Academic Box Logo

ラオス鉄道の予約方法と乗り方を徹底解説



ラオス鉄道の予約方法と乗り方を徹底解説します。AMIと申します。



中国ラオス鉄道の開業について

中国ラオス鉄道の開業について教えてください。

中国ラオス鉄道が開業しました。

中国ラオス鉄道(中老鉄路)が開業しました。

鉄道好きかつラオスという国に興味を持ってしまった自分は、とにかく乗ってみることにしました。

乗ってみた感想から記します。

1 そもそも時刻を調べるのが大変。

この旅行の時点では、鉄道会社の公式サイトのようなものは見当たりませんでした。

やっと見つけたのは、↓Facebook。

しかし、どうやらこれは残席情報を知らしめるのが目的のようで、初見で理解するのは厳しい。

結局、民間のこのサイト↓が役に立ちました。

画像の時刻表はこのサイトのものです。

このサイト、鉄道の案内に限らずラオス各地の観光客向けの地図が見られます。

なかなか優れもの。

2 切符を買うのが大変。

旅行者にとってこれが最大のネックでしょう。

これについては本日の旅行記に記します。

3 駅が市街地から離れている。

ヴィエンチャン駅から市街地までバスで50分以上かかりました。

よって、ルアンパバーン一ヴィエンチャン等の長距離の移動などでは利用価値はありそうですが、バンビエン一ヴィエンチャン程度の移動では高速バスに比べて便利かは微妙です。

4 乗り心地はよい。

駅も車両も綺麗。

今のところ座席定員以上は乗せないようなので、車内は意外に落ち着いてました。

ちなみに山岳区間はトンネルだらけ。

わずかにトンネルの隙間からいい景色が見られます。

ルアンパバーンに2泊しました。

詳しくみる ⇒参照元: ラオスの鉄道に乗りました(切符購入編)

ラオスの鉄道の乗り方とチケットの購入方法

ラオスの鉄道の乗り方やチケットの購入方法について教えてください。

ラオスの鉄道は近代化され、観光地間の移動に便利です。具体的なステップと注意点を紹介しています。

この記事では、ラオスの鉄道の乗り方やチケットの購入方法について詳しく解説しています。

ラオスの鉄道は近年、鉄道網の発展に注力しており、観光地間の移動にも便利に使えます。

初めて乗る方にとっては情報が少なく、戸惑うこともあるかもしれません。

そこで、具体的なステップと注意点を紹介しています。

ラオスの鉄道ネットワークの概要や主要な路線についても触れています。

詳しくみる ⇒参照元: 【完全攻略】中国ラオス鉄道の乗り方やチケットの買い方を徹底解...

鉄道チケットの購入方法は何通りありますか?

ラオスの鉄道チケットの購入方法は何通りありますか?

ラオスの鉄道チケットの購入方法は、現地の駅で直接購入する方法と、インターネットを通じて事前に予約する方法の2つが主流です。

ラオスの鉄道チケットの購入方法は、現地の駅で直接購入する方法と、インターネットを通じて事前に予約する方法の2つが主流です。

ただし、混雑する時期や人気のルートでは、早めに予約をすることをおすすめします。

また、ウェブサイトでの予約ができない地方の路線については、旅行日の数日前に駅の窓口で購入するのが一般的です。

駅でのチケット購入方法に焦点を当てると、まずはチケットカウンターに向かいましょう。

チケットカウンターの営業時間は駅によって異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

予定の列車の発車時間よりも十分に早く駅に到着することをおすすめします。

チケットカウンターでは、目的地と乗車予定の日時を伝え、席を選びます。

そして、指定された料金を支払い、チケットを受け取ります。

ただし、チケットカウンターがいつでも開いているわけではないため、列車の発車時間に合わせてカウンターが開いていることを確認し、余裕を持ってチケットを購入しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 【完全攻略】中国ラオス鉄道の乗り方やチケットの買い方を徹底解...


ビエンチャン~ルアンパバーン間の2等運賃

ビエンチャン~ルアンパバーン間の2等運賃はいくらですか?

