Academic Box Logo

"如意芳霏"(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ネタバレ あらすじ 最終回



‘如意芳霏'(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ネタバレ あらすじ 最終回。



傅容の目撃と予防策

傅容は何を見てしまい、それを防ぐために何をすることになる?

傅容は不吉な夢を見て、それを防ぐために掬水農夫の屋敷を見張ることになる。

傅容は街で人気の仮面の文人・掬水農夫が開く文芸評論会で不吉な夢を見る。

それを防ぐため傅容は掬水農夫の屋敷を見張るが、護衛に目をつけられ追われるハメに。

詳しくみる ⇒参照元: 如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ...

如意楼を引き継いだ目的

如意楼の楼主である龚蓓苾は何のために如意楼を引き継いだのか?

如意楼の楼主である龚蓓苾は、如意楼と幼かった徐平の世話を任されるために引き継ぎました。

龚蓓苾は如意楼の楼主であり、如意楼の先帝が突然病気で亡くなった後、如意楼と幼かった徐平の世話を任されました。

彼女は傅容の師匠であり、如意楼の運営を担当していました。

また、彼女の死に関しては顧沅によって殺害されたという噂もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ...

如意楼の楼主である龚蓓苾の役割

如意楼の楼主である龚蓓苾の役割は何ですか?

如意楼の楼主で、傅容の師匠でした。

龚蓓苾は如意楼の楼主であり、傅容の師匠でした。

彼は突然病気で亡くなった如意楼の先帝に、如意楼と幼かった徐平の世話を任されました。

また、彼に関しては顧沅に間違えて殺害されたという噂もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ...


如意楼の引き継ぎの目的

如意楼の楼主である龚蓓苾は何のために如意楼を引き継ぐことになったのか?

如意楼の先帝が病気で亡くなったため、龚蓓苾は如意楼と幼かった徐平の世話を任されることになった。

龚蓓苾は如意楼の楼主であり、如意楼の先帝が突然病気で亡くなったため、龚蓓苾は如意楼と幼かった徐平の世話を任されることになった。

詳しくみる ⇒参照元: 如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ...

登場人物について

如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~の登場人物について教えてください。

如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~には、傅宣、抱竹、蘭香、嘉和帝、淑妃、端妃、徐茂、徐皓、崔綰、斉竺、章晏、章耀成などの登場人物がいます。

アジアドラマティックTVの「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」には、様々な登場人物がいます。

傅宣は傅容の弟であり、抱竹は傅宣の下女です。

蘭香は傅容の下女で、文刑のことが好きでしたが、彼は罪を犯したために都に戻ることはありませんでした。

嘉和帝は大虞国の皇帝で、徐平の兄であり、徐茂、徐晋、徐皓の父親です。

淑妃は徐晋、徐皓の母で、董方礼の妹です。

端妃は徐茂の母で、信都侯先夫人の妹で、呉白起の叔母です。

徐茂は第三皇子であり、端妃の子で、成王となります。

徐皓は第五皇子であり、淑妃の子で、徐晋とは実の兄弟です。

崔綰は西河郡主で、玄翰王妃であり、傲慢な態度を持っていますが、実は劣等感を感じやすく、繊細な心の持ち主です。

斉竺は清平県主で、斉策の妹で、物腰が柔らかく、臆病な性格に見えますが、実はとても聡明な人物です。

斉策は斉竺の兄で、提刑司・按察使で、傅宣のことが好きです。

章晏は章耀成の子供で、初めはマザコンで臆病な彼でしたが、のちに彼の闇は深くなり、復讐のため宦官になることを惜しみませんでした。

章耀成は信都侯で、章晏と呉白起の父親です。

詳しくみる ⇒参照元: 如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ...