Academic Box Logo

【うつ病】うつ病の"診断基準"とは...?DSM-5で解説



こんにちは、YUKINOです。今回はうつ病についてお話しします。うつ病の’診断基準’とは何でしょうか。最新の診断基準であるDSM-5について解説していきます。



うつ病/大うつ病性障害の診断基準

うつ病/大うつ病性障害の診断基準とは何ですか?

DSM5におけるうつ病/大うつ病性障害の診断基準は以下の通りです。

この記事では、うつ病/大うつ病性障害の診断基準と診断的特徴について詳しく説明しています。

うつ病の患者さんは、自身がうつ病であると気づかず、不眠や疲労感などを主訴とすることがあります。

DSM5による診断基準を理解することで、的確な診断ができるようになります。

詳しくみる ⇒参照元: うつ病/大うつ病性障害|診断基準・診断的特徴

DSM-5におけるうつ病の定義

DSM-5の診断基準によれば、うつ病とはどのように定義されていますか?

うつ病は、下記の9つの症状のうち1または2を含む5つ以上の症状があり、それが2週間以上続いている場合に診断されます。

DSM-5によれば、うつ病は「抑うつ障害群」という病気の一つに分類されており、「大うつ病性障害」とも呼ばれます。

診断基準では、下記の9つの症状のうち1または2を含む5つ以上の症状があり、それが2週間以上続いている場合に「うつ病」と診断されることになります。

詳しくみる ⇒参照元: うつ病とは

うつ病治療の最も重要な要素

うつ病治療において最も重要なことは何ですか?

十分な休養を取ることが重要です。

うつ病治療において最も重要なことは、十分な休養を取ることです。

うつ病の方は責任感が強く、真面目な方が多いため、休むことに罪悪感を感じてしまい、つらくてもなかなか休みを取ろうとしません。

しかし、うつ病を治すためには、まずは、疲れ切っている心と身体をしっかりと休ませることが重要です。

もし、十分な休養を取る場所がない場合は、軽症であっても一時的に入院するというのも選択肢の1つです。

詳しくみる ⇒参照元: もしかしたらうつ病かも?うつ病の診断基準や代表的な症状、治療...


精神療法の定義と目的

精神療法とは何ですか?

精神療法は、うつ病の回復や再発予防のための治療法です。

精神療法は、休養や薬物療法を行って、うつ病が回復してきた方にその良い状態を維持したり、うつ病を再発させないように予防したりする治療法です。

代表的な治療法としては、「認知行動療法」と「対人関係療法」の2つの治療法があります。

認知行動療法は、人の感情や気分に影響を及ぼしているものの考え方や受け取り方(認知)に働きかけて、気持ちを楽にしたり、行動をコントロールしたりする治療法です。

対人関係療法は、現在問題となっている対人関係問題をひとつに絞り、その対人関係状況に適応することで、ストレスを現状させることを目的として行われます。

詳しくみる ⇒参照元: もしかしたらうつ病かも?うつ病の診断基準や代表的な症状、治療...

対人関係療法の有効な場合

対人関係療法はどのような場合に有効ですか?

重症の大うつ病で治療の選択肢が乏しい場合に有効です。

通常、12~16週間かけて対人関係における意味や、関係の持ち方を考えます。

重症の大うつ病で治療の選択肢が乏しい場合、対人関係療法は最も有効かもしれないと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: F32 うつ病エピソード Depressive episod...

うつ病の症状について

うつ病の症状とは何ですか?

疲労感や無価値感などの症状があります。

うつ病の症状には疲労感ややる気の低下、無価値感や罪責感などがあります。

これらの症状があるほど、うつ病の重症度は高くなります。

また、うつ病による休職で自責的に考える患者さんも多いですが、このような考えは日本人の思考パターンからは不自然ではありません。

ただし、妄想的な考えでなければ基準には該当しません。

詳しくみる ⇒参照元: うつ病/大うつ病性障害|診断基準・診断的特徴


身体的な症状とは?

うつ病の症状にはどのような身体的な症状があるの?

うつ病の症状には、体のだるさや痛み、しびれなどの身体的な症状もあることがあります。

うつ病というと、気分の落ち込みや憂うつ感をはじめとする精神的な症状がよく知られていますが、一見うつ病とは関係ないような身体的な症状も目立つことがあります。

内科や整形外科で検査しても異常がない場合には、精神科や心療内科の受診を勧められることもあります。

気になる症状がある場合には、速やかに医師に相談しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: うつ病とは

うつ病の診断基準と症状

うつ病の診断基準や代表的な症状、主な治療法について教えてください。

うつ病は脳内の神経伝達物質のアンバランスによって引き起こされる気分障害であり、悲しい出来事だけでなく嬉しい出来事でも発症する可能性があります。早期の症状に気づき、適切な治療を受けることが重要です。

うつ病は近年増加傾向にあり、誰にでも発症する可能性のある身近な病気です。

脳内の神経伝達物質のアンバランスによって気分や感情を調節できなくなり、心身に不調が現れる気分障害の1つです。

うつ病の原因は様々で、悲しい出来事だけでなく嬉しい出来事でも発症することがあります。

早期の症状に気づき、適切な治療を受けることが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: もしかしたらうつ病かも?うつ病の診断基準や代表的な症状、治療...

抗不安薬の使用場合

抗不安薬はどのような場合に使用されますか?

抗不安薬は不安感や焦燥感が強い場合に使用されます。

抗不安薬は不安感や焦燥感が強い場合に使用されます。

また、抗うつ薬と併用されることもあります。

睡眠薬は、寝付けない、睡眠が浅いなどの睡眠障害がある場合に使用されます。

大うつ病の診断基準には、抑うつ気分や興味や喜びの喪失などの症状が含まれます。

抑うつ状態や興味や喜びの減少がほぼ毎日、ほぼ一日中続く場合、抗うつ薬の使用が考慮されます。

体重の増減や食欲の変化も大うつ病の症状の一部です。

詳しくみる ⇒参照元: うつ病




うつ病の症状

うつ病の症状は何ですか?

うつ病の症状は精神症状と身体症状に分けられます。

うつ病の代表的な症状は精神症状と身体症状に分けられます。

精神症状には、憂うつな気分、無気力、自己評価の低下などがあります。

身体症状には、疲労感、睡眠障害、食欲の変化などがあります。

うつ病の症状は生活習慣病と似ているため、自覚しにくいことがあります。

しかし、早期の発見と治療が重要です。

周囲の人が異変に気づき、速やかに専門の医療機関を受診することが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: もしかしたらうつ病かも?うつ病の診断基準や代表的な症状、治療...

うつ病エピソードの定義

うつ病エピソードとは何ですか?

うつ病エピソードは、抑うつ気分や興味と喜びの喪失、活動性の減退、それによる疲れやすさの増大といった症状のことです。

うつ病エピソードは、抑うつ気分や興味と喜びの喪失、活動性の減退、それによる疲れやすさの増大といった症状が特徴です。

症状は少なくとも2週間にわたって続く場合に診断されますが、重症で急激な発症の場合は短い期間でも診断がつくことがあります。

うつ病エピソードは、うつ病や大うつ病性障害といった障害の一部として扱われます。

患者は憂うつで悲しく、希望のない気分を抱き、怒りやすくなったり、些細なことに不満感を持ちやすくなったりします。

食欲にも変化が見られることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: F32 うつ病エピソード Depressive episod...