Academic Box Logo

ショパン国際ピアノコンクールの魅力とは?



ショパン国際ピアノコンクールの魅力とは。



ショパン国際ピアノコンクールの開催年

ショパン国際ピアノコンクールは何年に開催された?

1927年に開催された。

ショパン国際ピアノコンクールは1927年に第1回大会が開催され、その後5年おきに開催されている。

コンクールはショパンの命日である10月17日の前後3週間に行われ、旧東欧(現在の中東欧)で開催される国際コンクールとしては珍しい存在である。

共産主義のポーランド人民共和国時代には、優勝者は主にポーランドかソ連の出身者であったが、1960年の第6回コンクールで西側諸国出身者の優勝者が出るようになった。

コンクールのルールも変遷しており、2005年からはインターネットで映像がリアルタイム配信されるようになった。

2020年には新型コロナウイルスの影響で第18回が延期され、2021年10月に開催される予定となっている。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクールの第1回大会の開催年

ショパン国際ピアノコンクールは何年に第1回大会を開催されましたか?

1927年に第1回大会を開催。

ショパン国際ピアノコンクールは1927年に第1回大会を開催されました。

このコンクールは、第二次世界大戦中に一時中断がありましたが、その後5年おきにショパンの命日である10月17日の前後3週間に開催されています。

ポーランド人民共和国時代には、優勝者の多くがポーランドかソ連の出身者でしたが、1960年の第6回コンクールでイタリア人のマウリツィオ・ポリーニが優勝し、西側諸国出身者の優勝者が出るようになりました。

コンクールのルールも変遷しており、2005年からはインターネットで映像がリアルタイム配信されるようになりました。

2020年には新型コロナウイルスの影響で第18回が延期されました。

コンクールの課題曲はすべてショパンの作品であり、出場資格は16歳以上30歳以下の年齢制限があります。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクール

第15回の覇者は誰ですか?

第15回の覇者は誰ですか?

第15回の覇者はポーランドのラファウ・ブレハッチです。

第15回の覇者はポーランドのラファウ・ブレハッチで、彼は音楽に対する真摯な姿勢と美しい演奏で優勝しました。

この回の特徴は、入賞者全員がアジア人だったことです。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクールの歴史


優勝者の発表

第4回コンクールで優勝したのは誰ですか?

ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ

第4回コンクールで、コンクール史上初めてハリーナ・チェルニー=ステファンスカが地元ポーランドに優勝をもたらした。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクールの歴史

最も支持されているピアノメーカーは?

本コンクールではどのピアノメーカーのピアノが最も支持されているか?

ハンブルク・スタインウェイが最も支持されている。

近年、国際コンクールでのファツィオリの選定が増えているが、本コンクールではハンブルク・スタインウェイの支持率が高い。

スタインウェイ製ピアノを所有するピアニストに一生スタインウェイ以外のピアノを使用しないと約束させる『スタインウェイ・アーティスト・プログラム』がある関係とも言えるが、本コンクールに限れば保守的な出場者がいまだに多い状況と評することもできる。

ニューヨーク・スタインウェイは選択できないため、アメリカのピアニストは本コンクールに限ってはハンブルク・スタインウェイを使用することになる。

2010年第16回では、本選に残った8人のうち、4人がヤマハCFXを使用した。

ヤマハ選択者が初めて優勝した。

ファツィオリを選択したダニール・トリフォノフが第3位に入賞した。

2021年第18回では、初めてファツィオリ選択者が優勝した。

未だにシゲル・カワイ選択者の優勝者は現れていない。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクール

最も支持されているピアノは?

本コンクールではどのピアノが最も支持されているのか?

ハンブルク・スタインウェイが最も支持されている。

近年、国際コンクールでのファツィオリの選定が増えているが、本コンクールではハンブルク・スタインウェイの支持率が高い。

ピアニストにはスタインウェイ・アーティスト・プログラムがあり、スタインウェイ製ピアノを使用することが求められる。

ニューヨーク・スタインウェイは選択できないため、アメリカのピアニストはハンブルク・スタインウェイを使用する。

2010年の第16回では、ヤマハCFXを使用したピアニストが初めて優勝した。

2021年の第18回では、初めてファツィオリを選択したピアニストが優勝した。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクール


支持されているピアノメーカーは?

本コンクールではどのピアノメーカーのピアノが最も支持されているのか?

ハンブルク・スタインウェイ

近年、国際コンクールにおいてファツィオリを選定するピアニストが増えているが、本コンクールではハンブルク・スタインウェイの支持率が高い。

スタインウェイ製ピアノを所有するピアニストに一生スタインウェイ以外のピアノを使用しないと約束させる『スタインウェイ・アーティスト・プログラム』がある関係とも言えるが、本コンクールに限れば保守的な出場者がいまだに多い状況と評することもできる。

ニューヨーク・スタインウェイは選択できないため、アメリカのピアニストは本コンクールに限ってはハンブルク・スタインウェイを使用することになる。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクールの創設時期

ショパン国際ピアノコンクールの創設はいつですか?

1927年

ポーランドの首都ワルシャワで開催されるショパン国際ピアノコンクールは、今年で第17回目を迎える。

コンクールは1927年に創設され、90年以上の歴史を持つ。

創設当初はポーランドの独立国となったばかりの時期であり、戦争で荒廃した人々の心を癒すために開催された。

第1回のコンクールでは、ソ連のピアニストであるレフ・オボーリンが第1位となった。

詳しくみる ⇒参照元: ショパン国際ピアノコンクールの歴史