片道242,000キープ(約2,000円)です。

知り合いがいなくても窓口に並んでいる人に頼めばやってくれると思います。

ビエンチャン~ルアンパバーン間の2等運賃は片道242,000キープ(約2,000円)でした。

ラオス中国鉄道では12月になってオンライン予約サイトアプリの運用を始めたようですが日本国内から予約ができるかなど詳細は不明。

ビエンチャン駅の場所はビエンチャンセンター内にあり、営業時間は午前10時~正午及び午後0時30分~午後3時30分です。

ビエンチャン駅の発券窓口の営業時間は午前6時30分~午前10時、13時30分~16時、18時30分~20時です。

詳しくみる ⇒参照元: ラオス中国鉄道に乗りました チケット購入方法、アクセス、駅や...

ラオスの鉄道開通の利点

ラオスの鉄道開通によって、どのような利点があるのか?

ラオス北部間の移動が便利になり、時間と費用を節約できる。

ラオス北部間の移動がとても便利になりました。

バンだと3時間程かかる都市間の移動も、鉄道だと1時間強程で到着できる上に、チケットも他の公共交通機関と比べて安価です。

詳しくみる ⇒参照元: 【ラオス】中国ラオス鉄道に乗ってみた

駅での乗り降りの流れ

駅での乗り降りの流れはどのようになっていますか?

チケットを購入し、待合カウンターで列車の行き先と発車時間を確認し、案内に従って車両を探し、指定された座席に座ります。

ラオスの鉄道駅での乗り降りの流れは他の国と大差ありません。

チケットを購入したら、指定された待合カウンターに向かいます。

発車時間の少し前には待合カウンターにいるようにしましょう。

カウンターの上に各列車の行き先と発車時間が表示されています。

列車が到着する数分前に、アナウンスがあり入場します。

そこから案内があるので、案内に沿って、自分の車両を探し、指定された座席に座ります。

乗車券は降車まで大切に保管し、スタッフが確認する場合があるのでご注意ください。

詳しくみる ⇒参照元: 【完全攻略】中国ラオス鉄道の乗り方やチケットの買い方を徹底解...


所要時間の比較

モーハン駅とボーテン駅の所要時間はどれくらいか?

モーハン駅とボーテン駅の所要時間は片道10時間30分です。

モーハン駅(中国側)とボーテン駅(ラオス側)の間の所要時間は片道10時間30分であり、両国の国境駅であるモーハン駅とボーテン駅では、出入国手続きのために1時間30分の停車時間が設けられています。

この区間には8つの停車駅があります。

詳しくみる ⇒参照元: 中国ラオス鉄道、国際旅客輸送を開始(中国、ラオス)

中国ラオス鉄道の列車の編成数

中国ラオス鉄道の列車は何両編成で運行されているか?

9両編成で運行されている。

中国ラオス鉄道は9両編成の列車で運行されており、そのうち3両は国際旅客専用車両であり、5両は国内旅客専用車両として使用されている。

ただし、現在は新型コロナウイルスの規制により国際旅客列車は運行されておらず、ラオスおよび中国の国内区間に限定されている。

詳しくみる ⇒参照元: 中国ラオス鉄道、国際旅客輸送を開始(中国、ラオス)

ラオスで外国人旅行者が増加する理由

ラオスでは、外国人旅行者の増加が期待されているが、その理由は何ですか?

モバイルアプリ「LCRチケットアプリ」から乗車切符を購入できるようになったため。

ラオスでは、外国人旅行者の大幅な増加が期待されている。

ラオスでは3月15日ヵら、モバイルアプリ「LCRチケットアプリ」からラオス区間の乗車切符を購入できるようになり、現時点ではラオス出発分に限り国際便の切符も購入できるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 中国ラオス鉄道、国際旅客輸送を開始(中国、ラオス)




ビエンチャン駅までの路線バスの運賃

ビエンチャン駅までの路線バスの運賃はいくらですか?

15,000キープ(約120円)

南バスターミナルからビエンチャン駅までの路線バスは1日2本運行されており、運賃は15,000キープ(約120円)です。

また、タラートサオからタイ・ラオス友好橋を経由してビエンチャン駅に向かうバスも1日1本運行されており、運賃は20,000キープです。

ビエンチャン駅周辺には地元のダオコーヒーの屋台もあり、コーヒーやクロワッサンを楽しむことができます。

詳しくみる ⇒参照元: ラオス中国鉄道に乗りました チケット購入方法、アクセス、駅や...

