Academic Box Logo

【1828年】1828年のアレクサンダー・ロンクィッヒとシューベルトについて知っておくべきこと



YUKINOと申します。冒頭文章では、1828年のアレクサンダー・ロンクィッヒとシューベルトについて知っておくべきことについて紹介します。



トルコマンチャーイ条約の結ばれた時期

トルコマンチャーイ条約はいつ結ばれた?

1828年2月21日

トルコマンチャーイ条約は、1828年2月21日にカージャール朝イランとロシアが結んだ条約である。

この条約は、イランとロシアの間で起きていた領土問題を解決するために締結されたものであり、イランの反ロシア感情の高まりを受けて行われたものである。

1825年にロシアがアルメニアのギョクチャ地域に軍を進めたことで、イラン人の反ロシア感情はさらに高まり、1826年にはイランとロシアの間で戦争が勃発した。

しかし、1827年にタブリーズが落とされ、イランは屈服せざるを得なくなった。

詳しくみる ⇒参照元: トルコマンチャーイ条約(とるこまんちゃーいじょうやく)とは?...

条約を契機に始まったもの

この条約を契機に何が始まったのか?

ヨーロッパ諸国のイラン侵略が始まった。

トルコマンチャーイ条約によって東アルメニアがロシアに併合され、対トルコ戦争で一時的に占領された地域が返還された。

この条約を契機に、ヨーロッパ諸国はイランへの侵略を始めた。

詳しくみる ⇒参照元: トルコマンチャーイ条約(とるこまんちゃーいじょうやく)とは?...

第1楽章の冒頭の出来事

第1楽章の冒頭から何が起こるのか?

美しい旋律は、不気味なトリルに断ち切られ思いがけない曲調に変化する。

シューベルトの作品であるD946の3つの小品は、美しい旋律が不気味なトリルに断ち切られ、思いがけない曲調に変化することで知られている。

この作品は全体的に緊張感に満ちており、ロンクヴィヒはシューベルトの思いを丁寧に演奏している。

また、この小品は深い内容を持ち、ピアニストにとっては難曲として知られている。

詳しくみる ⇒参照元: アレクサンダー・ロンクィッヒ/シューベルト1828年