Academic Box Logo

【車】車を"道路にはみ出して駐車"するのは違法なのか!!



YUKOと申します。今回は公道での車両はみ出し駐車について知っておくべきことについてお伝えします。



駐車スペースでの車両のはみ出し基準

自宅の駐車スペースからクルマのボディの一部が道路上に出ていたり、タイヤがはみ出している光景を見かけることがあります。自分の敷地からどれくらいはみ出すとダメなのでしょうか?

自宅の駐車スペースからはみ出すことは違法です。

自宅の駐車スペースからクルマのボディの一部が道路上に出ていたり、タイヤがはみ出している光景を見かけることがあります。

自分の敷地からはみ出すことは違法であり、駐車の仕方には注意が必要です。

道路にはみ出すことは、他の車や歩行者の通行を妨げる可能性があり、交通事故の原因になることもあります。

したがって、自宅の駐車スペースからはみ出さないようにすることが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅の駐車場から「はみ出す」のはダメ? タイヤ1個分なら良い...

はみ出し駐車の対処方法

はみ出し駐車で困った場合、どうすればいいですか?

警察に連絡するか、監視カメラの映像を提出する必要があります。

はみ出し駐車で通行に問題が生じた場合、警察に連絡するか、監視カメラの映像を提出する必要があります。

警察に連絡すると、駐車違反として取り締まられる可能性があります。

ただし、車庫法に違反する条件が満たされているかどうかを証明する必要があります。

監視カメラの映像などから証明することもありますが、ハードルが高い場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 駐車場からの「はみ出し駐車」は違反なのか?

自宅での「はみ出し駐車」違反について

自宅で「はみ出し駐車」違反はあるのか?

はみ出しは許容される場合もあるが、線引きはある

自宅の敷地からちょっとはみ出た状態で駐車している車両について、はみ出しは許容される場合もあるが、線引きはあるのかについて調査された。

きちんと敷地に収めることが大切であるが、はみ出しを通報する声もある。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅で「はみ出し駐車」違反? きっちり車庫に収めない人も 線...


車庫証明の発行条件とは

駐車時にクルマが少しでも公道側にはみ出す場合には、車庫証明は発行されないのですか?

そうです。

駐車時にクルマが少しでも公道側にはみ出す可能性がある場合には、基本的に車庫証明は発行されません。

自宅のスペースを車庫に利用する場合、警察官、もしくは警察署が委託した職員が訪れて現地調査をするとのことで、インチキはできないそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅で「はみ出し駐車」違反? きっちり車庫に収めない人も 線...

車をはみ出した場合の違反取り締まり

車をはみ出した場合は違反として取り締まられるのか?

はみ出した場合は違反として取り締まられる可能性がある。

車を駐車する際には、車のサイズに合った駐車場に停めることが基本です。

車庫証明書の取得手続きでは、車が収まるかどうかも確認されます。

もし車をはみ出した場合は、違反として取り締まられる可能性があります。

一般的には、自宅から2km以内の場所に車が収まる車庫が必要です。

軽自動車の場合は地域によって状況が異なることもあります。

購入後には保管場所届出を行うことが多いです。

詳しくみる ⇒参照元: 駐車場からの「はみ出し駐車」は違反なのか?

車庫法第17条2の違反内容

車庫法第17条2で対象となる違反内容は何ですか?

車庫法第17条2では「第11条1の規定に違反して道路上の場所を使用した者」が対象となります。

車庫法第17条2では、「第11条1の規定に違反して道路上の場所を使用した者」が対象となり、3か月以下の懲役または20万円以下の罰金が科される可能性があります。

また、公道で車がはみ出している場合は、道路交通法第45条(駐車を禁止する場所)の2に抵触する可能性もあります。

これらの違反行為は「放置駐車違反」や「保管場所法違反」として取り締まられることがありますが、具体的な条件や警察官によって取り締まりの内容は異なることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅の駐車場から「はみ出す」のはダメ? タイヤ1個分なら良い...


駐車場でのタイヤのハミ出しは違法か?

駐車場でタイヤが1個分ハミ出して駐車することは違法ですか?

違法ではありませんが、法律的には望ましくありません。

自宅の駐車場でタイヤが1個分ハミ出して駐車することは違法ではありませんが、法律の観点からは決められたスペース内で収めることが望ましいとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅の駐車場から「はみ出す」のはダメ? タイヤ1個分なら良い...

保管場所変更の期限はいつまで?

車の保管場所の変更はいつまでに行う必要があるのか?

車の保管場所の変更は住所を変更した日から15日以内に行う必要があります。

車の保管場所の変更は住所を変更した日から15日以内に行う必要があります。

怠ると「保管場所の不届け」となり、罰金が課される可能性があります。

忘れないうちに管轄の警察署で申請手続きを済ませておきましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 駐車場からの「はみ出し駐車」は違反なのか?

道路幅と住宅の快適さの関係

住宅と面した道路幅で快適さが大きく変わると感じることがあるのでしょうか?

道路幅による快適さの変化は個人の感じ方によるものです。

住宅と面した道路幅が快適さに与える影響について、個人の感じ方によるものです。

福岡市内などでは、一戸建ての場合に車が門に収まらないという問題が起こることもあります。

一般的には好ましくない状況ですが、現地を確認し、他の人に迷惑をかけていない場合はそのままでも問題ないでしょう。

もしクレームがあれば、謝罪し、状況を説明すれば理解される可能性もあります。

個人的には、自宅に来客がある際には、大きな屋根付きの駐車場に駐車してもらっています。

私は事業用途で駐車場を借りており、使用報告書を後で提出しますが、自宅のガードレールの前に1台の車を平行に停めることで、歩行者が道路に出る際の安全性を考慮しています。

詳しくみる ⇒参照元: 一戸建ての駐車場から車の先端が少し公道に空間上はみ出ている場...




道路駐車に対する法的措置

道路にはみ出して駐車する相手方に対して、どのような法的措置を取ることができますか?

法的アドバイスを受けることをお勧めします。

この記事は、車の駐車に関する問題についての相談と弁護士の回答をまとめたものです。

具体的には、車が道路にはみ出して駐車したり、駐車場の敷地内で隣の車が自分の駐車場に影響を与える問題についての相談が含まれています。

弁護士の回答では、法的措置を取る際にはまず自分の弁護士に相談することが重要であり、写真を撮って保存するなどの対応策も提案されています。

また、公道でのはみ出し駐車についても、法的なアドバイスが記載されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【弁護士が回答】「はみ出し 駐車」の相談275件

はみ出し駐車による事故と修理費請求の可能性

公共道路に、はみ出し駐車している車を避けてブツけた事故に関して。修理費請求など可能ですか?

修理費請求は可能です。

記事には、公共道路にはみ出し駐車している車による事故に関する相談や弁護士の回答が複数含まれています。

その中で、特に注目すべきは公共道路にはみ出し駐車している車を避けてブツけた事故に関する修理費請求の可能性についての相談と回答です。

詳しくみる ⇒参照元: 【弁護士が回答】「はみ出し 駐車」の相談275件

駐車場でのはみ出し事故の責任について

駐車場での物損事故について、加害車両がはみ出していた場合、責任はどうなるのでしょうか?

加害車両がはみ出していた場合、責任は加害車両にあります。

自宅の敷地と接する駐車場でのはみ出し問題に関する相談や法的トラブルについて、弁護士が回答する記事です。

駐車場での物損事故における加害車両の責任や、隣人の土地利用に関する問題、駐車場契約後のトラブル、駐車違反についての相談が含まれています。

記事では、駐車場での物損事故において加害車両がはみ出していた場合の責任について詳しく説明されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【弁護士が回答】「はみ出し 駐車」の相談275件


駐車スペースでの過失割合

駐車スペースをはみ出していた相手にバックで接触した際の過失割合は?

駐車スペースをはみ出していた相手にバックで接触した際の過失割合は、1m50cm位はトラックの荷台が私が駐車する駐車スペースに入り込んでいました。私の過失割合はどの位が妥当でしょうか。

この記事は、駐車に関する法的問題についての弁護士への質問とその回答をまとめたものである。

質問者は、駐車スペースをはみ出していた相手にバックで接触した際の過失割合について相談している。

その他にも、駐車場内での事故や公道での駐車違反に関する質問や、庭木のはみ出しによる車の損傷についての相談も含まれている。

詳しくみる ⇒参照元: 【弁護士が回答】「駐車場 はみ出し」の相談206件

公道での違法駐車への対応

公道にはみ出して駐車していたら警察に通報するのが良いと思いますが、その理由は何ですか?

--

公道にはみ出して駐車していた場合、警察に通報することが望ましいという意見があります。

違法駐車による道路交通法違反や、車に傷を付けられた場合の賠償責任について議論されています。

また、子供が車道側にはみ出して歩くことになる危険性や、近隣の交通事情についても言及されています。

詳しくみる ⇒参照元: 公道にはみ出て駐車された車

青空駐車の刑事罰対象になる相談先

「青空駐車」で刑事罰の対象になる場合はどこに相談すべきですか?

警察署に相談してください。

この記事は、車が路上で駐車していることについてのトピック内の投稿をまとめたものです。

投稿には、車が道路にはみ出して駐車していることに関する不満や悩みが述べられており、その対処法についての意見が含まれています。

特に、「青空駐車」が刑事罰の対象になる場合は警察署に相談するべきだというアドバイスが強調されています。

また、車が路上で駐車する際の注意点やトラブルの回避策についても言及されています。

詳しくみる ⇒参照元: 公道にはみ出て駐車された車