Academic Box Logo

やまゆり園事件から6年 知的障害者の生活を支援する施設について考える



やまゆり園事件から6年 知的障害者の生活を支援する施設について考える。



相模原市の知的障害者施設での事件

相模原市の知的障害者施設で何が起きたのか?

19人が殺害された事件が起きました。

相模原市の知的障害者施設で19人が殺害された事件から6年が経ち、追悼式が行われました。

事件の経緯は2016年7月26日に相模原市の県立の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起きたもので、入所者19人が刃物で刺されて殺害され、26人が重軽傷を負いました。

事件の犯人である元職員の植松聖死刑囚は、障害者に対する差別的な主張を繰り返し、2020年に死刑が言い渡されました。

しかし、彼は今年4月に再審を請求しています。

詳しくみる ⇒参照元: 相模原 障害者施設19人殺害事件6年 「誰もが生きやすい社会...

津久井やまゆり園の支援内容

津久井やまゆり園ではどのような支援を行っているのか?

津久井やまゆり園では希望をよりくみ取った支援を行い、グループホームへの移行を進めている。

津久井やまゆり園では、50人が暮らしており、本人や家族の意向を尊重しながら、希望をよりくみ取った支援を行っています。

また、元職員が起こした事件については、園長が自責の念に駆られており、批判の声を受け止めながら反省し、利用者の方々の望む暮らしや夢を支援していくと述べています。

事件から6年が経ち、美帆さんの母親は、亡くなった19人のために誰もが生きやすい社会を目指し、発信を始めています。

美帆さんは自閉症で重い知的障害があり、言葉はなかったものの、感情表現が豊かで自分の意思を態度などで伝えてくれたとされています。

母親は、写真の美帆に話しかけることが日課となっており、悲しみや切なさが押し寄せてくると語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 相模原 障害者施設19人殺害事件6年 「誰もが生きやすい社会...

中井やまゆり園の活動内容

中井やまゆり園は何を行っているのか?

中井やまゆり園は知的障害者の施設入所支援を行っています。

中井やまゆり園は神奈川県にある指定障害者支援施設であり、知的障害者の施設入所支援を行っています。

施設入所支援とは、夜間に行う入浴、排せつ、食事などの介護や日常生活上の支援を提供することを指します。

最近、中井やまゆり園では利用者支援に関する問題が発生し、関係職員に対する処分が行われました。

園長や副園長、生活支援部長などが処分を受け、他の関係者にも訓戒や注意が行われました。

中井やまゆり園では現在、支援改善アドバイザーや地域共生コーディネーターの力を借りながら、改革プログラムを実施し、利用者の人生を豊かにする支援を進めています。

詳しくみる ⇒参照元: 中井やまゆり園(指定障害者支援施設)


犯行動機は何だったのか?

植松聖はどのような犯行動機を持っていたのか?

植松は意思疎通のとれない障害者を安楽死させるべきだと考えていた。

2016年7月26日未明に相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた大量殺傷事件。

元職員である植松聖は、入所者19人を殺害し、26人に重軽傷を負わせた。

植松は犯行動機として、意思疎通のとれない障害者は安楽死させるべきだと主張していた。

この主張は世間に衝撃を与えた。

詳しくみる ⇒参照元: 《相模原45人殺傷事件》「こいつしゃべれないじゃん」と入所者...

植松はやまゆり園で何をしたのか?

植松はやまゆり園で何をしたのか?

職員を結束バンドで拘束し、入所者が「しゃべれるか、しゃべれないか」を確認した。

渡辺氏が「週刊文春」に寄稿した記事では、やまゆり園に侵入した植松が職員を結束バンドで拘束し、入所者が「しゃべれるか、しゃべれないか」を確認する場面が描かれている。

詳しくみる ⇒参照元: 《相模原45人殺傷事件》「こいつしゃべれないじゃん」と入所者...

公表された事案の内容

県立中井やまゆり園で発生した事案について何が公表されたか?

