Academic Box Logo

【管理職】管理職の"給料"が下がる理由と対処法



こんにちは、ライターのMIHOです。今回は、管理職の’給料’が下がる理由と対処法についてお話しします。



管理職になったことによる年収の減少理由

管理職になったことにより年収が下がる理由は何ですか?

会社は、管理職になったことを理由に残業代の支払いをしなくなることがあるためです。

管理職になると責任も仕事量も増えますが、給料が下がってしまうことがあります。

管理職の給与の平均は係長367万円・課長476万円・部長577万円とされており、非管理職の277万円と比べて100万円以上高くなっています。

しかし、会社は、管理職になったことを理由に残業代の支払いをしなくなることがあるため、年収が下がってしまう方がいることも事実です。

残業時間が長い方は、基本給や手当の上昇金額よりも、減少する残業代金額の方が大きいため、年収が管理職になる前よりも下がってしまうことがあるのです。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職の給料の平均は?高い理由3つと下がる(安い)場合の対処...

管理職になって給料が下がるとは?

管理職になって給料が下がるとはどういうことですか?

管理職は長時間の残業にもかかわらず、残業代が支払われないことを意味している。

長時間の残業を前提とした働き方や、企業が保有するリソースに見合わない業務量を抱えている経営上の問題がある上、管理職になって給料が下がると言うことは、「管理職として支払われる手当」が「残業代」を下回っており、管理職は長時間の残業にもかかわらず、残業代が支払われないことを意味している。

このような状態は違法性が高い。

しかし、企業も従業員もこのことを知らずに運用している、あるいは知っておきながら企業が従業員に力関係を背景に「こういうものだ」と洗脳し、管理職になりたての人が犠牲になることで企業が成り立っている。

そのような状態を、誰も改善しようとしないから異常であると言わざるを得ない。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職になって給料が下がる企業は異常!ブラック要素満載と断言...

管理職昇進後の給料減少の理由

管理職に昇進してもなぜ給料が下がるのか?

給料が下がる理由は複数あります。

昇進して管理職になれる人は仕事で成果を上げて認められた一部の人であり、長く働いていれば皆が昇進できるわけではありません。

昇進できれば喜ばしいことだし給料が上がることも期待できます。

ただ、実際は管理職に昇進したのに給料が下がる人が少なくありません。

そこで、今回は管理職に昇進してもなぜ給料が下がるのか、給料が下がるなら昇進を断ったり転職したりするのはNGなのか解説していきます。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職に昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならや...


管理職の給料減の理由

管理職の給料が減る理由は何ですか?

管理職の給料が減る理由は、裁量労働制で残業代が出ないためと、業績によってボーナスが下がる場合があるためです。

管理職は自分の成績や仕事だけでなく、チーム全体の仕事を見て組織のメンバーを監督していくポジションです。

管理職に昇進すると労働時間も責任も増えるため、高い年収をもらうのは当然ともいえる状態です。

しかし、管理職の給料は減ってしまうことがあります。

その理由は、まず裁量労働制であるため残業代が出ないことが挙げられます。

裁量労働制とは労働時間を実際に働いた時間で見るのではなく、一定の時間働いたとみなして賃金が払われる制度のことです。

また、管理職のボーナスは業績によって変動するため、業績が不調の場合は一般社員よりも少ないボーナスをもらうことがあります。

これらの理由により、管理職の給料が減ることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職に昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならや...

管理職の価値の評価

管理職の価値は高いですか?

管理職の価値は高く、会社に必要とされている人材です。

管理職の価値は高く、会社に必要とされている人材だと言えるでしょう。

また、優秀な管理職に対して正当な評価をする会社はたくさんあり、正当な評価をされれば給料も上がります。

転職エージェントの利用をおすすめします。

転職を成功させることが使命である転職エージェントなら、管理職として正当な評価をしてくれる会社が見つかる確率が格段に上がるでしょう。

転職検討先の条件を詳しく把握している転職エージェントの利用をおすすめします。

転職検討先の条件を詳しく把握しているということは、1人で転職活動をするよりも多くの情報を得ることができます。

転職エージェントの利用は無料、面接や待遇の交渉もすべて任せることができます。

転職エージェントを複数利用することで、求人の選択肢が増え、相性の良いアドバイザーに出会える確率も上がります。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職に昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならや...

管理職になった後の給料の下落の理由

なぜ管理職になった後に給料が下がってしまうことがあるのか?

多くの企業で当てはまる現象です。

昇進を仕事のモチベーションとして働いている人も少なくありませんが、実際には管理職に昇進すると給料が下がることがあります。

本記事では、管理職と一般社員との給料の違いを見た上で、なぜ管理職になった後に給料が下がってしまうことがあるのか、解説します。

詳しくみる ⇒参照元: 45歳で念願の「管理職」に昇進! でも、なぜか今までよりも給...


管理職になったら、残業代は出なくなるのは違法ですか?

管理職になったら、残業代は出なくなるのは違法ですか?

