Academic Box Logo

麦わらの一味の母親たちについての考察



麦わらの一味の母親たちについての考察についてお伝えします。ライターのYUKINOです。



イム様=母親説の反論

ルフィたちが倒すべき世界政府の頂点に君臨する『イム様』=母親説についてはどのような反論があるのか?

フランス語で美しい海を『ラ ベル メール』と言うのですが、同じく『麦わらの一味』ナミの育ての親が『ベルメール』であることから、こちらのほうがすっきりするとの指摘があり、神木氏が深読みしすぎているとも考えられます

ルフィたちが倒すべき世界政府の頂点に君臨する『イム様』=母親説については、フランス語で美しい海を『ラ ベル メール』と言うことから、同じく『麦わらの一味』ナミの育ての親が『ベルメール』であることから、この説には反論も多いとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 『ONE PIECE』105巻で「ゾロの母親」の名前が明らか...

アマンドの母親の正体

アマンドの母親は誰?

ビッグ・マム

ナミの育ての母は誰?

麦わらの一味の航海士ナミの育ての母は誰?

ベルメール

麦わらの一味の航海士ナミの育ての母は、元海兵のベルメールです。

彼女はイーストブルーのココヤシ村に住んでいた不良娘で、海軍に入隊し将校にまで昇進しました。

彼女はオイコット王国の戦場でナミとノジコと出会い、彼らを故郷に連れ帰って母親代わりとなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ワンピース考察】麦わらの一味の偉大なる母たちがやばい!!


ソラの選択と後悔

ソラの選択に後悔はあるのか?

ソラは自分の選択に後悔をしていない。

ソラは自分の選択に後悔をしておらず、優しい心を持っているサンジのことを「世界一良い子」と称えて号泣している。

しかし、病魔によってソラの身体は次第に蝕んでいき、幼少期のサンジ達が命を落としてしまう。

ソラの物語「海の戦士ソラ」は世界経済新聞に掲載されており、根強い人気を誇っているが、その物語とソラ自身の関係は明かされていない。

詳しくみる ⇒参照元: 【ワンピース考察】麦わらの一味の偉大なる母たちがやばい!!

105巻のSBSの内容

105巻のSBSには何が書かれているのか?

ルフィ率いる「麦わらの一味」のナンバー2であるゾロの “出生の秘密” が書かれている。

『ワンピース』の最新巻である105巻のSBSには、ゾロの “出生の秘密” が明かされていることが話題になっている。

ファンにとっては注目すべき情報であり、ネット上でも話題となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 『ONE PIECE』105巻で「ゾロの母親」の名前が明らか...

ロビンの母の言葉への思い

ロビンは母の言葉をどう思い返しているのでしょうか?

ロビンは母の言葉を心に刻んでいるでしょう。

海軍の判断に疑問を抱いた中将ハグワール・D・サウロがオルビアを逃したことで、彼女はオハラに向かい島の考古学者にその危機を伝えました。

オルビアは長い間会うことが叶わなかった娘ロビンと再会を果たし、彼女に「たとえこのオハラが滅びてもあなたたちの生きる未来を私たちが諦めるわけにはいかない」と力強い言葉を遺しました。

当時は子供だったロビンは理解できなかったが、大人になった彼女は母の言葉を心に刻んでいるでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 【ワンピース考察】麦わらの一味の偉大なる母たちがやばい!!