当園で発生した9事案について虐待認定されたこと、また、8事案について不適切な事案とされたことが公表されています。

県立中井やまゆり園で発生した9事案について虐待認定されたこと、また、8事案について不適切な事案とされたことが公表されました。

当園は当事者目線の支援を実践する施設であり、こういった事案が多く発生したことについて利用者や家族にお詫びの意を表明しています。

改善アドバイザーやコーディネーターの力を借りながら、利用者支援の向上と虐待の再発防止に取り組むとともに、利用者一人ひとりの人生を豊かにするための取り組みを進めています。

詳しくみる ⇒参照元: 中井やまゆり園(指定障害者支援施設)


県立中井やまゆり園の感染者数

県立中井やまゆり園での新型コロナウイルス感染症の感染者数はいくつですか?

利用者16名、職員4名が感染したことが確認されました。

県立中井やまゆり園で12月19日に最初の感染者が確認され、その後感染が拡大し、現在利用者16名、職員4名が感染していることが確認されました。

感染拡大を防ぐために、施設では必要な対策を講じています。

また、感染拡大防止策や感染発生時の利用者の生活の質の確保について、職員一丸となって取り組んでいくことが報告されました。

詳しくみる ⇒参照元: 中井やまゆり園(指定障害者支援施設)

植松の態度への反応

植松の態度にはどのような反応があったか?

責任能力を疑う人はいなかった。

植松の態度には、責任能力を疑う人はいなかった。

事件当時の「やまゆり園」の裁判では、植松の責任能力が問われる展開となった。

植松は目的を果たすために理に適った行動を選択し、職員の口をガムテープでふさぐ際には「苦しくなったら鼻で息を吸え」とアドバイスした。

しかし、聞く者の印象は二転三転し、植松の責任能力についての議論が巻き起こった。

詳しくみる ⇒参照元: 《相模原45人殺傷事件》「こいつしゃべれないじゃん」と入所者...

津久井やまゆり園の民営化による変化

津久井やまゆり園の民営化による変化は何だったのか?

民営化後、職員の異動により信頼関係が弱まり、入所者の要望が通りにくくなった。

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」での事件から7年が経過した。

この事件をきっかけに、施設の運営を民間に任せる「指定管理者制度」が問題視されている。

津久井やまゆり園は、神奈川県が全国的に先駆けて設立した重度知的障害者のための入所施設であり、2003年に国が指定管理者制度を創設した際に民営化された。

民営化後、職員の異動により入所者との信頼関係が弱まり、入所者の要望が通りにくくなったという。

詳しくみる ⇒参照元: 障害者施設の「民営化」を進めていいのか? やまゆり園事件から...




通報内容の確認

事件発生時の通報内容は何だったか?

刃物を持った男が暴れている

2016年7月26日午前2時38分、相模原市緑区千木良の知的障害者施設「神奈川県立津久井やまゆり園」から刃物を持った男が暴れているとの通報があった。

詳しくみる ⇒参照元: 相模原障害者施設殺傷事件

津久井やまゆり園の再建に寄せられた意見

津久井やまゆり園の再建についてはどのような意見が寄せられたか?

津久井やまゆり園の再建については、地域に根ざした小規模な施設にするか、同じ規模で再建するかという意見が寄せられた。

津久井やまゆり園の再建に際しては、地域に根ざした小規模な施設にするか、同じ規模で再建するかという意見が寄せられた。

利用者の家族からは地域で受け入れられないため施設にお願いしているという声や、同じ規模で再建してほしいという要望があり、一方で障害者団体などからは地域に根ざした小規模な施設にすべきだという反対意見もあった。

最終的には現地と横浜市内の2カ所に以前の半分以下の定員およそ60人の施設を再建することになった。

詳しくみる ⇒参照元: 相模原 障害者施設19人殺害事件6年 「誰もが生きやすい社会...

津久井やまゆり園事件の入所定員は何人だったか

神奈川県立津久井やまゆり園事件のあった施設の入所定員は何人だったか?

160人

神奈川県立津久井やまゆり園事件のあった施設の入所定員は事件当時、長期入所者150人、短期入所者10人の計160人だった。

詳しくみる ⇒参照元: 相模原障害者施設殺傷事件