Academic Box Logo

東京都の社会福祉について知っておこう



東京都の社会福祉について知っておこう。



セクハラやパワハラへの対策

セクハラやパワハラに対する対策はどのようになっていますか?

通報システムがあり、定期的な研修を受けさせられることで、やってはいけないことの共通認識がある。

東京都社会福祉事業団では、セクハラやパワハラに対する対策として、通報システムを導入しており、定期的にジェンダー平等などの研修を受けさせられることで、やってはいけないことの共通認識を持つようにしています。

また、中年男性が根拠なく威張らないという点でも他社と比べて良い評価を得ています。

福利厚生面では、手当関係が複雑で分かりづらいという課題がありますが、扶養手当や住宅補助などの制度があり、非常時対応手当も設けられています。

施設によっては、安価な単身住宅や世帯住宅に入居することも可能です。

詳しくみる ⇒参照元: 社会福祉法人東京都社会福祉事業団(75845)の転職・求人情...

東京都手をつなぐ育成会の目標

東京都手をつなぐ育成会は何を目指しているのか?

東京都手をつなぐ育成会は、障害のある人とその家族が安心して暮らすことのできる共生社会の実現を目指しています。

東京都手をつなぐ育成会は、障害のある人とその家族が安心して暮らすことのできる共生社会の実現を目指しています。

東京都手をつなぐ育成会は、教育、福祉、労働などのサポート事業を展開しており、昭和27年に始まった「手をつなぐ親の会運動」が基盤となっています。

東京都内各地域で広がり、昭和35年には東京第4ブロックの手をつなぐ親の会連絡協議会が結成され、「都連合会」の結成が提案されました。

昭和36年には「都連合会」が承認され、名称は「東京都精神薄弱者育成会」となりました。

昭和37年には社団法人として認定され、昭和47年には社会福祉法人として認可されました。

詳しくみる ⇒参照元: 社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会 総合トップページ

東京都の取り組み

東京都は何を行いますか?

連携団体との相談支援における連携・協働

東京都は、連携団体と連携・協働して、相談支援に取り組みます。

具体的には、ひきこもりサポートネットの相談支援において、連携団体と協力して当事者や家族をサポートします。

詳しくみる ⇒参照元: 東京都社会参加等応援事業(ひきこもりに係る民間支援団体等との...


活動の基本

私たちの活動の基本は何ですか?

主体と自己決定を基本とした活動

私たちは、すべての人たちの意思と個性を尊重し、主体と自己決定を基本とした活動を行います。

私たちは、すべての人たちの人間としての基本的な権利を守り、いかなる差別、虐待、人権侵害も許さず、人としての権利を擁護します。

私たちは、すべての人が年齢、障害の状況などにかかわりなく、社会を構成する一員として、あらゆる分野に参加する機会を得ることができるように活動を行います。

私たちは、地域住民並びに関係者、関係機関との連携を密にし、市民相互の理解促進のための広報活動に取り組むとともに、すべての人が市民生活者として安全に暮らせるよう地域社会の福祉課題の解決に取り組みます。

私たちは、活動に当たり法令並びに法人が定めた諸規定を遵守します。

障害のある人が主体性を持ちながら幸せに暮らせる社会を目指してまいります本会は、昭和36年に、知的障害児者の教育・福祉・労働・医療などの制度や施策の向上を願い活動していた東京都内の親の会の連合体として発足しました。

詳しくみる ⇒参照元: 社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会 総合トップページ

都立施設の建物の新旧の比率

建物は都立施設で歴史が長い分古い建物が多いが、最近は新しい施設も増えてきているのか?

最近は新しい施設も増えてきています。

都立施設は歴史が長いため、古い建物が多いが、最近は新しい施設も増えてきている。

希望の郷東村山などは最近建て替えられたばかりで、日野療護園も建て替えを予定している。

口コミによると、施設の建て替えが進んでいる様子が見受けられる。

詳しくみる ⇒参照元: 社会福祉法人東京都社会福祉事業団(75845)の転職・求人情...