Academic Box Logo

【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由も



ライターのMAKICOです。今回は、人気漫画『呪術廻戦』についてお話しします。最近、狗巻棘の死亡説が話題になっていますが、その真相は一体何なのでしょうか。また、彼の片腕が無くなっている理由にも注目が集まっています。詳細をご紹介します。



狗巻棘の死亡説と片腕の切断の真相

狗巻棘の死亡説や片腕の切断の真相は何ですか?

狗巻棘の死亡説や片腕の切断の真相は明確には語られていません。

『呪術廻戦』に登場する狗巻棘は、腕が切断されたりと様々な理由から死亡説が考察されています。

しかし、真相は明確には語られていません。

狗巻棘は呪術高専東京校の2年生であり、準1級呪術師として活躍しています。

彼の能力やプロフィールについても紹介されています。

また、『呪術廻戦』は呪術師たちが呪いに立ち向かう物語であり、主要人物の死亡や重傷の描写が多く存在しています。

しかし、狗巻棘の死亡説や片腕の切断の真相については明確な情報はなく、読者の考察に委ねられています。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由...

狗巻棘の片腕が無いシーンは何話?

狗巻棘の片腕が無いシーンは何話?

137話

『呪術廻戦』の登場キャラクターである狗巻棘の片腕が切断されたシーンは、137話で描写されています。

このシーンは乙骨憂太と呪術総監部の会話シーンで登場し、狗巻棘の腕が切断されている様子が明かされています。

狗巻棘は渋谷事変で両面宿儺の攻撃を受け、大ダメージを負った結果、片腕を失ってしまいました。

このシーンは狗巻棘の能力や彼の物語において重要なポイントとなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由...

狗巻棘の腕がないシーンの描写は何話か?

狗巻棘の腕がないシーンは何話に描かれている?

137話

狗巻棘の腕がないシーンは、渋谷事変後の137話で描かれています。

乙骨憂太が虎杖悠仁の死刑執行役として呪術総監部に呼び出された時の回想シーンで、狗巻の腕がないことが明かされます。

このシーンでは、乙骨憂太が虎杖に対して激怒し、虎杖を殺すと宣言しています。

しかし、狗巻の左腕だけが被害を受けた理由は不明ですが、以下の3つの可能性が考えられます。

1.領域展開の発動直後、左腕だけが有効範囲内に入っていた。

2.狗巻が簡易領域を展開し、被害を抑えた。

3.上層部が乙骨憂太を死刑執行役にするためのデマがあった。

この中で最も可能性が高いのは、狗巻が簡易領域を使用して被害を左腕だけに留めた可能性です。

ただし、作中では狗巻が簡易領域を会得している描写はないため、確証はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘が死亡した!?誰に腕を切り落とされた?治る...


狗巻棘の死亡シーンの巻数は?

狗巻棘の死亡シーンは何巻?

漫画『呪術廻戦』16巻第137話「堅白」で描かれています。

狗巻棘の死亡シーンは、漫画『呪術廻戦』16巻第137話「堅白」で描かれています。

このシーンでは、狗巻棘の腕が切断される可能性が高いことが示唆されています。

しかし、実際に腕が切断されたのかどうかは明確には描かれていません。

また、この事件には両面宿儺の関与の可能性や呪術界上層部の陰謀の可能性も示唆されています。

狗巻棘はまだ本編に登場していないため、彼の安否については不明です。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡シーンがえぐい?漫画だと何巻?

狗巻棘の術式

狗巻棘が使用する術式は何ですか?

狗巻棘が使用する術式は'呪言'です。

狗巻棘は’呪言’という術式を使用しています。

呪言は狗巻棘が発した言葉の内容を対象に与える能力であり、相手を行動不能にするなどの効果があります。

しかし、呪言の使用にはコントロールが難しく、想定外のタイミングで能力が発動することもあります。

また、呪言を使用すると反動が強く、狗巻棘自身にもダメージが返ってくるデメリットがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由...

狗巻の能力について

狗巻の能力は何ですか?

狗巻の能力は強力な呪言です。

狗巻は『呪術廻戦』のキャラクターであり、彼の能力は強力な呪言です。

彼の呪言は言葉の強さによって使い分けられ、サポートとしても有能であり、攻撃としても申し分ない能力です。

しかし、呪言の反動も大きく、狗巻自身が傷つく可能性があるため、多用はできません。

また、効果範囲は声が届く人までであり、格上の相手には自分に返ってくるリスクもあります。

狗巻の能力はリスクも高いですが、彼は友人や後輩のために無理をして術を使い、血を吐いてしまうシーンもあります。

彼は普段は悪ノリが好きでかわいい一面もあり、女性読者からの人気も高いキャラクターです。

詳しくみる ⇒参照元: 狗巻棘(いぬまきとげ)の現在は?内通者・死亡説も考察【呪術廻...


