Academic Box Logo

マルモのおきてのあらすじ一覧と感想!社会現象となった名作ドラマ



こんにちは、MITHUです。今回は、マルモのおきてという名作ドラマについて紹介します。このドラマは社会現象となり、多くの人々に愛されました。さまざまなエピソードが織りなすストーリーには、深いメッセージが込められており、視聴者の心を揺さぶります。今回は、マルモのおきてのあらすじ一覧と感想についてお伝えします。



「マルモのおきて」の放送開始時期

「マルモのおきて」はいつ放送が開始されたのか?

2011年4月24日

「マルモのおきて」は2011年4月24日に放送が開始された家族ドラマであり、阿部サダヲと芦田愛菜、鈴木福、そして犬のムックが主要キャストとして出演していた。

このドラマは東日本大震災の直後に放送され、人々の心を勇気づける存在となった。

血の繋がりはなくとも互いを支え合う3人と1匹の絆が描かれ、多くの視聴者に感動を与えた。

詳しくみる ⇒参照元: 社会現象となった「マルモのおきて」初放送から10年...芦田...

「マルモのおきて」の放送開始年は?

「マルモのおきて」は何年に放送が開始されたか?

2011年4月24日

「マルモのおきて」は2011年4月24日に放送が開始された家族ドラマであり、阿部サダヲと芦田愛菜、鈴木福、そして犬のムックが主要キャストとして活躍しました。

このドラマは東日本大震災の直後に放送され、人々の心を温かく勇気づけるストーリーが多くの人々に支持されました。

血の繋がりはなくとも互いを支え合う絆がテーマとなっており、当時の日本全体のムードに寄り添う作品となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 社会現象となった「マルモのおきて」初放送から10年...芦田...

マルモのおきてスペシャルのあらすじ

マルモのおきてスペシャルのあらすじは何ですか?

マルモのおきてスペシャルは、薫と友樹の夏休みを中心に展開する物語です。

マルモのおきてスペシャルは、薫と友樹の夏休みを中心に展開する物語です。

二人は絵日記のネタ切れに悩んでいたが、護が山梨のブドウ園に連れて行くことを決める。

一方、東京では護の留守を預かるムックが護と彩の関係を進めようとする。

山梨では、薫と友樹が翔太と菜々と出会い、一緒にお泊まりすることを決める。

そして、4人は「ぶどう戦士パープルフォー」を結成し、夏休みを楽しむ。

しかし、翔太と菜々の両親の関係には問題があり、大輔はぶどう園を家族で守る生活を望んでいるが、理沙は東京で子供を育てたいと思っている。

翔太と菜々は両親の関係に寂しさを感じている。

詳しくみる ⇒参照元: マルモのおきてスペシャル あらすじ ネタバレ


第8話での出来事

マルモのおきての第8話で何が起こったのか?

薫と友樹が護の仕事内容を調べるために勤務先に潜入し、護に見つかった後に抜け出した。

マルモのおきての第8話では、護がフジテレビの授業参観に出席し、薫と友樹が学校生活を楽しんでいる姿を見て安心する。

一方、かなと付き合い始めた護は、双子と暮らしていることを言い出せずにいた。

薫と友樹は宿題で護の仕事内容を調べることになり、内緒で勤務先に潜入する。

しかし、護に見つかった後、二人は護の目を盗んで抜け出す。

詳しくみる ⇒参照元: マルモのおきてのあらすじ一覧

名子役2人の演技の評価

名子役2人の演技はどのような評価を受けましたか?

名子役2人の演技は抜群と評価されました。

「マルモのおきて」は、名子役2人の抜群の演技が話題となりました。

芦田と鈴木は本物の双子のように愛らしく、護のことを間違えて「マルモ」と呼ぶさまは無邪気そのものでした。

彼らは親を失った直後の寂しさや健気さを演じる一方、大人たちの顔色を伺って気を使う様子など、子どもならではの微妙な仕草まで完璧に演じてみせました。

また、彼らの愛らしいダンスが大流行し、年末の紅白歌合戦にも出場するなど、まさに社会現象となる活躍を見せました。

詳しくみる ⇒参照元: 社会現象となった「マルモのおきて」初放送から10年...芦田...

護の知識に基づく決断

護は何を知って決断するのか?

護は純一郎がもう一度家族4人で暮らすことを願っていたことを知り、双子をあゆみの元へ帰そうと決断する。

マルモのおきてドラマは、護があゆみ宛ての手紙を発見し、純一郎が家族4人で暮らすことを願っていたことを知り、双子をあゆみの元へ帰そうと決断する。

護は寂しさを抱きながらも、薫と友樹と一緒に最初で最後の家族旅行を楽しむ。

しかし、あゆみが母親だという真実を双子に告げると、二人は困惑し、薫はショックを受けて家を飛び出してしまう。

詳しくみる ⇒参照元: マルモのおきてのあらすじ一覧


護の奮闘と相談相手

護は誰に相談し、何に奮闘しているのか?

護は彩らに相談し、プレゼント選びに奮闘している。

護は彩らに相談し、プレゼント選びに奮闘している。

一方、薫らの前に母親・あゆみが現れる。

母親は亡くなったと聞かされていた二人は、あゆみが母親だと気付かず接触。

護はかなとの食事の約束を取り付け、リベンジに燃える。

護はおたふく風邪にかかり会社を休み、物置き部屋に隔離される。

護を心配した母・節子が様子を見に訪れるが、節子は薫と友樹を見て混乱し、3人の共同生活に反対する。

護は自分の頼りなさが原因なのではないかと彩に相談する。

詳しくみる ⇒参照元: マルモのおきてのあらすじ一覧

届いたものは何ですか?

護の家に届いたものは何ですか?

ブドウ