Academic Box Logo

「答え」を「A」と書いてよいのか?



ライターのMIHOです。今回は「答え」を「A」と書いてよいのか。について紹介します。



「A」と書いてよいのか?

「答え」を「A」と書いてよいのか?

「答え」を「A」と書いても問題ありません。

「答え」の英訳は「answer」であり、略語として「A」を使用することもできます。

略語「A」は様々な意味で使われることがありますが、問題はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 「答え」を「A」と書いてよいのか? : 怜悧玲瓏 ~高校数学...

「答える」を表す英単語は何ですか?

「答える」を表す英単語は何ですか?

answer, reply, respond

この記事は「答える」を表す英単語について解説しています。

一般的な単語としては「answer」が使われますが、「reply」や「respond」も同じ意味で使われることがあります。

これらの単語の使い分けについても触れられています。

詳しくみる ⇒参照元: 【答える】answer / reply / respondの...

「こたえる」とは何を意味するのか?

「こたえる」というのは何を意味するのか?

「こたえる」というのは、質問や要求に対して答えることを意味します。

「こたえる」という言葉には、「質問に答える」という意味や「要望に応える」というニュアンスがあります。

日本語的には「こたえ」というのは、何か聞かれたり言われた時の返事を指します。

英語的には「response」とか「reply」という言葉が近い意味になります。

また、「こたえる」には「回答」「解答」「応答」という意味も考えられますが、問い合わせに対しては「回答」が一般的です。

質問や要求に対して答えることを指します。

また、「回答」の「回」は相手に答えを返すことを指し、思考や解決を含む「解答」はある前提から導き出されるものを指します。

詳しくみる ⇒参照元: アンサー(答え)とソリューション(解決法)の違い|心と体をと...


強調記号の推奨記号

強調記号としてどのような記号が使われることが推奨されているか?

「下線 + 〃」や「単に『〃』」が推奨されている。

「答え」という意味で使われる強調記号としては、「下線 + 〃」や「単に『〃』」が十分優秀であるとされている。

算数・数学の教員は、他人に通じる根拠がない独りよがりな略語「A」を使うことや、児童・生徒に使わせることは配慮が足りないと指摘されている。

算数・数学の指導者は、自分の使う「ことば」に責任を持つべきであるとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 「答え」を「A」と書いてよいのか? : 怜悧玲瓏 ~高校数学...

「answer」と「reply」の違いは何ですか?

「answer」と「reply」の違いは何ですか?

「answer」と「reply」は微妙に違った使い方があります。

この記事では、「answer」と「reply」の意味を細かく分析して、正しいネイティブの使い方を実際の例文を通して紹介したいと思います。

詳しくみる ⇒参照元: answerとreplyの違いと使い分けは? 「答える」とい...

answerとreplyとrespondの違いは何ですか?

answerとreplyとrespondの違いは何ですか?

answerは答える、replyは返事する、respondは反応する。

パンダ先生によると、answerは質問に対する最も一般的な「答える」であり、replyは手紙やメールなどの返事に使い、respondは質問や依頼に対して「反応」「行動」する場合に使うとのこと。

これらの単語は似ているが微妙な違いがあり、使い方によって意味が異なることに注意が必要だ。

詳しくみる ⇒参照元: 【答える】answer / reply / respondの...