狗巻棘の死亡に関する考察の有無

狗巻棘の死亡に関係する考察は存在していますか?

現状は死亡していない可能性が高いという考えが有力です。

狗巻棘の死亡に関する考察がありますが、現時点では彼が死亡していない可能性が高いとされています。

彼は術式によって会話が難しい特徴を持っていますが、仲間たちから強く信頼されている人物であり、命を懸けて仲間を守る姿勢が見られます。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由...

狗巻棘の腕の切断状況

狗巻棘の腕は両方切断されているのか?

明らになっていませんが、左腕が切断されている可能性が高いです。

狗巻棘の腕が切断されたという情報はありますが、両方なのか片方なのかは明らになっていません。

ただ、左からの描写になっているため、左腕が切断されているように見え、右腕が見えません。

包帯の巻き方を見ると左腕だけ包帯を巻いているように見えるので、片腕の可能性が高いですね。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡シーンがえぐい?漫画だと何巻?

狗巻棘の生存の謎

狗巻棘は渋谷事変で腕を欠損したはずなのに、なぜ生存しているのか?

狗巻棘は右腕は欠損していないが、左腕は欠損している。

呪術廻戦220話『自浄自縛』では、狗巻棘が渋谷事変で腕を欠損したはずなのに、生存していることが明らかになりました。

彼は右腕は欠損していないが、左腕は欠損している状態で登場しました。

この点について、彼の現在の状況とパンダとの会話について紹介します。

また、220話では宿儺のミイラ即身仏についても触れられています。

詳しくみる ⇒参照元: 220話で狗巻棘が登場で死亡せず生存生きてる!現在パンダと会...




狗巻の腕の治る可能性は?

狗巻の腕が治る可能性は?

治る可能性は低いでしょう。

「呪術高専だより」によると、狗巻棘の腕は切断されており、治す能力を持つ人物は限られています。

宿儺に治してもらうことや無為転変を使用して治す方法が考えられますが、どちらも難しい可能性があります。

また、義手を使用するという手段も考えられますが、完全な治癒ではありません。

したがって、狗巻の腕が治る可能性は低いと言えます。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘が死亡した!?誰に腕を切り落とされた?治る...

狗巻棘の戦闘での呪言使用の理由

狗巻棘はなぜ花御との戦闘で攻撃力の高い呪言を使わなかったのか?

狗巻棘は花御の強さを理由に攻撃力の高い呪言の使用を控えた

仲間である虎杖悠仁を守りながらも、権力者からの命令通りに動くしかない京都校のメンバーに過度な危害を与えたくない狗巻棘は、呪言によって三輪霞を眠らせる事で攻撃せずに無力化をしていました。

花御との戦闘では、花御が相当な強さを持っていることから、攻撃力の高い呪言の使用を控える立ち回りをしていました。

詳しくみる ⇒参照元: 【呪術廻戦】狗巻棘の死亡説の真相は?片腕が無くなっている理由...

狗巻棘の特徴

狗巻棘の特徴は何ですか?

狗巻棘は口数少なくミステリアスな雰囲気を持ち、おにぎりの具で会話をする。

漫画『呪術廻戦』の人気キャラクターである狗巻棘について解説。

彼は口数少なくミステリアスな雰囲気を持ち、おにぎりの具で会話をする。

また、彼の言っている言葉は初対面では理解できないが、具の種類や声のトーンで大体何を言いたいかは理解できる。

狗巻は優しさやかわいさ、戦っているときのカッコ良さがギャップとなり、女性読者に人気があるキャラクターである。

詳しくみる ⇒参照元: 狗巻棘(いぬまきとげ)の現在は?内通者・死亡説も考察【呪術廻...


狗巻棘の名前の意味

狗巻棘の名前に込められた意味は何ですか?

狗巻の名前には「スパイ」や「狡猾さ」のイメージが含まれています。

狗巻棘は呪術高専側に偽夏油と繋がっている内通者の1人であることが明らかになっています。

彼の名前には「スパイ」や「まわしもの」という意味があり、また「巻」には「長いものに巻かれる」、「棘」には「狡猾さ」や「毒」というイメージが含まれています。

彼の名前には大きな伏線がある可能性があります。

また、狗巻は普段から口元を隠しており、呪言を扱う術師であるため、そのファッションは狗巻家全体に伝わっています。

この服装は呪術高専東京校校長夜蛾正道を襲った一団と酷似しており、狗巻家全員がスパイではないかという噂が広まっています。

さらに、狗巻は普段はおにぎりの具の名前だけで会話しており、喋れないと思われていますが、実際には話すことができる可能性もあります。

彼が内通者であれば、喋れないということで周囲の警戒心が薄れ、スパイ活動がしやすくなるでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 狗巻棘(いぬまきとげ)の現在は?内通者・死亡説も考察【呪術廻...