売店での商品

売店で売られていた商品は何ですか?

売店で売られていた商品はペットボトルの水、ペプシ、バナナチップス、カオチーパーテー(バインミー)の4種類でした。

ビエンチャンを出発してしばらくすると検札にやってきます。

道中は風光明媚なのですが、山がちなラオス北部ゆえバンビエン駅を過ぎてからはトンネルが非常に多いのが特徴。

特にカーシー駅を通過したあたりからルアンパバーンまでは大半を真っ暗な中を進んでいる感じになります。

売店ではペットボトルの水、ペプシ、バナナチップス、カオチーパーテー(バインミー)の4種類の商品が売られていました。

ルアンパバーン駅に到着すると、乗り合いバンで市内中心部に向かうことができます。

詳しくみる ⇒参照元: ラオス中国鉄道に乗りました チケット購入方法、アクセス、駅や...

駅までの距離は何キロメートルですか

駅までの距離は何キロメートルですか?

12kmです。

この記事は、ルアンパバーンという小さな地方都市の鉄道に関する内容です。

駅までの距離は12kmであり、日本人の感覚では小さな地方都市ですが、中国の理論で鉄道が敷かれています。

記事では、駅周辺の開発や山道を走る様子、突然の雨や故障したトラック、地元の人々の雨宿りなどが描かれています。

駅には東南アジアちっくなお店もあり、水や軽食を購入することができます。

詳しくみる ⇒参照元: ラオスの鉄道に乗りました(切符購入編)


バンコクからラオス国境までの電車の運行状況

バンコクからラオス国境までの電車は出ているの?

バンコクからラオス国境までの電車も出ています。

走行中、たまに停車することがありましたが、概ね快適で、時間通り1時間半程度でバンビエンに到着しました。

最終日にバンビエンからビエンチャンに行く際、再度鉄道を使いたかったのですが、残念ながら午前着の電車がなく、断念しました。

また開業間もない鉄道ということもあり、駅の数や便数はこれから増えて行く予定らしいです。

バンコクからラオス国境までの電車も出ているので、タイから中国まで電車を乗り継いで行くこともできますね。

ラオスに行かれた際は是非、乗ってみて下さい。

そしてラオスへ行かれる際、通信手段として是非TRAVeSIMも使ってみて下さい。

詳しくみる ⇒参照元: 【ラオス】中国ラオス鉄道に乗ってみた

座席の選択は可能ですか?

ラオスの鉄道で座席を選ぶことはできますか?

基本的には座席は選ぶことができません。

ラオスの鉄道は新興国の交通手段であり、一部設備には限定的なものもあります。

Wi-Fiの提供はなく、食事は売り子が車内で販売しています。

トイレは車両ごとに設けられていますが、清潔さは一定ではありません。

座席は基本的には選ぶことができませんが、あらかじめ希望を伝えることで配慮してもらえることもあります。

1等級と2等級の座席があり、普通座席は手頃な価格です。

食事は売り子が提供していますが、メニューは限られているため、特別な要望がある場合は自分で飲食物を持ち込むことをおすすめします。

ラオスの鉄道は現地の風景を楽しみながら移動する素晴らしい方法であり、現地の生活を垣間見る機会を提供しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【完全攻略】中国ラオス鉄道の乗り方やチケットの買い方を徹底解...

マスク着用の必要性について

駅舎内にはマスクを付けなくても入れますか?

駅舎内にはマスクを付けなくても入れます。

物売り厳密なルールがどうなっているのは不明ですが、駅舎内にはマスクを付けなくても入れますし列車にも乗れます。

セキュリティチェックを受ける必要がありますが、緩い雰囲気で緊張感は無いようです。

駅構内は列車の出発時刻が近づくと賑わうようになってきます。

ビエンチャン発の列車は計4本運行されています。

詳しくみる ⇒参照元: ラオス中国鉄道に乗りました チケット購入方法、アクセス、駅や...