Academic Box Logo

【絶歌】絶歌の"売上"はいくらか!!?酒鬼薔薇の印税額を計算してみる



ライターのYUKINOです。今回は「絶歌」についてお話しします。タイトルは「絶歌の’売上’はいくらか。酒鬼薔薇の印税額を計算してみる」です。



『絶歌』の意味とは?

『絶歌』とは何ですか?

『絶歌』は神戸児童連続殺傷事件の犯人が出版した手記です。

『絶歌』は、1997年に発生した神戸児童連続殺傷事件の犯人とされる“元少年A”が出版した手記のことです。

この書籍は、太田出版から発売された直後から世間で賛否両論が巻き起こり、売れ行きも非常に好調で初版の10万部はわずか4日間で完売しました。

しかし、遺族に無断で発表されたことが問題視され、販売中止や書籍回収の声も多く上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 1500万!?『絶歌』の印税がいくらなのか計算してみると

手記の著者は誰か?

「絶歌 神戸連続児童殺傷事件」の手記は誰が書いたのか?

「元少年A」が書いた。

「絶歌 神戸連続児童殺傷事件」は1997年に発生した事件の加害者である男性が、自身の名義で書いた手記である。

この手記は事件に至る経緯や犯行後の社会復帰の過程を綴っており、2015年に太田出版から出版された。

初版は10万部であり、増刷も行われている。

手記の企画は元々幻冬舎社長に持ち込まれたものであり、幻冬舎内での企画が進められていたが、最終的に太田出版から出版されることとなった。

詳しくみる ⇒参照元: 絶歌

「絶歌」の印税額は?

「絶歌」の印税はいくらか?

元少年A、太田出版の取り分と被害者遺族損害賠償額を検証した結果、具体的な金額は明記されていない。

元少年Aの手記「絶歌」の印税と取り分について検証した結果、具体的な金額は明記されていない。

一般書籍の印税や著者、出版社の取り分は一般的に以下のようになる:書店と取次販売会社の収益は約30%程度、出版社の収益は約60%程度(純利益は約10%程度)、著者の印税は約10%程度(幅は6~12%)。

出版社と著者は売り上げの約10%程度の収入を得ると考えられる。

元少年Aの「絶歌」は2015年6月28日に発売され、月間ベストセラーでは4位に入った。

詳しくみる ⇒参照元: 「絶歌」の印税はいくらか~元少年A、太田出版の取り分と被害者...


『絶歌』の印税の配分方法

『絶歌』の印税の配分はどのようになっているのか?

著者の取り分は約10%です。

『絶歌』の印税の配分は、書店などの小売店が約30%、出版社が約60%、著者が約10%となっています。

著者の取り分が意外に少ないことが分かりますね。

詳しくみる ⇒参照元: 1500万!?『絶歌』の印税がいくらなのか計算してみると

生活費の賄い方

元少年Aの生活費はどのように賄われているのか?

元少年Aの生活費は「絶歌」で稼いだ印税収入のみで賄われている。

元少年Aは食費や光熱費、その他雑費を合わせると月15万円以上の収入が必要であり、年収換算すると180万円以上が必要とされる。

元少年Aは都内で一人暮らしをしており、その見積もりはおおよそ合っていると考えられる。

元少年Aは2015年10月に開始した月額800円の有料メルマガを廃止しており、生活費は「絶歌」で稼いだ印税収入のみで賄われていると考えられる。

元少年Aのブログ内には広告も貼られておらず、ブログからの広告収入は一切ないとされる。

元少年Aはメルマガで蓄えた貯金もあると思われる。

詳しくみる ⇒参照元: 元少年A(酒鬼薔薇聖斗)の現在の収入源は?絶歌の印税も!

神戸連続児童殺傷事件の遺族への事前通知

本書の刊行が事前に神戸連続児童殺傷事件の遺族に伝えられたか?

本書の刊行が事前に神戸連続児童殺傷事件の遺族に伝えられることはなかった。

本書の刊行が事前に神戸連続児童殺傷事件の遺族に伝えられることはなかったが、発売から1週間経った6月16日、加害男性側の弁護士から殺害された女児の遺族へ本書と手紙を渡したいという連絡があり、遺族は弁護士と22日に面会したが、いずれも受け取りを拒否した。

詳しくみる ⇒参照元: 絶歌