Academic Box Logo

【間違い】職場で自分の間違いを"認めない人"に困る 認めない理由と対処法



こんにちは、YUKINOです。今回は「間違いを認めない人」についてお話ししたいと思います。職場で自分の間違いを認めない人と一緒に仕事をすると、困ることがありますよね。そこで今回は、なぜ人は自分の間違いを認めないのか、そしてその対処法について考えてみたいと思います。



接した人物の経験

どのような人物と接したことがあるのか?

非を認めない人

この記事では、非を認めない人と接する経験について話されています。

このような人は、自分の非を認めずに斜め上の理論を持ち出し、自分の間違いを認めようとしません。

このような人と関わることはストレスがたまるため、なるべく距離を置くことが重要です。

また、この記事では、自分が同じような人物と接した経験を持つ人もいることが述べられています。

彼らは自分が優れていると思っているが故に他人を蹴落としたいという欲求を持っており、間違いを指摘しても言い訳をし続けます。

このような場合、彼らに対してははっきりと間違いを指摘し、直すように促すことが必要です。

詳しくみる ⇒参照元: ミスを認めたくない人への対処法

ミスをカバーし合える環境の必要条件

ミスをカバーし合える環境を整えるためにはどのようなことが必要ですか?

複数人でミスを確認できる業務フローを作成するなど、チェック体制を整えてミスをカバーし合える環境づくりを心がけましょう。

自分で説明できない場合、話を聞いているように見えて、理解できていない可能性があります。

ミスの多い部下には、説明と復唱をセットにするとよいでしょう。

ミスをカバーし合える環境を整えるためには、複数人でミスを確認できる業務フローを作成するなど、チェック体制を整えてミスをカバーし合える環境づくりを心がけましょう。

ミスを個人の責任にするのではなく、チーム全体の責任として捉え、業務に関わる全員で改善していきましょう。

相談しやすい環境を作る困ったときに質問できない環境もミスの誘発に繋がりますので、相談しやすい環境を整えましょう。

もし、上司が忙しく、なかなか対応できないなら、Q&Aをまとめたマニュアルや手順書を作成する、ビジネスチャットを導入するなどでもよいでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 同じミスを繰り返す原因や直し方、部下に対して上司ができること...

間違いを認めない人への対処法

自分の間違いを認めない人への対処法は何ですか?

権威のある人に相談しましょう。

自分の間違いを認めない人への対処法は、権威のある人に相談することです。

間違いを認めない人は、プライドが高いため自分の間違いを認めることができません。

そのため、上司や地位のある人に相談し、注意してもらうことが重要です。

しかし、注意を受けても逆上して八つ当たりする人もいるため、注意を受けた後も慎重に対応する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 職場で自分の間違いを認めない人に困る 認めない理由と対処法


失敗時の対処方法

失敗したらどうすればいいですか?

きちんと謝罪するクセをつけて下さい。

答えはひとつしかないと思われる問題について調べてみましょう。

いくつか検索してみて、ひとつでも自分が間違っていたとわかればそれで良いのです。

どれだけ小さなことでもいいので、それで自分にも間違いはあると素直に認めましょう。

失敗したからといって全てを否定しているわけではありません。

失敗したことに対して指摘を受けたり、注意を受けたりします。

大切なことは失敗してしまったら、きちんと謝罪するクセをつけて下さい。

逃げていてはいけません。

謝罪することは、次に成功することにも繋がりますし、周りとも上手く付き合うことができるはずです。

詳しくみる ⇒参照元: 自分の非を認められない人のその直し方を解説

ミスを認めない人への周囲の対応

ミスを認めない人に対して、周囲の人がどのような対応をすべきか?

周囲の人は、上司に注意してもらうように伝えるべきである。

ミスを認めない人に対して、周囲の人は、まずはなぜその人が非を認めないのか理由を考え、仕事に支障をきたす旨を上司に伝えるべきです。

それでも自分の間違いを認めない人には、周りの人が見ているということを伝える必要があります。

風通しのよい会社では、管理職同士で意見を交換し、非を認めない問題児に周囲の人が見ていることを知らせるべきです。

ミスを認めない人が多くの人に指摘されれば、あらためる可能性があります。

弱いものいじめや隠れパワハラは早い段階で芽を摘む必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 職場で自分の間違いを認めない人に困る 認めない理由と対処法

デール・カーネギーの『人を動かす』の原則

デール・カーネギーの『人を動かす』で紹介されている原則は何ですか?

「誤りを認める」の原則です。

デール・カーネギーの『人を動かす』で紹介されている「誤りを認める」の原則を解説しました。

人は完璧な存在ではなく、誰にでも間違いや失敗はつきものです。

社会的動物である私たちにとって、自らの間違いを認めることは、「相手から嫌われてしまわないか」「周囲に無能だと思われないか」といった不安や恐怖を伴うものです。

この原則を実践することで、人間関係を円滑にし、信頼を築くことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 誤りを認める|デール・カーネギー『人を動かす』


ミスを繰り返さないための対策

同じミスを繰り返さないためにはどうすればいいですか?

ミスをした原因を検証し、対処方法を考えることが重要です。

たとえば、メールアドレスと送付先氏名の不一致は、些細なミスのように見えても、実は“個人情報の流出”という危険と隣り合わせです。

ハインリッヒの法則が示すとおり、1件の重大な事故の裏には、300の怪我に至らない事故が積み重なっていることを肝に銘じましょう。

同じミスを繰り返さないためには、ミスをした原因を検証し、対処方法を考えることが重要です。

謝るだけで終わっているミスをしても「ごめんなさい」で終わってしまう人も、同じミスを繰り返します。

言い訳をしてミスを認めない人も、同じ失敗を繰り返すでしょう。

ミスを繰り返す場合、行動を改めることで同じミスを防げるでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 同じミスを繰り返す原因や直し方、部下に対して上司ができること...

ミスや間違いをした時の適切な態度

ミスや間違いをした時にはどのような態度を取るべきか?

自分の誤りを認め、相手の指摘を受け入れるべきです。

ミスや間違いをした時には、言い訳をすることよりも自分の誤りを認めることが重要です。

また、誤りから生じるリスクを確認し、相手の指摘を受け入れて感謝する態度を持つことが有効です。

言い訳をすることは信頼を失う結果になるため、速やかに誤りを認めることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 誤りを認める|デール・カーネギー『人を動かす』