違法ではありません。

管理職に昇進し、給与が増えると期待していた人が、わずかな役職手当と引き換えに残業代が支給されなくなり、給与が減ったという悩みがあるようです。

しかし、管理職になったからといって残業代が出なくなるのは違法ではありません。

この誤解は、役付者としての「管理職」と労働基準法上の「管理監督者」とが混同されているためです。

本記事では、管理職と管理監督者の違いや、管理監督者に該当するポイントについて詳しく解説しています。

また、未払い残業代が発生している場合の請求方法についても触れています。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職は残業代が出ないから給与が下がった…これって違法では?

管理職の給料が他の社員よりも高い理由

なぜ管理職の給料が他の社員よりも高いのか?

理由1:責任が重い、理由2:勤続年数が長い、理由3:固定金額が大きい

部長の給料金額が高い順に整理しました。

1位は、「金融業・保険業」で、部長職の所定内給与金額は814.5万円となっています。

他方で、非役職者の給与金額は298.5万円となっており、500万円以上の乖離があるところが特色です。

2位は、「電気・ガス・熱供給・水道業」で部長職の所定内給与金額は770.9万円となっています。

非役職者の給与金額も373.7万円と他の産業に比べて高水準となっているところが特色です。

3位は、「医療・福祉」で部長職の所定内給与金額は767.1万円となっています。

非役職者の給与金額は281万円となっており、乖離が大きくなっています。

管理職の給料が他の社員よりも高い理由としては、以下の3つがあります。

理由1:責任が重いことです。

理由2:勤続年数が長いことです。

理由3:固定金額が大きいことです。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職の給料の平均は?高い理由3つと下がる(安い)場合の対処...

管理職になると給料は上がるのか?

管理職になると給料は上がるのか?

管理職になると給料は上がる場合もあるが、残業代がなくなるデメリットもある。

例えば、非管理職だった頃には月20時間の残業をして20万円の基本給の他に月3万1250円の残業代が支給されて合計23万1250円の給料が支給されていたとします。

管理職になると、月20時間の残業をしても残業代が支給されない代わりに、基本給の金額を22万円として、役職手当2万円支給することにより、合計24万円の給料を支給するなどの制度設計とされることがあるのです。

そのため、管理職になると、固定金額増えるため、残業をしなくても、高い給料をもらうことができる場合があります。

ただし、管理職になっても労働時間についての裁量が十分になく、長時間残業を余儀なくされてしまう方が多いため、残業代が支給されないことによるデメリットの方が大きいのが実情です。

安い!

管理職になって給料が下がる(減る)場合は違法の可能性あり管理職になって、給料が下がる(減る)場合には、違法となる可能性があります(いわゆる「逆転現象」)。

なぜなら、労働基準法上の管理監督者として、時間外手当や休日手当などの残業代を支給しないことが許されるためには、「対価の正当性」が認められる必要があるとされています。

つまり、会社が管理職としていても、実際には残業代を払わなくてもいいほどの十分なお給料を支払っていない場合には、労働基準法上は管理監督者に当たらない可能性があるのです。

例えば、恒常的に月45時間の残業をして月約8万円程度の残業代の支給を受けていた方が、管理職となり基本給2万円、役職手当2万円の合計4万円分給料が増えたとしましょう。

この場合には、管理職となっても、恒常的に月45時間の労働をしている状況にあったのであれば、本来であれば支払うべき残業代の半額しか支払われていないことになるので、対価の正当性は認められないでしょう。

このように、管理職になったことにより、従前の年収よりも、年収が下がってしまう逆転現象が生じている場合には、名ばかり管理職と認定されやすい傾向にあります。

名ばかり管理職の場合には、労働基準法上、時間外手当と休日手当を支給しないことは許されませんので、会社が残業代を支給していないことは違法になるのです。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職の給料の平均は?高い理由3つと下がる(安い)場合の対処...




管理職のボーナスの少なさの理由

管理職のボーナスは一般社員よりも少ない場合があるのはなぜですか?

会社の業績によるためです。

管理職のボーナスは一般社員よりも少ない場合があります。

会社の業績が好調であれば、基本的には一般社員よりも多くもらえます。

しかし、不調な場合は一般社員は労働組合の働きかけによりボーナスが確保されることがありますが、管理職は労働組合の組合員ではないため、大幅に下がる場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 45歳で念願の「管理職」に昇進! でも、なぜか今までよりも給...

名ばかり管理職の証拠を集めるための重要なポイント

名ばかり管理職の証拠を集めるためには何が重要ですか?

始業時間や終業時間、休日を指示されている書面、メール、LINE、チャットなどが重要な証拠となります。

名ばかり管理職の方が残業代を請求するためには、まず名ばかり管理職の証拠を集めることが重要です。

証拠としては、始業時間や終業時間、休日を指示されている書面、メール、LINE、チャットなどが重要な証拠となります。

これらの証拠があれば、労働時間の裁量がないことを示すことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 管理職の給料の平均は?高い理由3つと下がる(安い)場合の対処...