Academic Box Logo

【岸田内閣】岸田内閣の"支持率"推移をビッグデータで分析!...?



ライターのMAIKOです。岸田内閣の’支持率’推移をビッグデータで分析することにより、その動向を明らかにします。



岸田文雄内閣の支持率低下の理由

岸田文雄内閣の支持率はなぜ低下したのか?

野党の足並みがそろわないことにも助けられ、安泰なはずの政権にとって、気になるところでしょう。

朝日新聞の世論調査によると、岸田文雄内閣の支持率は45%から30%に低下し、不支持率は21%から30%に上昇しました。

この変化は、野党の足並みがそろわないことにも助けられ、政権にとっては気になる状況です。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣の「不支持率」なぜ上がった? しびれを切らした人たち

ビッグデータと内閣支持率の関連性

ビッグデータから読み取れる国民感情と内閣支持率との関連性は何か?

ビッグデータから読み取れる国民感情と内閣支持率との間には関連性が見られることがわかりました。

首相や内閣の動きに対する関心が高まっていると内閣支持率が上向く傾向があるのかもしれません。

また、家系や学歴など首相本人の経歴もよく見られている傾向がありました。

首相の身長がよく調べられているのも興味深いところです。

一方、支持率下降時には共通するワードは少なく、両内閣に共通するのは「コロナ」のみでした。

また、「評判」「内閣改造」は両内閣で逆の動きが見られました。

まとめ以上の結果からビッグデータから読み取れる国民感情と内閣支持率との間には関連性が見られることがわかりました。

ただし、内閣へのダイレクトな批判のみに着目すると読み誤る可能性がありそうです。

むしろ警戒すべきは、政策に直接関連のない話題が盛り上がることにより政策関連の関心が相対的に薄れている状態かもしれません。

ネガティブ反応だけでなく総合的な関心動向を読むことで、国民感情を捕捉する助けになることが推測されます。

詳しくみる ⇒参照元: 内閣支持率をビッグデータで読み解けるか?〜国民の興味関心と内...

岸田内閣の支持率が高止まりしている理由

岸田内閣の支持率が高止まりしている理由は何ですか?

日米首脳会談の成果が評価されているためです。

岸田内閣の支持率が高止まりしている理由は、日米首脳会談の成果が評価されているためです。

FNN世論調査や日本経済新聞社とテレビ東京の世論調査でも支持率が最高値に達し、ネット上でも話題になっています。

しかし、一部のネットユーザーからは疑問の声も上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣の支持率“ナゾの絶好調”に、ネットで疑問噴出。世代別...


岸田内閣支持率上昇時期の要因

岸田内閣の支持率の上昇時期に存在していたものは何ですか?

ネガティブな検索

岸田内閣の支持率は前半は上昇傾向にあり、その後下降傾向に転じている。

支持率の上昇時期にはネガティブな検索がコンスタントに存在していた。

詳しくみる ⇒参照元: 内閣支持率をビッグデータで読み解けるか?〜国民の興味関心と内...

岸田内閣の支持率の実態

岸田内閣の支持率はどれくらいだったのか?

岸田内閣の支持率は53%だった。

岸田内閣の支持率は53%だった。

年齢層が高くなるほど支持率も高くなる傾向があり、年齢層が低いほど不支持傾向が強くなることが分かった。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣の支持率“ナゾの絶好調”に、ネットで疑問噴出。世代別...

岸田内閣支持率の減少ポイント

岸田内閣を支持する人の割合は何ポイント下がったか?

5ポイント

NHKの世論調査によると、岸田内閣を支持する人の割合は先月の調査より5ポイント下がり、33%となった。

一方、「支持しない」と答えた人は4ポイント上がり、45%となった。

NHKは、マイナンバーカードや健康保険証、行政のデジタル化などについても調査を行った。

調査は全国の18歳以上を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける方法で行われた。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣支持率 5ポイント減の33% 内閣発足後最低水準にN...


岸田内閣の支持率の変化

岸田内閣の支持率はどのように変化していますか?

岸田内閣の支持率は先月の調査より5ポイント下がって33%です。

岸田内閣の支持率は先月の調査より5ポイント下がって33%であり、3か月連続で下がっています。

支持率は去年11月や今年1月の調査と同じ水準になっています。

支持する理由の中で最も多いのは「他の内閣よりよさそうだから」であり、次に「支持する政党の内閣だから」となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣支持率 5ポイント減の33% 内閣発足後最低水準にN...

支持率が半減した理由

菅義偉内閣に比べて、支持率が半減したのはなぜですか?

支持率が半減した理由は明確ではありません。

菅義偉内閣に比べて、新内閣の支持率は変動が少なく、不支持率が上昇しました。

支持・不支持を明確にしない「その他・答えない」に分類される人が増え、不支持率が初めて「その他・答えない」を上回りました。

支持率の半減の理由は明確ではありませんが、不支持理由の調査では「他よりよさそう」が最多の理由となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣の「不支持率」なぜ上がった? しびれを切らした人たち

内閣支持率の変化の要因

内閣支持率の変化の要因は何か?

政策面への不満

内閣支持率の変化の要因は、有権者の政策面への不満であることが読み取れる。

内閣発足直後の「政策の面」の支持率は14%であったが、2月調査では40%にまで増加した。

菅内閣でも同様に「政策の面」の支持率が増加し、退陣までの半年間の平均は55%と高水準であった。

特に新型コロナウイルスへの対応が最大の政策課題であり、政府のコロナ対応の評価が内閣支持率に影響していることが朝日新聞の世論調査から分かっている。

2月調査では、「評価する」は45%、「評価しない」は44%であり、評価しない割合が上昇している。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣の「不支持率」なぜ上がった? しびれを切らした人たち




歴代内閣の内閣支持率の変動の傾向

歴代内閣の内閣支持率の変動にはどのような傾向があるのか?

内閣支持率は発足時に高く、徐々に下がる傾向があるが、一部の内閣では直線的に下降するケースもある。

内閣支持率は、国民の支持の度合いを世論調査で計測するもので、時の内閣や政策に対する国民の信頼または不満を反映する指標です。

歴代の内閣支持率の動きを確認すると、いずれの内閣でも発足時は支持率が高く徐々に下がる傾向があります。

ただし、第93代鳩山内閣のように直線的に下降したケースもあります。

長期政権だった第96~98代安倍内閣では中期的な高下を繰り返していることがわかります。

現在の岸田内閣は2021年10月発足から2022年6月頃までが上昇傾向で、その後はダウントレンドに転じています。

詳しくみる ⇒参照元: 内閣支持率をビッグデータで読み解けるか?〜国民の興味関心と内...

岸田文雄内閣の支持率と不支持率

岸田文雄内閣の内閣支持率と不支持率は何パーセントですか?

内閣支持率は40%、不支持率は50%です。

岸田文雄内閣は10月4日に発足1年を迎えましたが、朝日新聞の全国世論調査によると、内閣支持率は40%、不支持率は50%となりました。

これは内閣支持率の最低値であり、不支持率の最高値です。

岸田首相が掲げた「聞く力」が色あせた様子も調査から浮かび上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 岸田内閣、発足1年 支持率は最低の40%…すっかり色あせた「...