、茶道、生け花などの情操教育や、観桜会、花火大会などの季節のイベントがある。

少年院では、情操教育や季節のイベントが行われている。

情操教育では美術、書道、合唱、茶道、生け花などが行われ、季節のイベントでは観桜会や花火大会などが開催されている。

これらの活動は、職業指導以外にも少年たちの心を育むために行われている。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院は刑罰の場所ではない!少年たちはどういう経緯で少年院に...

浪速少年院の入院から出院までの流れ

浪速少年院では、入院から出院までの流れはどのようになっているのか?

入院から出院までの流れは、3級から始まり1級を迎えると審査があり、出院となる。

浪速少年院では、入院時の年齢は15歳~19歳で、入院から出院までの流れは3級から始まり1級を迎えると審査があり、出院となる。

3級は「自己の問題改善への意欲の喚起を図る指導」で約1.5カ月、2級は「問題改善への具体的指導」で約7カ月、1級は社会生活への円滑な移行を図る指導として2.5ヶ月を過ごす。

問題行動を起こさずに優良な成績で過ごしていれば各級の期間が短くなることもあるが、逆に問題行動があったり、社会生活への移行が懸念されたりする場合などは延長されることもある。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院は刑罰の場所ではない!少年たちはどういう経緯で少年院に...


再犯防止に必要な3点

施設職員は再犯防止に必要なものとして次の3点を挙げるのは何か?

居場所の確保、責任の自覚、出番の提供

少年院の教育は中卒程度の教育レベルの女子少年たちでも11カ月以内に習得できるものでなければならない。

しかし、教育を担当する公務員の異動や現場とニーズのギャップを埋めることは困難である。

再犯防止には居場所の確保、責任の自覚、出番の提供が必要であり、少年院だけでなく他の機関や団体との連携も重要である。

女子少年たちの受け皿となる場所が少ない現状も問題であり、家庭環境や性風俗産業の影響が再犯につながることもある。

詳しくみる ⇒参照元: 女子が女子少年院に入る理由と、出た後のこと-矯正施設スタディ...

保護観察処分への変更事例

少年院送致相当であったが、付添人活動により保護観察処分となった事例はありますか?

少年院送致相当であったが、付添人活動により保護観察処分となった事例があります。

以下の事例もご参照ください。

少年院送致相当であったが、付添人活動により保護観察処分となった事例があります。

この事例では、非行少年を現在の環境から引き離すことで暴走族から抜けさせることができました。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院送致の基準について【横浜市港南区】上大岡法律事務所

少年院送致の可能性が高いケース

少年院送致が選択される可能性が高いケースとは何ですか?

再非行の危険性が高いケース

少年院送致が選択される場合は、再非行の危険性が高いケースとされます。

保護観察ではなく少年院送致が選ばれる理由として、少年の常習性、抱える問題の根深さ、家庭環境の劣悪さなどが挙げられます。

また、重大な非行を行った少年であっても保護観察とされる場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 少年院送致の基準について【横浜市港南区】上大岡法律事務所